「教えて!ピックアップ」リリース!

かれこれ20年近く前の話なのに、なぜ?こんなに心から離れないだろう?って思う人が居ます。
彼と離れてからは違う人とも恋愛し結婚もしました。他の人の付き合ってる間に彼の事を思い出したか?と聞かれれば、付き合ってる間は思い出さなかったけど、「付き合ってほしい」と言われたタイミングや結婚するタイミングでふと顔が浮かんだのは確かです。
何かの拍子で思い出す「もう結婚してるだろうな」とか「どうしてるだろう」ぐらいで、連絡先も何かのタイミングで削除しました。

彼の事が忘れれない理由は2つあります。
1つは、本気で好きで心から愛していた人だったのに、自分から気持ちを伝える事がないままに終わらせてしまった事。(彼とは付き合っていませんでした。)
毎回デートする度に「今度また会ってくれる?」と誘ってくれる彼だったけど、最終的には「付き合おう」とは言ってくれなかった。
二人でデートした回数も何十回。何回も会ってるのに言ってくれなかった理由は、たぶんですが第三者から「あいつの事どう思ってるの?」と聞かれた事があって、私は何も言えなかったんです。
第三者から聞いてきた理由はわかりません。私がどう思ってるのか?わからなくて不安で聞いてきたのかも知れません。
彼からしてみれば脈がないなら、もう会わないでおこうと考えたのかしれません。
聞かれてから何度か会いましたが、もうすでに心にブロックをかけてる状態で、当時の私は「嫌われているんだろうな」って感じてしまって、最後に会った時に「これが最後になるんだろうな!って感じていて、帰りたくない。」って言うのが精一杯でした。
本気で一緒に生きていきたい。って感じたし離れたくないって強い気持ちもあったのに、自分の気持ちに蓋をしたまま離れてしまった。
最後に会った彼の行動からも本当は私と同じ気持ちだったんじゃないか?って考える事もあります。

2つ目は彼を最初に見た時に感じた感覚。見た瞬間に「この人昔に出会ってる気がする。すごく知ってた気がする」って直感を感じて、「彼女居るのかな?」と考えた瞬間に、「すごく大切に想っているのに、女性が離れて行く映像」が頭に浮かび、彼はすごく奥手?女性に対してすごく愛情表現が苦手なタイプの人なんじゃないか?って一瞬にして何かを感じてしまったんです。
その時はすぐに帰ったので気になるなぁ程度だったのですが、後日に紹介され何度もデートする関係に。
最初に感じた直感もあり、猛烈に惹かれて彼の考えて事が手に取るようにわかってしまう感覚。
すごく波長が合ってる。彼のデメリットを含めて全てを愛せてしまうような感覚。心が繋がってる感覚。
そんな風に感じた人は振りかえっても一人だけだったんですよね。

会わなくなってから彼を見かけた事があって、当時の私は彼の車と同じ車種を見つけると彼を無意識に探していて、居るんじゃないか?って目で追ってたんです。(彼の車かどうかもわからないのに)
たまたま自分の車が止まっている方を眺めていたら、彼が車で前を通りすぎて、私と同じように居るんじゃないか?って目で探してる姿を目にして、嫌ってる人の事をこんなに目で探すの?私と同じ行動してるし(笑)それが彼を見た最後でした。もう自分から動く事はしなかったし、彼もしなかった。

気持ちがフラッシュバックしてから、猛烈に心が悲しくなって「なぜ?心が悲しくなってくるんだろう?彼の周りで誰か亡くなってないよね」と感じてしまい、新聞のおくやみ欄を見たら彼のお父さん?住所と苗字が一緒に人が載っていました。
彼のお父さんかどうかわかりませんが、何かを感じ取ってしまっているのか?すら感じてしまいます。

この20年。心から離れないとなるとこの先も忘れられない存在のままなんでしょうね。

A 回答 (2件)

いかにも過去を美しいイメージで留めていて、過去にしがみついて生きているという印象。


いくら悔いても過去は過去。もう変わらん。過去は未来に生かすものではないの?
同じようなことは二度と無いかもしれないけど、過去にしがみついているなら「同じようなこと」が起こっても気付けないまま。

ぶっちゃけ、いい加減にしろ、と言いたい。
いくら甘酸っぱいデートを重ねてきたと言っても、最終的にお付き合いすらできなかったんだよ?つまり縁が無かったんでしょ。ただそれだけのこと。
    • good
    • 6

あなたは多分、自分の「行い」を責めてるのでしょう。


自分で自分を責めて、どうしてあの時に!と思い続けている。
それをずっとリフレインしている。
忘れてしまったら、もうあの時に戻れない、取り戻すことができない、と思うから。

つまり「未練」。
熟しきれなかったんですよ。
…だけどね。
必ずしも「木の葉」は、赤くなってから枯れ落ちるわけじゃない。
その前に青いままで落ちてしまうこともあれば、病葉(わくらば)になって落ちてしまう時もある。
物事は何もかも、すべてが「途中」で終わるものです。
人生を長く生きて、老衰で眠るように死んだとしても、当人は「もっと生きたい」と末期に言い残すかもしれない。
人生は必ず「未完成」です。
どんな物事もそうなのです。

恋愛だって同じこと。
途中で終わるからこそ、途中からの物語を続けたくて、また誰かを好きになる。
あなたも同じことをしてきた。
ただ、あなたはそれを「認めることができない」で、今まで来たってこと。

あなたの願いは、実はもう叶ってるんです。
彼との出会いがあって、最後があって…それでその物語は完結していた。
そして、続きを歩み始めていたんですよ。

彼の顔が思い浮かんだのは、彼との物語があなたの「ベース」のひとつになっていたからです。
それを確認することで「一歩」を踏んできたんです。
だから今まで来ることができたのじゃないですか?。

もう、良いでしょう?。
思い続けてもいいけど、それじゃあ時間がもったいない。
新たな可能性に触れることができない。
それはせっかく生まれてきたのだから、惜しいと思いませんか?。
    • good
    • 8

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング