アスベストについて。アスベストのことがよくわかりません。わかってるのは、身体にとてもよくないものということだけです。
アスベストは、飛散するとよくないそうですが、飛散してない状態とはどのような状態のことを指すのですか。築地のアスベストは飛散してますか?

A 回答 (5件)

NO4さんアスベストとガラス繊維は違いますよ。


アスベストは使用禁止ですがガラス繊維は使用可です。
因みに岩綿(ロックウール)は石綿と別なのでこちらも使用可です。
質問者さん、「アスベスト」で検索すれば正確な情報を公的機関が
出してますのでそちらを検索くださいね。
こんなところの情報聞いて信じちゃだめです。
    • good
    • 0

アスベストは、単純にガラス繊維なので、アスベストが綿ゴミのように飛散してしまうと、マスクをしていても吸引してしまう可能性があります。


一旦吸引してしまうと、肺で癌化してしまう例が発生しており、アスベスト訴訟などの結果により、現在では使用が禁止されていますが、江戸時代より、大変便利に使われてきたものです。
なので、同時期から埋め立てられた同地では、そういった違法産業廃棄物が適切でない処理がなされています。
埋まっていれば問題ありませんが、掘り出してしまえば、そこでは処理できません。
    • good
    • 0

アスベスト(石綿)


ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%B6%BF

>耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に非常に優れ、安価であるため、
>「奇跡の鉱物」として重宝され、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な
>用途に広く使用されてきた。

建築の防音断熱目的で、板プレート状の物を使用したり、噴霧器による吹き付け加工が
行われていました。
問題になり易いのは、古い建物の解体時。
壁や床・天井の化粧材の下に使われた石綿プレートの破断部分から、アスベスト粉塵と
なって飛散します。

>築地のアスベストは飛散してますか?
築地市場移転後の建造物解体作業時に、アスベストが飛散を抑える様に注意する必要が
有ります。
#現在の場所で、段階的に立て直す場合も同様。
    • good
    • 0

アスベストが肺がんになるとかで新規使用禁止になり、かなりの年月が立ちますが、肺がん患者の発生はアスベスト全盛の時代より多くなっています。

それほど神経質になることではないようです。
    • good
    • 0

アスベストが飛散して肺に入ると、体内で処理が出来ずにガン化するらしいのです。


建物にアスベストが使われていると、解体したときにもそれが周囲に飛散します。
漏れないようにするとは思いますが、完全に排除するのは難しいと思います。
飛散していないのは、アスベストを使った建物などが周囲に存在していないという事が
考えられます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアスベストについて(>_<)!!!

アスベストの処理はどのようになっているのですか?分かりやすく教えてもらえればうれしいです。アスベストの処分についていろいろと問題点があるのですが、意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

政府の公式見解を下記サイトで勉強してから、的を絞って質問しましょう。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/asubesto/index.html

Qアスベストの方がずっと怖い

放射能の話ばっかり出ていますが、瓦礫から飛散するアスベストの方が
ずっと危険だと思います。

放射線については、下記URLにもありますように、
http://adpweb.com/eco/eco674.html
そんなに危険じゃないという人も多いようですが、アスベストは誰もが危険なものと
知っています。タバコや放射能と比べられないほど発ガンします。
そして放射能同様普通の人には見えません。

なぜマスコミはこのことを報道しないのでしょうか?

Aベストアンサー

被災地の者です。

放射線量と同様に、大気中アスベスト濃度も市役所で測定して
市民に公表されていますよ。おそらく震災前からやっています。
他にもいろいろやってます。

マスコミに教えてもらわなきゃ危険性に気付かない、なんて事では
ありませんで、現場はちゃんとやってます。
マスコミは公的機関ではないので好きなことだけ報道しますし、
そういうもんだと生暖かく見守ってあげて下さい。

Qアスベストの囲い込み・封じ込めは、届出必要?

