社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

あるニュースを見ていた時、アナウンサーだったと思うのですが、
「そのレストランでは酒池肉林が行われていた」という報道に対する反論、のような形で、
「お客には女性もいましたから、酒池肉林ではありません」と言っていました。

いや、女性だろうと男性だろうと、ムチャクチャ豪勢な食事を「酒池肉林」っていうんだけど・・
緊迫したニュースシーンで、実況放送のアナウンサーが使用していて、なんかガックリしました。

その女性アナウンサーは、酒池肉林を酒を飲んでの乱交パーティだと思っているのでしょうが、こういう誤用はすでに誤用ではなく、正しい解釈になりつつあるのでしょうか?

元来、日本食では肉を大量に食べないので、「肉を飽食」というと、食欲ではなく、肉欲をイメージしてしまうのでしょうか?

私は、「今日はワーーっとやろう、パーティだーー!」みたいな気分の時、「ワーイ!酒池肉林!」などと使います。
よその家に言って、豪勢なご馳走をみて、「すごーい 酒池肉林!」と叫んだら全然褒めたことにならないし、ヘンな人だと思われかねない。

ちょっと困るので、確認しておきたいです。
よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

私もNo.2さんに一票。



中国史上でも、屈指の暴君である紂王の故事から成立した四文字熟語で、単に豪勢な食事を指す語句ではなく、豪勢な食事を非難する様な場合に用いる語句かと思います。

また、たちまち肉欲をイメージするのもどうかと思いますが、連想させる語句であるとは言えそうで、私は「退廃的」なイメージです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>豪勢な食事を非難する様な場合に用いる語句

あ、そうですね。
「豪勢な食事で素晴らしいなあ!」という褒め言葉ではないですね。

なぜ殷が滅びたか、というお話ですものね。
司馬遷は君子のあるべき姿を説いたわけで、紂王のお話も、その一環ですね。
そういうことをすっかり忘れて、「肉食べ放題」に心を奪われていました。
「肉欲じゃなくて、食肉だよ」という私の反応は間違っていました。

「民の苦しみを顧みず、為政者が贅沢三昧をしていては国が亡びる」と言ってるわけですね。
でもとすると、やはり、あのアナウンサーの「女性もいたので酒池肉林ではありません」は使い方がおかしいですね。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/08/01 15:32

ただ豪勢なだけではなく「無駄に」贅を凝らした宴席、というマイナスのイメージがある言葉


ですから、普通は褒め言葉にはなりません。
よその家などで使うのは止めたほうがいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

はい、やめます。
私の中で、「酒池肉林=飲み放題食べ放題」だけのイメージになっていました。
酒池肉林の中を「裸の男女が走り回る」というイメージが欠けていました。

お礼日時:2016/08/01 15:36

殷の暴君紂王による、「酒をもって池と為し、肉を縣けて林と為し、男女をして裸ならしめ、あいその間に逐わしめ、長夜の飲をなす。

」(史記)との古事が由来なわけで、酒の池、肉の林共に比喩ではなく、私はちょっと陰惨なイメージがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>肉を縣けて林と為し

やはり「肉林」は食料の「肉」でいいんですね。
アルゼンチンあたりでは、牛の丸焼きを吊るして、各自ナイフでそぎ切って食べるというローストビーフパーティがあるそうですが、日本人は、「肉を吊るして好きなだけ食べる」という場面のイメージがないですよね。
だから、肉欲、という連想になりやすいのでしょう。

とはいえ、事実、裸で乱れ狂うという淫乱な宴会であったのですね。
それを見て笑ってた妲己さんって、ずい分と心がすさんでいたわけですね。

>ちょっと陰惨なイメージ

い、いや、そこまでは・・考えたくないですが・・

お礼日時:2016/08/01 15:10

私はずっと、食欲も性欲も満たすみだらな宴会だと思っていました



元々どういう意味だったかより、現在において
みんなが使っている意味が優先するんではないでしょうか
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E9%85%92 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「みだらな宴会」と辞書に載っているとは!

私は昔話が上手な祖父母から、いろんな話を聞いて育ったので、
酒池肉林は「池を酒で満たし、その周りに肉を林を突き刺した棒を林のように立てて、飲み放題食べ放題」というのが、子供心に強烈なイメージで心に残っています。

「肉を突き刺した棒」というのが日本では焼き鳥くらいしかないのでイメージがつかめず、トルコのドネルケバブを見た時、「これか!?」となんとなくイメージ湧きました。
だから、「肉欲」という解釈にすごく違和感があります。

妃を喜ばせるための宴会ですから、なおのこと、乱交パーティのイメージはなかったですね。それとも、妲己さんは、結構淫乱な女性だったのでしょうか?
でも、王様が妃の乱交を喜ぶわけないし・・・

しかし、まあ、言葉は7割の人が抱くイメージが正解になっていきますから、変わっていくのはしかたないですね。
今ではほとんどの人が「酔っ払いの淫らな乱交パーティ」をイメージしているということですね。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/08/01 14:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング