ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

電話口に・で
電話越しに・で

の違いはなんでしょうか?

A 回答 (4件)

1. [ 電話口=通話中の電話機の前 ]


a. 【電話口に】
「に」は、場所・帰着点などを表わす格助詞。
例: 責任者を電話口(通話中の電話機の前)に出してください。
・今は居ないが電話口に居る状態にしてください、といった意味で、「電話口」を帰着点と捉えるニュアンスも含んでいる。
b. 【電話口で】
「で」は、場所を表わす格助詞。
例:彼女は電話口(通話中の電話機の前)で泣いていた。
・帰着点というニュアンスは含んでいない。

2. [ 電話越し=電話機を隔てる(状態) ]
a. 【電話越しに】
「に」は状態のあり方を表わす格助詞。
例:電話越しに(電話機を隔てる状態で)謝罪されても納得できない。
b. 【電話越しで】
「で」は、手段・方法を表わす格助詞。
例:電話越しで(電話機を隔てるという方法で)謝罪されても納得できない。

「に」の用法各種。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/166083/meaning/m …
「で」の用法各種。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/148951/meaning/m …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例文とともに回答して頂けてとてもわかり易かったです…!
回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/06/13 17:36

~に: 到達点を表す。


~で: 用いる方法・手段を表す。 動作が行われる場所や状況をしめす。

と言うのが一般的な意味ですが,
「電話口に~」は電話器(固定電話でしょう)のある所(位置)に(来る・行く など)
と,用いられます。
「電話口で~」とはあまり言わない気がします。

同様に,
「電話越しで~」は言いそうですが,
「電話越しに~」はあまり使われそうもありません。

私的な感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ニュアンスが難しいですよね…
回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/06/13 17:35

電話口は、通話中の具体的なある電話機


電話越しは、具体的な電話機ではなく「電話という手段を使った会話」を指します。

「に・で」については
http://leaders-action.com/manabi/9928/
電話口に・で=ある方向や目的地、地点場所を表す格助詞
電話越しに・で=手段方法を表す格助詞
    • good
    • 0
この回答へのお礼

に・で でも意味合いが結構変わるのですね…!
回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/06/13 17:34

電話口=電話口に呼び出す。

 電話をして要件を伝えたり来てもらうとか
 
電話越し=合わないで電話で要件を済ませる。
例 電話越しで失礼します!  合う気は無い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど…!
回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/06/13 17:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Q「雰囲気」 みなさんこの字をなんと読みますか?

「雰囲気」
みなさんこの字をなんと読みますか?

Aベストアンサー

ふんいきですが、こういう話もあるみたいですね。

http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/nihongo/labo/lab_016/body.html

Q「敬語、もうやめたら」と思った瞬間。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明するのに、
「私が父親の跡を継いで、葬儀社をさせていただいています。」

誰に対して「させていただいています」と言ってるのか、私にはわかりませんでした。
社員とか、株主総会でのあいさつならば、「(未熟者ではございますが、私が社長を)させていただいています」と言ってもいいでしょうが、テレビで自分の職業を紹介するのには、誰に対しての敬語?と思いました。

なんか、もうここまでワケも解らずに「いらっしゃる」とか「させていただいて」とか使うなら、いっそもう、敬語なんか廃止してしまっていいんじゃないか、
その方が日本語が崩れないですむんじゃないか、と思ってしまいました。

極論とは思いますが、
すでに学校の「国語の時間」に真っ当な敬語を学習させるのはムリになってしまっていて、バイトとかで「簡単便利な速習敬語」を覚えた結果が、この「混乱敬語」ではないでしょうか。

「もう、敬語、使わなくていいよ」と言いたくなりました。
ダメでしょうか?
敬語は日本語の伝統文化、なんとしても守るべきでしょうか?

でも、いったいどうやって守れるのでしょう、なんかもう絶望的気分になってしまいました。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明す...続きを読む

Aベストアンサー

>なんかもう絶望的気分になってしまいました。
 無理もありません。敬語を使い慣れている人と、そうでない人との格差が大きすぎますね。
 No.6の方があげられた「携帯電話の電源はお切りして下さい」は、「して」を取れば通用するわけです。こういう場面で「お切りする」という謙譲語を使う人が増えていると、「敬語」(講談社学術文庫)の著者、菊地康人氏は警告されています。

Qこれが欲しい。これも欲しい。この場合で二つとももらえますかって言って正しいですか

これが欲しい。これも欲しい。この場合で二つとももらえますかって言って正しいですか

Aベストアンサー

選択肢が「2つに限定されている場合」なら正しいです。

ケーキ屋さんで。
わたし:「ケーキをください」
店員:はい。チーズケーキとショートケーキが一個づつしか残ってないんですが、どちらを差し上げましょう?
わたし:(チーズケーキが欲しい。でも、ショートケーキも欲しい。しばらく考えて・・・)2つとももらえますか。
店員:かしこまりました。

Q日本語の他動詞は目的語を取らないといけないの?

こんにちは

日本語には様々な他動詞があると思いますが、それらは目的語、もしくは暗に想定される客体と一緒に使用しなければならないのですか?
例えば、「食べる」は、卵を食べる、など目的語と共に言わなければいけないのか、もしくは、共通の話題として卵が想定されている必要があるのか。

よろしくお願い申し上げます

Aベストアンサー

質問者には申し訳ないが、行きがかり上、No.9の方に答えさせてください。
 わたしは、かなり常識的なことを申しあげただけです。日本語には、自動詞の受動態(受身形)があるのはよく知られています。
「赤ん坊に一晩中<泣かれ>て困った」「わたしは雨に<降られ>た」「母親に<死なれ>た」などがそうです。これは「迷惑の受身」と呼ばれますが、はっきりした「能動文」がないことが特徴です。(「雨がわたしに降った」は言えません)
 したがって、受動態の存在が他動詞を証明することには、なりません。「わたしが富士山に登った」→「富士山がわたしに登られた」これは後者が不自然です。普通は言わない言い方。

>それでもなお「登る」を他動詞として扱うつもりならば、日本語独自の明瞭な基準を作る必要性が出てくる。
 
 「他動詞」は「自動詞」の間違いでしょうが、わたしは日本語の明確な基準を作る立ち場ではありません。
なお、疑問があれば、おっしゃってください。外の方々がお答えくださると思います。

Q”高”と”安”という正反対の意味にも取れる組合せである、”高安”の、昔の由来を教えて下さい

大相撲では、高安が大関に昇進し、活躍が期待されています。
四股名の高安について気になりました。この高安は、地名にも苗字にも使われています。
高安の高は、値段の高い、安は値段の安い、という意味にも取れます。上下で、ちょうど正反対ですね。(もちろん、高も安も、他の意味もありますが) 高安は、山川のような正反対の意味が組み合わさった、のかもしれませんね。
質問は、この高安ができた昔の由来を教えて下さい。

Aベストアンサー

興味を惹かれて検索したところ、以下の記述がありました。
由来と言えるかどうかは不確かですが、ご参考まで。
最終行を含む一部を抜粋しておきます。
http://www.geocities.jp/iko_kan2/takayasunoki.html

高安を古くは「こうあん」と読めば、中国的な呼び名である五老峰と合わせ、そのル

ーツは、やはり中国大陸にあるのかも知れません。

中国の大河、長江流域にある九江市の南方、江西省の省都-南昌からさらに61kmの所

には、高安市(人口78万人)があります。

この間には南北25kmにわたり標高1300m~1500mを測る99の峰が続く天下の名山、

廬山(ろざん)があり、断崖絶壁と峡谷が多く 滝も多い。

この中で、5つの峰が続いて5人の仙人が東に向いて並んでいるように見えるという峰

の名は「五老峰」とよばれ、唐の詩人李白の詩で知られるように頂上からは鄱陽湖が

長江に連なるあたりが霞んで眺められるといいます。

雄大さでは比較できませんが、古代の高安氏族は、河内平野を蛇行して流れる旧大和

川と河内湖を望む高安山から信貴山周辺にかけた山々を、まさに中国の故地の景色や

由来などに重ね合わせて、名称を付けたものかも知れません。

興味を惹かれて検索したところ、以下の記述がありました。
由来と言えるかどうかは不確かですが、ご参考まで。
最終行を含む一部を抜粋しておきます。
http://www.geocities.jp/iko_kan2/takayasunoki.html

高安を古くは「こうあん」と読めば、中国的な呼び名である五老峰と合わせ、そのル

ーツは、やはり中国大陸にあるのかも知れません。

中国の大河、長江流域にある九江市の南方、江西省の省都-南昌からさらに61kmの所

には、高安市(人口78万人)があります。

この間には南北25kmにわたり標高1300m~1500m...続きを読む

Q練習する は何故複合語なのですか?サッカーするは何故複合語じゃないのですか? 2週間ぶり は何故複合

練習する は何故複合語なのですか?サッカーするは何故複合語じゃないのですか?
2週間ぶり は何故複合語なのですか?
他に分かりにくい複合語はどんなのがありますか?

Aベストアンサー

複合語全般について。
https://www.kokugobunpou.com/%E6%96%87%E6%B3%95%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E/%E8%A4%87%E5%90%88%E8%AA%9E-%E6%B4%BE%E7%94%9F%E8%AA%9E/

前後の語の密着度に依ります。使い慣らされているか、と言うことです。その意味で、後者はサッカー(を)するのをの省略と見做されると思います。
「ぶり」接尾辞で、独立性がありません。複合語は本来独立性のある語が連語となることが始まりです。
分かりにくい連語については、上記の最下段練習問題を参照ください。

Q桜という文字の三分の一ってなんでしょうか、暗号のようです

桜という文字の三分の一ってなんでしょうか、暗号のようです

Aベストアンサー

「桜」という字を分析すれば、
→「木」「ツ」「女」

「櫻(桜)」という字を分析すれば、二階(貝貝)の女が気(木)にかかる。
→「貝」「貝」「女」「木」

「戀(恋)」という字を分解すれば、愛し(糸し)愛し(糸し)と言う心。
→「糸」「糸」「言」「心」

Q短歌はなんで談話じゃないんですか?

短歌はなんで談話じゃないんですか?

Aベストアンサー

「談話(だんわ・だんかい)」をどういう意味で使用されているのでしょうか。「お話」「会話」と常識的に考えれば、短歌などの短詩形文学(通常、語のリズムを強調する)とはかけ離れた感じがします。「談話」を話し言葉のこと捉えれば、短歌の一部に口語体短歌(古文体を極力排除したもの)や否定形短歌(五・七・五・七・七というリズム無視した短歌)がありますが、それでも、やはり文学は「自己表出」を目的としたものであり、普通の「伝達」性の強い会話などとは違いがあるでしょう。

Qなんて不謹慎な字なんだ... こないだ、ひどい漢字を見つけました。 その漢字は、車へんに楽しいと書い

なんて不謹慎な字なんだ...
こないだ、ひどい漢字を見つけました。
その漢字は、車へんに楽しいと書いて、「轢」...
車で人を轢くのが楽しい、みたいな感じで嫌ですね。
なんであんな漢字になっちゃったんですか?
あの漢字の由来を知っている人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

せっかく、「象形」などという言葉が出てきましたから、今後も勉強を続ける人は、ついでに漢字の「六書(りくしょ)」を覚えておきましょう。
1.「象形(しょうけい)」文字=物の形から出来た(例 日・月・木)。
2.「指示(しじ)」文字=絵では描けない事柄を抽象的な約束や印で表した字(例 一、二、三・上、下)。
3.「会意(かいい)文字=象形や指事文字を組み合わせた文字(例 森・信)。
4.「形声(けいせい)」文字=意味を表す部分「意符」(偏や旁)と発音を表す部分「音符」(声符)とを合わせた文字。(例 轢・江・紅)。
 上の四つは漢字の成り立ちをいったもの。残り二つは漢字の特別な使用法を言ったもの。
5.「転注(てんちゅう)」文字=すでにある漢字を別の意味に流用する。(例 令<命令>→長 実は諸説あり詳細不明)
6.「仮借(かしゃ)」文字=漢字の音をりようして、意味と関係の無い字を表す。(例 亜米利加、日本の仮名の多くもそのうちに入る)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報