シミュラクラ現象や、ゲシュタルト崩壊、サブリミナル効果...などの類みたいな現象や効果って他にどんなのがありますか?
うまく説明出来なくてすみません...。

A 回答 (1件)

バーナム効果、確証バイアス、ハロー効果



ちなみに、サブリミナル効果は学会では完全否定に近い状況です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
なかなか興味深いですね。心理学(?)による現象見たいのに興味があってもっと知りたいと思ってたので、助かりました!

お礼日時:2017/04/19 21:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○効果と○○現象

ドップラー効果、という言葉があります。ヒートアイランド現象、という言葉があります。なんらかの法則性を持ったことがらに対して、現象や効果などの接尾語を用いることは理解できます。しかしドップラー現象でも、別に構わないような気がしてなりません。
そこで質問です。
第一に、「効果」と「現象」の違いとは一体何なのでしょうか。
第二に、○○現象の現象を英語に直した時に、phenomenonでいいのか。他に適する単語があるのなら教えてもらいたいですし、ケースバイケースということであれば、より詳しく聞きたいです。
第三に、効果、現象、以外にもそれに似た接尾語は存在するのでしょうか。知っておられるのであれば、あるだけ書いて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

1)
~効果はそれを使って今起きている現象の因果説明ができます。(変わることのない法則の様なもの。後の世では変わることもあるかもしれませんが。)
~現象は色んな原因(1つかもしれません)や効果、反応などの作用により発生する事象。(原因があって結果が有るみたいな感じかな)

2)英語では 内容によって変わってきますが。 phenomenon、symptom, syndrome などがありますが使うケースは辞書に詳しくかいてあります。経験的には文章で書くとき 1つの現象をphenomenon、symptom, syndrome と使う場合もあります。それは同じ文面で同じ単語を多用しないためです。

3)何とかの「法則」 や 何とか「律」 がありますね。 今はこれしか思い出せません。 どなたかわkる方が追加してくれると期待します。

Q分散学習の効果について 勉強法についての質問 下のURLのような、分散学習やテスト効果を使った勉強法

分散学習の効果について 勉強法についての質問


下のURLのような、分散学習やテスト効果を使った勉強法についてどう思いますか?
皆さんの意見を教えてください!!
http://www.mo-book.com/2017/01/how-to-study.html

Aベストアンサー

博士論文で、英単語の記憶について、かなり似たような研究をした者です。
私の研究は、英単語を最初は、30分後に復習、次は、1日あけて復習し、3回目は、3日後に復習し4回目は一週間後に復習し、というようにだんだんと復習の間隔をあけながら、復習していく、というspaced rehearsalと呼ばれる復習方法の効果の測定です。
結果は、こうした復習方法は非常に効果があることがわかりました。
ですので、分散学習が記憶には効果的というのは大いにうなづけます。
結局、忘れかけてきたところで復習すると効果的なのですよね。分散学習には賛成します。

Q高校生です。音響効果の仕事について質問です! 音効さんは、BGMや効果音を作曲するのは仕事ではない

高校生です。音響効果の仕事について質問です!

音効さんは、BGMや効果音を作曲するのは仕事ではないですよね?
曲を選曲し、映像に付ける仕事、という認識でいいでしょうか?

また大学は、音響学科のある大学に進学するのが一般的でしょうが、
全く関係のない大学に行っても大丈夫なんですか?

Aベストアンサー

#3です。
>、映像と音楽がマッチしたその瞬間が好き!
それこそもっとも大事な要素なので、あなたは向いているでしょう。でも厳しい、と云うのは、あなたには過去にあった「版権物」の音楽しか無い、似た物を作ることが出来ない、「ここをこうしたらもっと凄いぞ」と思っても編曲家が居無いと出来ない、感性のマッチングが悪かったり意見が分かれたりしたら全く無駄。さらに音楽は時間の矢に縛られているし、画像との相性が良いからこそ良い音効さん、ではあなたは聞いた音楽や、全ての映画、ドラマを見・聞けますか?クズ映画にも背筋を寒くするマッチングはある、それをどうします?他人の意見を聞いていたら音効さんじゃ無いですよ。

Qこの様な現象を何効果というのでしょうか?

ある事柄を議論する際、専門家ばかりで議論するよりも専門家の中に素人を混ぜて議論した方がよりよい結論を得やすいという効果があることをナントカ効果(もしくはナントカ現象)と言ったと思うのですが、何と言うのでしょうか?
わかりにくい質問かもしれませんが、どなたか教えていただければ幸いです。
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔そのようなことを読んだ記憶があり、憶えていた単語で調べてみたら、「オッドマン仮説」(Odd-Man Hypothesis)に行き着きました。これでは?
※たった今調べるまで実在の理論と思っていましたが、SF小説に登場した架空の理論ということです。

(wikipedia 日本語版「アンドロメダ病原体」の項中の「オッドマン仮説」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%80%E7%97%85%E5%8E%9F%E4%BD%93#.E3.82.AA.E3.83.83.E3.83.89.E3.83.9E.E3.83.B3.E4.BB.AE.E8.AA.AC
1969年に出版されたマイケル・クライトンによるSF小説『アンドロメダ病原体』

Q教授の名前の横についてる(Ph.D.やM.D.)について教えて!

教授の英語名のよこについてくる何かの略語ありますよね。その呼び方とできれば簡単な解説をおねがいできますか?

Aベストアンサー

Ph.D … Doctor of Philosophy の略。本来の意味は哲学博士ですが、単純に博士の意で使われます。
これは、科学Scienceが発達するまではPhilosophyが学問全般の代名詞でもあったため。
(哲学は現在のような形而上的なものではなく、真理を追究するあらゆる営みを指していたのです)

M.D. … Medicinae Doctor の略。医学博士。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報