最新閲覧日:

小学生くらいの時に流行ったのですが、
被験者を椅子に座らせ、手を横にだらん、と
垂らさせ、目を閉じさせたあと、

(1)、その人の手首に架空のヒモを結ぶ動作をする
 (被験者に手は触れない)
(2)、被験者の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで、
  被験者の手首のところで交差させ、とんとん、と
  かるく手首同士ぶつける。
 (例…その時、右手首が上だったら次に左手首を
  上にして同様に手首同士をぶつける)
(3)、(1)(2)を何回か繰り返す
(4)、被験者に手を触れずにゆっくり気を送るように
  しながら頭に両方の手をかざし、頭のてっぺんから
  左右の肩、腕と下方にかけて左右の手を移動して
  いく。
(5)、何度かくりかえしているうちに、横に垂らしていた
  被験者の腕がひっぱられるかのようにどんどん
  上に上がっていく。
(6)、手の上がりを止めるには、被験者の肩と腕を
  バンバン、と2回軽くたたく。

というのをご存知のかたいませんか?
多分やりかたには地域差があると思うのですが、
あなたの知っている手順はどんな手順でしたか?
あれ、すごく不思議だと思いませんでしたか?
また、あの現象が起こる原因をご存知のかた、
教えてください。

A 回答 (3件)

私の子供の頃もkyon1110さんとほとんど同じやり方で、この遊び(?)が大流行しました。

違うのは、手が最後まで上がると呪われる、といわれていたことと、最後に肩をトントンしてから、さらに被験者の背中に十字架を書く点です。

ちょっと気になってるのは、私と探究心が強い友達数人で、いろいろアレンジしてみても、手が上がるか試した時のことです。
どんな人も、絶対この方法で、順番どおりでないと、手が上がらなかったんですよ~。
もし、自己暗示であれば、目をつぶっているわけだから、どんな方法をとられても、また、何もしなくたって5分ほどたてば、自然に手が上がるはずですよね。
整体などで使う「気」かなにかが働いていたのでは?と思います。自信ないですが。

あと、この実験を悪用して、「今から術をかけるよーっっ」て友達に目をつぶらせた後、こっそり前から姿を消してホールのまん中にひとりぼっちでしばらく立たせておく、ていう、心ないイタズラも流行ってました。(もちろん、その時も手は上がりませんでした。)

ほんと、不思議な現象ですよね。今でも気になってます。さすがに大人同士で試そうとは思いませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

milky_fさん、レスありがとうございます。
そうなんですよ!だって目つぶってるんだから
今何されているかどんな方法をやられているのかって
いうことも分からないはずなのに
腕がぐわーっと上がるんですよね。
うーん、やっぱりなにか科学的な根拠があるような
気がしてきました。
何とかして確かめる方法はないかなぁ

お礼日時:2001/07/01 11:43

私もやはり小学生の頃やりました。


が、私がやった時もやられた時も手は上がりませんでした。
私の他にも上がらない人や少ししか上がらない人もいました。
逆に結構な勢いで上がって行く人もいました。
私を含め上がらない人は「上がるわけない」、上がった人は「上がるんだ」と思っていたようです。

似たようなもので、椅子に座った人の両脇・両膝裏を4人で両手の人指し指だけで持ち上げる、と言うのがあったと思うのですが、これはクラスを真っ二つにしてもめました。
本当だと思っている女の子4人では一番大きい男の子が持ちあがり、嘘だと思っている男の子4人では軽めの女の子さえ持ちあがりませんでした。

椅子のはまたちょっと違うかもしれないですけど、「信じる心」みたいなもので動くんじゃないかなという話がでてました。「暗示」とも言うかもしれませんが。
・・・夢のない回答ですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

battattaさんレスありがとうございます。
私も今となってはやはり暗示が一番その
原理候補ナンバー1だと思っております。
ただ、私自信経験してみて、
目をつぶっていて、友人が「いとまきまき」を
しているのを見ていないのにタイミングよく
本当に何かが私の腕をぶん!と持ち上げたように
すごい力で持ちあがったんで
何か科学的な原理があるのかも?
と少しだけ期待していました。
でもやっぱり暗示ですよね。

お礼日時:2001/06/25 19:46

私もやりました!!小学校の時に友達がテレビかなんかで見たっていって。


私の所のはこうです。
1.被験者に力を抜いて立たせる。
2.目をつぶらせる。
3.質問の(2)と同様。
4.被験者の腕の前で「糸巻き巻き」。
5.質問の(6)と同様
私たちの間では、幽霊の仕業って話。最初に手首をとんとんってさせるのは幽霊を手首に憑かせるため。最後のとんとんってやつは幽霊に出ていってもらうためでした。そんで途中で目を開けたり最後のトントンを忘れたりするとそのまま幽霊に呪われちゃうんです。それと最後まで手を上げさせるとその手はどんどん被験者自身の首にいき、被験者が自分の手で首を絞めてしまうんです!!
こんな長々書いたけど、原因は分かりません…ごめんなさい(*^.^*)エヘッ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kyon1110さん、レスありがとうございます。
そうそう、それです!
私、kyon1110さんの4.の「糸まきまき」を忘れていました。(^^;
あれ気持ち悪かったですよね。
本当に何かに持ち上げられるように手がぐわーっと
上がるんですもんね。
そのままにしておくと首を締める、というのは初めて
聞きました。
私もこの術がとけないとこまるので、
最後のトントン、はかならずやるようにと友人から
教えをうけました。

お礼日時:2001/06/23 17:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