こんばんは。ユーフォニアムを吹いている高1です。
中学の頃からの悩みなのですが、楽器を吹いた後に必ずマウスピースの跡が付いてしまいます。
マウスピースを押し付けすぎているからだと思い、できるだけ押し付けないよう気をつけて練習したりもしましたが、やはり付いてしまいました。
マウスピースのみの練習の時も、5分もしない内にくっきりと赤い跡が付きます。
先輩は跡が付いておらず綺麗な音を出しています。
私の音はあまり綺麗な音じゃないのですが、それはマウスピースの跡が付くことと関係しているのでしょうか?
そうならば、マウスピースの跡が付かないように出来る練習方法などはありますか?
また、インターネットで調べてみると「体質や肌色によるから仕方ない」という意見もありました。
マウスピースを押し付けすぎていなくても、体質だから跡が付く、ということは有るのでしょうか?

長文すみません。
ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一度、レッスンをしている人を探して指導を受けてみてはいかがでしょう。



抑えすぎなのか
体質的に皮膚に後がつきやすいとか、色が目立ちやすいのか
マウスピースが合ってないのかもしれませんし
歯並びや歯茎の形などでどうしてもアンブシュアに影響が、
とか抑えすぎないと吹きにくいとか、部分的に強く当たる形になってしまうとか
原因はいろいろだと思うんですよね。

どれもこれも可能性であって
一度見て、聞いて、指導してもらうほうがいいのかなと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
そうですね。レッスンがあるとき、お願いしてみようと思います。
一時期チューバをやっているときも同じようにくっきりと跡がついていたので、マウスピースの問題ではないと思いますが…
それも含めて聞いてみようと思います。

お礼日時:2015/12/09 20:08

マウスピースを押し付け過ぎてはいけないことは確かですが、だからといって圧力ゼロは無理です。

プロでも跡は付きますし、むしろ付かない方がおかしい。程度の問題です。
それを軽減するには、「リップスラー」「息を十分にとる」です。

リップスラーについては、開放の指使い「ドソドソ」を四分音符で始めて、半音ずつ下がっていきます。そのパターンが出来たら、「ドミドミ」とか「ドミソミ」など上行パターンを練習します。これを練習すると高い音も出しやすくなりますよ。
呼吸が浅いとマウスピースに押し付ける傾向が強くなるので、息を深く吸う。その場合ロングトーンですが、ただまっすぐ伸ばすだけではなく、クレッシェンド・デクレッシェンドのパターンも練習しましょう。これは、ブレスコントロールの練習になりますし、マウスピースの圧力軽減にもなります。

>私の音はあまり綺麗な音じゃないのですが、それはマウスピースの跡が付くことと関係しているのでしょうか?

それはないわけじゃないですけど、それだけが原因ではないです。金管、特に小学生などの鼓笛隊で吹いている子は必ずといっていいほど音がこもっています。そうならないよう、「下唇から下あごの先については」、「必ず伸ばす」ようにしてください。大人でもできていない人がいます。これは、かなり重要です。

>マウスピースを押し付けすぎていなくても、体質だから跡が付く、ということは有るのでしょうか?

そうですね。色白の人だと顔が赤くなっただけでもはっきりわかるでしょう?気にしないことです。
まとめになりますが、何が重要かを考えないと目的がずれます。この場合の最終目的は音をよくすることなので、そのためにマウスピースの圧力を軽減するのです。そのための練習がリップスラーや呼吸法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
リップスラーの練習をもっとした方が良いんですね。
クレシェンド・デクレシェンドのロングトーンも、明日から早速取り入れようと思います。
教えていただいたことを意識して練習します!

お礼日時:2015/12/09 20:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランペットのプラスチックのマウスピースと、本物(銀、金)のマウスピースってどっちが吹きやすいとかっ

トランペットのプラスチックのマウスピースと、本物(銀、金)のマウスピースってどっちが吹きやすいとかってあるんですか?(例 高音はプラスチックのマウスピースなら簡単に吹けるけど、本物のマウスピースは難しいよ。など…。

教えて頂ければ幸いです。土曜日に楽器決めがあるので、なるべくはやく教えて頂ければ幸いです❗

Aベストアンサー

バストロ奏者です。
まず余談から、、、トランペット本体の色について。
金のトランペットは柔らかい音、銀はスパーンと飛ぶ音が出やすいと言われています。マウスピースは自もちがいいですよね。でも夏のコンクールでプラスチックのマウスピースはあまり宜しくないと思います。価格を気にしないのであれば金属のマウスピースをお勧めします。プラスチックだと表現にも限界が生じてくると思います。マウスピースの材料は大事ですよ?

Qユーフォニアムの音を遅れないようにするにはどうすれば良いですか? 吹奏楽部でユーフォニアムを担当し

ユーフォニアムの音を遅れないようにするにはどうすれば良いですか?

