一年振りに使い始めた旧式のヤンマートラクターYM1610Dの冷却水漏れが見つかりました。
不凍液を注入したところ、ウオーターポンプの軸受け部からの漏水と思われたので、部品を取り外してインターネットの部品検索をしましたが該当部品なしであり、近隣の農機具屋さんも休みで相談もできません。
 ウォーターポンプの修理、シール交換作業について、助言・ご指導お願いします。
                        小規模な赤字続きの農家です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

解体済であるということならば、どの部品が交換すべきかはご存じ。


大方はシール付きのベアリングかとも察します。サイズと仕様が判明すれば相当品でも可。先にご指摘のあるように、少しの道具と技術を伴います。

小規模な部品の交換で不都合な場合、既にお調べなら割愛してもらって次のようなことも念頭にそれらも丹念にリサーチが必要と思いました。
・ポンプの型式が同じとか、改良型で取り付けピッチ、取り合いピッチが合えば、別の型式のトラクターでも使われている可能性があります。
しかし、その交換には技術も必要とも思われますから、機械いじりの方の援助も必要になるやもしれません。
・やはり取り扱いの農機具専門店に相談するのが早道かな?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

かなり旧式でしたが、部品があるのには驚きました。
昨日、部品が入荷し交換作業が終了したので不凍液を入れ正常運転を確認、
農耕作業を始めましたので、アドバイスありがとうございます。
また、助言お願いいたします。

お礼日時:2017/04/20 22:25

ヤンマーのメーカーサイトに相談窓口?メールで問い合わせる部分があるので型式など明記して問い合わせてみてはどうですか?相当古くても在庫あるかもしれません。


ウォーターポンプのケースがひび割れなどない場合は、
インペラー(羽)
ベアリング
シールなどの交換で済むはずです。
およそ5,000円程度
あくまで目安f^_^;)
打ち込み作業は、専用の油圧機械が必要なので、
農機具店などで委託した場合、
3,000〜5,000円の手間賃。
当方はSHIBAURAトラクターですがヤンマーと統合?され部品確認はすべてヤンマーのメーカーサイトで確認して部品調達してます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

農機具店に相談したら、部品の取り寄せができました。
 昨日、部品が届きましたので修理完了しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/20 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報