AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

参考動画はスウェーデンのエドバーグ(Stefan Edberg)とヤリード(Anders Jarryd)です。



打つ瞬間までラケットを上げず、尚且つ腕も殆ど曲げないで打つエドバーグ。トスを胸の辺りから上げるヤリード。当時真似してやったものですが、どちらも打ち難かった事を覚えています。

マッケンローの様にラインに平行に立って打つ選手も個性的。名前は正確には覚えていませんが、XXX:デイトンというアメリカ(?!)の選手は、ラインから一歩離れ、トスを上げてから踏み出す際の勢いを加えて打っていました。確かレンドル辺りと決勝を戦った映像を観た事があるので、トップクラス一歩手前の選手だったはずです。

今だとこれらのフォームで打っていたらコーチやクラブの顧問辺りにフォームを直される事必至ですが、そんな個性的なフォームで打っている選手をご存知でしたらお教え下さい。年代は問いません。出来たら映像のリンクも添えて。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

少し古いですが、ケビン・カレンを推します。


当時、クイックサーブと呼ばれていたの思うのですが、
トスの上がり端を打つ、切れ味鋭いスライスサーブには驚きました。
85年ウインブルドンのボリス・ベッカーに敗れはしましたが、
コナーズ、マッケンロー、エドバーグらを破っての決勝進出に興奮しました。

対戦相手のボリス・ベッカーのサービスにも驚きました。
あんなに高いトスで、あんなに膝を深く曲げ、飛び上がって打つ選手は
他にはいなかった気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Kevin Curren。そうでした、そうでした、体を捻りながら、この上がりっぱなをひっぱたくサーヴ、思い出しました。

https://www.youtube.com/watch?v=eXQ0lNwfcTo

ベッカーは如何にもお固いドイツ人といった感じ。「サーヴはな、膝を確りと曲げて伸び上がる時の反動を利用して打つんだぞ」、という教えを忠実に守った.....そんな雰囲気が伝わって来ます。

高さだけだとレンドルも負けてませんね。

ボールを一度隠すようにするクーリエ、こんな小技も昔ならでは?

https://www.youtube.com/watch?v=Eo34AdI96yU

情報感謝です。

お礼日時:2014/12/15 10:07

それなら納得です。

失礼しました。
    • good
    • 0

個性・を判りやすく言うと選手本人のクセですので、他人が真似てもまったく意味がありません。



その選手がサービスを習得する段階で、意識的か無意識かは判りませんが苦労して覚えた痕跡です。

安定した強いサービスが打ちたいなら、主役であるプロネーションを優先的に覚えた方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真似しようなどと言う気は更々なく、既にテニスは観戦のみ。今の選手でも、昔の選手でも、折角手軽に映像が観られる時代になったので、過去に観た事のない選手、個性的な選手、個性的なサーヴを観てやろうという訳です。

主旨が上手く伝わっていなかった様です。

お礼日時:2014/12/14 16:18

テクニック的に素人には真似できないなと思うサーブを打っていたのは、現在チリッチのコーチをしているゴーラン・イワニセビッチです。

何しろトスしたボールの、上昇途中で叩いていたのですから。

フォームそのものは特に変則ではありませんが、そのように打点の選手は他に知りません。

変わったフォームという訳ではないのですが、ダニエラ・ハンチェコワ選手は、スィング直前に首を極端に曲げます。ちょっと可愛い仕草です^^。

ボールに顔を正対させる為だと思います。これは素人にも参考になります。
    • good
    • 0

記憶に残るほど個性的なサービスフォームは、ウィンブルドン2013年女子優勝のマリオン・バルトリ選手です。

肘を曲げずにバックスィングするのはとてもダイナミックに映りました。

ただ、どんなに個性的なフォームに見えても、それはバックスィングだけで、所謂「トロフィーポーズ」は必要不可欠、或いは必要十分条件で、プロはその点は外していないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マリオン・バルトリは初めて観ました。エドバーグと同系でしょうか。あれでよく肘を痛めないものです。

最後は皆トスの最高到達点で打とうとしているに違いないので、その直前では皆似たり寄ったりだと思いますが、その過程で面白いフォームの選手を探しているのです。

更に御存知であればお教え下さい。

お礼日時:2014/12/13 15:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマッケンローのボレーについて

昔、マッケンローというすごくボレーの上手い選手がいました。
ボレーは手首を立てろって良く言われる?と思うのですが、彼はラケットのヘッドが手首より下の状態で打って、
神業的に相手コートのコーナーに決めていました。

それも90%以上?の確立で。

どうして彼だけあんなすごいボレーが打てたのでしょうか?