吹奏楽部でユーフォニアムを担当しています。
先日練習中のアンサンブル曲の演奏を録音してみると、ユーフォが遅れて聞こえていました。特にゆったりしたメロディーのところは顕著です。自分ではメトロノームに合わせて吹けていたつもりだったのですが…。

メトロノームがカチッと鳴る少し前に吹き始めて録音すると遅れはマシになっていました。しかし、吹いている間、自分だけ飛び出して出てしまっているのではないかと不安になります。
多少不安になっても、そうした方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>メトロノームがカチッと鳴る少し前に吹き始めて

これが正解です。ユーフォに限らず金管楽器は管が長い分だけ遅く音が出てきます。だから、低音に行くほど早めに吹き始める必要があります。まず、慣れてください。
木管楽器とのアンサンブルなら顕著になります。

でも、実際は、半分以上のアマチュアの楽団で、金管の低音タイミング遅れがあります。

Q響け!ユーフォニアムのアニメのでれいなちゃんのソロを吹いている人の名前を知りたいです!

タイトルの通りです。
現実で、音源をとった人のことです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

「ソロパートオーディションのアレ」という前提で回答すると、7月発売予定のサウンドトラックにオーディションのトランペットソロの香織バージョンと麗奈バージョンが入ってて、収録曲リスト見ると演奏者名がキャラ名義になってますので「中の人」までは特定出来ませんね。
吹奏楽担当のウィンドオーケストラの誰か、かもしれません。

Qマウスピース(金管)で吹くと息の音が・・・

この前講師の先生に
「マウスピースで息の音がならないようにすること」
といわれて、意識して吹くようになったのですが、
どうしても、鳴らすと、かすかに息の音がしています。

どうやったら息の音がなくなるでしょうか?
練習方法など、おしえてください><
ちなみにホルンをやっています。

Aベストアンサー

高校・大学(音大でなく普通の大学オケ)でホルンやってました。

>「マウスピースで息の音がならないようにすること」
これは完全には無理な話ではないでしょうか(そりゃかすかにはしますよね・・・)。
なのでおそらくイメージでのお話しかとは思いますが、
・アゴをあげてスムーズな気道を確保する
・ろうそくを消すような息ではなく、あたたかい息を出すイメージで吹く
・マウスピースに(唇や息を)押し付けるような吹き方をしない
ことで、広く膨らみのある(ホルンらしい)音が出るようになるよ、ということでしょうか。
息の音が聞こえるように吹くと、つぶれたような(?)音になってしまいますからね。

こんな回答で恐縮ですが、参考になれば幸いです。

Q一年ぶりにマウスピースを吹いてみてるのですが・・・

一年ぶりにマウスピースを吹いてみてるのですが・・・

ちょうど一年前まで吹奏楽部でトランペットを吹いていた者です。
ちょっと事情があって一年間全く楽器に触れていませんでした。
ですが最近また吹奏楽やってみたいな~・・・と思いまして、試しに練習用のマウスピースを買ってきました。
買ってきたその日は上手く吹けていたので調子に乗って一年ぶりなのにかなりの時間吹き続けてしまいいました。
しかし次の日吹いてみようとすると全く音が出ないのです。
これは吹き方が悪いのでしょうか?
それとも前日調子に乗ったのが原因でしょうか?
唇は今結構痛んでいます。

どなたかアドバイスあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっさんのホルン吹きです。

よくあることですよ。一年もの長い間だとちょっと経験ありませんが、練習時間が取れなくて何日も吹かなかった時なんかに驚くほど上手く吹けるときがあります。特にそれまで結構頑張って練習していたりするとよくなります。

これは要するに休息をとったので筋肉の疲労がとれ、余計な力が抜けたからおこることのようです。楽器に限らず、運動選手なんかも何日か休むと妙に調子が良かったりするみたいです。

上達しようと頑張っているときは休むことが怖くなるものです。それまでの積み重ねを失いたくない一心でつい無理をしがちです。

ですが、筋肉というものは負荷をかけた後に休むことで前より強くなるものです。超回復と言うのですが、いわゆる「鍛える」ということの中には必ず「休むこと」が必要なのです。

とはいうものの、絶対的な筋力の他に持久力と回復力いうものがあります。これは毎日の積み重ねによって維持されるもので、鍛えることをやめてしまうとどんどん衰えます。

質問者さんの場合、長い休息のおかげで「力み」がとれ、お若いせいもあってさほど「筋力」は衰えなかったものの、持久力と回復力は落ちてしまったのでしょう。ですから、調子にのってたくさん吹いたので一日では回復しきれずに今のような状態になってしまったのだと思います。

かく言う私もそういうときはつい調子に乗ってしまって後で後悔します(笑)。

現役の時に特に問題なく吹けていたのでしたらこんなところだと思います。

焦らずに少しずつ元に戻していってください。

おっさんのホルン吹きです。

よくあることですよ。一年もの長い間だとちょっと経験ありませんが、練習時間が取れなくて何日も吹かなかった時なんかに驚くほど上手く吹けるときがあります。特にそれまで結構頑張って練習していたりするとよくなります。

これは要するに休息をとったので筋肉の疲労がとれ、余計な力が抜けたからおこることのようです。楽器に限らず、運動選手なんかも何日か休むと妙に調子が良かったりするみたいです。

上達しようと頑張っているときは休むことが怖くなるものです。それま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報