凝ったネックレスを原形からつくってみたいのですが、シルバーで作ると重たくなってしまうので、気軽なコスチュームジュエリーのようなステンレスで作ってみたいと思うようになりました。
でもちまたにそういう品物は山程あふれていますのでわざわざつくろうという人もめずらしいためか、参考資料やホムペなどがありません。
果たして個人でつくれるものでしょうか。
原形はともかく、鉄を溶かす、さびないためにはとか、メッキやエナメルはどうしたらいいのかがよくわかりません。御存知の方アドバイスいただけましたら助かります。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

誰も回答されてないようなので、自信はありませんがアドバイスさせていただきます。



原型から、ということはロストワックス法で作る予定なのでしょうか?だとしたら、ステンレスでは、アクセサリーとしてだと1点からキャストしてくれる業者さんがあまりないと思います。
もし金属素材から作ろうとお考えだとしても、ステンレスはあまり材料として売っていないようです。溶融点も硬度も高いしひとつだけ手作業で作るのに向いている素材ではないと思います。
ステンレスは腐食しにくいので表面は処理しなくていいと思いますが、もししたければ、メッキだけならステンレスにでも普通のめっきやさんでやってくれると思います。エナメルも、かけたかったら普通にかけられるんじゃないでしょうか。

どちらにしても難しいんじゃないかと思います。シルバーでもワックスで作って思いっきり裏抜けば大きくても軽いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなってすみません。
お答えいただきまして大変ありがたかったです。シルバーで裏抜きして作ることにしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/07/31 00:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀ロウがうまくつきません

1mm厚のステンレス(SUS303)に5mm厚の真鍮(20mm×20mm)を銀ロウでくっつけたいです。
ふちの部分を一周するようにロウ付けしたいのですがうまくロウが流れません。
フラックスをつけてロウを乗せ加熱するのですけどなかなか溶ける気配もなく直にロウを加熱するとすぐに溶けて丸くなります。
バーナーはガス補充式のプリンスDB2001というバーナー(トーチ?)を使用しています。(最大1300℃)
単純に火力不足なのでしょうか?
なにかコツなどありましたら御願いします。

Aベストアンサー

 ステンレスは、表面に酸化クロムの不働態が形成されているために錆びないことはご存知だと思います。アルミニウムの表面の酸化アルミニウムも不働態です。
 ロウ付けとは、融点の低い金属を溶かして金属に接することで、金属が融解した金属側に拡散して界面に合金層を作らせることで接合する方法ですね。

 ロウ付けのためには
・対象となる金属の表面がロウ材の融点以上になること
・表面が酸化物などで覆われていないこと
 が必須になります。

 そのためにステンレス鋼の表面を研削などで加工して、直ちにロウ付けをしなければなりません。また専用のフラックスやステンレス鋼用のロウ材を使うと良いですが、加熱時間が長すぎると強固な不働態皮膜ができてしまうので注意が必要です。フラックスは酸化皮膜ができるのを防止します。
 2001は私も部材が小さいときは使います。大事なことはバーナーの炎を直接ロウ材に当てないこと、ロウ材を溶かすのではなく、金属に接するとその熱で溶けるように加熱すること。必要なら炎を遠ざけてロウ材を当てます。--でないとイモになる。

Q-08-01-12 ステンレス鋼をろう付するときにどのような点に注意すればよいでしょうか。 ( http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0080010120 )

 ステンレスは、表面に酸化クロムの不働態が形成されているために錆びないことはご存知だと思います。アルミニウムの表面の酸化アルミニウムも不働態です。
 ロウ付けとは、融点の低い金属を溶かして金属に接することで、金属が融解した金属側に拡散して界面に合金層を作らせることで接合する方法ですね。

 ロウ付けのためには
・対象となる金属の表面がロウ材の融点以上になること
・表面が酸化物などで覆われていないこと
 が必須になります。

 そのためにステンレス鋼の表面を研削などで加工して、直ち...続きを読む

Q眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

あくまで健康な人が眠るように死ぬ方法、または眠ったまま二度と起きないという風に死ぬ方法ってあるでしょうか?
これは自殺志願のための投稿ではなくて、自分もいつか死ぬわけですからこんな死に方ができたらいいなと思っています。
医療の現場で行われる安楽死・尊厳死ってこういう方法なのでしょうか?またはこれに近いでしょか?

Aベストアンサー

「突然死」という言葉を聞いたことがありますか?
昨日まで元気だった方が、朝になっても起きてこないので、見に行ったら死んでいた。
こういう事例はよくあるそうです。
10年以上前になりますが、兵庫医大の法医学の教授の講演を聞きました。
テーマは「突然死」
突然死のおよそ80%は、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)だそうです。
その中で、就眠中に亡くなるのは、およそ65%くらいだそうです。
急性心筋梗塞でも「眠るように」とはいかず、ある程度は苦しんだ末に亡くなるのでしょう。
私も、眠るように死ねればと思っております。
回答になってなければ、ごめんなさい。

Q金属のアクセサリー、ピンズを自分で作る方法を教えてください。

私は全くの初心者なのですが、金属のアクセサリーを自分で作ってみたくなり、質問させていただきました。
金属と言ってもシルバーとかそういう高い物ではなく、よく原宿などで売っていたドクロとかマリファナの指輪とかペンダントとかピンズのような物(説明が不十分ですみません。)を作りたいと考えています。

多分初めに型をつくり、そこにその金属を流し込み完成させるのだと思うのですが、全くの個人でも作る事は可能でしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ピンズ程度でしたら通常、錫や鉛の合金で作っていると思います。(プラスチックのものもあるのでなんともいえませんが。)
型を作り、金属を流し込んで作る方法を鋳造といいますのでこちらで検索すれば詳しくわかるかと思います。

可能な方法として
普通、ロウ(パラフィン)などで型をつくったらコモキンなどの貴金属専門店や鋳造屋に発注してしまうのですが、全ての行程をということでしたら、低融点合金材料アロイなどは如何でしょうか?こちらは130度~170度位で熔ける金属なのでフライパン・空き缶等で熱しただけで溶けてしまう金属です。型をロウで作ると脱ロウなどが手間ですので油粘土や彫塑用粘土で型を作ります。その上から石膏(鋳造用でなくて普通のA級石膏などでよい。)かシリコーン(シリコーンゴムは粘度が高いのでオススメ)で型どりし固まったら中の粘土を取り出す。その型に(離型パウダーなどを塗ると良)熱して熔けた金属を流し込み、固まったら型から取りだし磨いて完成。です。
アロイは大きめの東急ハンズなどにあります。(説明書ついてるはずです。)アロイは70グラムで1300円程度です。(指輪等はやはり業者に出した方が良いですね。)

が、これらをそろえることを考えるとですね、シルバー粘土を購入したほうが一点のみ作るのでしたらこちらの方が安上がりかと。指輪も簡単ですし。(電気炉などを使わずコンロの上に網をのせて焼くだけでも出来ますし。(ハンズなどに説明書あります。専用網も800円位で入手出来ます。)ピンズ程度ならやはり石膏型なんかを作ってそこに銀粘土を押し込むという方法もありますし。
ピンバッチの裏の留め具なども150円程度でハンズにあります。
革と銀粘土で腕輪等作った事がありますが、ネジ穴なんかもきちんと開けられて磨きもキチンとすれば通常の銀と変わらずシャープにも作れます。


本当にエセくさくて良ければ、紙粘土の上から金属塗料(錆びカラーなど。)を塗ってしまえばそれらしく見えます。メタルすずの箔なんてものもあります。

作りたいと思うモノのカタチがはっきりイメージ出来ているのであれば何とかなると思います。どくろやマリファナで良ければ原宿で買って下さい。

ピンズ程度でしたら通常、錫や鉛の合金で作っていると思います。(プラスチックのものもあるのでなんともいえませんが。)
型を作り、金属を流し込んで作る方法を鋳造といいますのでこちらで検索すれば詳しくわかるかと思います。

可能な方法として
普通、ロウ(パラフィン)などで型をつくったらコモキンなどの貴金属専門店や鋳造屋に発注してしまうのですが、全ての行程をということでしたら、低融点合金材料アロイなどは如何でしょうか?こちらは130度~170度位で熔ける金属なのでフライパン・空き缶等で...続きを読む

Qアクセサリーのチャームなどに色を付ける方法について・・・

アクセサリーを作りたいと思っていて、皆さんはどう作っているのかな・・・と思い、アクセサリーを作っていられる方のHPなどを見てまわっておりました。

そこで、よくチャームなどに色をつけて(エナメル系のパステルカラーや、パールのかかった感じの)いるのを見かけるのですが、
あれはどうやって色付けをしているのでしょうか??

色々調べて見たのですが、エポキシ樹脂ではないと思います・・・。
アクセサリーを販売している方が日記などで
「細かいところに色を付けるのに苦労しました!」や、
「固めててる最中にお出かけしてました♪」
などと書かれていたので、家で手軽に?できると思ったのですが><

如何せん、名前も分からないので調べようがないのです!;
もし知っておられる方がいらっしゃいましたら、教えてください^^v

Aベストアンサー

ビーズやアクセの材質は樹脂系(プラスチックに近い素材)と考えても良いのでしょうか? 私は樹脂素材でチャームを手作りしていますが、塗装する場合はアクリル系のものを使っています。確かにマニキュアを使っている人もいますが、ムラができやすいのと、色が焼けてしまいやすいように思い使っていません。素材の材質によりどちらが落ちにくいかは難しいところです。アクリル絵の具は東急ハンズや画材店、100ショップ(ダイソー)などで売られていて、パール・ラメ系や透明系のカラーもあります。水で薄めることができ、乾くと耐水性になります。やはり仕上げ剤を塗った方が色持ちは良いと思います。混ぜて好みの色を作ることもできますよ。参考までに某有名アクリル絵の具のサイトを載せておきます。でも、ちょっと高めなので、基本色は100円ショップで揃えています。

参考URL:http://www.turner.co.jp/

Q真鍮板をきれいに切るには

厚さ0.3mmくらいの真鍮板で工作をしたいと思っています。
(Nゲージ鉄道模型など)
しかし、金切りばさみで切ってみても、激しくめくれたり曲がったりして、とてもきれいには仕上げられませんでした。何か真鍮板を切り抜く上手な方法はあるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

ここになるs109なるはさみはどうでしょうか?
 仕事でよく0.5mmまで切ることがありますが、こういった先が曲がって小さいものがわりとこまめに切り抜くことが出来ます
 出来れば0.2ぐらいのものを使用するともっと手際がいいと思います。

 ここで買わずとも、ホームセンターなどで売っていますので一度探してみてはどうでしょうか?

 綺麗に切れるといいですね

 どうしても切れ目が曲がってしまうのでしたらけがき針と呼ばれる 先に超甲(鋼の入ったもの)がついたものを購入して何回か線を引くようにしてキズを入れて、折り曲げて切り離すといったことも出来なくはないですね。 しかしキズはかなり深くしないといけないので少し時間がかかりますよ。

参考URL:http://www.d-mall.org/chichibu/s.steel/a01.html

Qカセットガスバーナーで銀は溶ける?

鍋物などに使うカセットコンロのガスボンベに装着するバーナがあります。
これで銀を溶かせるでしょうか?

茶碗のような金属溶解皿に銀のかけらを入れ、これをバーナーで炙って溶かす。
溶けた銀を石膏の型に流し込む。
というのを想定しています。

Aベストアンサー

溶けますよ
 ただ、直接火を当てると酸化物と反応しちゃって銀が雲ってしまうので、溶解皿を炙るようにしてください

Q真鍮でリングを作りたいのですが。。

アートクレイシルバーなどでアクセサリーを作るように、真鍮(アンティークのような感じにしたいのです)で作りたいと持っています。
色々検索してみたのですがそのようなサイトを探せませんでした。(シルバーは沢山あったのですが)
もし、そのようなサイト、書籍など何でもいいので、わかる方がいれば教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、金工の仕事をしています。

>アートクレイシルバーなどでアクセサリーを作るように、真鍮(アンティークのような感じにしたいのです)で作りたいと持っています
これって、真鍮で銀粘土のようなものがないかと言うことですか?それでしたら、それは「無理」でしょうね。そういう商品はありません。

真鍮を使うなら、#1さんがおっしゃるようにロストワックスの技法を使うか、彫金技法で作成するしかないでしょうね。
ロストワックス技法はワックス(蝋)を使って形成をし、それを鋳金して磨きあげるので、デザインとしては幅が広がるでしょうが、コストとしては少し高いと思います。#1さんの参考URLのほかにも、
http://www.nizm.co.jp/making/wax1/wax1a.html
なども参考になると思いますよ。

銀粘土のようにお手軽ではありませんが、彫金の技法で作るのも良いのではないでしょうか。銀粘土でどの程度テクニックをお持ちか分かりませんが、やすりがけと磨き、バーナによるロー付けと根気があれば出来ますよ。コストもロストワックスよりも安価です。
銀に関してもそうですが、銀粘土で作るよりも彫金で作る方が、やはり出来上がりは良いものが出来ますので、この際に扱いやすい真鍮で練習するのも良いかもしれませんね。ハンズのサイトで、なかなか面白いネット教室をしているので、よろしければご参考にされてみてください。ページの下の方にある、「ハンズ講座」の「手作りシルバーアクセサリー講座」から見られます。
http://www.tokyu-hands.co.jp/shinjuku.htm
(因みに、技法は微妙に扱い違うところもありますが、基本的には素材を銀から真鍮に変えれば良いだけです。アンティークにするなら銅を使うと言うのも面白いですよ。)

銀粘土に関しては専門外なので、技法と比較している訳ではないので、お知りになりたいものかどうか自信はないのです・・・
ご参考になれば幸いです。

こんばんは、金工の仕事をしています。

>アートクレイシルバーなどでアクセサリーを作るように、真鍮(アンティークのような感じにしたいのです)で作りたいと持っています
これって、真鍮で銀粘土のようなものがないかと言うことですか?それでしたら、それは「無理」でしょうね。そういう商品はありません。

真鍮を使うなら、#1さんがおっしゃるようにロストワックスの技法を使うか、彫金技法で作成するしかないでしょうね。
ロストワックス技法はワックス(蝋)を使って形成をし、それを鋳金して磨...続きを読む

Qステンレスに文字を入れたい

ステンレスのものに、文字を入れたいと思っています。(トレイに)
簡単にきれいに仕上がる方法をご存じの方がいらっしゃったらぜひ教えてほしいです。

ちなみにパソコンとプリンターはあります。
DIYなので、家庭でできる範囲でお願いします。

Aベストアンサー

私が良くやる方法はパソコンで文字を書き、ラミネートフィルムに入れて、文字部分を切り抜いて型紙を作ります。

それを対象物に貼り付け、上からスプレーでペイントします。

一回で使い捨ての場合は、シールになっているプリンター用紙で型紙を作れば良いです。

Q真鍮をアンティーク調に変色させる方法

タイトルの通りなのですが、金ピカな真鍮を簡単に変色させる方法が知りたいです。

アンティーク調と言いましても真っ黒にしたいわけではなく、金色から少し暗いブロンズ色と言うか、茶色くしたいと言うか、表現が難しいのですが新品の金ピカから少しだけ色を落ち着かせたいのです。

酸化させるといいと書かれてるサイトもありましたが、実際手っ取り早く家庭にあるような物で変色が出来るのなら是非教えて頂きたいです。

例えば、お酢でも○時間か置いてたら変色するよ!みたいな答えを頂けると大変助かります!
100均で買い揃えれる物でも構いません!

是非、ご教授宜しくお願いします^^

Aベストアンサー

食塩水に漬ける。
オキシドール(過酸化水素水)につける。こちらは緑青ができるので、少しずつ様子をみて。

何時間かは、濃度や真鍮自体によりますので何ともお答えできません。

Qステンレスの磨き方どれがベスト?

ステンレスシンクや蛇口の磨き方、艶の出し方などいろいろ紹介されていますが、それぞれの特徴とお勧めの方法を教えて下さい。賃貸住宅のシンクなどですので、できるだけ曇りも取り、新品のようにしあげ、手間のかからない方法が希望です。
下記以外に良いものがあれば紹介して下さい。

(1)重曹で磨く
(2)お酢で磨く
(3)重曹磨きの後お酢で磨く
(4)クリームクレンザーで磨く。
(5)ピカールで磨く
(6)ステンレス用コンパウンドで磨く

Aベストアンサー

白い曇りはNo2さんの回答にあるようにサンポールがお勧めです。
ステンレスって色々あるんですが台所のシンクなどに使用される場合、合金としてニッケルも付加されてますので塩酸でも大丈夫です。(ただ長時間の接触は好ましくないです)

新品同様にするのが間違いだという意見もあるようですね、確かにミラーのような状態を維持するのは難しいですね。

ただ磨くのは間違いではありませんよ!

もちろんただ研磨剤で荒く磨いてしまうと不動態酸化被膜がはがれてしまうため錆の原因になり得ます。

ただクロム合金(ステンレス)の特徴として被膜は再生します。ステンレス用のコンパウンドはその辺の事情も加味してあるんです。

でも素人には綺麗に仕上げるのが大変なんです。しばらく水を流せないですしね。要は表面が通常の酸化(錆)をしてしまう前に不動態酸化被膜という安定した被膜を作らせる必要があり。これはプロにお任せした方が確実ということです。

まぁ失敗してももう一回表面研磨すればいいんですけど(笑)

手軽さといえば、私もサンポールに1票ですかね。あれ強力ですよ。ピカピカになります。ただ通常使用で細かい傷が無数についてしまうので、新品同様かどうかは感じ方次第ですね。

その後の日頃の水垢予防などのお手入れにはお酢やクエン酸でも十分でしょう。

白い曇りはNo2さんの回答にあるようにサンポールがお勧めです。
ステンレスって色々あるんですが台所のシンクなどに使用される場合、合金としてニッケルも付加されてますので塩酸でも大丈夫です。(ただ長時間の接触は好ましくないです)

新品同様にするのが間違いだという意見もあるようですね、確かにミラーのような状態を維持するのは難しいですね。

ただ磨くのは間違いではありませんよ!

もちろんただ研磨剤で荒く磨いてしまうと不動態酸化被膜がはがれてしまうため錆の原因になり得ます。

ただクロム合金(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報