専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

金属製のドアノブ(通常は金色)に消毒目的でエタノールを振りかけたのですが、しばらくしてから見てみるとドアノブの色が青っぽい灰色に変色していました。
また金属が溶け込んだエタノール(色は同じで青っぽい灰色)がドアの壁面を伝って流れており、乾燥してしまった後に拭いたのですが、いくら拭いてもとれませんでした。

ドアノブがなんの金属でできているかはわからなかったのですが、調べると金属(ナトリウムなど)と反応すると金属アルコキシドを形成するということが書いてありました。
そこで以下の2つについてご存知でしたら、教えて下さい。
(1)アルコールは大抵の金属と反応するのでしょうか。
(2)拭きかけたエタノールと金属が反応してドアに垂れてしまったものはどうすればふき取ることができるのでしょうか。

詳しい方、何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です、お礼おそれいります。

磨くと言っても金属表面をブラシでこするだけなので、もし工芸用のツールをお持ちなら金属ブラシ(Φ0.2mm位の金属線が束ねてある物)でこするだけです。ただ家の中でこれをやると、そのブラシの針金が飛散し裸足に刺さるのでお子様がおいででは無理だし、大人でもとげ抜きで抜かないと大変。緑青っぽい部分ですが、酢酸(食酢で充分)でこすってみて下さい、初めは水で薄め、ダメなら濃いのを使います、氷酢酸(純粋な酢酸、室温でも冬は凍るのでこの名があります)は毒劇物ではないので、薬店でも売ってくれるはずですが、臭いは強烈です。トイレ用の「混ぜるな危険」の酸は通常塩酸ですので金属の表面はボロボロになってしまいますから、確実にきれいになりますがやらない方が良いでしょう。なお上手くきれいになったら、ニスか透明ラッカーをシンナー(薄め液)で希釈し、美術・工芸用のエアブラシで遠くから吹き付けます。まあ趣味の範囲ですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事に気づかず、遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
再度回答して頂き、ありがとうございます。
酢酸でしっかりこすってみたところ、あまり目立たない程度まで取ることができました。
的確なアドバイスをして頂き、ありがとうございました。
また化学系の事で質問したい時にお伺いすることがあるかと存じますがその時は何卒よろしくお願い致します。

お礼日時:2015/11/12 09:52

(1)エタノールと反応する金属は、アルカリ金属(Li、Na、K、Rb、Cs、Fr「こいつは放射性」)とアルカリ土金属だけ(Mg、Ca、Sr、Ba、Ra「こいつも放射性」、なおBeは通常除かれる)ですが、裸の表面を出すとどんな金属でも反応します。

但し上記の奴らに比べると、冗談ほど遅い。
(2)それは拭き取れません。これはあまり知られていませんが、真鍮が酸化されたり硫黄と反応するのを防ぐ為、食器以外の金属宝飾具にはニスやラッカーが塗られています。今回はそれが溶けました、青っぽいのは既に酸化されていた真鍮から出た緑青が溶けたのでしょう。通常電動クリーナーで削り(1μm位で良い)再度ニスかラッカーを塗ります、もちろん無色透明な奴。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
真鍮から緑青が出たというのを聞き、昔の授業を思い出してなるほどと思いました。
それが正体かもしれません。
しかし拭きとれないんですね…
実はドア自体が模様を彫り込んである(?)もので、削ると模様が消えてしまうかもしれないんです。
一応ドアノブの緑青が溶け出てドアを伝っているだけでドア本体(これも金属製ですが表面を見るとコーティングがされているようです)が溶けている訳ではないのですが、その場合も表面についた緑青を取ることはできませんか。
もしこのお礼を見られましたら、教えて頂けると幸いです。

お礼日時:2015/10/20 21:57

そもそもですが、清浄になった結果、


さびや微生物の攻撃を受けたということだと思います。
粒子の細かい研磨剤(たとえば歯磨き粉)で磨くか、コンパウンドがあります。
面倒なら安くて、どこでも売っているピカールがいいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
見た目がさびというより溶けたような感じでして…
しかし研磨剤で磨くというのは一つの手ですね!
一度試してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2015/10/20 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄が錆びる仕組み

鉄が錆びる仕組みについて調べました。
これまでのところ、以下のような理解です。

□鉄さび = 酸化鉄。
□化学式は Fe(OH)3
・しかし、さびといっても、他にも種類はあるらしい。
□乾燥した状態では、鉄は酸素と勝手に化合したりしない。

□水が鉄の表面につくと、以下の反応が始まる。
・水に、大気中の二酸化炭素が溶けて、酸性(電解質)になる。
・そのため、鉄がイオン化する。(とける)Fe2+ 
・一方、水は酸素と水素に分離する。 H、O
・そして、水の中で、これらがくっつく。 Fe(OH)3

(1)【以上の理解で、正しいでしょうか・・?】
(2)【水が酸素と水素に分離する、というくだりが微妙です。水って、そんなに簡単に、分離してしまうものなんですか?なんらかの刺激はひつようないのでしょうか?】

■また、以下のサイトも調べました。
http://www.sofutemu.co.jp/page1.html
その結果、新しい事実!として、以下のようなことが書いてありました。

・鉄鋼(鉄のことと考えます)は、エネルギーの強い部分と弱い部分がある。
・水がつくと、”反応が起こり、エネルギーの移動が始まる”。
(強い部分から、弱い部分に、エネルギーが移動する)
・弱い部分に、エネルギーをあげた”強い部分”は、安定するために、OやHと結びつく。

 おそらく、以上二つの説明は、同じことを別の言い方で説明しているのでしょうが、、、 

(3)【”反応が起こりエネルギーの移動が始まる”・・・の部分を、もう少し詳しく知りたいと思いました・・。】

(4)【もしも自分に理解できるならば、「一体、強い部分、弱い部分とはなんだ?」ということも、知りたいと思いました。】



 もしも、ご存知の方がいましたら、どうぞよろしくお願いします!

鉄が錆びる仕組みについて調べました。
これまでのところ、以下のような理解です。

□鉄さび = 酸化鉄。
□化学式は Fe(OH)3
・しかし、さびといっても、他にも種類はあるらしい。
□乾燥した状態では、鉄は酸素と勝手に化合したりしない。

□水が鉄の表面につくと、以下の反応が始まる。
・水に、大気中の二酸化炭素が溶けて、酸性(電解質)になる。
・そのため、鉄がイオン化する。(とける)Fe2+ 
・一方、水は酸素と水素に分離する。 H、O
・そして、水の中で、これらがくっつく。 Fe(OH)3
...続きを読む

Aベストアンサー

少々間違っておられます。
おっしゃる通り、純鉄は乾いた空気中では錆びません。

湿った空気中では、いわゆる「赤錆」という錆ができます。
まず、鉄の表面に微小な水滴が付着します。
その水滴の中に酸素が溶け込んで陽極と陰極ができ「局部電池」が形成され、Fe2+ イオンが溶出します。
恐らくそのサイトの「エネルギーの強い部分と弱い部分……」のくだりは局部電池の陽極と陰極のことでしょう。
(局部電池が分からなければ検索してみてください)
その結果鉄はオキシ水酸化鉄(III) FeO(OH) や酸化鉄(III) Fe2O3 といった三価の鉄化合物になります。
これがどんどん剥がれて内部の鉄がむき出しになって……と繰り返されるのです。
penichiさんは水酸化鉄(III) Fe(OH)3 ができると言っておられますが、実際にはそのような化合物は存在しません。
速やかに脱水してオキシ水酸化鉄(III)になると考えられます。
また、水滴中に塩化物イオン Cl- や硫酸イオン SO4 2- などのイオンが存在すると、錆びはかなり早く進行します。

また、「黒錆」という黒い錆があるのをご存知ですか?
これは酸化鉄(II,III)または四酸化三鉄 Fe3O4 と呼ばれる鉄の酸化物の一種です。
この錆はかなり緻密で、ちょっとやそっとでは剥がれないので内部の鉄を保護してくれます。
その結果鉄の錆びがストップします。言ってみれば「いい錆」なんですね。
鉄釘や鉄鍋がそう簡単に錆びないのはこの錆のおかげです。

少々間違っておられます。
おっしゃる通り、純鉄は乾いた空気中では錆びません。

湿った空気中では、いわゆる「赤錆」という錆ができます。
まず、鉄の表面に微小な水滴が付着します。
その水滴の中に酸素が溶け込んで陽極と陰極ができ「局部電池」が形成され、Fe2+ イオンが溶出します。
恐らくそのサイトの「エネルギーの強い部分と弱い部分……」のくだりは局部電池の陽極と陰極のことでしょう。
(局部電池が分からなければ検索してみてください)
その結果鉄はオキシ水酸化鉄(III) FeO(OH) や酸化鉄(I...続きを読む

