こんにちは。
仕事でホコリを飛ばすためのコンプレッサーを使用しています。
先日画像のようにホースがスッパリと切れてしまいました。
現在身近に詳しい者がおらず、困っています

切れた部分を継手から外し、残りの部分に取り付ければまた使用できるのではないかと思ったのですが、はずし方がわかりません。
インターネットであれこれ調べたのですが、「継手」という呼び名がわかっただけで、同じ型のものを見つけることができませんでした。
コンプレッサーのメーカーは不明です(本体のメーカー表示部分が汚損で見えなくなってしまっています)

画像を添付いたします。
ご存知の方、取外しが可能であれば、取り外し方をお教えください。

「エアーコンプレッサーの継手のはずし方・取」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 早々のご回答ありがとうございます。
    ご提示いただいた画像の①と②は外せましたが、②とホースは外せないのでしょうか?
    引いても抜けません。
    なんとなく接着剤のようなもので固定されているようです。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/05/07 15:07

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

締め付けることによって溶着してしまうような感じになるので手では外せません、カッターなどで切り取ってください。


なるべく金属部分を傷つけないように(表面に薄くキズがつく程度なら問題なし)
その部分は一番負荷が掛かるところなのでビニルテープなどでグルグル巻きにしておくと長持ちします、ウチの工場ではエアコンのドレンホースを付けてます。

因みに、ホームセンターでの問い合わせ、ネット検索などは「エアホース用カプラー」でいけます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

重ねてありがとうございます!
わざとくっつけたのではなくてそうなってしまう物なのですね!

少し時間をかけて切り取ってみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2015/05/10 15:20

No.1さんの言われるように、①は固定して②のナットを緩めると、②のナットがはすれて、本体にホースがついたまま外れるはずです。


 残ったホースは引っ張ったら細くなるために抜けないですよ。ガスホースと同じ
 本体とホース間の隙間にマイナスドライバーを差し込んでこじると膨らんで外れるはずです。本体に傷を付けないように!!表面から補強の繊維までをカッターナイフで切ってから作業すると良いでしょう。
 
 もし②にくっいているのでしたら、ホースの外周ですから熱をかけて反対向き(写真だと右から左)に押し出せばよい。

 なお、8.5mmウレタン用のカプラーに6.5mmホースが取り付いているように見えます。きちんとサイズの合ったカプラを買い換えたほうが良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ホースの太さからおかしかったとは・・・!

ホームセンターに行って確かめてみます。
正しいものに買い換えられたら、みなさんの情報を元に取り付けができそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/05/10 15:28

写真があったので・・・・


http://umeboshi.main.jp/cml/99_blank052325.html

ホースの切れ端は半ば溶けて貼りついちゃうことはよくあることです。
カッターで切ってペンチなどでつまんで引きはがしましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
提示していただいた画像を見ていてなんかはまり方違うなあと思っていましたが、別の方がホースの太さの違いをご指摘くださいました。

もしかして相当いい加減に取り付けてる・・・・?
ホームセンターに行って確かめてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/05/10 15:26

ネジ式で締め付けているだけです。


画像参照
スパナで①を固定して②を緩めると外れます。

尚、同等のものはホームセンターにでも売っています。
「エアーコンプレッサーの継手のはずし方・取」の回答画像1
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩ビ管と継手の接続に付いて

一般用VP管(呼び径100)2本をVU継手(呼び径100)を使用して接着接続したいのですが、VP管の外径と継手の内径が同じ大きさ(114mm)なのでVP管が奥まで差し込めません。
削って使用するしかないと思っているのですが、この場合以下のどちらが良いのでしょうか。

(1)VP管を削って外径を細くして差し込む
(2)継手の内側を削って内径を広げて差し込む

出来ればきっちりと奥まで差し込んで接着したいのですが、削らずに差し込む方法等はあるのでしょうか。
今は、地道に紙やすりで削っていこうかと思っておりますが、何か良い工具等があれば合わせてアドバスをお願いします。

Aベストアンサー

呼称が同じ100mmなら、VPもVU外径は同じはずだと思いましたが?肉厚が違うだけで、VUの継手なら刺さるはずでよ。
双方に接着剤を塗ってすぐに勢い良く奥まで差し込んで20秒ほど押さえつけて抜け出さなければOK!
なにも塗らずに差し込む場合は、ハンマー等で叩き込まないと通常は奥まで入りません、硬い床や壁に押し当てて体重をかけても充分刺さりますが、接着剤を塗ったら一気に奥まで刺さないと不完全な場所で止まったり抜けてきますよ。心配ならVPの継手を用意したほうがいいかもしれませんね。

QDV継手について

DV継手の呼び径40で、60度エルボを購入したいのですが、ネットで調べても、大径は有るようですが、小径は見つかりません。
小径では元々無いのでしょうか?
またDV継ぎ手の偏芯片寄りインクリーザー75×40についても、販売しているところを知っている方がいたらおしえてください。

Aベストアンサー

DVの積算表には載ってませんね>40の60度エルボ
マエザワのカタログにも75と100しか載ってないです。
私も仕事で使ったことが有りません。
樋のパイプ関係に在ったような気がしますが、樋はメーカーの独自規格が多いです。
樋は専門外なのでよく分かりません。ごめんなさい。

VU偏芯ソケットは75×40はマエザワのカタログには載ってませんね。
VUDSの75に75×40のVU偏芯ブッシング使うのはだめですか?

