今私は二流大(理系、四大)に通っております。しかし就職は大企業に行ってやろうと考えております。
ベンチャーにはさほどないとは思いますがやはり大企業には学閥があると聞いております。やはり大企業の幹部を見ても一流大出身ばかり。。確かに東大や京大などの人間は頭脳明晰な人多いのでしょうがないような気もしますがどうも必要以上に多いような気がします。
そこで質問なのですが二流大の人間が大企業へ入社したとして入社後に学歴差別をうけ出世できないようなことは現実にありますか?
もしそのような経験されてさしつかえなければ実体験を教えて欲しいと思っております。
そしてもし学閥の風潮のないような大企業があれば遠まわしでいいですので教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

harano77さんが考えている一流の大企業の数多くと関係してきている者です。

200社以上になるでしょうか…。
harano77さんが考えているような学閥など、ほとんどありません。採用時に特定の大学(例えば大蔵省のキャリアのように)から採る場合には、結果的に学閥のようなものが形成されることはあるでしょう。また、トップと波長が合う合わないなど、人間関係上の機微に同門のよしみで、といった働きが、些細な学閥のようなものになることはあるでしょう。
しかし現在の大企業は、そのような学閥など、まったく意識されずに運営されています。役員同士で相手の出身校を知らないことすら珍しくありません。むしろ中小企業の方が学歴をよく知っているのが実態です。最近は就職がむずかしくなり、有名校でも中小企業に就職する人が増えていますから最初のうちは珍しげな眼で視られることもありますね。
学歴も実力の一部です。正当に評価されてしかるべきものです。日本はまったく学歴社会ではないですね。一般的にいえば、ヨーロッパはカチンカチンの学歴社会です。アメリカですら、日本よりもはるかに学歴重視の社会です。新入社員の給料も出身校(および専攻)によって2倍以上の開きがあるのが当たり前です。ただしスタート時点ではそうであっても、すぐにオールリセットされてしまいます。敗者復活もいつでもできます。そういう意味ではまさに実力主義ですね。日本も段々これに近くなってきていますね。ただし給与の面ではあまり差をつけません。日本の戦後の企業では、大企業で平社員と役員クラスに差がついたとしても、生涯年収では2億から4億位までの開き、つまりやっと2倍位にしか差はつきません。これでも例外的なほど差がつく例です。
企業経営の世界では、長い眼で見た場合、必要な人材が供給されているといえます。もちろん例外はあるかも知れませんが、そうした例外も必要によってすぐに修正されてしまいます。T電力やTガスのように、本社系の管理部門は東大卒社員がウヨウヨしているような企業もまだあります。しかし、中堅クラスから役員クラスまで差がついています。この差は必ずしも実力のみでついているのではありません。組織の必要性とか、必然性、または“運”と呼ばれるようなものによってそうなっています。決して学歴とか閥などではありません。
harano77さんはもっとよく勉強した方がいいですね。実態をよく分析し、洞察してください。大企業に入社したいのであれば入社すればいい。しかしその前に採用審査を突破しなければなりません。現在の就職環境では、超有名校であっても(例えば東大=東大のみは知能検査では例外なくトップレベルに入りますね。その他の私学などはバラついてしまう結果になるので知能面では東大・京大以外は当てになりません)むずかしいですよ。採用審査では、学歴を含めたトータルな可能性を審査します。ですから、東大卒でもバンバン落とします。現実はそんなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。
採用されるまでが難しいのわ十分承知してたつもりですが・・・
本当に難しいようですねえ。
学歴で悩むひまがあるなら勉強しろってことですな。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 00:35

一流、二流って、誰がつけたのでしょうか?多分それは入学時の偏差値の影響でしょ。

しかしそれは「与えられた問題を解く能力」です。しかし今必要なのは、「問題を発見する能力、それを解決する目標の設定能力とユニークな解決法」です。この能力は、偏差値とは何の関係もありません。

とはいえ、現実は現実ですから、それなりに対策を練らなければなりません。

1)世界的な競争にさらされている業界は、大企業といえども、学閥なんていってられません。社員にーーとくに若者にーー上に書いた能力があるかないかです。概して電子などの先端分野における大企業がそうです。そうしたところに学閥があるという話しは、聞いたこともないし、見たこともありません。

2)逆に、成熟産業では、まだまだ裏に学閥がある可能性があります。とくに上の方は、社長の意向が強く反映しますから、そうゆう業界で、社長が東大や慶応卒だったら避けた方が良いと思います。

3)もっとも悩ましいのは金融業界、とくに銀行です。この業界は学閥で凝り固まっている旧大蔵省との関係が深いですし、先輩にも”一流大学”出身者が大勢いて、ある種のカルチャーがあると思います。しかしこの業界も大変革の時代を迎えており、「学閥カルチャー」を脱しないと、生きていけなくなってきました。

4)以上、一つの判断は、上司連中の出身校を調べることです。(ダイヤモンド社から『会社職員録』↓参考URLが出てます)ただ決してすべての大企業が一流大学出身者を優遇するとは言えないことは保証しますよ。

親友に大企業の人事部長がいる者より。

参考URL:http://www.diamond.co.jp/data/pub/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。
私が行こうとしている企業はメーカーですので1)ですね。(良かった、良かった)
参考URLもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 00:08

harano77さん、こんにちは。



想定するモデル企業は?
一流大学と二流大学の境目はどこ?
出世競争の最終目標をどこに置くのか?
が分からないと、企業ごとに千差万別なので答えにくいですね~

以前勤めていた企業ですと、やはり東大卒か否かで出世のスピードや上限に差がありました。早慶あたりが切実にそれを感じていたようで、気の毒に思ってました。
しかし、これは取締役レベルの人事なので、本社の事業部長か地方支社の支社長クラスでの話です。
実際にはこのクラス以上の人事では、政界や業界への影響力の方が重視されますから、学歴など何の意味もありません。

また、逆にこのクラス以下なら、学閥など無関係で公平でシスティマティックな人事制度でした。
学閥よりも個人の能力や、社員間のコミュニケーション能力、上司のウケ?…を磨く事の方が重要でしたよ。
harano77さんが二流大??なら学閥など無関係ですよ(一流??でも私大なら無関係でした)。
御安心ください。

ただ、現在ではMBAホルダーがチラホラと進出してきているので、もはや学閥も崩れてきています。

またこの話は、この企業のみの話なので他の企業ではぜ~んぜん違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。
なんか安心したような気が引き締まったような感じです。
やっぱり学歴うんぬんよりコミニケーション能力とかのほうが大事ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 00:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東大や早慶でても大企業に就職するのは上位二割程度

って本当ですか?東大でても中小企業に就職したりするって本当ですか?逆にマーチとかで大企業に就職したりするというのも聞いたんですが本当なんでしょうか?何か質問ばっかりですいません。東大や早慶でたら人生安泰だとばかり思っていたので信じられなくて・・・・

Aベストアンサー

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きましたけどこういう人はけっこう多くいます。
早慶も同様です。
「絶対に就職」と思ってる人はそうそう多くないです。上位大学でも色んな人がいます。

次いで
1と関連するんですが、今って価値観は変わって来てる。
大企業や大金に対する嫌悪感の方が強い。正直、欧米の方がそうなってますね。
凄く優秀な人が国際公務員を蹴って小さい会社を立ち上げたり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
そこにゴールドマンサックス1年で辞めて蹴って入る人がいたり(わずか数人の会社ですよ)そういう感じです。
甘い部分もあるんですけど、NGOや中小などを最初から志望する優秀な人もけっこういます。


最後ですが、環境の変化が起こった、と言うこと。
前提として
1、大企業に入ること自体は難しくない。
大企業とは「300名以上」ですからここに入るの自体、偏差値60以上の大学生からすると、別に難しくない。東証一部上場企業も2000社もあるし、そんなに難しくない(その上、財務省やサントリーやゴールドマンサックスなど上位企業は上場してません)

2、上司は高卒
ギャグみたいな話ですが、いまの公務員人気はこの20年で起こったことで、それ以前はまるで人気がなかった。だから地方の市役所は京大なんかの帝大卒も多いですが4,50代なんかの上の世代は人気が無かったので4,50代はふつうに高卒です。いや本当に。どの企業もそういう部分ありますよ。

3、国力の低下
やっぱり1960-1990のわずか30年間だけど、日本国自体が右肩上がりだったし、人口比で見ても
大学生はエリートだったんだと思うんですよね。優秀だけども高卒や短大卒でって人も多かったし、彼らはその現実を受け入れるしかなかった。でも今は人口比で見ても、日本のエリートと呼ぶには届かなくなってると思います。供給量は拡大したのに、需要が減ってる。
そりゃあぶれる奴は出ますよ。

4、企業サイドの姿勢の変化
上記1,2,3を踏まえ企業はシビアになってる。
正直、海外営業なんて腐るほどいたし、売れるもんだから大量に営業を採った。営業もふつうにしてたら売れた。でも今は売れないわけで、システムを組み替えることと、あと根性系も残ってる。
で、理系(念のため行っておくと僕はド文系)、や専門職(医師や、弁護士や海外経験)の需要が高い。
JALのCAは契約社員で、三菱商事の一般職は派遣で、と労働者側から見ればキツイ、最悪な、株主や企業からすると利益を確保できる最高のシステムになってる。
こういう厳しい状況だから、過去の形式上新卒ののシュウカツはなくなって、欧米並みに難しくなってる。
欧米の場合は、あくまで専門性が重要で、「大学でどれぐらい勉強したかを発表する場」なんだから軸はカンタンなんだけど、日本はその辺が曖昧だから、じぶんの立ち位置に苦しむことが多い。

有名大を出てる=専門性があるわけじゃないってのは企業もわかってるし、その辺のギャップ(自己評価が高すぎる)と落ちる。
アマゾンでネット注文して3日で届く自体に、1つ1つの作業がのろい奴は落ちる(サービスを享受する時は安さやスピードを求めてるのに、自分がやる側になったらやりません、できません、っておかしいでしょ)。

