最新閲覧日:

あると聞きました。それって何のアニメなんでしょう?そして何でなんでしょう?
知ってる方いますでしょうか?

A 回答 (18件中11~18件)

差別用語が入っているという以外にも、要因はあると思います。


例えば、「ポケットモンスター」(昔?)。話題となった、ポリゴンの話は再放送しないか、問題となったシーンを作り替えるかだと思います。
    • good
    • 0

現在と昔では差別用語の規定が異なるもので放映できないものがいくつかあります。

地上波では無理ですが、BSで放送可能なものもあります。
「佐武と市捕り物控」などは傑作ですが、主人公のうち一人が盲目ですので、地上波では無理でしょう。
「仙人部落」は現在の情勢では再放送はありえない感じがします。清水崑氏の代表作なのですが・・・。
同様の理由で「天才バカボン」の特定の話数は再放送されていません。
あと、版権を所有している人物・団体が放映に制限を設けているものです。皇族の結婚の際に制作された「平成のシンデレラ 紀子様物語」などがそうです。確か、「アンネの日記 アンネフランク物語」も確かそうした制限があったように記憶しています。
少し違いますが、原作者が作品が気に入らなくて、TV放映に制限をかける場合もあります。「コブラ」の映画版は出来は非常に良いのですが、改変部分が多くて、封切り後ながらく封印されていました。
また、宗教団体等の制作したものは、過去にも放映されたわけではないですが、今後も放映されることはないでしょう。オウム真意教の一連のアニメとか、同列というわけでもないですが幸福の科学の「太陽の法」とか。
あと、フィルムが物理的にない場合です。このうち、「キャプテンフューチャー」はフィルムが全て火災で失われていたため、幻の作品でしたが、熱心なマニアが全話を録画していたため、BSで再放送されました。奇跡ですね。
(当時はテープ一本数千円かもっとしていたはずです)
まあ、ほかにもいっぱいあると思います。
    • good
    • 0

『みなしごハッチ』もですね。



ストーリー的な問題は無いのですが、「みなしご」という
表記が、孤児に対する蔑視と見なされるようです。

#もっとも、CSではその辺が割と緩やかだったり。
    • good
    • 0

"エイトマン”もそうだったように思いますが・・


画の作者や主題歌歌手の刑事事件などで
    • good
    • 0

知ってる範囲だけでお答えしますが、「アンゼルセン物語」と「妖怪人間ベム」なんかはそうです。


理由は、アンゼルセン物語が、現代では身体の不自由な方に対して差別的であるとされる、放送禁止用語が頻出すること、
妖怪人間ベムもキャラクターの指が3本しかないのが、身体が不自由な人に対して不快感を与えるので不適切とされてるからです。
    • good
    • 0

差別表現のあるものは、地上波では放映できないようです。



たとえば「どろろ」とか。

第一期の「ルパン三世」のセリフがだいぶカットされているのも、そのせいです。
    • good
    • 0

「ジャングル黒べえ」が確かそうだと思いました。


他にも、たぶんいくつか、あると思います。

黒べえは、黒人(原住民?)に対しての差別に繋がるとか、なんとかだったと思います。
    • good
    • 0

所謂「使っちゃいけない単語」が入っていたりするからですよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