配管にワンクッション(エルボ2ヶ使う)置くと好きな角度には出来ますが、
配管の種類(排水、給水等)によって使える使えないがあります。

参考にしてください
http://www2.maezawa-k.co.jp/
http://www2.aronkasei.co.jp/kanzai/product/tsugite/

参考URL:http://www2.maezawa-k.co.jp/,http://www2.aronkasei.co.jp/kanzai/product/tsugite/

Qエアーホース 継手 規格について

エアーの配管等についての知識が全くないので、教えて下さい。

エアーフットペダルをサンドブラストに利用しようと思って、継手を探していました。

そして、チューブフィッティングストレート なるワンタッチ継手を見つけたのですが、私の所有しているエアーホース(外形12.5 内径8.5 釘打機用?)の規格に合うワンタッチ継手がありません。

エアーホースの規格は、統一されたものがあるのでしょうか? それとも、自社の独自規格で、ホースも継手も作られているのが現状なのでしょうか?

Aベストアンサー

チューブフィッティングはパイプ用の継手じゃなかったかな。
エアーホースの規格は各社独自でしょうけど、サイズ的にはほぼ同じです。
サイズをみる限り、お手持ちのエアーホースはごく一般的なウレタンホースかと思います。

ウレタンエアーホースは他に内径6.5mmのものもあり、どちらかというと6.5の方が出回っていると思います。
もっと空気量を必要とする場合(たとえばエアーピックとか、インパクトレンチなど)はゴムのエアーホースを使いますが、通常、内径12mm程度まででしたらエアーカプラーを使い、それよりホース内径が大きい場合は中圧カプラーを使うことが多いですね。
エアーカプラーにもJisのような統一された規格はないと思います。でも大抵は互換性がありどこのメーカーのものでも接続可能です(そういうように作っているのでしょうが)ごく稀にきつくてはまらない、はまるけど抜けない、エアー漏れする、というものもありますが、ちゃんとメーカー名とか品番の刻印があるものなら大抵大丈夫です。
エアーカプラーには雄(プラグ)メス(ソケット)があることはご存知でしょう。
プラグ・ソケットの反対側には接続する相手によって幾つか種類があります。
バルブ、コンプレッサー。その他機器に直接接続するための管ネジ(PT)になったもの。
管ネジのサイズは1/4・3/8・1/2の他、数は少ないですが3/4もあります。それぞれ雄ネジ・雌ネジがあります。
ホースに取り付ける場合はホースニップル(竹の子)になったものを使います。やはり1/4・3/8・1/2ホース用があり概ね8mm・10mm・12mmのホース用になりホースバンドで締め付けます。
また、ウレタンホースの場合は接続部が竹の子ではなく、ナットで外側から押さえつける形式のナットカプラーを使う場合が多いです。

一般的にエアー工具に使われるホース、機器にはこれだけの種類があれば接続は可能だと思います。機器によっては管ネジではないほかのネジが使われていることもあるかもしれませんが、それはアダプターなどで管ネジに変換することは可能なことが多いです(部品製作ということになるかもしれませんが)。
エアーカプラーが一旦管ネジになってしまえば、あとは異形ソケットなりブッシングなりで径を大きくするなり小さくするなりできます。例えば銅パイプにしたいのならリングジョイントの雄(雌)アダプターを使うとか、チューブフィッティングでもいいでしょう。1/2とか3/4の配管用鋼管にも接続できますよね。

チューブフィッティングはパイプ用の継手じゃなかったかな。
エアーホースの規格は各社独自でしょうけど、サイズ的にはほぼ同じです。
サイズをみる限り、お手持ちのエアーホースはごく一般的なウレタンホースかと思います。

ウレタンエアーホースは他に内径6.5mmのものもあり、どちらかというと6.5の方が出回っていると思います。
もっと空気量を必要とする場合(たとえばエアーピックとか、インパクトレンチなど)はゴムのエアーホースを使いますが、通常、内径12mm程度まででしたらエアーカプラーを使い、それ...続きを読む

Qフランジ形タワミ軸継手II JISB1452 とは何?

みなさん、こんばんわ。お客さんからフランジ形タワミ軸継手II JISB1452 と書いてあるだけでタワミ軸継手の何番を出せばいいのかと問い合わせを受けました。JISB1452とはどのような事でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これじゃ出せないと思うけど。
軸の継ぎ手で、JISで規定された、B1452のものという意味ですが、各メーカーによって品番はあるし、軸の径などでも違うはず・・。
NTNなどのカタログで、軸継ぎ手のところで、フランジ型を見てください。そこにJISB1452型とあるはずです。

Q陶器の洗面台の取外しと取付け方法は?

壁に取付けてある、よくある陶器の洗面台ですが、これを取外して、もう一度取付けたいのですが、方法がわかりません。
洗面台のメーカー名は記載されていません。
大きさは幅50cm前後40cm 上面の左右に水とお湯の蛇口があり、ゴムの水栓が鎖で繋がっています。
下部は壁にお湯と水の蛇口があり、上の位置の洗面台にパイプで繋がっていて、真中辺りの底部にはφ32mmの排水管がありU字管を通して床の排水口に繋がっています。洗面台と壁は左右の金具で固定されていますが、これを無理に外しても、蛇口へのパイプがあるので、外れません。
何かの手順で作業しなければならないと思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

知識と専用工具がないと無理です。アングル止水栓(壁からでてる水とお湯の元栓)上部の袋ナット上下4箇所を外し、SトラップのS字部分を外す。洗面台を壁に固定しているバックハンガーに注意し、スライドさせれば外れます。
パッキン類は再使用不可です。それとゴムの水栓はゴムの排水栓です。
パッキンは32のスリップパッキンと平パッキン、15のヒーパーパッキンとゴムパッキンが必要です。工具は洗面台裏の袋ナットを回す立てカラン締めという特殊工具と32の袋ナットを回すワイドモンキースパナが必要です。プロに頼めば1万以内でやってくれると思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報