仕事上で2000年度の月別平均温度と湿度(東京)を出したいと思うのですが・・・・なかなか資料が無くて困ってます。

どなたかそのようなHPがあれば教えてください。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

情報 気象」に関するQ&A: 気象情報について

A 回答 (3件)

No.1の参考ページに挙げられている湿度は,1961年~1990年の30年間分を平均したものです。



で,2000年度の数字ということですが…もうそろそろ,CD-ROM(気象庁年報)や本(気象年鑑)が出る頃なのですが,まだ出ていないようです。(どちらにも前年度の数値が載っています)
私が愛用している会員制の気象情報サイト(IBCWEB http://com.ibcweb.co.jp/wx/)でも,月別のデータは1998年度分までしか入っていませんでした。

もし首都圏にお住まいでしたら,気象庁の1階にある天気相談所に電話されるか,直接出向かれるとよろしいかと思います。
入ってすぐのところに「気象月表」というとじ込みがあり,1ヶ月のデータを1枚にまとめて,日々の気温・湿度などのデータと,旬別平均,そして月平均,平年が載っています。セルフサービスでコピーできるようになっています。
(もう一つ,「地上気象観測原簿」のとじ込みもあり,こちらは1枚が1日分で,1時間ごとの観測値が分かります)
営業時間は午前9時05分~午後5時です。相談所のURLを書いておきます。電話は03-3214-0218(直通)です。

実は手元にたまたま,2000年6~9月の気象月表がありますので,各月の平均気温と平均湿度を掲載しておきます。
6月 22.5℃ 74%
7月 27.7℃ 70%
8月 28.3℃ 69%
9月 25.6℃ 69%
あと8ヶ月分聞けばできあがりですね。(^^)
電話で細かい数字をたくさん提供するのは業務の範囲外らしいのですが(話し中が増えて他の質問に応対できなくなったり,他の業務にも差し支えるので),8ヶ月分なら電話でも教えてもらえるかもしれません(この項だけ自信ナシ)。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/info/tenki/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく教えて頂きまして、ありがとうございます。
気象庁の情報、2000年度の4ヶ月分のデータ、その他アドバイスとても分かり易く助かりました。
早速残り8ヶ月分のデータ-をTELで聞いてみます。(やっぱ気象庁の方に迷惑になるかもしれませんので足を運びそうです(笑))

お礼日時:2001/06/13 01:35

HPではありませんが、気象庁東京管区気象台で閲覧できるようです。



参考URL:http://www.kishou.go.jp/field_offices/tokyo/toky …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱり、気象庁で閲覧するしかないのですかね。

出来れば今知りたいのですが・・・・わがまいってすみません。。。

お礼日時:2001/06/12 18:00

2000年度のものかは分かりませんが


参考までにお知らせします。

参考URL:http://www.saitama-j.or.jp/~kubo/no_16.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
HP見ました。確かに何時のか分かりませんでした(苦笑)
出来れば温度も知りたいのですが・・・・無理いってすみません。

お礼日時:2001/06/12 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部屋の最適温度、湿度は

部屋の最適温度、湿度は
暑いですねー、扇風機しかない部屋ですが
温度33℃、湿度36℃の状況です。
湿度が低いので熱中症は大丈夫と思いますが。
部屋の最適温度、湿度をお教えください。

Aベストアンサー

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従って、環境と状況によって異なりますが、一般的な空気調和の快適条件は

◇冷房時には、外気温35℃の時に室温27℃程度・暖房時は外気温7℃で室温20℃程度とされています。
そして、温度と共に湿度を快適にする事で、身体に優しく快適性と省エネ性を両立させるのが良いとされています。

◇湿度は成人の水分比率と同じ程度の60%程度が良いのですが、気温が高い時は不快指数が高くなり、蒸し暑いのでドライ運転のように50%以下にして体感的に涼しくしています。
暖房時には、逆に温度を上げるだけでなく、乾燥した室内で加湿により湿度を50%程度に約20%上げて体感温度2℃程暖かくしています。

熱中症は身体内の水分量(塩分他のミネラル含む)の減少や発汗により水分補給が不足して起こりますので運動中だけでなく睡眠時にも起こります。
また、湿度が低くても扇風機の風で水分(汗)が蒸発し、補給されていなければ熱中症は起こりますので
温度・湿度と同じく水分補給も十分留意しなければ発症の危険はあります。

要は、固定的な温度と湿度だけの条件でなく、風や体調・外気温等の関係で人間の体温調節機能を超える変化や過酷な条件にすると快適度が下がり熱中症等の健康障害が起こり易いです。

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従っ...続きを読む

Qガスタービンの吸気温度と湿度について教えて下さい

ガスタービンでの発電効率について検討しております。吸気温度は低いほど発電効率がアップするのは判っておりますが、吸気湿度は低いほうが効率はいいのでしょうか?また湿度によってどのくらい効率が左右されるのかを教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

吸気の湿度が高いと言うことは、その水分まで加熱しないと所定の温度に到達しないことを意味します

乾燥空気に対して、水分の含有量だけ所要熱量が増加しますので、その分効率は低下します

湿度は絶対湿度で考えることが重要です

一般には、温度が低いことは絶対湿度が低いことにつながります

効率に与える影響は、絶対湿度とそれを加熱するための熱量から計算してください

Q風邪予防に最適な温度・湿度って?

風邪等の流行を防ぐ為に最適な室内の温度・湿度というのはどの位なのでしょうか?
ちなみに北海道にあります介護福祉施設で居室は全室個室となっております。

Aベストアンサー

大きくは専門ですが、ご質問の範囲は専門外です。
健康な若い人ではないですから、個別に対応するしかないのではないでしょうか。

状態にもよりますが、一応元気と言う事なら、本人の深部体温が37度程度に保持できる温度と言う事でしょう。勿論輻射も考える必要が有るでしょうが、施設ですからそれは問題なく作られているでしょう。

湿度は70%程度が粘膜部の状態が正常なら、良いのではないでしょうか?
又、三大栄養素は勿論ですが、微量栄養素の状態も検査して保持するようにするほうが風邪をひき難いです。

Q室内湿度と室外湿度の差について

季節がら、時々、室内、室外の湿度を簡単な湿度計で見ます。
最近、しばしば、室内の方が湿度が高い事があります。
何故、室外の方が高くなるのでしょうか。どなたかお教えください。

一般家庭でのことです。ドア、窓の開閉、家のスキマなどから空気の出入りがあり、
室内には、人間、水、ガス使用などの水蒸気発生源があり、室内のほうが湿度が高くなるのではと思うのですが。

室外の方が高いといっても、5~10%程度です。
私の知識は相対湿度、絶対湿度、露点などの大体の意味は知っている積り程度です。

Aベストアンサー

外気の気温(DB)は1日24Hを通してかなり変動しますが、外気絶対湿度(X)は殆ど
変わりません(ただし、急に雨が降りだした等の特殊な条件を除く)。
したがって 外気露点温度も1日を通してほぼ一定です。

手持ち資料の 秋の例ですが、1~6時(DB=20.1~20.8℃、X=13.0~13.5g/kg')、
11~16時(DB=25.5~26.9℃、X=12.8~13.6g/kg')の如くです。

今頃の涼しい日中は、貴方の言われるとおり DB:室内>外気、X:室内≧外気 と思います。

いま仮に、室内条件が DB24℃ RH55% X10.3g/kg'、 外気 DB22.7℃ X10.3g/kg'
であったとすれば、このときの 外気RHは 60% となります。

更に、外気温度が低くて DB21℃ X10.3g/kg' だったとすれば、この時の 外気RHは 65% もあったということです。

Q喉を守るために最適な湿度はどれくらい?

寒くなる頃にいつもなるのですが、
一晩寝ただけで、起床時には喉がガラガラになってしまいます。
加湿器をつけて寝ると多少改善されるのですが、あんまりやりすぎると今度は結露したり布団なども湿っぽくなって冷たく感じて反って風邪を引いたり…。

喉を痛めない最適な湿度って何%くらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も乾燥する季節になるとすぐ喉を痛めるので、これからの季節は要注意なのです!

関連のサイトを色々調べてみたら、どのページにも、風邪の予防には湿度は60~80%が良いと書かれていました。参考までに1つだけURL載せておきます。

湿度が50%以上になるとウイルスは約3%しか生存出来なくなるそうですので、どうしても余り部屋の湿度を上げたくない場合には、せめて50%を下回らないようにするといいと思います。60%くらいはあっても大丈夫だと思いますけど…。

もっとご自分で調べたい場合には、検索サイトで「風邪・湿度」とか「喉・湿度」などのキーワードを入れて探してみて下さい。結構出て来ます。

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000388.html

Qシャワー 温度 世界平均値 2016

シャワーの温度はどの国もバラバラですが世界の平均値は何度くらいなのでしょうか?
日本のではなくて世界中の人々のあびるシャワーの温度の平均を教えてください
お願いします