東大早慶は、ある程度は受かりやすい。少なくとも書類とか、1次とかは受かりやすいと思う。
でも2次以降はふつうに落ちるし、「おれ○大だからさあ」みたいな奴は落ちる(こういう奴ってあんまり優秀じゃないことが多いし、そもそもキモい新人とわざわざ仕事しなきゃならんのだよ)。
あと中小やngoに「私は利益優先型に疑問があってこういう所に来ました」みたいなかわいこちゃんも落ちる。中小でも利益を必死になって生み出してるし、ngoでも鬼のような姿勢と行動力で寄付や政府系援助をぶんどってなんとかかんとかで運営してることが多い。

つまり『有利な面もあるが、それは”山本くん家は高校から歩いて5分”ぐらいのメリットであり、あまり深く捉えすぎると大やけどする。先輩の進路などを見てれば、ある程度自分のことは推測できるし、限られた環境でできることを楽しみながら1つずつ行う、それしかない』です。

あとは優先順位が違う気がする。
僕はバイト先で中小大の奴がバイトや恋愛やファッションに頑張ってるなあ、と感じたけど、
学内では海外留学やインターン、サークルを頑張ってる人が多かった。
メンタリティが違う部分があると思うし、大企業は後者のメンタリティを持ってる傾向にあるから後者が有効になりやすい気がする。

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きまし...続きを読む

Qなぜ大企業では一部の大学出身者が優遇されるのか

なぜ日本の大企業や有名企業では早稲田・慶應義塾・明治・同志社・日大・成蹊出身の方が数多く働いているのでしょうか?


日本の大企業や有名企業で働いている人のなかで私立大学の最高峰といわれる早大・慶大出身の人が圧倒的に多く、また第二グループのなかでも、明大や同大、日大や成蹊出身の方は大企業に多くの方が就職していますし、幹部も多いです。


野村證券や大和証券、みすぼフィナンシャルグループや三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行といった金融系会社をはじめ、三菱商事や三井物産、伊藤忠商事や住友商事や丸紅、豊田通商や双日、兼松といった大手商社、清水建設や鹿島、竹中工務店、五洋建設といった大手ゼネコンや準大手ゼネコン、毎日新聞や朝日新聞、読売新聞や産経新聞をはじめとする主要なメディア会社、JR東日本やJR西日本、東京電力や関西電力のような大手インフラ会社、NTTやauやSOFTBANKや楽天といった大手通信・IT会社、avexgroupや東芝EMIをはじめとする音楽関連会社に必ずや早大・慶大出身や明大・同大・日大・成蹊出身の方がいます。


早大・慶大は当然としても、明大・同大・日大・成蹊出身が大企業に多く就職できるのはなぜですか?


MARCH・関関同立や日東駒専・成成明学あたりでも明治大学・同志社大学・日本大学・成蹊大学の存在感が際立っているのは一流企業に多くの方が就職しているからでしょうか?


お世辞にも一流大学とは言えない明治、同志社や入学偏差値55程度で中堅上位校に過ぎない日大と成蹊。これらの大学と同レベルの大学が名門大学とはあまり呼ばれず地味な印象しかないのに対して、明治や同志社、日大や成蹊はメディアやネット上でもよく取り上げられ存在感もあります。


早稲田・慶應義塾が大企業で他を数で圧倒してるのはなぜか?一流大学ではない明治・同志社や日大・成蹊出身の方が大企業で求められ活躍し、出世するのはなぜですか。


地方大学や無名大学に比べて、早慶・明治・同志社・日大・成蹊出身が優遇されるのはなぜですか。

なぜ日本の大企業や有名企業では早稲田・慶應義塾・明治・同志社・日大・成蹊出身の方が数多く働いているのでしょうか?


日本の大企業や有名企業で働いている人のなかで私立大学の最高峰といわれる早大・慶大出身の人が圧倒的に多く、また第二グループのなかでも、明大や同大、日大や成蹊出身の方は大企業に多くの方が就職していますし、幹部も多いです。


野村證券や大和証券、みすぼフィナンシャルグループや三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行といった金融系会社をはじめ、三菱商事や三井物産、伊藤忠商事や住...続きを読む

Aベストアンサー

会社の中には派閥というものがあります。
これは、部署を超えたグループのようなもので、お互いの利益になるよう融通を図っています。
この風潮が強い会社は、出身大学を重視した人事を行うため、結果として特定の大学出身者が重用されることになります。

これは、単に仲が良いということではなく、営業的なつながりが大事にされるためです。
消費者向けではないサービスを提供している会社は、別の会社との取引がメインです。

その会社の社長さんなど、決裁権を持っている役員が、学歴を重視する考えの持ち主の場合、得体のしれない二流大の営業マンが来ても冷たくあしらいますが、同じ大学出身だと急に態度を変えたりします。初対面で、いきなり君はどこの出身かねと聞いたりします。

歴史の古い早稲田・慶応、とにかく人数で圧倒している日大、これまた巨大な明治、関西という同郷のポイントが高い同志社、偏差値は低いものの良家の子弟が多く通う成蹊などの大学が有利になるというわけです。


人気Q&Aランキング