後飾り祭壇について教えて下さい。


家族が亡くなりましたが身内が私しかいません。葬儀屋さんにも相談して49日も行わず 後に継ぐ者もいないし位牌も仏壇も持たないと決めました。 お墓は数年前 遠方の親戚により先祖(祖父など)の遺骨を親戚のお墓に一緒にされました。私達はそこに入るつもりはなく 遺骨は手元に置いていずれ散骨にするか 灰にして持っているかなど 気持ちの整理がつくまで持っていようと思っています。
そのような場合 後飾り祭壇はやはり49日をめどに処分しなければいけないのでしょうか? それともそのまま残し毎日 今現在のようにお線香をあげたり 遺影に話しかけたり お仏壇の代わりのように使っていてもいいのでしょうか?
無宗教な事もあり 葬儀屋さんは 何をするにも故人を思う気持ちが大切で拘る必要は無いと仰ってくださいましたが 後飾り祭壇を後々どうすれば?の事は聞けなかったので教えていただければありがたいです。
身内がいない 遠方の親戚 と書きましたが血の繋がりはありますが 行き来をしているような関係ではなく 私は一度しか会った事がなく 亡くなったのも葬儀を終え暫くしての事後報告でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

後飾り祭壇を「お仏壇」の様に使う事



全く問題ありません。

昔はみんなそうでしたので。

貴方の気が済むまでお供えしてあげてください。

ただ、「49日も行わず」と云わず、49日には貴方だけでもお線香、お花、お供えして
手を合わせてあげてください。

49日は内容ではなく、気持ちですので。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。あなたの気の済むまでのお言葉にジーンときております。はい49日 勿論私だけでお線香 お花 好きだった物を備えて手を合わせ思いを馳せたいと思っております。

お礼日時:2016/12/03 15:08

以前葬儀関係の仕事に従事していた者です。



葬儀後にお骨を安置している後飾り祭壇のことですね。
仏壇が無い家であれば後飾り祭壇をそのまま仏壇替わりに利用することは問題ないですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はいそうです。葬儀後の後飾り祭壇です。 問題ないと言って頂けて安心です。ありがとうございました。

お礼日時:2016/12/03 15:16

何時まで飾っても構わないし、葬式が終わったら何も無く片付けても構いません。



わたしらの所は初七日の前日の朝に片付けて遺影は床の間に、遺骨は寺に納骨まで保管、歯骨、仏舎利は仏壇に、置きます。
葬式の日に納骨するしきたりの所では次の日には片付けるそうです。
今は初七日の次の日に葬儀屋が片付けに来て、持っていきます。
10年以上前は、次の葬式が出たら持って行く、と言うやり方でした。

わたしの家では、今年13回忌でしたが、遺影は今でも床の間に有ります。(お供え物の一番近くに)
後飾り用の銀色の三段台はつぶれるまで使っても大丈夫ですよ。

散骨はお勧めできません。むしろ、永代供養してくれる民間の霊園に永代供養でお願いしたほうが良いかと思います。1柱30万円くらいかと思います。
一部、スプーン一杯位を取っておいて、それをダイヤモンドにして、身に付けておいたほうが良いかと思います。(手元に置いておきたい気持ちが有るなら、何時かまとめて処分するなら、永代供養の時に全て埋葬しても良いかと思います)

一族にも寺にも教会にも、モスクにも関わらず供養するなら、そう言うやり方もあります。
同時に遠い将来でしょうが、今度は自分のことも決めておきましょう。
私等田舎の本家筋に、村一つで年に一本くらい都会の警察から身元照会が来ます。
たいてい無縁仏で、本籍がそちらの村の何番地になっている、名字が同じなので、もしかすると親戚かと思ってと言う理由で。
縁者が誰も居ない状態での死となると、後片付けが面倒くさいので、業者とキチンと契約しておきましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。地域によって色々違いがあるのですね。 永代供養や散骨についてはまだまだ日も浅く心の整理もつかないのでじっくり考えていきたいと思います。後飾り祭壇も潰れるまでか 気が済むまで使おうと思います。

お礼日時:2016/12/03 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葬儀は終わったんだけど、地方の出身だから、本人の希望で、こっちの墓に入るから、家族葬で、身内だけ集ま

葬儀は終わったんだけど、地方の出身だから、本人の希望で、こっちの墓に入るから、家族葬で、身内だけ集まって、和尚さんに拝んで貰うんだけど、複雑で大変。それで、家族葬で気をつけなければならない事を教えて貰えないかな?

Aベストアンサー

宗派に依って違うので 呼んだ和尚の宗派を知ってる身内の真似をすれば?

Q葬儀屋の祭壇は使い回しなのになぜあれほど高い・・?

葬儀屋の祭壇は使い回しなのになぜあれほど高い・・?

葬儀屋のボッタクリが問題になり久しいですが、いまだに葬儀の祭壇は結構な額を請求されます。

絶対に1度きりの物ではなく”使いまわし”(当たり前ですよね・・だってあんなの数回じゃ老朽化するわけないですし・・何より捨てるに捨てられないですよねえ・・)

だと思うのですが何故あんな額が真っ当なのでしょうか?

現在は昔ほどヒドクはない?と思いますがやはり納得出来ません。

どなたか詳しい方、現状や問題点をご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

知人に葬儀屋がいます。

>葬儀屋の祭壇は使い回しなのになぜあれほど高い・・?

一言で言うと、それに文句をつける人がいないから。

また、その値段で文句をつけずに買う人がいる以上、
正当な経済行為であり、違法性がないからです。

納得がいかなければ買わなければいいだけの話なのですが、
ほとんどの人が、一生に一度か2度の買い物になるので、
いざ、その時になったら誰も文句を言えずに買ってしまう
という、人間の心理につけこんだシロモノです。


それとその葬儀屋曰くですが、
葬儀屋は人さまのお世辞にも奇麗とは言い難い
遺体を心をこめて真摯に拭くことができる人でないと
勤まらないのだそうです。

ぼったくり価格はその代価ともいえるようで、
まあ、そこまでしてもらったら文句も言えない人が
ほとんどのようです。

Q戒名、墓がありません。祭壇、遺骨をどうすればよいのか悩んでいます。

先日、同居していた母が無くなりました。母は独身(離別の為)で私とは苗字が違います。前夫(私の父、すでに死亡)の墓には入れません。
母は曹洞宗ですが(実家はかなり遠方)お墓・お世話になっているお寺も無かった為、葬儀社や近くの曹洞宗のご住職の勧めにより俗名で葬儀、告別式のみ行いました。
お墓が出来るまでお寺にお骨を預かって頂ければと思って相談致しましたら、檀家になってからという事でした。法要等も本来は戒名をもらってから数えた日数で行うものですとお話いただきました。四十九日はごく身内のみで祭壇を整えお線香をあげて偲ぶ会のような形で行いました。お経はあげてもらっていません。
主人の両親も曹洞宗で(お墓は遠地なので将来は移転する予定です。)将来的には我が家で見て行くつもりでおります。そちらの移転が決まりましたら、母も戒名を頂き近くに墓所を設けるか、義父母のお許しが頂ければ一緒に納骨したいと思っております。お寺も主人と義父母と相談の上、決める事になっています。
その為、位牌もまだ白木のままです。
お世話になったご住職はとても手厚く母の葬儀を行っていただきましたが、主人は先のことを考えて檀家にならずに市営墓地や公園墓地に墓を設けたいと考えています。
四十九日も過ぎましたが、まだ遺骨も祭壇も葬儀後そのままです。
私としては、しばらく遺骨をうちに置いたままでも仏壇は用意したいと思っております。お仏壇に白木の位牌、お骨をおいてよいものでしょうか?俗名のまま新しい位牌を作った方がよいのでしょうか?主人は一周忌をめどに戒名を頂いてそれまでは祭壇のままでいいのでは?といっております。仏壇を買いたいというのも母をちゃんと供養したい気持ちなのか、私の見栄なのかよく解からなくなってきました。
なにかアドバイスを頂ければ幸いです。

先日、同居していた母が無くなりました。母は独身(離別の為)で私とは苗字が違います。前夫(私の父、すでに死亡)の墓には入れません。
母は曹洞宗ですが(実家はかなり遠方)お墓・お世話になっているお寺も無かった為、葬儀社や近くの曹洞宗のご住職の勧めにより俗名で葬儀、告別式のみ行いました。
お墓が出来るまでお寺にお骨を預かって頂ければと思って相談致しましたら、檀家になってからという事でした。法要等も本来は戒名をもらってから数えた日数で行うものですとお話いただきました。四十九日はご...続きを読む

Aベストアンサー

大変でしたね。でも、葬儀の後の方が大変みたいですね。
明治期以降は、「○○家の墓」という家意識による埋葬方法が主流になったので、民間墓地でも「両家墓」はまだまだ少ないですね。それよりは、個人や夫婦だけの供養墓が増えました。

埋葬する場合、義父母やご主人、お寺さんと相談する以外には方法はなさそうですね。
民間の墓地なら一人用もありますから、そういう選択肢も一応頭の隅に置いていてください。

遺骨に関する法律では、埋葬する場所の制限がありますが、ご自宅に置かれる分にはなんの差し支えもありません。
また、<戒名>は出家された僧にお釈迦様の弟子になったことを証明するものとしてつけるものですから、死後戒名で誰にでもつける日本の仏教は異端ですね。
本名を俗名などと呼ぶ必要はありません。お母さんの生きてきた証でもあるんですから。

<仏壇>は、その家の宗派の御本尊を奉るためにあるので、ご先祖のためではありません。キリスト像をお社にしたものと言えばいいでしょうかね。もちろん、そのなかには仏像もしくはお経の一節やお題目の書かれた掛け軸をたらします。
日本のお墓は、埋め墓と参り墓を区別した歴史(土葬が中心で、埋葬地にはなかなか近付けなかったので、参り墓を作った影響で、仏壇もそのように考えられたとも言えなくもないでしょうね。
それに、儒教か道教の影響かは分かりませんが、中国の影響で位牌というものが入って来ると、その置き場所にもなったのです。
そういう意味では、<仏壇>と位牌は別物です。

僕は、浄土真宗信者なので、四十九日であの世への行く先が決まるという考え方をしないのですが、他の仏教では四十九日で亡くなられた方があの世に行くので、祭壇はもう必要が無いとも言えます。

遺骨の前に、位牌を置きお供物を備えておけばいいのではないでしょうか。四十九日を過ぎたので、白木の位牌から普通の位牌にすればよいと思います。

僕は浄土真宗信者ですから、その考え方を述べます。
亡くなられた方は、その時にまっすぐにご浄土へと導かれます。すぐに「仏様」になるんです。四十九日を待たないと「仏さま」にならない他の仏教とはここで違うのです。
仏様になられたものは、いわば最終解脱をされ悟りを開いたお釈迦がいる地点まで行かれたと考えます。

亡くなられたものを供養するなどと言いますが、いまだ現生で思い悩んでいる我々のようなものが、もう浄土に行ったものを心配する必要があるでしょうか?むしろそれは、生きているものの不遜な考え方と言わなければならないと思います。
お経をあげたり、お線香をあげたり、お布施をしたりと、こんなことをすれば故人のためになるではとか、しないと自分たちが不幸になるとか勝手に考えたりしますが、むしろ、亡くなったものは、そういう我々をむしろ哀れに思っているんではないでしょか。

供養とは、今までのお母さんに感謝する気持ちを再度確認することではないでしょうか。
宗派が違うので何とも言えませんが、仏様になられたお母さんはあなたを見守っていると思います。
お母さんを浄土まで導き、仏様にさせて頂いたご本尊様を感謝をこめて拝んでください。
それが供養だと思います。

大変でしたね。でも、葬儀の後の方が大変みたいですね。
明治期以降は、「○○家の墓」という家意識による埋葬方法が主流になったので、民間墓地でも「両家墓」はまだまだ少ないですね。それよりは、個人や夫婦だけの供養墓が増えました。

埋葬する場合、義父母やご主人、お寺さんと相談する以外には方法はなさそうですね。
民間の墓地なら一人用もありますから、そういう選択肢も一応頭の隅に置いていてください。

遺骨に関する法律では、埋葬する場所の制限がありますが、ご自宅に置かれる分にはなんの差...続きを読む

Q49日後の仮祭壇

49日法事の後に仮祭壇はどのように処分したらよいのでしょうか?
家で保管するものなのでしょうか?
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

葬儀社の営業形態により元々2通りあります。
・昔ながらの中陰壇(仮祭壇)レンタル式・・・四十九日法事後に葬儀社に返却。(しっかりした木製のものが多い)
・買い取り方式・・・葬儀時の代金内に買取として価格に含まれている。この場合には使用しなくなった時点で通常のゴミとして処分。(ダンボール製など簡素なものが多い)

Q仏壇においたままの遺骨を納骨したいです。

少しややこしいですが、皆さんの良きアドバスをお願いします。
まず、私は昨年末、山田花子(仮名)さんの養子となりました。戸籍上は私の親になった花子さんと近々同居する予定ですが、荷物の整理をしていると、仏壇の中に花子さんの母親(戸籍上は私の祖母)の遺骨があり驚きました。で、やはり、遺骨はお墓に埋葬したいと思っているのですが・・・
(1)亡くなったのは10年以上前
(2)私はお墓を持っていない。
(3)山田花子さんのお父さん(戸籍上は私の祖父)が納骨されているお墓がある。(隣県)
(4)山田花子さんは、認知症のため、(3)の正確なお墓の場所がわからない。

もちろん、私の家の近くに新たにお墓を購入して、納骨すればよいのですが、できることなら、生前夫婦であった(戸籍上ですが)祖父母を同じお墓にいれてあげたいとも思っています。
とても、ややこしいですが、なにかアドバイスがあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.
山田花子さんのご親戚の方はいらっしゃらないのでしょうか。(もしくはご近所の親しい方やお友達でも)
その方たちに以前、「うちは~にお墓があって」とか「~出身で」とか話していらっしゃるかも。

2.
山田花子さん本人に聞く。
子供の頃どこに住んでいたか、山田花子さんの父や祖父母はどこ出身か、山田花子さんの子供の頃のお墓参りの思い出とか。

3.
山田花子さんの身の回り品の中を探す。
寺院から届いた連絡や会報みたいなものや、山田花子さんのご両親の遺品の中になにかあるかも。

4.
わかるかどうかわかりませんが、山田花子さんやそのご両親の戸籍を調べる。
本籍地にお墓がある確率って高そう。

そしてお仏壇やご遺骨の納め方の形式にも宗派による規定があるらしいので、それを元に宗派を特定します。

1~4の方法でわかった市町村のお寺で、宗派の合うものを探して、一軒ずつ手紙で問い合わせます。

お寺では「過去帳」をつけていますから、亡くなった方の氏名、亡くなった時期、戒名・法名などがわかれば調べてくださいます。

市町村有地にお墓がある場合だと難しいかもしれませんが、お寺の私有地(?)にある場合なら、お寺が管理しているので、「○○家のお墓」という問い合わせ方でも答えが返ってくるかも?

1.
山田花子さんのご親戚の方はいらっしゃらないのでしょうか。(もしくはご近所の親しい方やお友達でも)
その方たちに以前、「うちは~にお墓があって」とか「~出身で」とか話していらっしゃるかも。

2.
山田花子さん本人に聞く。
子供の頃どこに住んでいたか、山田花子さんの父や祖父母はどこ出身か、山田花子さんの子供の頃のお墓参りの思い出とか。

3.
山田花子さんの身の回り品の中を探す。
寺院から届いた連絡や会報みたいなものや、山田花子さんのご両親の遺品の中になにかあるかも。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報