ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

漢検2級をうけました。
実際解いたら難しくて
自己採点をしてみると152点くらいかな?
っていう感じでした。
合格基準が8割の160点くらい
なんですけど、やっぱり不合格ですよね?
難しさによって合格基準がさがる
みたいなんですけど10点はさがらないですよね…?

何点で合格したよっ!っていう体験が
ありましたら教えてください<(_ _)>

A 回答 (1件)

160以上は取った気がします。


たぶんそれでは落ちているかと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「終わす」は方言ですか

「終わらせる」という意味で「終わす」というのは方言でしょうか。それとも、東京出身の人にも「ら」抜き言葉として使われていますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

栃木在住の者です。ここで生まれ育った娘が「終わらせる」という意味での「終わす」という言葉をよく使ってました。私自身は他県の出身で、この言い方は家庭内では一切使ってなかったので、おそらく学校の友人や先生方がよく使用していた、すなわち栃木の方言ではないかと思われます。

Q「やはい 」という言葉は、本来、危ないなど、悪イメージて用いられてきましたが、最近は良い意味での、「

「やはい 」という言葉は、本来、危ないなど、悪イメージて用いられてきましたが、最近は良い意味での、「すごい 」といつ解釈がされるようになってきました。

このような変化が起こった理由はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

「ヤバい」は本来危険な様子で、別に意味が逆になったわけではなく、危険なくらいある物事に「ハマってしまった」「魅力にとりつかれた」「好きになった」ことを言うのでしょう。

Q口頭でこっちの「お」ではなくてこっちの「を」のことを言うとき何て説明しますか? ちなみに僕は「難しい

口頭でこっちの「お」ではなくてこっちの「を」のことを言うとき何て説明しますか?

ちなみに僕は「難しい方の”を”」と説明していました。他の呼び方をしている人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

むかし月曜から夜ふかしでやってましたね

https://www.youtube.com/watch?v=v5ZGmr2GjbQ&t=9m11s

9分11秒あたりからどうぞ

Q・どうして漢字には角ばった字が多いのか?

つまらない質問です。私たちが毎日使っている漢字。元は象形文字だというのがみんな知ってますよね。しかし、殆どが角ばっています。
例えば「日」という字。これは 太陽の形を象ったものですが、もとの象形文字では 丸かったはずなのに、四角い字です。
そこで質問ですが、どうして 漢字には丸みを帯びた字が少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

紙と筆が発明される以前から文字は存在したことがヒントだと思います。つまり骨や金属に刻みつけるには直線が曲線よりも有利だったはずです。紙発明後は文字も次第に流れるような曲線が見られるようになりました。

Q日本語の「になる」の文法

友達がひげになる。は人間はひげという物質に変われないので、おかしいと思いました。
「たかしが赤ちゃん言葉になる。」→たかしの言葉が赤ちゃん言葉になる。「言葉が」の部分がなくなって、の格がは格になったものだと解釈しました。

友達がひげ顔になる。たかしは会社員になった。は良いと言うと(ひげ顔という日本語はないですよね。ひげの生えた顔と言えばよかったです。すみません)、なぜそれがよくて、ひげがだめなんだと言われました。

たぶん、「友達の顔がひげ顔になる。」「たかしの職業が会社員になる。」が格がなくなって、の格が主題になったと思ったのですが。。

どなたか詳しい方教えていただけますか。

Aベストアンサー

「たかしが赤ちゃん言葉になる」「友達がひげ面になる」の文法的な解釈は、その通りだと思います。

「友達がひげになる」がどうしても成り立たないのは、以下の理由かと思います。
これらの「なる」は、「既にあるものが、何かに変わる」という意味で使われていますよね。
ひげは「無いところから生まれる」ものなので、「なる」が成り立ちにくいのだと思います。「たかしの○○がひげになる」の「○○」に当たるものが存在しないのです。
このことは「たかしが白髪になる」は成り立つことからも伺えます。白髪は元々黒髪だったものが、白く変わっていってしまうと一般的に認識します。「たかしの髪が白髪になる」です。ですから挙げられている各例文と同じように「たかしが白髪になる」とも言えるのだと思います。

「友達がひげになる」に違和感があるのは、そういうことだと思います。「なる」がそもそも、ひげが生えることを表すのに使いにくいんだと思います。(もしかしたら「無いところから生まれる」場ものであっても例外もあるかもしれませんが。)

Q関西弁について 「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧

関西弁について
「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧語では何と言うのでしょうか。例えば、先生に対して「先生、犬が…」その後は何て言うのでしょうか。
「います」?「おります」?「おます」?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

犬に対して丁寧語を使う必要はないので、先生に対して丁寧に言うなら「犬がいます(おります)」でしょうか。

関西風にいうなら「犬がおるんですわ~」

Q漢字の解読依頼

祖父/祖母の遺品ですが、漢字が読めません。どなたか教えていただきたく、よろしくお願いいたします。依頼の文字は、添付画面の内、
1.左の大正6年に書かれた葉書の差出人名。京都 ○○と書いてあると思うのですが、この2文字がわかりません。
2.中央は左端の葉書の裏面です。この左上に書いてある落款文字全て
3.上記葉書の差出人と同一人物と思われる人が描いた山水画に記載されている落款、及び、落款印

です。

Aベストアンサー

1.南生
2.丁巳 薄日 南浦生
3.丙辰孟冬
    南浦寫
すでにご存じかと思いますが、丁巳は大正6年、丙辰は大正5年に該当します。
印は右上の文字は「弘」のようですね。あとは残念ながらわかりません。

Q手痛い目」に会うの意味では無く語源を知りたいのですが、どなたかご存知の方おられましたら教えてください

手痛い目」に会うの意味では無く語源を知りたいのですが、どなたかご存知の方おられましたら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

人体に関する物の中で、目・口・心などとともに、言葉に付いてさまざまな使い方をされます。この「手痛い」の場合は「語素」のひとつとして、他の語の上に付いたり、下に付いたりして、さまざまな意味を表します。説明し出すとキリがないので、「手痛い」のように形容詞や形容動詞の上に付く例を挙げておきます。No.1の方が上げられたもの以外に「手ひどい」「手厳しい」「手ごわい」「手厚い」「手広い」「手短」など。勿論その他に名詞に付く例は限りなくあります。動詞にもつきます。
下に付く例も多くあります。その場合は「動詞」に付くのが多そうです。「やり手」「受け手」「織手」「射手」「話し手」「嫁のもらい手」など。

 後、めったやたらに上げておきます。
「手織」「手料理」「手植え」「手描(てがき)」「手加減」「手打ち」「手造り」「手製」「手箱」「手槍(てやり)」「手斧(ておの)」「手楯(てだて)」「手文庫」「手帳」「手数珠(てじゅず)」「左手」「右手」「上手(かみて)」「下手(しもて)」「面手(おもて=表)」「裏手」「河手」「行手(ゆくて)」「なかて」「おくて」「厚手」「薄手」「古手」「痛手」
 もっと整理出来ればいいのですが。

人体に関する物の中で、目・口・心などとともに、言葉に付いてさまざまな使い方をされます。この「手痛い」の場合は「語素」のひとつとして、他の語の上に付いたり、下に付いたりして、さまざまな意味を表します。説明し出すとキリがないので、「手痛い」のように形容詞や形容動詞の上に付く例を挙げておきます。No.1の方が上げられたもの以外に「手ひどい」「手厳しい」「手ごわい」「手厚い」「手広い」「手短」など。勿論その他に名詞に付く例は限りなくあります。動詞にもつきます。
下に付く例も多くあります...続きを読む

Q接続詞の用法について

閲覧ありがとうございます。
自分が文章を書くときの癖のようなものなのですが、文法的に正しいかがどうしても分からないため質問させていただきました。

例えば「しかし、誰もそのことに気付かない」「そして、彼は考えを改めた」のような文章を、
自分が書く場合は「誰もそのことに、しかし気付かない」「彼は考えを、そして改めた」のようにしてしまうことがあるのですが、
このような用法は認められるのでしょうか?

文法には明るくないので的外れかもしれませんが、強調したい部分に対して接続詞を副詞的に用いているのだと思いますが、
接続詞という本来の用途からは大きく外れている気がして……。

近しい人間に聞いたところ、ありかなしかが二分してしまったので詳しい方に伺いたく存じました。
検索をかけても英文法ばかりがヒットしてしまうため、お手数ですが解答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

その用法は伝統的日本語には余り見られないですが、どちらかと言えば英文翻訳調の近現代小説によく見られた気がします。斬新な印象があるためその文体が好まれた時期です。外国語(英語)に翻訳されて海外でも需要は多かったはずです。接続詞の位置も、それに慣れた外国人にも違和感はなかったはずで、逆に文体が近いと言うこともその需要に一役買ったのかも知れません。
言葉は生き物ですが、文体もまた同じ。認められるかどうかは、時代が決める、と思います。現に使われているので認めない訳には行きませんが、同時にいつも認められるかどうかも疑問で、お知り合いの意見が二分するのも自然な話です。
極端ですが、文体は無数に存在しうるわけです。好みのものを使うのは自由ですが、これを契機に別の文体に触れたり自ら新しい文体を模索したりして、楽しんでみられてはいかがでしょうか?

Q漢詩の解読依頼(七言絶句)

私の祖父が生前に碁盤のカバーに七言絶句らしき漢詩を書き込んでおりました。が、現在生存している親戚の中には読めるものがおりません(わかるのは日付と一部の文字程度)。

添付の文字がそれですが、どなたか読める方、読む順序に並べ直し、楷書にてご教示いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

富貴槿勢不汚堂
払俗澹欲遊方丈 (澹のサンズイなし 入力できず。)
此事荒廃害五常
烏鷺丹青君子道

富貴 牡丹のこと。
五常 儒教で、常に守るべき5種の道徳。仁・義・礼・智・信など。
烏鷺 黒い石を烏、白い石を鷺に見立てて囲碁をいう語。

読み下し文は、どなたかにお願いします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング