AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

”カトリック教会の洗礼・受礼について”聞きたい事があります。

「洗礼・受礼」とは、イコール(=)「(カトリック)信者になる」と言う理論なのでしょうか?
                   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それとも、単なる勉強会なのでしょうか?

信者になるのか否かの定義が知りたいです。

「信者になるのか、ならないのか」知りたいです。

因みに、自身は、真宗の家系です。

宜しくご回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

カトリック信者です。


他の回答者の皆さんが言われるとおり、洗礼を受ける=カトリック信者になる、という意味です。
尚、「受礼」とおっしゃっているのは、おそらく「受洗」(洗礼を受ける、という意味)の聞き違いではないでしょうか?

又、No.1さんやNo.3さんが言いたいのは、以下の意味だと思います。
・「洗礼」はあくまでスタート台に過ぎず、それからも一生修行が必要だ。(そりゃそうですね。)
・成長してから洗礼を受ける場合は、受洗後すぐ聖体拝領(後記参照)ができるが、幼児洗礼を受けた子供は、ものごころついてから、初聖体を受ける。
・洗礼の恵みを更に確固とするために「堅信」という儀式があるので、「堅信」を受けて初めて「完全な」信者になる。

仏教や神道などにおいては、一般的に信徒になるための儀式が特になく(僧侶になる時の「得度」などは別として)、自由に「仏教徒」などと名乗っているのに対し、カトリックを含むキリスト教では、ミサなどのイベントには誰でも自由に出入りできますが、洗礼を受けて初めて、「信徒」(教会の所属員)として認められ、共同体(教会)に受け入れられます。信徒(信者)に対して、そうでない人のことを「未信者」と呼ばれるように、あくまで信徒(信者)になってナンボだという考えです。(私は、この「未信者」という表現が嫌いで、個人的には決して使いません。)
キリストのおからだに擬せられた、パンで作られた「聖体」を「拝領」出来るのも信者だけですし、建前としては、洗礼を受けた人でないと天国に行けない(救われない)ということになっているようです。(まあ、ここには逃げ道があり、洗礼を受けていなかったり、他宗教の信徒でも、何らかの手段で「救われる」という考えもあるようです。最終的に誰が救われるかは「神のみぞ知る」というところなのでしょう。)

さて、私は、仏教・神道など他宗教にも共感を持ち、坐禅や読経の経験も豊富で、寺社参詣も自由に行っており、そうした複数の宗教に足を突っ込むことに何の矛盾も感じません。

この時期も、クリスマスは教会へ、しかし、一週間もしたら、お正月元旦には、一応教会のミサもありますが、どちらかというと、純日本的雰囲気にどっぷりつかって、寺の除夜の鐘を聞き、寺社に初詣に行きたいと思っています。世の中には、こうした連中のことを「節操がない」と忌避する傾向があるようですが、私は、特定の宗教に固執し、他宗教を排除する人間に対しての方が、より激しく憤りと違和感を覚える人間であり、自ら進んで、そうした行為を続けていきます。(これは信念であり、死ぬまで変えません。結果救われなくても一向に構いません。)

カトリックは、第二バチカン公会議(1962年~1965年)以降、他宗教や一般社会との対話と交流を推進し、「開かれた教会」になりました。他宗教施設への儀礼的拝礼や葬儀・法要などイベントへの出席なども、問題はなく、表向きは、排他的な要素は、昔に比べ、著しく減っています。
今日では、多くのカトリック信徒は、他宗教に対して偏見はなく、程度の差はあれ、私のように他宗教施設やイベントへの出入りも自由に行う人間が多数派だと思います。

要は、最後の砦(キリスト教を信じること)が満たされれば、よろしいのではないでしょうか?

尚、私は関連の多くの質問に回答していますので、私のプロフィール画面から、過去問を検索してご覧下さい。
    • good
    • 0

カトリックを知ろうとする人や信者になろうとする人はまず公教要理(勉強会)を受けます。



そこで納得して信者になる決心がついたら洗礼を受けます。ここからがカトリック信者となります。

洗礼を受けなければアダムとイブがエデンを追われたときの罪「原罪」が残ります。
洗礼によってこの原罪が赦される。これが大きな違いになります。

受礼と言う言葉はありませんが、多分洗礼を受けることを言っているのでしょう。

生まれた時に洗礼を受けた人は洗礼を受けて物心がついたときから勉強が始まります。

両者とも勉強を続け、信仰心が固まったら堅信の秘蹟を受けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答に感謝します

お礼日時:2014/12/25 02:50

なんかいろいろな話が出てますけど。



正式なカトリック教会であれば、洗礼=カトリック信者となります。
受礼という言葉は聞いたことがありません。
聖書勉強会は一般の方でも受け入れるところは多いと思います。
参加したからといって信者になることを勧められたり、強制されることはありません。

大人になってから洗礼を受けたい、カトリック信者になりたいのであれば1年間信者になるための勉強、聖書の勉強をします。
もちろん信者ではなくても御ミサを預かる事は出来ます。
聖体拝領は信者でなければ頂けませんが、神父様の祝福を受けることが出来ます。
もしも現在別の宗教に属していて、カトリック信者になりたいのであれば改宗という手続きを行う必要があります。
カトリック教会は信者への勧誘をしませんし、信者になるためには勉強が必要なので新しい信者さんがなかなか増えないので簡略化すればいいのではないかな?と昔から思っていたのですけどね。

ちなみに他のキリスト教、新興宗教もありますからそれぞれ話は違うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答に感謝します

お礼日時:2014/12/25 02:50

正確には、洗礼って、信者になりたい人のスタート台だけで、事前勉強の必要もなしなので、信者にはなりません。


そのあと、数年間勉強し、聖体授与でやっと半人前。それから、勉強し続けて、コンフォマーメーション(確認?日本語知りません)を受けて、初めて「一人前信者」で、はれて、教会で結婚式でも挙げられるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/23 23:24

僕はカトリック信者です。

質問者さんの仰る通り、「受洗=カトリック信者になる」と言う事です。此は理論でも何でもありません。初めて教会に足を運んだ時から、教会の神父様や教会の人達との対話(議論や討論になる事も多々ありました。質問者さんの思う「勉強会」は此に当たります)を通じた、当然の成り行きです。因みに僕の場合、初めて教会に足を運んだ時から受洗迄、2年程かかりました。付け加えておきますと、僕の家の方は日蓮宗の家系です。従って、日蓮宗の僧侶(次いでに神道の神主さん)とも親しくしています。以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございました。

自身は、カトリック信者になるつもりが全くないので、
受礼/洗礼は、受け入れられない事が
はっきり判りました。

明確な回答に感謝します

お礼日時:2014/12/23 23:26

堅信という概念がヒントですね。

この回答への補足

意味が解りません

補足日時:2014/12/23 23:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカトリックの洗礼を受けたいと思うようになりました。

まだミサや入門講座に通い始めて1~2ヶ月ですが
聖書を読むにつれて、神様の愛というものが分かり始め
自分にはこういう思いや世界観を持つことが必要だと思うようになりました。

聖歌もほぼ毎日聞いて、新約聖書も外に持ち歩くほどになりました。
でもまだわからないことも沢山あります。
神父様は入門講座の中で洗礼を受けたくなったら三ヶ月でも半年でも・・。
と言っていて、先日は講座の中で洗礼は強制しないと言いながらも洗礼受けるしか無いですね!と
冗談交じりで他の入門講座の参加者さんに言ったりしています。

まだ、勉強途中ということで分からないところもあり不安もあります。
洗礼を受けたら講座には出られないそうですし・・。
聖書が分からないまま受洗するのもなあと思ってしまいます。
ただ、ミサでもきちんとご聖体を頂きたいと思ってしまいますし
やはり信者にならないとどこか仲間はずれ?な気持ちになっている自分がいます。
単純に神父さんに相談してみるのがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

洗礼の期限は洗礼者ヨハネが行なっていた洗礼によります。(洗礼したから洗礼者なんですけどね)
これは神道の禊ぎと同じ意味を持ちます。具体的にはヒトが犯した原罪を清めるための儀式です。
ヒトは現在にって楽園を追い出されました。つまり原罪がある限り楽園(天国)には入れないわけです。ヨハネは洗礼によってこの原罪の赦しを求めたわけで、それはイエスが洗礼を受けるということで完成しました。
だからキリスト教系の多くは洗礼を受けるわけです。

では洗礼を受けなければどんなに主の教えに従って生きていても天国に入れないのか?
そうではありません。が、原罪はあります。だから煉獄において現在を償うと考えているわけです。
煉獄は一瞬だが、その苦しみは地獄より恐ろしい・・私はそう習いました。
だからこの世で洗礼を受けたほうがはるかに楽です。

でも洗礼を受けるということは主の教えに従って生きるという決意でもあります。
法を知っていて犯す罪は知らないものの罪より重い。同じ過ちを犯すにしてもそれを知らないで犯す無知者より知っているものは当然重くなるのだということを自覚して生きなければなりません。
しかし知ろうとしないことも大きな罪でもあります。

カトリックや多くの新教では洗礼を強制することはしませんから、冗談交じりに勧めているだけです。
洗礼を受けたか受けないかの実生活での差は「聖体拝領が出来るか否か」くらいですよ。
仲間はずれではなく本質は自分に何か足りないものがあるという感覚でしょう。周囲が敬遠しているのではなく、自分が距離を感じているだけなんです。
カトリック信者としては「それは自分が洗礼を欲しているから」というしかないですね。
気持ちを切り替えれば仲間はずれという感覚は消えます。そうなればムリに洗礼を受ける必要はありませんが、払拭できなければ洗礼受ければイイじゃないですか。

洗礼はゴールでなくスタートです。これからが本当の勉強なんです。
そして、より強いつながりを感じたら堅信を受ければいいんです。
どうぞ心をもう一度整理して神父様に相談してください。

洗礼の期限は洗礼者ヨハネが行なっていた洗礼によります。(洗礼したから洗礼者なんですけどね)
これは神道の禊ぎと同じ意味を持ちます。具体的にはヒトが犯した原罪を清めるための儀式です。
ヒトは現在にって楽園を追い出されました。つまり原罪がある限り楽園(天国)には入れないわけです。ヨハネは洗礼によってこの原罪の赦しを求めたわけで、それはイエスが洗礼を受けるということで完成しました。
だからキリスト教系の多くは洗礼を受けるわけです。

では洗礼を受けなければどんなに主の教えに従って生き...続きを読む

Q成人後の洗礼について

はじめまして、僕は今19歳の大学生で、クリスチャンです。

僕は母親(ハーフ)がクリスチャンなんですけど、洗礼を受けておらず、あまりカトリックに熱心ではありません。

それゆえ、僕は幼児洗礼をうけていません。

僕は熱心にカトリックを信仰しているのですが、やはり、洗礼をうけたいと思う気持ちが、とても、大きくなるばかりです。今19歳になる自分は洗礼を受けることはできるのでしょうか?

僕はできれば、イタリアで洗礼をうけたいとおもっています。それはイタリアがカトリックの本場であるのと、また、僕にイタリア人の血が入っているからです。(イタリアが無理なら、その他のカトリックの国でもかまいません)

それが無理なら、当然、日本でうけることになっても問題ありません。

もし、何か情報をお持ちの方がいらしたら、返信のほどよろしくお願いします

Aベストアンサー

 こんにちは。成人洗礼を受けたカトリック信者ですので、良かったら参考にして下さい。
 カトリックの場合洗礼を受けるにはまず入門講座を受ける必要があります。教会や司祭によって日数は少し違いますが大体6ヶ月から1年未満ぐらいでしょう(私は7ヶ月でした)。クリスマスや復活祭を目安に洗礼が行われますので、もう既に入門講座が始まっている可能性があります。ただある程度知識があって聖書を読んでいたり自分なりに勉強されている方ですと司祭の判断により途中から入らせてもらったり、忙しくなかったら個別に勉強をしてくれると思います。
 入門講座を受講したからと言って必ず洗礼を受けなければならないという訳ではありません(私の時も1名見送られる方がいました)が、そのまま進んでいくと、入門式や洗礼志願式があり教会のミサ中に無事に洗礼を受ける事が出来るようお祈りしてもらう行事?があります。洗礼志願式の時までには代母(男性の方でしたら代父)も決める必要があります。カトリック信者で堅信を受けた方が代父母になりますが、心当たりの方がいらっしゃらなければ、司祭や指導者に相談すると紹介してもらえます。
 大体以上のような流れで進みますので、まずはお近くのカトリック教会で、自分が通えそうな範囲の所を訪ねてみて下さい。イタリアで洗礼というのは出来るかどうか分かりませんが、上記のように洗礼を受ける為には受講したり何回か式がありますので、イタリアにお住まいでしたら出来ると思いますが、日本にお住まいの場合は難しいかもしれません。自分が洗礼を受けた所にまずは籍を置くようになりますし、籍を置いているという事は献金などの義務も生じてきます(もちろん移動する事も出来ます。引越し等で籍を移動される場合は必ず教会に申し出ます。)
 成人洗礼の場合、幼児洗礼と違って洗礼と堅信は同時期に行います。式は荘厳でとっても感動しますし(私の場合連願がすごく歌のうまい人で特に感動しました)、何と言っても自分で好みの洗礼名をつける事が出来ます。
 熱心に信仰されているという事で、教会に行かれていたりして知ってる事ばかりだったかもしれませんが、一応の参考になれば幸いです。
http://www.cbcj.catholic.jp/←カトリック中央協議会のHPです。

 こんにちは。成人洗礼を受けたカトリック信者ですので、良かったら参考にして下さい。
 カトリックの場合洗礼を受けるにはまず入門講座を受ける必要があります。教会や司祭によって日数は少し違いますが大体6ヶ月から1年未満ぐらいでしょう(私は7ヶ月でした)。クリスマスや復活祭を目安に洗礼が行われますので、もう既に入門講座が始まっている可能性があります。ただある程度知識があって聖書を読んでいたり自分なりに勉強されている方ですと司祭の判断により途中から入らせてもらったり、忙しくなかっ...続きを読む

Qクリスチャンの方々へ:あなたの洗礼名は何ですか?

クリスチャンの方々へ:あなたの洗礼名は何ですか?

少しでも多くの情報を集めたいと思ってアンケート形式にしました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少しでも多くとのことですので、友人たちのものを羅列しておきます。
珍しい名前は本当に特殊なので、ちょっと本人の許可なく載せられないので、ポピュラーなものだけになりますが……。
ユリア、エステル、モニカ、エヴァ、イーヴァ(綴りはエヴァと同じですが、本人はイーヴァと発音していました)、アンジェラ、マリア、ハンナ、男性だとジョン、ペテロ、パウロ、マルコ、アリエル、レヴォなど。
基本的に聖人の名前から取りますから、かぶりやすい名前もけっこうありますね。
洗礼名とは別に堅信名というのもありますので、2つの名前をくっつけたような名前もあります。

Qキリスト教信者の夫と結婚し洗礼予定です。

プロテスタント(改革派)信徒の夫と結婚して2年になります。昨年娘を授かりました。
このたび、娘が幼児洗礼を受けることになりました。その時に同時に私の洗礼もすることになりそれについて悩んでいます。
主人の実家は義父に彼の母方の祖父、叔父がプロテスタントの牧師家系です。主人自身は大学生の時に信仰告白をしました。私のほうは父方が浄土真宗の仏教ですが、実家が自営業で家に神だながありえびす信仰ではないですが、商売繁盛などのお札があって神棚を拝むような家でした。しかし、幼稚園はカトリックの幼稚園で七五三などは教会で子ども祝福式としてやったり・・・といろいろ混合した典型的日本人です。住んでいた場所も神社仏閣が多く、遊び場はお寺だったり神社だったり教会だったり・・・
そんな環境ですごしたため、八百万の神様だったり阿弥陀様だったりイエス様だったり見えないけどすべてに神様がいるという気持ちがあります。そういう感性を大切にしたいとおもっていました。
主人の実家は敬虔なクリスチャンホームではあるのですが、かなり柔軟な義母でクリスチャンホームの方々があまり行わないと言われる日本古来の行事(お食い初め、お雛祭り、七五三など)を行うことに否定的なことは言わないし、主人もライフイベントとして行うことに抵抗はないようです。(神社仏閣に行っても拝みはしないですが)
娘の幼児洗礼に合わせて私も洗礼を受ける予定だと先に述べましたが、主人は「娘のためにするものではないから、しなくても大丈夫だよ。」と言ってくれます。義実家にしても私の信仰に関してはなにも言いません。ただ、通っている教会からは無言のプレッシャーといいますか、遠まわしに言われまして、主人とずっと生きていくなら私もいつかは改宗しようと思っていたのでそれが少し早まったのだと思い、娘と一緒にしようと思い立ったのですが、勉強会の話になり思いが揺らいでいます。
結婚が決まってから今まで毎週日曜日(休むこともありましたが)礼拝にでています。子どものころはイエス様にお祈りをしてからご飯を食べるような幼稚園だったのでキリスト教に抵抗があるわけではないのです。
でも、上記に記載したとおり、私にとって八百万の神様もイエス様も同じなので、一神教であるキリスト教徒になるのはどうなのだろうか・・・・そういう思いが抜けません。
主人みたく神社仏閣に神様はいない!とは宣言できないのです。この気持ちがなくなってから洗礼をうけるのが筋なのではないか・・・・でないと、他の方々に失礼にあたるのではないか・・・・など色々と考え混んでしまっています。
やはり、まだ私は受けるべきではないでしょうか・・・・。これから物ごころがついていく娘にクリスチャンホームを守り教えていく母としてこのままでよいのでしょうか・・・・。(ちなみに主人と話、娘の宗教に関しては成人するときに自分で選ばせる予定ではあります。)
プロテスタント教徒の方、結婚を機にキリスト教徒になられた方などアドバイスを頂ければ幸いです。

頭の中がうまくまとまらず、読み難い文面や不快に感じる文面がございましたら申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

プロテスタント(改革派)信徒の夫と結婚して2年になります。昨年娘を授かりました。
このたび、娘が幼児洗礼を受けることになりました。その時に同時に私の洗礼もすることになりそれについて悩んでいます。
主人の実家は義父に彼の母方の祖父、叔父がプロテスタントの牧師家系です。主人自身は大学生の時に信仰告白をしました。私のほうは父方が浄土真宗の仏教ですが、実家が自営業で家に神だながありえびす信仰ではないですが、商売繁盛などのお札があって神棚を拝むような家でした。しかし、幼稚園はカトリック...続きを読む

Aベストアンサー

参考になるかどうかは判りませんが・・
私はカトリックです。中学洗礼でした。聖歌隊に属し、中高と聖書を学び、大学時代も近くの教会で聖書の勉強をしました。
その頃の神父様は比較的広い心を持ち、亡くなった人を送るための葬儀なのだからどの宗派でも出て構わないと教わりましたし、誰を祝うのかを考えれば七五三だろうと何だろうとやってもいいとおっしゃっていました。
「神(本来キリスト教では父とか主とか創造主と呼ぶべきものです。本来の神の意味とは違います)というものは一つしかない。言語や考えが異なっていても私達が主と呼ぶものも他の宗教で神と呼ぶものも、その実態は同じものだ」とおっしゃっていたのです。

細かい事を書くと長くなってしまうので結論だけを申し上げれば
納得できなければ洗礼を受ける必要は無い・・そう思います。
それは人に失礼とか言うのではなく、自分自身の問題です。
揺れる心を洗礼によって固めるのも一つの手でしょう。しかしそれは悪くすると恐怖心による束縛にしかなりません。
洗礼を受けたんだからと疑問を解く事無く信じ込むことは自分にとっては大きなマイナスになります。
それなら洗礼を受けずに信仰を学んでいたほうが遥かに尊いと私は思うのです。

よく出される疑問ですが、「洗礼を受けて悪行を働き、告白によって許されたものと、洗礼を受けずに清浄な心を持ち、知らずの内にキリストの教えに即した人生を送ったものでは、どちらが天国に近いのだろう」
後者であれば洗礼の価値がなくなります。しかし前者であれば告白が免罪符となり、洗礼の価値がなくなるのです。
洗礼を受けるということは神の道を知ることです。むしろ神の道を知りながら悪行を行う事は知らずに犯す罪より重い。私はそう考えるのです。
洗礼者ヨハネの洗礼はそれまでの価値観や基準を180度替える為の洗礼です。許しを得るためのものではありません。
それほど大きな人生の転換を、「とりあえず受けましょう」とは言えませんよね。
だから私は幼児洗礼も否定します。実際私は子供達に洗礼を受けさせていません。
洗礼を受けるというのはそんな軽いものじゃないと思っているからです。

貴女は充分に信仰の道を進んでいると思いますよ。でも心が揺れているなら辞めておくべき事だと思います。
あと一歩踏み出せば、キリスト教の道を進める。そのときこそ洗礼を受けるときでしょう。
そして貴女の周りにはそれを教えてくれるご主人屋家族がちゃんと居ますから大丈夫だと思います。

私はカトリックですが妻の家は浄土真宗なんです。
義父の葬儀に先立ってお坊様と話をしていて、浄土真宗の考えは実に素晴しいと思いました。
日本の仏教は日本における人間の生き方を説いています。だから中国やインドの仏教徒は解釈が違って当たり前。
日本の風土に合った生き方を説いているんです。
その教えはキリスト教の中でも充分生かされるものだと私は思います。
それが見えてきてからでも、洗礼は充分に間に合うのではないでしょうか?
いつでも相談できる人がいる事は実に素晴らしい事です。だから家族に相談しながら自分を高めて行って下さい。
そして納得したら脇目もふらずに飛び込んで行って下さい。

参考になるかどうかは判りませんが・・
私はカトリックです。中学洗礼でした。聖歌隊に属し、中高と聖書を学び、大学時代も近くの教会で聖書の勉強をしました。
その頃の神父様は比較的広い心を持ち、亡くなった人を送るための葬儀なのだからどの宗派でも出て構わないと教わりましたし、誰を祝うのかを考えれば七五三だろうと何だろうとやってもいいとおっしゃっていました。
「神(本来キリスト教では父とか主とか創造主と呼ぶべきものです。本来の神の意味とは違います)というものは一つしかない。言語や考えが...続きを読む


人気Q&Aランキング