Aベストアンサー

平均温度なんて無いと思います。

日本のシャワーはたぶんですが、40度から42度ぐらいが適正とされていると思います。お風呂のシャワー温度設定はだいたい40度から42度で一度止まるように作られているからです。またこの温度を越えていると、使う際に警告してくれるものもあります。

外国の温度設定は難しいです。たとえば赤道近くの国であればそもそもお湯にする必要がありません。水道も日本のように温度が低いわけではなく取水の時点から20度とかそれ以上の温度だったりします。そして外気温が常に35度を越えているような場所では、そのまま水というかぬるいお湯を浴びるだけでいいわけです。

逆に寒い地域だと温度設定はもう少し高いかもしれません。でも日本のようにお風呂設定で常に一定の温度のお湯が出る、という装置がついているところはあまりないです。なんでないかと言うと、必要ないからです。「一定の温度のお湯」というのは日本のように常にお風呂に入るから重要なのです。夏の水温でも冬の水温でも常に水より高い温度(大体40度から45度ぐらい)のお湯を作って湯船に溜めるために日本では温度管理ができる装置を作ったわけですが、シャワーしか浴びない人たちからすれば、そもそも朝寒ければ少し暖かめにお湯を調整し、暑い日ならすこし冷たくお湯を調整したいわけで、常に一定の温度のシャワーという必要性はない、わけです。

ということで、シャワーの平均温度を調べたデータというのはないだろう、と想像します。

そもそもシャワーすら浴びない民族だっていますし、シャワーじゃなくて川で行水、という地域もたくさん存在します。インドあたりの安ホテルでは「水しか出ない(つまりお湯は作っていない)」シャワーが普通で、暑い国ではそれで十分、川で行水するより便利、という状態ですから「シャワーはお湯」という概念すらない、かもしれません。

平均温度なんて無いと思います。

日本のシャワーはたぶんですが、40度から42度ぐらいが適正とされていると思います。お風呂のシャワー温度設定はだいたい40度から42度で一度止まるように作られているからです。またこの温度を越えていると、使う際に警告してくれるものもあります。

外国の温度設定は難しいです。たとえば赤道近くの国であればそもそもお湯にする必要がありません。水道も日本のように温度が低いわけではなく取水の時点から20度とかそれ以上の温度だったりします。そして外気温が常に35度を越え...続きを読む

Q珪藻土の湿度調整について

珪藻土に湿度調整機能があるから壁に使うと良いとよく聞きます。この湿度調整機能があるといっても、たとえば最適な湿度で調整できるわけではないと思います。それなのに、何故このようなまやかしのような宣伝文句が広く使われているのでしょうか。納得いきません。除湿機で所定の湿度に調整した方が余程確実なように思うのですが、いかがでしょうか。使わないよりは使った方がカビ防止に良いというのならわかりますが。

Aベストアンサー

確かに『機能がある』って・・どうなんでしょうか・・

そこでわが家では実践してみました。
子供部屋に施工してみました。
やって無い部屋との違いは一目瞭然です。
窓に水滴が付かなくなった事でしょうか。
そして体感としては『ドライ』ですね。
その湿度が最適かどうかは解りませんがやってない部屋よりあきらかに
湿度が低いと思います。
汗っかきの私がその部屋にいると汗かきません・・・

うたい文句としては万人にOKな所で
『空気中の湿気を吸います』程度の方がいいかもですね。

わが家では実証されたのですべての部屋に施工予定です。

Q220年後に温暖化の影響によって平均温度100度以上??

220年後に温暖化の影響によって平均温度100度以上になる という回答を読んだのですが↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2722194.html?ans_count_asc=2
これは本当なのでしょうか?回答中にあるIPCC第4次評価報告書
を調べてみたところ↓
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/070509/7154.html
などが出てき、21世紀中に地球の平均気温が最悪の場合6.4℃上昇する
とあるものの、この回答の100度以上というようなことはなそうに思えるのですが、この回答者さんはずいぶん細かく計算しているみたいだし・・
今までと同じような上昇の仕方なら100度にはならないと思うのですが
この回答に書かれているように次の100年の温度の上昇に 加速がついて上昇していくのは正しいのですか?

正確な情報・理解をしている方、いらっしゃれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その回答者の計算でいくと、千年後には何万度、一万年後には何億度・何兆度という話にならないでしょうか。
自然界では指数関数的な増加には必ず限界がありますし、係数の見積もりが甘いと大きな誤差を生みますから、220年後に100度というのはかなりあやしいと思います。

その後もどんどん気温が上昇すると計算されていますが、その回答者さんはそもそも100度になって海が全部干上がっても同じメカニズム・計算式で計算できると思っていらっしゃるのでしょうか???

Q夏の湿度40%以下、冬の湿度60%以上は大丈夫?

私の家では冬は窓を閉めていることが多く、室温8~18度、湿度60~75%くらいで
春以降は窓を開けていることが多く、最近ですと室温27度、湿度28%くらいでした
色々検索して調べた所、最適な湿度は40%~60%で40%以上に保つ理由はインフルエンザなどの
ウイルスの繁殖を抑え病にになりにくいためで、60%以下に抑えるのは温度20度が超えて
湿度も60%を超えるとカビが発生しやすいからだと書いていました

そこで我家の場合、一般的に聞くのと逆に冬には湿度が非情に高く、暖かくなってからは
湿度が非情に低くなってしまうようです
この場合なにか問題があるのでしょうか?やはり湿度は40%~60%に保ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

相対湿度(%)は空気中の水蒸気量が飽和状態の時を100%とします。
絶対湿度が一定でも温度が変化すれば相対湿度も変わります。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、絶対湿度を一定に保つには寒いときには相対湿度(%)を高めに、暑い時には相対湿度を(%)を低めにする必要があります。

例えばインフルエンザウィルスは湿度が高いと死滅します。
ただしウィルスが死滅する湿度(%)は温度が10度と20度では異なります。
温度が高ければ低い湿度でも死滅しますが、温度が低いと湿度100%にしても死滅しません。
またカビやダニも温度が低ければ湿度(%)がいくら高くても繁殖出来ません。

つまり温度が低い時には湿度を高めに、温度が高い時には湿度を低めに保つことが、人間が生活するために適した環境になります。

冬に湿度が高く夏に湿度が低くなる質問者様の御宅は生活するのに非常に快適な環境だと思います。

Q平均気温 平均降雨(雪)量のデータ(数値)とグラフを手に入れたい

新潟県上越市(できれば高田ではなく直江津地区がいいですが)と、長野県上田市、神奈川県平塚市のデータを数値が入力された数値が表になっている物、また、グラフになっている物がほしいです。

グラフについては、平均気温と、降雨量が1つのグラフに重なって示されている物が望ましいのですが・・・。学校で社会のテストで出たような、グラフが示されて、あてはまる地域を地図上から選ぶような問題があったと思いますが、あのような物でも結果が分かりやすければいいです。データは過去の平均の物が望ましいですが、○○年のものでもいいです。

気象庁のデータベースの物は調べてみましたがグラフは項目ごとに分かれていたので、その他のサイトで教えて下さい。

使用の目的は両親と一緒に住むことになったのですが、気候の違いを非常に気にしています。そこで、引っ越し先と、生まれ育ったところ、現在住んでいるところ、とをそれぞれ比較してもらうデーターがほしいです。

結果として、上越が冬は雪が降るけれども気温が氷点下になることが少なく、上田よりも暖かいこと、また夏場に気温が平塚と同じくらいでも湿度が非常に高くて体感気温が高いことを数値やグラフで示したいのです。ついでに、上越が冬場の日照が少ないことも示したいのです。

多少の地域のズレがあっても概ね、上に示したような結果がわかる数値、結果を示せる物が良いです。

難しい注文かと思いますがよろしくお願い致します。

新潟県上越市(できれば高田ではなく直江津地区がいいですが)と、長野県上田市、神奈川県平塚市のデータを数値が入力された数値が表になっている物、また、グラフになっている物がほしいです。

グラフについては、平均気温と、降雨量が1つのグラフに重なって示されている物が望ましいのですが・・・。学校で社会のテストで出たような、グラフが示されて、あてはまる地域を地図上から選ぶような問題があったと思いますが、あのような物でも結果が分かりやすければいいです。データは過去の平均の物が望ましい...続きを読む

Aベストアンサー

直江津のデータについては高田測候所へ連絡を取れば貰える筈です。高田測候所のサイトは下記です。
 平塚のデータは横浜地方気象台で貰えるでしょう。サイトは
  ↓ここです。
http://www.tokyo-jma.go.jp/home/yokohama/

参考URL:http://www.tokyo-jma.go.jp/home/niigata/takada/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報