Q真鍮製品の上手な磨き方

 仕事の話になるので日曜大工のカテゴリとそれますが、こちらで訪ねた方が確実だと思い質問致しております。

 会社に真鍮製品の在庫が豊富にあるのですが、保管が悪かったらしく製品の色が芳しくないものがたくさんあります。
 何れも新品なのですが、こんな色では売ることが出来ないと社員一同頭を悩ませており、その製品をなんとか販売できるまでにしろ!という大役を押しつけられてしまいました(涙)
 製品としては目に付くところで使用されるわけではないので新品同様までに綺麗にしなくてはいけないというわけではないのですが、ピカールで磨いて上司に見せたところNGと言われてしまいました。
 ピカールで磨いた以上に真鍮に光沢を持たせるには、どうやったらいいでしょうか?
 私的な考え方として、
・自動車用のコンパウンド剤を使用する
・スチームを使用する
 を考えています。
 ちなみに、ピカールは真鍮用のブラシとウエス(古タオル)を使って磨きました。

Aベストアンサー

#8です
以前写真現像(正確には現像停止)に使用した酢酸があることに気付き、試験してみました。

10%溶液を作り、汚れた真鍮を二時間漬けて置く。

引き出してティッシュペーパーで拭くと、ピカピカになっていました。留意点は

1.漬けておくだけで、擦ったり磨いたりの手間はいらない

2.10%も2時間も共に根拠はない。最適な値は他にあると予想される

3.真鍮に酸化膜以外の汚れが附着していると「酸洗い」を妨害するので、予めそのようなものは剥がしておく

4.酢酸の入手先は、私の場合ヨドバシカメラの写真用品売り場。その他薬局でも入手可能かもしれない(未検証)。いずれにせよレモン酢よりは大幅に安価

>#膨大な真鍮製品を大量のタバスコで拭きながら
>#噎せ返っている光景を想像して、ちょっと笑えました
>笑うなんて、非道い。(涙)
でも、ブラックユーモア的な情景がナントモ(^^;
 

Qアルミニウムの腐食

アルミニウムが腐食する原因は何でしょうか?

また、どのくらい置いていたら腐食するんでしょうか?

Aベストアンサー

純粋なアルミは非常に反応性の高い金属です。
アルミサッシなど腐食されない材料として使用される理由は
傷ができたとき、瞬時に酸化皮膜(酸化アルミ)ができ、
それ以上反応が進まなくなるからです。
酸化アルミは透明な物質なので見かけ上はわかりません。
酸化アルミは非常に安定している物質なので腐食が起こりにくいのです。
ちょうど鉄棒の表面に黒さびをあらかじめつけておくのと同じ原理です。

アルミが腐食する理由としては、油や汚れなどが付着して
酸化皮膜ができる前に他の反応が起こった場合です。
つまり反応性の高いものが近くになく、いつもきれいにして空気に触れていれば
ほとんど腐食しないはずです。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。

Q真鍮についた緑青の落とし方

真鍮に付いた緑青の落とし方を教えてください

Aベストアンサー

さんこうに
http://blogs.yahoo.co.jp/bmjfs458/24088089.html

Q消毒用エタノールを掃除に使う場合の疑問

掃除をするのに消毒用エタノールを使うのですが、
今まで何も考えずに適当に使ってたので注意すべきことを知りません。
これで拭いてはいけない物は何でしょうか?例えばフローリングの床とか
壁紙、プラスチック製品等は問題無いでしょうか?

Aベストアンサー

少し気になったのでコメントさせていただきます。

消毒用エタノールは、名前の通り「消毒用」としての用途に使用します。
塗布したその場での殺菌力としては有効ですが、揮発性が強く残留しませんので、その効果に持続性はありません。
またご存じのように親和性があり、水にも油にも溶けやすく、化粧品や育毛剤などに混合することで、水だけでは染みこみ浸透しにくい場所にも馴染ませやすい特性として利用されます。
また人体に対しての有害性が少ないことも特徴です。

これらからお掃除にご利用いただく場合も、
・殺菌効果を期待し、冷蔵庫や水回りなど清潔を保ちたい部分をエタノールを含ませた布で拭きます。汚れが取れていやな臭いも消え、カビ予防にもなります。カビに対してはカビの汚れそのものを落とす力はありませんが、殺菌力によりカビを死滅させることは出来ます。

