叔母の家に奇妙な生物が現れました。
手足ちんまくて胴が長くて口がでかい。
毛は生えていても目は開いていない。前・後ろ脚指5本。体長およそ12cm。
作業場の足下にそれがぽつんといたそうです。進入経路は全くの不明。
形状と独特の臭いからイタチの子ではないかという結論に達したのですが、育て方などわかりません。
かかりつけの獣医に見せに行こうと思いましたが、今日はお休みでした。明日見せに行くつもりです。
とりあえず猫・小動物用のミルクを与えているようですが、その他にした方がいいこと、しない方がいいこと、ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

イタチにしろ、ハクビシンにしろ、その生態はわかりませんが、近くに住処があるのはたしかですね。

親が一匹ずつ移動させ、その匂いを追って出てくるというのはありえます(…知った風な言い方ですいません、うちは動物病院とかではないんですがペットショップにうさぎ、鳥、小動物を卸している商売なんで… 鳥、うさぎ、小動物系でも親の体温を求めて目が見えなくても自力で巣を抜け出すことが良くあります)。元の巣も新しい巣もわからないし今戻しても親には受け入れられないとは思いますので(人間の匂いがつくと拒否する)このまま育てる方法以外は私はアドバイスできません、すいません。うちのも訓練がてら家と外を好きなように出歩かせていたんですが、下記のようなことがあってからは恐くて…。ただ、3匹目が見つかっても拾ってこない方がいいかも…匂いを追って出てきた場合、親が見つけてくれるんじゃないかと思います。

この回答への補足

4匹になったこともありもう一度獣医さんと話した結果、素人が面倒を見るのは無理だろうということになり4匹とも獣医さんに育てて頂くことになりました。
素人ということもですが、野生動物の保護法に引っかかってしまうのです。
他県でかなり問題になったそうで、我が市でも近年保護施設をつくろうという働きがあるようです。
shibako74様、babu-tatsutaka様、それとこの質問を少しでも気にかけてくださった方々、ありがとうございました。

補足日時:2001/06/30 21:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
実は昨日叔母様はついに床下を外し下を覗いてみたそうです。何故そんなことをしたのかというと、3匹目(…)が現れたからです。1.2.3と順に体格は良くなってます。成長しているだけに後の方がミルクも自分から飲みます。
で、床下を開けたところ、光に惹かれたのか4匹目がはいずり出て来たそうです。ところがその4匹目、度重なる子の失踪に親が耐えかねたのか育児放棄されたらしく3番目より小さいのです。
獣医につれていった時に「臭いに非常に敏感」と言われたし、一応動物専門学校(大型ほ乳類)を出てある程度の知識はあるのでもしその場にいたらそれでも止めていたでしょうが、とっくにやってしまったあとでした。
多分叔母の家の周辺に最近ネコが複数現れるようになったため家の中に避難してきたのでしょうが…。

それでも複数になって安心したのかだいぶ安定してきました。

お礼日時:2001/06/25 19:19

毛色が茶色ならイタチ、黒字に薄い白ならハクビシンかもしれません。

うちにもハクビシンがいます(犬が拾ってきました)。ミルクからバナナやふやかしたフェレットのえさなどあげたりしてます。この手の動物は雑食ですので、ネギ類(玉ねぎ、長ネギなど)は厳禁ですが、それ以外ならなんでも食べるようになります。昼間は寝てる動物で夜活動します。外出させていましたが、害獣ということもあり(農家にとって)いじめられて帰ってきたので今は夜部屋の中であそばせ、大き目のケージに布地のハンモックをつるしてあげてあそばせています。あと、大きくなると噛んで遊ぶのでかなり痛いです。皮手袋を使って遊んであげてますが。

この回答への補足

6/23,何故か2匹に増えました。
同じところに落ちていたそうです。
ちなみに1匹目より大きい。
…本格的育児放棄か、引っ越しの最中に立ち寄っただけか、安全な家と認められたのか、どれでしょう…?

補足日時:2001/06/23 00:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まだ産毛なのですが、毛色は灰色です。お腹の方はまだピンク色に見えるぐらい薄いです。
動物病院に診せにいったところ、受付のお姉さんはおろか獣医さんまで非常に驚いていました。
基本的には犬と同じような感覚でよいそうです。
ミルクの段階なのでまだ固形物は食べさせていませんが、それくらいまで成長したら参考にさせて頂きますね。今の状態を見る限り噛んでくるぐらい元気に成長して欲しいと思っています。

お礼日時:2001/06/23 00:20

フェレットではないですか?


もしそうでしたらネットで「フェレット」と検索したら様々なサイトで情報が
得られますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
フェレット、ですか? 帰化動物の多い日本ですがすでにフェレットも野生化しているのでしょうか? 昔そばの用水路でイタチの成体をみたことがあるのそれではないかと話していたのですが…。
一応同じ科なので参考にならないかと検索して20件ほど見たのですが、成獣の飼育方法は載っているものの幼獣の、しかも親のない、さらにまだ目も耳も閉じている段階でどう育てればいいかは載っていませんでした。残念です。

お礼日時:2001/06/23 00:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慣用句「いたちごっこ」のイタチ

お世話になります

慣用句「いたちごっこ」、同じことの繰り返しになり埒があかない状況を指すかと思います
ちょっと疑問に思ったのですが、なぜこのような状態をいたちごっこというのでしょうか?
イタチはいったい何をしていたのでしょうか?

Wikipediaを拝見したところ、お互いに手をつねりあうそういう遊びがあったということですが、なぜそのような遊びが生まれたのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%94%E3%81%A3%E3%81%93

大した悩みではないのでゆるいお答えでも歓迎しております

Aベストアンサー

よほど暇だったんでしょうw

イメージですが、指でつねったままつねられないようかわしたりしたと思うんで、
とっさの対応みたいな感覚は養われたんじゃないかと・・・

もしかすると刀闘術の修行に通じていたとか・・・w

Qイタチ

私はベランダでウサギを飼っています。
ケージを置いていますが放し飼い状態です。
先日夜中にケージのあたりがガタガタするので見てみると
イタチがいました。
ウサギはケージに逃げ込んでいました。
ウサギはわりと大きくて30センチくらいありますが、
イタチに食べられる恐れはあるのでしょうか?
夜だけケージに入れようかとも思いますが昼間出していて
大丈夫か心配です。ケージは狭いので入れっぱなしはかわいそう
に思います。思い切って大き目のウサギ小屋を作ろうかとも
思いますがベランダの構造上難しいです。
イタチの追い払い方法などアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

このままでは間違いなくイタチに食べられてしまいますよ。
既にイタチに見つかって捕食のターゲットにされているようです。
このての捕食動物は、相手がケージに入っていても関係ありません。
爪や牙がとどけば、金網際で捕まり引きちぎられて外へ引き出され
食べられてしまいます。
とにかく執念深いですよ。
イタチは追い払うことはできませんが、ケージ全体を覆うような
金網が必要です。それもケージの壁とにすきが出る位の大きさが
必要です。
簡易的な対策はケージをテーブルの上におくことがよいと思います。
ベランダになるべく足の細い、高さのあるテーブルを置いて
その上にケージをおきます。
そうすればイタチも簡単には手出しできません。

QNARUTOのイタチの里抜けと大蛇丸との戦い。

NARUTOで大蛇丸が暁を抜けたのは2部から10年前です。
大蛇丸はイタチの体を乗っ取れなかったから暁を抜けました。その時イタチは11歳のはずです。
しかし木ノ葉崩しの後、カカシやガイ達とイタチと鬼鮫が接触した際に、カカシはイタチについて「こいつは13歳で暗部の分隊長になった男だ 」と言っていることからイタチは13歳まで里にいたことが伺えます。
これは明らかに矛盾していますが、イタチの分隊長になった設定と大蛇丸の暁抜け時期のどちらの設定がミスだと思いますか?
サスケ対イタチの巻の昔のシーンでイタチがシスイを殺したのではないかと警務部隊の人が家に来た時は暗部入りしてすぐなので11歳です。その時サスケはイタチの万華鏡写輪眼を見て、その後に「あれからずいぶん経ったけどあの目はなんだったんだろう?」と言っています。これによりイタチの里抜けが11歳か13歳かわからなくなってます。
ちなみに大蛇丸の暁抜けが10年前だとしたらカブトがサソリに接触したのが13歳より前になるのでカブトがかなり幼いことになってしまいます。

Aベストアンサー

その話の問題は、うちはイタチがいつ暁に入ったのかが書かれてないことですね。
イタチの暁入りが13歳の時(里抜けと同時)なら、大蛇丸の脱退は8年前の間違いだし
分隊長になる前、万華鏡車輪眼を開眼した時に暁と接触してたのなら、10年の可能性もあります。

年表まとめてる方がいたので紹介
http://www012.upp.so-net.ne.jp/lupus/c-minor/naruto/naruto_nn.html

Q体長3cmくらいの黒い虫

こちら北海道南部ですが、庭にこんな虫が出ています。見るからに刺しそうなんですが、危ない虫でしょうか?

Aベストアンサー

添付画像のものは「マガリケムシヒキ ♀(ムシヒキアブ科)」です。

画像検索すると良いでしょう。
但し、ブログ等では昆虫名を間違われている方がいます。(注意しましょう。)

こちらでお解りになるでしょう。
ムシヒキアブ
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/abu2_.html#h027_1

同じ科の昆虫が紹介されています。
当然「マガリケムシヒキ ♀(ムシヒキアブ科)」も記載されています。

QNARUTO うちはサスケについて

NARUTO うちはサスケについて


分からないので教えていただきたいです><!

サスケは、何故あそこまで
木の葉への復讐心が拡大してしまったのですか???;
イタチに命令を下した木の葉の上層部を恨む気持ちは分かりますが、そこまで拡大してしまうものなのですか(´ω`;)?



あと、サスケって中二病なんですか><???
どういうところが中二病なのか教えてください><

お願いします。

Aベストアンサー

一度里を抜けたことでもうサスケは木の葉に戻るつもりはないような気がします。

復讐心は拡大してしまうんじゃないでしょうか。

あと、私達が「え~!そこでまさかこうなるとは」と思う事を狙っているのかもなって考えたりもしました。

まあ本当のサスケの気持ちが私達にわかってしまうと全くおもしろくないですからね。
そこはあまり深くつかずに
ストーリーに従って読み進めていけば
いつか「なるほど!」ってなるかもしれないですし。

Qカブトムシの体長について

昨年、生まれた卵を育てていて、昨日、成虫になりました。
しかし・・・とっても小さいオスでした。
角の長さが前が3mm、後ろは測定不能です。
体長も3cmちょっとしかありません。
これは、珍しいのでしょうか?

それと、なぜこんなに小さくなっちゃったのでしょう?
大きくする方法って有るのでしょうか?

Aベストアンサー

小さいですネ。
普通は、カブトムシのオスの場合、体長は35mm以上あるものですが。
カブトムシやクワガタムシなどは幼虫の時にどれだけ豊富な餌を得ることができるかによって、成虫の大きさが変わってきます。成虫になってから大きくする方法はありません。
おそらくso00さんが飼育されていたときに、十分量の餌が与えられていなかったということでしょう。
今年は、きちんと餌(昆虫マット等)を沢山与えてみてくださいネ。
以上kawakawaでした

QNARUTOのサスケ君の過去

友達に進められて、『NARUTO』を見てみたら、すっかりはまってしまいました。
小説などを買ったりして、ナルトの過去は分かったのですが、何故サスケ君が復讐者なのかが分かりません。
『うちは一族』、『うちはイタチ』についてご存知ならば、是非教えてください

Aベストアンサー

うちは一族はイタチに虐殺されたんです
イタチはサスケの兄でしかも両親は目の前で殺されたんです
幼かったサスケは見てることしかできなくて憎しみが残り
イタチを倒しうちは一族を復興させることを考えて生きてきたんです
だから自分でもよく言ってますよね  ある男を倒すためとか
復讐するとかって
イタチは自分が犯した罪を清算させるために復讐者として
サスケをのこしておいたみたいですよ  

Q体長約25cmの迷い亀!!

祖父母の家に体長20~30cmの亀が迷い込んできたようなんです。
本人たちは「まあ縁起物だしいいんじゃない」と言って
一応桶に入れて保管しているそうなんですが、
飼い主の分からないし明日にでも川に放しに行くと言っています。

果たして川に放してしまっていいのでしょうか??

それから亀は甲羅を洗ってあげないと死んでしまうと聞いたことが
あるような気がするのですが本当なのでしょうか?

またどうやってお世話するのがいいのでしょうか?

それと最後にこの亀はどうしたらいいのでしょうか??;;;

でかいだけに対処に困っているそうです;;;

Aベストアンサー

ミドリガメではないということですが
それだけ大きいミドリガメは
全然緑色じゃなくなります。
ミドリガメの正式名称は「アカミミガメ」
その名のとおり、頭部の両サイドが
赤いのが特徴です。
もし、ミドリガメならぜったいに
川などに放さないでください。
従来の生態系を破壊する恐れがあります。

なお、野生のカメは体表に各種の
細菌を持っていることも多いので
触る前後には必ず入念な手洗いを
してください。

Qイタチの馴致に関して

こういう記述に出合いました。古代ギリシャの生活に関してです。
――当時、ネコはエジプトから輸入される貴重なペットで、数もごく少なかったので、ネコの代わりにイタチを飼い馴らして、ネズミを捕らせていました。――