Aベストアンサー

ボレーで手首をたてるなんて邪道もいいとこ。テニスを知らない日本人が勝手に作った理論です。手首をたてる=手首は使わないということです。実際、自分の手首をたてた状態でどんな運動ができるかやってみると良いでしょう。
マッケンローは・・・、やっぱマッケンローですね。日本にも渋谷隆良プロという選手がいて、ボレーのすごい上手な方でした。その人やマッケンローのボレーに共通していることは、フェースを準備する「セット」が正確ではやいということです。押そうとか切ろうとか、ましてやパンチボレーなどというものではなかったのは確かです。ストローク同様、面に当たっている時間は非常に短く1000分の4~6秒。一方、当たった瞬間から脳へ刺激が届くのに0.002秒、命令を出して筋肉が活動するのに、0.002秒、合わせて1000分の4秒。言いたいことはわかりますよね。当たった瞬間で飛ぶ方向は決まっているのです。「その当たる瞬間に合わせて、グリップをきゅっと握る強さで飛びを調節している。」と渋谷選手から聞いたことがあります。セットしたフェースは変えずに、きゅっと握る強さを変えるなんて尋常じゃないです。あと、二人に共通していたことは、テンションが40ポンドもありませんでした。ボヨンボヨンです。1度試してみてはどうですか、僕は45ポンドでプレーしていた時期がありますが、僕には才能や努力が足りませんでした。参考になりましたか?

ボレーで手首をたてるなんて邪道もいいとこ。テニスを知らない日本人が勝手に作った理論です。手首をたてる=手首は使わないということです。実際、自分の手首をたてた状態でどんな運動ができるかやってみると良いでしょう。
マッケンローは・・・、やっぱマッケンローですね。日本にも渋谷隆良プロという選手がいて、ボレーのすごい上手な方でした。その人やマッケンローのボレーに共通していることは、フェースを準備する「セット」が正確ではやいということです。押そうとか切ろうとか、ましてやパンチボレー...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q止まるスライスと滑るスライス

よくありそうな質問で申し訳ないのですが…

コンチネンタルグリップでフォアの止まるスライスは打てるのですが
滑るスライスとはどう違うのか教えて欲しいですm__m


http://www.youtube.com/watch?v=XrOd5Mssjaw&feature=related

動画を見ていると、(滑るスライスの動画だと思いますが…)
コンチではなく少し厚めに持って
止まるスライスより回転はあまり意識せず
前に押し出す量を増やす


そんな風に思ったりしましたが…


でもこれはコンチなので、どちらでもOKなのかな?
http://www.youtube.com/watch?v=t3LWXQb88M4



私の止まるスライスは
コンチでミニラリーをしていて
知らないうちに打てるようになったのです。

どんな風にしているかと言うと、
浮かさないよう(ラケットからネットまで、ほとんど直線のイメージで(←もしかしてここが違う?))
ボールがラケットに当たっているタイミングでグリップをぎゅっと握って、
ボールに接触している間、ボールの斜め上から下までをなでる感じで強めの回転をかけています。

かなりしっかり止まってくれます…^^;


バウンド後、「滑るようにする」イメージがハテナです…

止まるのは、ボールに進行方向と逆の回転がかかっているかと思っているのですが
滑るのはボールにどんな回転がかかっているの?

止まるのはスライスをかけすぎているのかな?

ゆるめに押し出せば滑るのかな?

止まるのと、滑るのと
何がどんなふうに違うの?

お力頂ければ助かります。

よくありそうな質問で申し訳ないのですが…

コンチネンタルグリップでフォアの止まるスライスは打てるのですが
滑るスライスとはどう違うのか教えて欲しいですm__m


http://www.youtube.com/watch?v=XrOd5Mssjaw&feature=related

動画を見ていると、(滑るスライスの動画だと思いますが…)
コンチではなく少し厚めに持って
止まるスライスより回転はあまり意識せず
前に押し出す量を増やす


そんな風に思ったりしましたが…


でもこれはコンチなので、どちらでもOKなのかな?
http://www.youtube.com/watch?v=t...続きを読む

Aベストアンサー

入射角の問題です。

止まるスライスと滑るスライスの共通点はバックスピンです。
で、入射角が大きいと、つまり真上からに近くなるほど前への推進力がないので止まります。
逆に入射角が小さいと、つまり地面と平行に近づくほど前への推進力が大きくなりますので滑ります。

同じ力をボールに加える、ということであれば、止まるスライスは逆回転の量の多いボールとなり、滑るスライスはそれほどの逆回転の量でははなく、フラットに近いスライスということになります。
つまり、ボールのどこを打つかによってスライスの種類が決まってくるんですね。
ボールを飛ばす距離にもよりますが、滑るスライスでは、ボールの中心のやや下、止まるスライスの場合はそれよりももっと下ということになります。

また、バックスピンを意識した場合、ネットより低い打点になればなるほど止まるスライスになりやすいと言えます。
ネットより低い打点で打って、滑るスライスにしたい場合は、バックスピンを意識せずフラットに近い厚い当たりのスライスにしなければなりません。

止まるスライスと滑るスライスを打ち分けられれば、相手のリズムを狂わせることができますね。
また、前で打つ、呼び込んで打つ、とても低い打点で打つ、サイドスピンを混ぜる、などなど、コンチネンタルグリップならば、様々なスライス系のショットを打つことができますので色々と試してみてください。

入射角の問題です。

止まるスライスと滑るスライスの共通点はバックスピンです。
で、入射角が大きいと、つまり真上からに近くなるほど前への推進力がないので止まります。
逆に入射角が小さいと、つまり地面と平行に近づくほど前への推進力が大きくなりますので滑ります。

同じ力をボールに加える、ということであれば、止まるスライスは逆回転の量の多いボールとなり、滑るスライスはそれほどの逆回転の量でははなく、フラットに近いスライスということになります。
つまり、ボールのどこを打つかによってスラ...続きを読む

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む


人気Q&Aランキング