・「親和性」の特徴から、油汚れに浸透し溶かしやすい特性があり、キッチン周りの汚れ落としに有効で二度拭きも必要ありませんが、当たり前ながら揮発性、引火性が高いので換気や火の気には注意してください。

・高い浸透性によりスチロール製品などに使うと白く濁ることがあります。またニス塗りのものに使うと溶けることがあります。皮製品に使うと光沢がなくなることがあります。

少し気になったのでコメントさせていただきます。

消毒用エタノールは、名前の通り「消毒用」としての用途に使用します。
塗布したその場での殺菌力としては有効ですが、揮発性が強く残留しませんので、その効果に持続性はありません。
またご存じのように親和性があり、水にも油にも溶けやすく、化粧品や育毛剤などに混合することで、水だけでは染みこみ浸透しにくい場所にも馴染ませやすい特性として利用されます。
また人体に対しての有害性が少ないことも特徴です。

これらからお掃除にご利用いただ...続きを読む

Qアルコキシドの生成ってどうして起こるんですか?

この間授業(高校)で習って、参考書などを見てもよくわかりませんでした。
水中だとアルコールの電離は水の電離に押さえられておこらない。けれど、Naを入れると、
2Na+2H2O→2Na++2OH-+H2↑
が起こってアルコールが電離してH+を出してそこに置換してアルコキシドが生成するって先生は仰ってたんです。
私の疑問は水中で反応が起きるのなら、アルコキシドは出来てもすぐに電離してしまわないのか、そもそもアルコキシドの生成は水を使わないでやるものじゃないのかっていうことです。
どうしてアルコキシドは出来るのですか?

Aベストアンサー

rei00 です。お礼拝見しました。

> 最後のところのRO-にな何故Naが付くんですか?

 これは、RO- は陰イオンですのでカウンターイオン(陽イオン)無しには存在できません。今の場合、陽イオンのナトリウムイオンがカウンターイオンになっているわけです。


> RO-だと不安定なのですか?Naは+イオンでいるよりも
> RO-Naでいる方が安定なのですか?

 上記のように、溶液中でこれらは RO-Na と結合した形で存在しているのではなく、RO- と Na+ というイオンの形で存在しています。


> またRO-Hの結合の方がRO-Naの結合よりも
> 電気陰性度の差が小さいから安定しているようにも
> 思うのですが・・・。

 お書きの通りです。ですので、水などがあると、RO- は水の H+ を取って RO-H になります。後には NaOH (Na+ と OH-) が残ります。

 そのため、アルコキシド(RO-)を作るときにはアルコール(ROH)を金属ナトリウムと反応させるわけです。ここで水が存在するとアルコキシドはできずに水酸化ナトリウムが出来てしまうのは先に回答した通りです。

rei00 です。お礼拝見しました。

> 最後のところのRO-にな何故Naが付くんですか?

 これは、RO- は陰イオンですのでカウンターイオン(陽イオン)無しには存在できません。今の場合、陽イオンのナトリウムイオンがカウンターイオンになっているわけです。


> RO-だと不安定なのですか?Naは+イオンでいるよりも
> RO-Naでいる方が安定なのですか?

 上記のように、溶液中でこれらは RO-Na と結合した形で存在しているのではなく、RO- と Na+ というイオンの形で存在しています。
...続きを読む

Qフローリングにアルコールをこぼして、白く変色してしまった!

フローリングに工業用アルコール(メタノール)を
こぼしてしまい、その部分の茶色い床が白く変色してしまいました。
水拭きしても消えません。
何を使ってどうしたら、目立たなくすることが出来ますか?
ワックスをかけなおすとかしてもだめなんでしょうか。
(といってもかけたこともないのですが…)
どうかご助言ください。
すごく床が汚れているように見えてハズカシイので…。

Aベストアンサー

フローリングの白化ですね.
恐らくフローリングの表層にあるクリア層がアルコールによって腐食して凸凹になってしまった関係で,表面が乱反射して白っぽく見える現象と推測されます.
簡単に言うと,表面が擦りガラス状になっているわけです.(擦りガラスは白っぽく見えますよね?)

なので,表層の凹凸を埋めることが出来れば,乱反射することはなくなりますので,フローリング補修用の塗料やワックスをかければ,恐らく白化はなくなると思います.