2005年7月1日施行の石綿障害予防規則において、内容を読み取るとアスベストの除去については、届出が必要ということが読み取れるのですが、
囲い込みや封じ込めについても、届出が必要なのでしょうか??
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0224-1.html

Aベストアンサー

従前の労働安全規則の中の、石綿に関する項目を独立させ、細部について規定したものです。
吹きつけ作業項目の削除・保温材等の対策を加えています。

基本的には、労働基準監督署の所轄ですから、解体作業時の飛散対策・作業者の安全確保が主体になっています。

囲い込みや封じ込め作業については、現状では特に届け出は要求はしていません。
ただ、同種の届け出で、大気汚染防止法及び条例等での届け出がありますので、そちらで届け出を要求するようになるかもしれません。

Q福島第一原発の3号炉のプルトニウムの飛散状況は?

福島第一原発の3号炉は事故前はプルサーマルを実施していて、3号炉建屋の爆発による黒煙と破損状況は1号炉と比較しても壊滅的ですが、これによるプルトニウムの飛散状況は何も発表されていません。現在のプルトニウムの飛散状況、あるいは飛散状況がわかる方法、またプルトニウムの検出方法、プルトニウムが飛散し汚染されている場合の地域の被害の予想、など教えてください。
佐賀県民ですが、玄海原発でのプルサーマル運転に不安を感じております。正確な情報をお聞かせください。

Aベストアンサー

No.4です

厳しいことを書いてしまいました。ですが、原発がひとたび事故を起こすと取り返しの付かないことになることです。
北海道の泊原発3号機は先月運転を再開しました。ここもたしかプルサーマルだったハズです。福島原発の事故検証がまったくされないまま知事は運転を許可しました。佐賀県でもそうしようとしてましたね。もし、地震や津波が原因で事故がおこればこれはすべて“人災”になります。一度経験したことはもう想定外とはいえませんね。

政府は除線除線と簡単に口にしますが、本気で考えていないのではないでしょか?メルトダウンした核燃料を冷却できないことなどシロウトでも分かります。いくら水をかけても表面が固まるだけで仲はアツアツ ドロドロで、ものすごい放射線を出し続けています。除線を確実にするには原子炉建屋に残っている核燃料はすべて取り除いてからでないと始まりません。1~4号機で数千トンあるはずです。いくら建物をカバーで覆ってもボロボロになった建屋は何があるかまったく分かりません。

今までの国の対応を思えばほとぼりが冷めた頃、いつもの安全だ安全だで住民を戻すのではないでしょうか。日本はプルトニウムと肺がんの因果関係を認めていないし、発病するにしても10~20年以上先です。仮に裁判で訴えても最高裁までいってどうなるか・・・国賠で最高裁までいったら20年以上かかるのが今の日本です。この間に原告はバタバタと倒れていきます。

c型肝炎
アスベスト
薬害エイズ
水俣病
イタイイタイ病

どれも解決には20年以上かかっていて今でも結論がでていない問題もあります。米国でアスベストは60年以上前から危険性が指摘されていました。薬害エイズ(血液製剤)も米国に遅れること10数年など知っていてもほったらかすような国です。日本国民は騙せても避難命令を解除したらいろいろな研究施設から(海外も含めて)ドッと調査に入って調査結果は世界中を駆け巡ります。今の時代は隠し事は困難です。
原発が4機が一度に壊れるなど今まで無かったことです。間違いなく世界最大の原子力(発電)事故です。世界が注目しています。

今回の事故はおかしなことが多すぎます。米国やロシアが福島の収束に協力すると言ってきたのに前総理は断りました。自分たちでできると・・・・  日本は本格的な商業炉用核燃料など作ったことは無く、ましてや核爆発がどんなものか(科学的に)を知る人間はいません。また、東京電力には社員が3万人以上いるそうですが、福島第一原発に何人いるのでしょう????全社挙げてあたらないとならないはずなのに報道等見る限り作業現場に東京電力の社員はまったく映りません。協力会社ばかりです。(防護服の背中に名前がかいてありますし、ヘルメットを見れば分かります)当事者なのですからいちばん目立つ特別な防護服を身に着けるべきではないでしょうか。わざと映さないか影で何かコソコソやっているのか疑問はつきません。正しいことをしているなら堂々としていればいいのです。
福島第一原発敷地内には原子力安全・保安院 原子力安全委員会の人間は誰一人いません。わずかに福島県庁に原子力安全・保安院2の名いるだけです。おかしいを通り越して異常です。いちばんの責任者が現場にいないなどありえません。危険を冒してでも24時間常駐するべきです。多くの作業員さんが身を削って働いているのですから。
ほかにも東京電力にはおかしい点があります。外部電源喪失で高圧引き込みの鉄塔が自身で倒壊したことが初期の報道でほんの少し出ましたがこちら東北電力では大きな問題になっています。震度5強の地震で倒壊するなど考えられないと・・・・東北電力では震度6強の揺れでも絶対に倒壊しないと言っています。現に震度6強だった宮城県では高圧鉄塔の倒壊などありませんでした。どこまでもどこまでも東京電力は異常です。なんの説明もありません。


いろいろ述べましたが、自分が原子力についていろいろ調べたのは15年ほど前、再処理工場の建設や福島第一原発でもほんの少しかかわりました。あまりにも疑問や不思議なことが多いので自分で少しづつ調べてました。原子力PRセンターなどで語られていることとは全く違います。使用済み核燃料がどれほど危険であるかまた再処理をするとどうなるかなど

玄海原発1・2号機は福島第一原発1~4号機に次ぐ高齢原発です。3号機のプルサーマル運転も心配ですが、高齢の原発はあちこちにガタがきてます。定期点検の補修でどうにかなるレベルではないのではないですか。福島第一原発の設計者も津波の前に配管がダメになったと言っています。また、GE(福島第一原発1・2・5号機を設計施工したアメリカのゼネラルエレクトリック社)は冷却水の循環が止まれば2時間半後に炉心溶融が始まることを明言してます。GE社が欠陥があることを認めているのに(それも1970年代です)東京電力は無視し、運転を続けて事故になりました。
普通、機械は壊れると機能を失って停止してしまいますが、今の原発は壊れると暴走してしまうことがハッキリしました。こうなれば人間の手には負えません。収束には長い年月がかかります。米国スリーマイル島の事故は原子炉から溶けた核燃料を取り出すまでおよそ10年かかりました。チェルノブイリ事故は燃料を取り出せないまま20年以上経っても放射能を出し続けて立ち入り禁止です。福島はどうなるのでしょう?
東京電力福島第一原子力発電所事故から半年以上経ちました。国(政府 原子力安全委員会 原子力安全・保安院)、東京電力ともなんの結果も結論も出ません。あたりまえです。結論を出せるほど知識も経験も何も無いただのシロウト集団のかたまりです。
質問者様の不安に感じていることは痛いほど分かります。自分は今50近くになりますが青森県が核燃料再処理事業を受け入れたのは1970年代でした。当時の知事は今はもちろん墓の下ですし、自分はまだ中ボウでした。今、この歳になって考えると受け入れた核施設は生きている限り子守するしかないと自分は思います。



周辺の市町村に住む方を思って判断下さい

No.4です

厳しいことを書いてしまいました。ですが、原発がひとたび事故を起こすと取り返しの付かないことになることです。
北海道の泊原発3号機は先月運転を再開しました。ここもたしかプルサーマルだったハズです。福島原発の事故検証がまったくされないまま知事は運転を許可しました。佐賀県でもそうしようとしてましたね。もし、地震や津波が原因で事故がおこればこれはすべて“人災”になります。一度経験したことはもう想定外とはいえませんね。

政府は除線除線と簡単に口にしますが、本気で考えていない...続きを読む

Qアスベストが?

アスベストがベビーパウダーにも 使われてたというのは本当ですか?????

Aベストアンサー

こちらが参考になると思います。

http://www.hatena.ne.jp/1121957487
http://pigeon.info/babypowder.html
www.wakodo.co.jp/info/pdf/asbestos_news.pdf

ベビーパウダーに使っていた(混ぜていた)のか、混入していた(不純物として混ざっていた)のかは、不明です。

一部メーカーのコメントとしては「使っていませんよ」ですね。

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1121957487


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報