商品先物17銘柄を扱う企業の
主な経営者、代表者、株主、一族
など、分かる方いらっしゃいましたら
教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

会社 一覧」に関するQ&A: アプリ開発会社一覧

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
参考になりました。

お礼日時:2015/01/16 00:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支配株主と少数株主

支配株主と少数株主
支配株主と少数株主は、利害の対立関係にあると聞きますが、
互いにどのようなことを望んで対立しているのですか?

Aベストアンサー

 株主総会では全員一致ではなく多数決原理が採用されていますので、多数派株主が少数派株主を犠牲にして自己の利益を追求する恐れがあります。加えて、多数決によって選出された取締役がその地位を利用して、自己及び多数派株主の利益を専ら追求することがあります。

 つまり、多数決原理が採用されている以上、利害の対立は制度上想定されます。

 しかし、このような場合に少数派株主の救済策がなければ、安心して投資できず、株式会社制度そのものに支障が生じるので、会社法は少数派株主を保護する各種制度を規定しています。

Q華麗なる一族

に出てくる話は実話をもとにしていると聞きましたが、銀行のトップというのはあそこまで腐敗しているのでしょうか?読んでいて気持ちが悪くなるような人物ばかりなのですが、閨閥づくりや政官との癒着などは事実に近いと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

全てが全てあのままとは言えませんが、実際あれに近い状態ではあったようです。ドロドロですよね。銀行の合併劇や関西の鉄工所の倒産等実際にあった出来事をもとに作られています。綿密な聞き取り取材と徹底した準備で知られる作者の山崎豊子さんですが、取材中にある銀行の頭取から「銀行にも良い人間がいることは一言書いてもらいたい」と言われ三雲頭取を登場させたと言います。わざわざそう作者に頼まなくてはいけなかった状況を考えると、財界・金融界を取り巻く環境も推して知るべしかもしれませんね。発表時は銀行員にも大きな話題となったそうです。
ちなみに取材の対象、つまりモデルになったと言われているのは
1965年の山陽特殊製鋼倒産事件
阪神銀行は神戸銀行
万俵家は神戸の岡崎財閥
帝国製鉄は新日本製鐵
大同銀行は神戸製鉄と合併した太陽銀行 などです。

Q商品先物取引の起源

 今日どこぞでテレビをみていたらシカゴの商品先物市場に商品先物取引の起源は18世紀の大阪堂島にあるとの記述があるそうですが、私の遠い記憶によると16世紀のベルギーの現アントワープが発祥であったと思います。実際はどうなんでしょう?

Aベストアンサー

 1531年にアントウェルペンで、1568年にロンドンで
 大坂堂島米会所よりも古い取引所として、1531年設立のアントウェルペンの取引所、1568年設立のロンドンの「ザ・ブールス(The Bourse)」があります。アントウェルペンでは未着の胡椒をめぐり「先渡し取引(Forward)」が行われていた。堂島で未着の米切手が取引されていたのと同じ仕組みであった。 ただし堂島で行われていた帳合取引=先物取引(Futures)が行われていたかどうかはわからない。
 ロンドンンの「ザ・ブールス(The Bourse)」は「悪貨は良貨を駆逐する」で知られるトマス・グレシャムが自費で設立し、その後1571年にエリザベス女王の臨行を得て王立とされ、名前も王立取引所(Royal Exchahge)と変更される。こちらは帳合取引=先物取引(Futures)も行われていたらしい。
 私も関心があって、この「 教えて!goo」でアントウェルペンやザ・ブールスに関するサイトや文献など質問したのですが、答えが有りませんでした。<世界の中の堂島>で検索すると、<大江戸経済学 大坂堂島米会所>と題されたサイトがあって、こちらが参考になります。多分このサイトが一番詳しいと思います。

 1531年にアントウェルペンで、1568年にロンドンで
 大坂堂島米会所よりも古い取引所として、1531年設立のアントウェルペンの取引所、1568年設立のロンドンの「ザ・ブールス(The Bourse)」があります。アントウェルペンでは未着の胡椒をめぐり「先渡し取引(Forward)」が行われていた。堂島で未着の米切手が取引されていたのと同じ仕組みであった。 ただし堂島で行われていた帳合取引=先物取引(Futures)が行われていたかどうかはわからない。
 ロンドンンの「ザ・ブールス(The Bourse)」は「悪貨は良貨を駆...続きを読む

Q先物取引とオプション取引

いまいちデリバティブの事がわかっていないんですが

オプション取引は簡単に言うと権利の売買だと思うんですが
上がったら権利を行使して下がれば破棄すれば
損失はオプション料だけで済むと思うのですが、

先物取引は上がったら利益を得て下がったらそのまま損失になるので
どう考えてもオプション取引の方が下がった時のリスクが低い気がするんですけど

なんで先物取引を活用するのでしょうか?

先物取引よりオプション取引の方がいい気がします。

Aベストアンサー

オプションの価格は大きく分けて、「本源的な価値」と「時間的な価値」に分けられます。

本源的な価値というのは、オプションを行使した時に得られる利益のこと

例えば、日経先物が10500円の時、10000円のコールの本源的な価値は500円。

でも、実際にはコールの価格は800円とか「少なくても500円よりも大きい金額」となっています。

その部分が「時間的な価値」に対する価値です。
時間的な価値というのはSQまでの期間が長ければ長いほど高くなります。

例えば、SQまで1週間しかない場合と、1ヶ月の場合では
どちらの方が日経先物の上昇する「可能性が高い」かというと
残り1ヶ月の方が「可能性が高い」と言えますね。

オプションの価格は、時間的な価値、つまり「可能性」に対して
支払っている部分も少なくないので、
必ずしもオプションが有利ということにはならないと思います。

もっともオプションの購入者の最大損失額は、その金額の範囲内という
ことになるので、その点においては
オプションの購入者の方が有利と言えるかもしれませんが…

オプションの価格は大きく分けて、「本源的な価値」と「時間的な価値」に分けられます。

本源的な価値というのは、オプションを行使した時に得られる利益のこと

例えば、日経先物が10500円の時、10000円のコールの本源的な価値は500円。

でも、実際にはコールの価格は800円とか「少なくても500円よりも大きい金額」となっています。

その部分が「時間的な価値」に対する価値です。
時間的な価値というのはSQまでの期間が長ければ長いほど高くなります。

例えば、SQまで1週間しかない場合と、1ヶ月...続きを読む

Q財閥解体後の一族はどこへ?

三井、三菱、住友ほかの財閥が解体され、創業者一族が経営者になることも、株を持つことも禁止された、
が、その後、会社は企業グループとして復活した、
みたいなことはよく検索でも読めるのですが、
追放されたご一族のかたがたは、どうなってしまわれたのでしょうか?
路頭に迷ったのですか?経験のない小商いを一から始めて苦労されたのですか?それとも復活したグループの経営者として迎えられたのですか?
ご存知のかたがおいででしたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ほとんどの直系の子孫は名誉職についておられて生活はハイソサエティな部類でしょう。
解体しても大半の株券はお持ちのままでしたので現在のように日本経済が発展すれば、同時に彼らの資産も増えてきたという結果になっています。
ただ彼らは慎み深く政治や経済の表舞台には極力出ないように勤めているようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報