フローリングや,壁紙,その他シートで化粧をしたようなものやメッキをして
クリアーコートをしてあるものに溶剤を付着させる事は極力止めましょう.
艶がなくなったり,白化したりします.

Q無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

腑に落ちないといか疑問なことなんですが
別な所でPSVITA,PC内部の端子の掃除、液晶テレビの端子の掃除とかの掃除を
無水エタノールとか接点復活スプレー使って大丈夫なのかっていう質問をしたのですが

金属端子部分の無水エタノールとか接点復活スプレーを使ってでの
掃除はしない方が良いとうご回答を何件か頂いたので
こういうご回答に少し疑問に思っていますのでここで質問をします

よく無水エタノール又は接点復活スプレーとかで液晶テレビの金属端子
PC内部の端子掃除とか昔のファミコンの端子の掃除とかしている人を
よく見かけますがそういう道具を使う人は
そういう道具での掃除が危険なのを承知でやっているのですかね

無水エタノール又は接点復活スプレーとか使っても問題ない
PC内部の金属端子掃除には無水エタノール又は接点復活スプレーが欠かせないとか見るので
別に使っても害とかないんじゃないかっと勝手に思ってしまった
よく使ってはいけない理由が
金属端子部分が溶ける剥げるから使わない方が良いとか=
(無水エタノール、接点復活スプレーって端子とかを安心に綺麗にする道具じゃないの?)

端子部分以外の場所が溶けるとか=
(金属部分以外に塗らなければいいんじゃない?塗ったとしても壊れるほど形が変形するものなの?)

錆びる=(無水だから錆びることは無いとは思いますが)とか色々と聴きますので
()の部分はそういう答えに対する疑問です。
なんか使ってはいいのか使ってはいけないのかが曖昧になってしまいまして
別にそこまで深く考えることじゃないとは思われますが
自分は疑問に思った事を解決しないと気がすまないめんどくさい性格なので
めんどくさいとは思いますがご回答を出来るお方がいらっしゃいましたら
お知恵を下さい、ご回答を宜しくお願いします。

無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

腑に落ちないといか疑問なことなんですが
別な所でPSVITA,PC内部の端子の掃除、液晶テレビの端子の掃除とかの掃除を
無水エタノールとか接点復活スプレー使って大丈夫なのかっていう質問をしたのですが

金属端子部分の無水エタノールとか接点復活スプレーを使ってでの
掃除はしない方が良いとうご回答を何件か頂いたので
こういうご回答に少し疑問に思っていますのでここで質問をします

よく無水エタノール又は接点復活スプレーとかで液晶テレビの金属端子
...続きを読む

Aベストアンサー

接点復活スプレーは多少成分が違いますが基本は油です
(KURE 5-56等と一緒)
微弱でも電気の流れる所で使う物では有りません

>無水エタノール
この成分が入っている燃料用アルコールを色々な所で使っています
パソコンでは メモリの接点掃除 内部のホコリ掃除時に面帽に濡らして使用等です
(昔 家電品の基盤修理時に清掃用として使っていたから現在も流用しています)

テレビ等の金属端子(赤白黄等のAVケーブル?)は 目の細かい水ペーパを水を使わず磨くか金属クリーナが良いと思います

Qエタノール蒸発後、ガラス板の上に残るのは何?

化学に関して、エタノール約100%をガラス板に垂らしエタノール蒸発させると、ガラス板の上になにかが膜状に残りますがこれは何なのでしょうか。エタノールだけでガラス器具を洗浄するのは問題があるのでしょうか。

Aベストアンサー

#1のお答えのうち「元々ガラスに付いていた汚れ」と思われます。
なお「無水エタノール」として売られているものは99.5%「以上」の純度です。
また「脱水エタノール」として売られているものの中に含まれる水は最大0.005%となります。(関東化学様の場合)
>>エタノールだけでガラス器具を洗浄するのは問題があるのでしょうか。
非常に問題です。通常上水と洗剤で洗い、純水(通常逆浸透方で作る)で良く洗います。
さらにきれいにしたいときは「六価クロム」などは使えないので、過硫酸カリウム+濃硫酸の溶液に漬け置き洗いします。
高電気抵抗の純水でよくすすぎます。
仕方なく速く乾かしたいときだけアルコールやアセトンで最後にすすぎます。この場合もエタノールよりメタノールが良いようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング