初心者キャンパーです。
先日、テント用のエアーマット(CAPTAIN STAC W=135cm
L=260cm t=5cm)を購入しました。
自宅で試験的に使ってみたらなかなか寝心地もよく満足して
いました。
ところが,かたづけようと思い空気を抜いたのですがこれが
なかなか抜けません。
バルブ2つを開放して端から抜いていってもある程度空気は
残り、たたんだ時にかさばってしまいます。
こんな時みなさんはどうやって空気を抜いているのですか?
うまく抜く方法がありましたら是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

同じものかどうかは、わかりませんが、私も持っています。

確かに寝心地は良いです。買った当時、私もそのままベッドととして使用しておりました。
空気入れの部分の大きさに寄りますが、空気入れを逆にするのが一番です。足踏みであれば、バルブを逆にするのですが、私は電気式の空気入れ(購入価格1,500円車用)を利用しています。スイッチひとつで空気の出し入れができますので。このような大きな物には便利です。ゴムボートなどの空気抜きも今までの苦労が馬鹿らしくなります。 バルブが大きければ、掃除機の利用も良いと思います。でも、普通はバルブの大きさを変えるアダプターなどが付いていると思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今回の件で空気入れについていろいろ調べてみたのですが、いろんな空気入れが
あるんですね。電気式なんてあることすらわかりませんでした。
さっそくDAYショップに足を運んでみたいと思います。

お礼日時:2001/07/07 10:13

河原など水があるところ限定ですが、


水の中に空気バルブの部分を上にして沈めてやると空気が早く抜けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても奇想天外な発想に感心しました。
いつか実行してみたいと思います。

お礼日時:2001/07/07 10:08

あらかた空気を抜いたら、空気入れを逆につなぎ(入れるのではなく、抜くようにSETする)後は空気入れを踏めばマットの中の空気を吸い出してくれます。

驚くほどぴったりぬけます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
一応試してみたのですが、私の空気入れはなかなか吸い出してくれず別の空気入れを購入することにしました。

お礼日時:2001/07/07 10:06

空気を入れるところに爪楊枝か割り箸などを差し込んで、端のほうから丸めながら空気を抜いていくと抜けますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/07 10:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Qバイキャンパー

野宿初心者なんですが、今度の夏休みに
野宿をしようかと思ってます。
トピークからバイキャンパーというのが
発売されましたが、あれは地面が舗装されていると
使えないというのが心配なんです。
道の駅とかでキャンプするときは不便な気が
しますが、大丈夫でしょうか?

http://www.topeak.jp/tent/acz126.html

Aベストアンサー

お~・・・すごい!
こんな自転車があるんですね!

杭が打てないから土の上でないとダメなのでしょうかね!?
山でテントを張る時には風がなければペグ(杭)を打たずに20cm程度の大きさの石にテントの紐をくくりつけて代用します。
根っこや木の枝にくくりつけたり。
その程度でいいのではないでしょうか。

明らかに違法な場所と言われているところでも、誰にも迷惑がかからず、かつ特段の問題もない時、管理人に一声かけて許可を得られる場合はよくあります。
テントを張る場所に関しては最低限のモラルは守ってくださいね。

想像ですが、おそらくこのような自転車よりも、自転車は自転車で、テントはテントで別に購入された方が快適で何かと便利だと思われます。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Qソロキャンパー達の集まる様なイベントやサイト

ファミリーキャンプから派生して、最近ソロキャンデビューしようと考えてる者です。
キャンプ場やアイテムなどについて、同じ様にソロでキャンプ活動をされてる方々と情報交換がしたいです。
あいにく身近にはソロキャンプとかしてる人がいません。

ソロキャンパーだけで、(オフ会の様な?)集まって楽しんでるサークルやHP、サイト(掲示板等々)があったら仲間入りさせてもらいたいです。
どなたか御存知あるかた、ご教授ください。

Aベストアンサー

個人の方のサイトのようですが、
練習会のようなものを時たま実施されているようです。
http://smilekun.naturum.ne.jp/e717119.html

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q新品テントに防水スプレーは有効?

日に日に暖かくなってきてキャンプ欲も増し、
近々どこかへ出掛けようかと考えています。

冬の間に新しいテントに買い換えたのですが、
今まで使っていたものとは張り方が違うので、
実際にキャンプに行く前に近所の河原で試し張りしようと思っています。
その際に防水スプレーをフライに塗布しようかと思っているのですが、
これは、新品テントには不要、更に言えばすべきでない、
あるいは逆に、しても構わない、またはしておいた方がよい?
いずれでしょう?

以前のテントはホームセンターで購入した低価格のものでしたが、
新しいものはそれよりは値の張るものですし、
型も気に入っているものなので、
大切に使っていきたいと思っています。

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

防水スプレーとありますが、それは防水ですか?撥水ですか?
それぞれ、塗布面が違いますので、ご注意ください。

さて、ご質問の防水スプレーに関しての要不要についてですが、
今までもキャンプをされていて、大切に使っていきたいとのことから、
今後長く使われると思われますので、前者の方々の回答とは
若干異なりますが、是非スプレーされることをお勧めします。

私の場合は、かなり酷な使い方をしていますので極端な例に
なってしまいますが、防水撥水処理を行わなかった場合に
1年たらずで撥水効果がなくなり、豪雨および積雪時には
1年程度で漏れが認められるようになりました。
同程度のテントでも購入後最初に、防水撥水処理を行うと
2年程度持ちますし、その後も同様の防水撥水処理を行うことで、
裂けたりしない限りは5年、10年のスパンで使用できます。

P・S 撥水スプレーはフライ外面に塗布後、よく"乾燥"させてください。
防水スプレーはお使いのテントの説明書なりHPなりを見て、フライの
内側、インナー(外内どちらの可能性もあり)、または塗布しない場合が
ありますのでご注意ください。

防水スプレーとありますが、それは防水ですか?撥水ですか?
それぞれ、塗布面が違いますので、ご注意ください。

さて、ご質問の防水スプレーに関しての要不要についてですが、
今までもキャンプをされていて、大切に使っていきたいとのことから、
今後長く使われると思われますので、前者の方々の回答とは
若干異なりますが、是非スプレーされることをお勧めします。

私の場合は、かなり酷な使い方をしていますので極端な例に
なってしまいますが、防水撥水処理を行わなかった場合に
1年たらずで撥水...続きを読む

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Qテントで安眠するには?

家族5人でキャンプを始めた初心者です。テントでいかに安眠できるかがいつも課題です。設営の際は、平らなところを選び、小石などを丁寧に取り除きます。テント内の敷物は某メーカーの厚さ2cm程のマットを5枚つなぎ合わせています。クッション性は良いのですが、つなぎ目が気になり、また汗でペタペタしてうまくありません。上にホットカーペットカバーなどをひいたことがありますがズルズル動いてしまうし...
また寝袋だと暑くて寝れない時ありますよね。みなさんは身体の上にかけるのは何をお使いですか?やはり寝袋ですか?うちはバスタオルなんですが、でも夜中になるとすごく寒くて..
枕とか持っていきますか?でもかさばりますよね....
みなさんはどんな製品をお使いですか?何か良い製品や工夫やアイディアがあれば教えて下さい。夏キャンプがほとんどです。

Aベストアンサー

ソロキャンプの場合 銀マットを敷き 寝床はカスケードデザインウルトロラライトと言うエアーマットを敷きます 全身用も有りますが 140cm程で足元は衣服を敷いておけばあまり気になりません
本格アルパイン用でチョッと高価(1万)

ファミリーキャンプの場合 小川キャンパルN4と言うドームテントを使用 小川キャンパルキルティングマットを敷き(6千円位) 凸凹が気になる場合銀マットを下に敷きます キルティングマットが一枚物なのでズレはあまり気になりません
マットレスの様なものも 小川から出てますこれ敷けばまず解消出来るでしょう(フォールディングマットST 220×85×2)しかしかさばります ご使用のテントに何枚使うか 車載可能か検討要!

寝具 夏は寝袋では暑い! 封筒型シュラフはファスナー全開で一枚の布団になります スリーシーズン用(イスカ・アフリカなど)を二枚敷き布団にして 上はタオルケットを掛ける程度でで良いと思います
夏用は汗かくので 丸洗い出来る安物過ぎない 程ほどの商品を薦めます。

マミー型シュラフは足元側ファスナーが開くものは温度調節でき使える(寝れる)と思います
窮屈感は モンベルのシュラフがストレッチ性あり使い易いです 2003年モデルが特価販売中狙い目!!
 お子さんが何歳か解りませんが 朝の冷え込みを考えると一人一枚欲しいかな 冷え込み厳しい場合 サマー封筒型シュラフ シルクのシュラフシーツも使うと快適です
枕は シュラフの袋やスタッフバックに衣類を詰めて使ってます あれこれ専門の物を持っていくと荷物が多く積めないので
流用できるものは出来るだけ 流用で済ませます。

ソロキャンプの場合 銀マットを敷き 寝床はカスケードデザインウルトロラライトと言うエアーマットを敷きます 全身用も有りますが 140cm程で足元は衣服を敷いておけばあまり気になりません
本格アルパイン用でチョッと高価(1万)

ファミリーキャンプの場合 小川キャンパルN4と言うドームテントを使用 小川キャンパルキルティングマットを敷き(6千円位) 凸凹が気になる場合銀マットを下に敷きます キルティングマットが一枚物なのでズレはあまり気になりません
マットレスの様なものも 小...続きを読む

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q東京でテントをレンタルしているお店

7月末にキャンプをしたいのですが、テントを持っていないので、皆で買おうかと検討中です。でも、もしレンタルが出来る様なお店があればその方がいいので、東京でアウトドア用品等をレンタルしている様なお店をご存知の方は教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アコムレンタルでレンタルできます。

テントだけじゃなくてアウトドア用品もたくさん取り扱っているようですね。

参考URL:http://www.acomrental.co.jp/item/index.php


人気Q&Aランキング