こういうことが可能なほどイタチを家畜化することは可能ですか。こう書いてあるのですから可能なのでしょうが半信半疑です。イタチの習性など何らかの事例を挙げるなどして納得させて下さるとありがたいです。
野生のイタチがネズミを捕食することは、話には聞いています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヨーロッパケナガイタチの家畜化されたものがフェレットです。エジプトではネコをヨーロッパではフェレットを紀元前からネズミ退治に利用していた長い歴史があります。ネコもイタチも本来夜行性ですが、ヒトの生活に併せまして現在ではどちらも昼行性に近いものになりました。どちらも動くものに大変興味を示しましてネズミを捕ることが得意です。

Qヘラクレスオオカブトの幼虫の体重と、成虫の体長について

今年の初めにヘラクレス・リッキーの幼虫を購入し、2月中旬に3令になり、そろそろ8ヶ月が経ちましたが、少し体も黄色っぽくなりってきました。そこで、昨日マットを半分交換したときに、体重を量ったら、137gだったのですが、成虫になったらおおよそ何センチくらいになると予想できるでしょうか? 初めてのヘラクレス飼育なので、経験のあるかた、予想をお聞かせください。

Aベストアンサー

体重が一時期増えないことや、逆に減ることなども時々あります。
マット交換したときに、それが幼虫の「口に合わないとき」などは、生命を最低限維持する量しか食べないときがあります。その場合は、フンが以上に少ないです。発酵の度合いが悪くガスが発生している場合などにも起こります。
また食べている一方で運動している場合もあります。この場合は、フンを出している(食べている)割には太りません。いわゆる「暴れ」現象で、土の上に出て、表面をならすように動き回って、また底まで潜っていったと思ったらまた出てくるような場合です。この場合も、原因はマットからアンモニア系統のガスが発生していて息苦しくなったことと言われています。(最終段階では、蛹室を作るに適した土質を求めて、探し回るときもあります。また、気温が低いと食欲が低下します。これからの時期は23度くらいに飼育温度を保つ必要があります。)
体色は、多分クリーム色程度ということでしょうね、まだ幼虫期間がかなりありそうなので、140mmアップは十分可能性はあります。
容器サイズは、蛹室の長さが20センチくらいになるので、長辺が最低30cm必要です。
中には蛹室を作るのがヘタなのも居り、自分の成虫サイズに対して小さい部屋しか作らないのもいます。この場合、当然羽化不全となりツノが曲がります。
多分成虫では140mmを超えるので、蛹室が短い場合、例えば容器のタテ・ヨコを間違って掘ってしまい、容器の側壁に突き当たって、幼虫が思うようなサイズの蛹室を作れなかった場合は、前蛹状態で露天掘りにして、蛹室をスプーンで掘って作ってあげ、前蛹状態の幼虫の方向を長手方向に変えて上げる必要が生じます。一番注意が必要なのは、前蛹からサナギになるときで、十分な空間がないと、「蛹化不全」を起こします。サナギの段階でツノが曲がっていると、成虫でもそのままになります。これも、俗には「羽化不全」と呼んでいますが、羽化の際のトラブルではないということです。
冬場の注意としては、気温を23度くらいに保つこと、餌切れに注意すること、乾燥に注意することの三っつです。これらを管理すれば、取りあえず成虫にはなってくれると思います。
150mmを超える成虫というのは、アマチュア飼育家のひとつの夢でもあり、目標でもあります。リッキーの成虫価格の相場は、120未満で1.3万円、130未満で1.5万円、140未満で3万円、150を超えると3.5~4万円くらいだと思います。
多数飼っていても、原因不明で☆になるのもいますし、50グラムくらいからまったく太らないのもいますが、原因はわかりません。150mmを狙ってもなかなかそうはなってくれませんが、サイズにかかわらず、手元で成虫になってくれればとても感動があります。

体重が一時期増えないことや、逆に減ることなども時々あります。
マット交換したときに、それが幼虫の「口に合わないとき」などは、生命を最低限維持する量しか食べないときがあります。その場合は、フンが以上に少ないです。発酵の度合いが悪くガスが発生している場合などにも起こります。
また食べている一方で運動している場合もあります。この場合は、フンを出している(食べている)割には太りません。いわゆる「暴れ」現象で、土の上に出て、表面をならすように動き回って、また底まで潜っていったと思っ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報