長年寺山ファンをやっています。
この間高校の国語の教科書に寺山さんの短歌を見つけ、喜んで見ていました。そしたらその中に、「一本の樫の木やさしそのなかに血は立ったまま眠れるものを」という短歌が載っていて、その下に、「血とはなんの比喩か」という問題が載っていました。よく解らなかったので教科書ガイドを見たら、「孤独と反抗の心を表している」と書いてありました。ちょっと納得いきません。というか、よくわかりません。「血は立ったまま眠っている」の戯曲を読んでみたら、確かに孤独と反感の心がかかれているように感じましたが、血の比喩といわれると、えー?って、思ってしまいます。詩の意味もわからないようじゃファン失格です。困ります。
だれか、どうして血の比喩が孤独と反感の心なのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

mayaroさん、こんにちは。



教科書にかかれているものがすべて正しいとは
かぎりません。

数学などは答えが決まっているものもありますが
国語などで、作者の考えはどれか4択でえらべ
などという問題は、自分の納得できないものが
正解になることがあります。

自分は、国語の試験とか問題って言うのは
ほとんどその人その人、違う考えをもっているので
本当はどれが正解ってきめるのは、間違っていると思うのです。
どうして、血の比喩が、孤独と反感の心かっていうことですが、
本歌取りについて、ご自分で少し調べてみてください。
なにかヒントのようなものがあるかもしれませんので。

「すべてのインテリは、東芝扇風機のプロペラのようだ。
まわっているけど、前進しない」    
 <寺山修司「あゝ、荒野」>



自分も寺山修司さんのファンです。
よろしければ、↓のページもみてください。
記念碑などの写真をみつけました。

http://www3.alec.ac.jp/~b97102/page/011-06.teray …

参考URL:http://www.threeweb.ad.jp/~nanten/air/space/text …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文章が下手で、伝わらなかったのを申し訳なく思いますが、私は、万人の考え方を自分のものにしようと思って聞いたわけではなく、どういう考え方をすればそういう答えに行き着くのか知りたかったんです。食べるんじゃなくて見たかったというか・・・。えっと・・・、解りますか?ごめんなさい。わたし、ほんとに自分が思ってること伝えられないんです。

本歌取りについてですが、確かユリイカに寺山さんのそういうことについて書かれたのが載っていたと思ったので、調べておきます。この詩も本歌取りだったんですね。たくさん知ってますね。すごいなあ。

寺山さんが一時すごく流行った時代がありましたよね?(といっても私が知らない時代ですが。)そういう時代も過ぎて、もう寺山ファンも少なくなってると思っていたんですが、(このまえ学校の図書館で寺山さんの本を借りてたら、学校司書の人に驚かれた)けっこういるんですね。うれしいです。教えていただいたページ見ました。青森まで行かなくても見れるとは!感激、感激。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/11 19:39

mayaroさん、頭打ってだいじょうぶですか?



高校生でしたか、自分の弟も高校2年です。

無理しないでください。

あと、学校の国語の先生にきいたりしても
いい本などをしっているかもしれないですよ。

すきなことを勉強するっていいことですよね。
がんばってくださいね。応援してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頭打ってだいじょうぶじゃないです。
おとなしく枇杷ジャム煮てます。
でも明日は学校いかなきゃならない・・・。
まあ、テストがさぼれてよかったです。って、よくないかも・・・。えーん。どうしよう。

私も高校2年です。弟さんといっしょですね。ってことはtipsさん、結構年上なんでは・・・?
ありゃりゃ。失礼な口の聞き方をしちゃったかも。
許してくださいー。

国語の先生は、なんか、教室ではどもってるのに(変換できない。差別用語?)職員室では威張ってるんですね。
ちょっと聞きにくいです。

はい。好きなことを勉強してます。おかげで学校の成績はどん底状態ですが。
でもまあ、いいです。突き進みます。

そろそろ閉じます。枇杷ジャムおすそ分けできないのが残念です。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 11:29

どうも☆


おもしろそうなんで勝手に自分の感想述べちゃいます♪

ひょっとして「やさしさ」に反する物・・・
自分自身のエゴとか押しつけちゃいたい!!
許したくなんかない!!
とかしれませんね!
孤独と反感の心!!うん!!それぐらいでなきゃ
ブンガクなんてやらない!!・・・・かな?
でもそれだけじゃゲイないかな?


でもやっぱり個人で考えるのがブンガクの楽しみとは
おもいますよん♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
やさしさにはんするもの・・・。
なるほどっ。
なっとくなっとく。

私の考えはまだまだ見つかっておりません・・・。
むつかしいんだもんっ。
tipsさんが教えてくれた本歌取りだって、まだ見つかってません。
あーあ。
ちょっといま、転んで頭打って学校休んでるので、(今日だけだけど)ひまになるので、いろいろ考えてみます。

お礼日時:2001/06/12 08:33

>文章が下手で、伝わらなかったのを申し訳なく思いますが、


私は、万人の考え方を自分のものにしようと思って
聞いたわけではなく、どういう考え方をすれば
そういう答えに行き着くのか知りたかったんです。
解りますか?ごめんなさい。わたし、
ほんとに自分が思ってること伝えられないんです。

ごめんなさい。こちらこそ。
えっとmayaroさんが高校生かなと思ってしまっていたので
(違いますよね?)ご自分のために勉強したほうが
いいとおもって、あのようなコメントになりました。
自分こそ、うまく気持ちを汲みとれなくてすみませんでした。
失礼がありましたら許してください。

>この詩も本歌取りだったんですね。たくさん知ってますね。

いえ、ご質問を見て調べてみただけです。

>寺山さんが一時すごく流行った時代がありましたよね?(といっても私が知らない時代ですが。)そういう時代も過ぎて、もう寺山ファンも少なくなってると思っていたんですが、(このまえ学校の図書館で寺山さんの本を借りてたら、学校司書の人に驚かれた)けっこういるんですね。

わりとファンはいるようですよ。
現代の芸術にかかわる人でも影響を受けている人も
少なからずいるみたいです。



>教えていただいたページ見ました。
青森まで行かなくても見れるとは!感激、感激。

そうですね、青森なんですよね。
青森って一度もいったことないんですが、
いつか訪れて見たい土地のひとつです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高校生です・・・。あの、世間で散々嫌われている女子高生です・・・。
まだまだ勉強中で、いろんなことが、なんにも解っていません。

>ご自分のために勉強したほうが いいとおもって、あのようなコメントになりました。

なんてやさしいこころづかい!
回答をいただいてから、本棚をひっくり返して必死で勉強してますよ!
ほんとうに、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/11 23:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺山修司のような短歌

寺山修司のように、虚構(フィクション)を好んで歌った歌人を探しています。
特に人生や生活の中の「私」からの解放を感じられる作品が良いです。
お勧めがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

少し方向性は違いますが、
春日井 健 などいかがでしょうか。特に初期。

寺山修司と同人誌『極』を発行していた歌人の一人です。
ちなみに、同人には塚本邦雄、岡井隆が加わっていたと思います。

Q寺山修司の短歌について

今短歌を勉強しているのですが、寺山修司の担当になり、作品の出典を調べる事になりました。
しかしいくら検索しても出てこないのでここで質問させて頂きたいのです;

「大いなる欅にわれは質問す 空のもつとも青からむ場所」
という短歌の出典を教えて頂けないでしょうか?
知っている方いらっしゃったら回答お願いします。

Aベストアンサー

未刊歌集「テーブルの上の荒野」に入っています。
その中の「飛ばない男」の中にあります。

未刊歌集なので、単独の本はないと思うのですが、たとえば参考URLの寺山修司歌集の133ページに収録されています。

参考URL:http://www.kokubunsha.co.jp/archives/ISBN4-7720-0190-5.html

Q寺山修司はなぜすごいのですか?

たびたび本屋や図書館に行きますが、いろんな本に寺山修司が天才のように書いてあるのを目にします。彼のどこが天才なのでしょうか?一般にどのように評価されているのでしょうか?その彼の天才である事が生い立ちなど関連があると思われるようなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は短歌が好きですので短歌のことだけしか知らないのですが、
寺山修司は独自の世界観を見事に創り上げていると思います。
独自の世界観=彼だけの短歌、とでもいいましょうか。
他の歌人とは一線を画しています。

寺山修司の世界だけを見ているとその素晴らしさはわかりません。
いろんな芸術、文学に触れてみると、
寺山修司の世界観の素晴らしさが際立ち、
よくおわかりになると思います。

Q教書に載っていた短歌、俳句もしくは詩に関して

中学か高校か思い出せないのですが、国語(or現国)の教科書に載っていた短歌、俳句もしくは詩を探しています。内容は「幼い我が子に先立たれたものの、その地域には親より先に逝くこどもは親不孝だからという理由で父親が葬儀に参加できないしきたりがあり、こどもの葬儀のあいだ、家に残された父親」を詠んだ歌だったと記憶しています。(かなりあいまいですが、こどものくつした?のようなアイテムも出てきたような気がします)
タイトルも断片的な文章も覚えておらず、いろいろな語句で検索をかけてみましたが、探すことができませんでした。
もしお分かりになる方がいらっしゃいましたら、作品名もしくは作家名を教えていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

室生犀星の詩で、「靴下」だと思います。

http://www.pekerin.com/poet/today/02/231/237.html

参考URL:http://www.pekerin.com/poet/today/02/231/237.html

Q寺山修司の短歌なのですが、『わが拇印むらさき色に濁る日を 断崖にゆく涜

寺山修司の短歌なのですが、『わが拇印むらさき色に濁る日を 断崖にゆく涜るるために』の解釈が知りたいです。わかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

いくつもの嘘に拇印をつきてきしわが親指に濁るむらさき
という歌があります。
そこから考えると、世俗の嘘(と思える)の契約で穢れてきた自分の日々は、その穢れ(涜れ)のために断崖を落ちるのがふさわしい、それほど自分の日常が肯定できない、それを叫びたい(というよりは述懐したい)というふうに私は思いましたが、自信はありません。

Q新聞の短歌はいつどこに載っていますか?

タイトル通りの質問です

宿題に最近の新聞に載っている短歌3つについて意味と感想を書くのですがそれがいつどこに連載されているのかわからないのです

できれば最近の短歌とともにご回答願います!

Aベストアンサー

読んでいる新聞によって掲載曜日やページは違うと思います。
1面の枠外にどんな記事が何ページかと書いてあるので、それを頼りに探せばすぐです。

Q寺山修司の・・・

こんばんわ☆
最近寺山修司にはまりました。寺山修司少女詩集を読んだのですが、その中にある
「なみだはにんげんのつくることのできる一ばん小さな海です」
というのが好きです。これを読んでいてふと思ったのですがこの詩にある海とはいったいどういうものを表しているのでしょうか?みなさんはどう考えられますか?

あと、海に関するおすすめの詩やおすすめの詩集(海以外でもOKです!)などないでしょうか?あれば教えてください。


よろしくおねがいします♪

Aベストアンサー

寺山さんの言葉にはとてもかっこいいものが多く、
私もその『一ばんみじかい抒情詩』は好きなもののひとつです。
小さいものと大きなものの対比が面白いですよね

野暮を承知で言うなら
人間の遠い祖先は魚だったらしく
かつては海から生まれ水中に暮らしていたとか。
そのなごりで、人間の涙と海水はとてもよく似た成分だとか。
母の胎内の羊水も海水に似ているそうです。
寺山さんの作品には「母」にこだわったものも多く、
この詩の海も、母なるものの象徴でもあるでしょう。

寺山さんの海と言えば
ちょっとさびしい時にだまってみつめる海・・・

『猫の航海日誌』もおすすめです。

Q短歌の結社に入ると、短歌の知り合いができるのでしょうか

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(?)のようなものが開催されたりするようですが、会員間の交流はどの程度盛んなのでしょうか。
結社に入ると、お友達ができたりするようになるのでしょうか。

結社に入っても投稿するだけで終わってしまうのであれば、今私がしていることと大して変わりないように思うのです。
できればいろんな方に私の短歌をみていただいたり、また私もいろんな方の短歌を拝見できればと思っていますが、結社に入ればそのようなことは可能なのでしょうか。

もちろん結社によって差異はあると思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。
なお入会しようかと思っている結社はまだありませんが(考え中です)、角川書店の「短歌」に広告を出しているような結社に入ろうと思います。

さらに、どのような基準で結社を選べばよいかご存知でしたらあわせて教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

まず、カテ違いでしたら申し訳ありません。
趣味のカテにすべきか迷いました。

私は短歌を始めて4ヶ月になります。
田舎に住んでいることもあり、同年代の方が参加するような短歌サークルは近くにありません。
NHK学園の短歌講座をとってみたり、テレビや雑誌を見たりしてひとりで歌を作っていますが、できれば短歌が好きな同年代の方とお会いし交流を深めることができればと思うようになりました。

そこで結社へ入ろうかと思います。
調べたところ、結社では投稿作品を会員誌に掲載したり、歌会(...続きを読む

Aベストアンサー

短歌ではありませんが、私も一度、入りたい結社があったのですが、
事実上断られてしまったことがありました。
中には敷居を高く設定しているところや、裏の顔を持っている結社も数多いですから、慎重に選んでください。
選ぶ基準はなんとも言えませんが、
好きな歌人の方の在籍する所に入るのがいちばん上達もすると思いますし、
嫌な面も少々のことは我慢できると思います。

そうでなければ市町村の市民講座などでもたくさんの方と交流できます。
そこで腕を磨いてから本命の結社に行ってみてもいいのではないでしょうか。

Q寺山修司の短歌につぃて。

今度私は授業で寺山修司の
マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや
を説明することになりました。
ネットでいろいろ調べたのですが、
あまり詳しいことはのっていませんでした。
この短歌への情報がほしいです。
ぜひこの短歌について教えてほしいです。

Aベストアンサー

寺山修司の名作中の名作といわれる短歌ですね。
「身捨つるほどの祖国はありや」身を捨てるほどすばらしい祖国はあるのだろうか(いや無いのだ)
「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし」濃い霧のかかる海を見ながらマッチをする(タバコを咥えているのかな)。寂寥感て感じかな。
いい短歌ですよね。

Q俳句と短歌は一見よく似た文芸詩のようにみえますが、なぜ、科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いの

科学者では、俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。
両者は、一見よく似た文芸詩のように思われますが、なぜ、科学者は短歌を好むのですか?

Aベストアンサー

>俳句よりも短歌を詠む人が、多いような気がします。

そうかなぁ。
ぱっと思いつくだけでも、物理学者なら、
・寺田寅彦
・有馬朗人(東京大学元総長・原子核物理学)
・尾池和夫(京都大学元総長・地球物理学者)

数学者にも
・吉田 洋一(北海道帝国大学教授)

化学なら
・和田悟朗(奈良女子大学名誉教授)


だから、気のせいだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報