人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

物置小屋は火災保険に入れるでしょうか。
その場合、どこの保険会社で取り扱っていますか。

A 回答 (2件)

建物として登記されていれば何処の保険会社でも入れます。


登記されていない、物置以外の建物の付属物であれば単独では何処でも入れない。
    • good
    • 0

ふつうの火災保険会社で。

倉庫なんかと同じ扱いでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火災保険の延べ面積

延べ面積に駐車場は含まれるのでしょうか?
我が家は、1階を店舗として貸しています。店舗前面に駐車場があります。駐車場の両端の壁は、2階部分を支えています。1階店舗は19坪、2階が住居で25坪ですが、登記の延べ面積は、1階26坪、2階25坪とあります。火災保険には、登記とおりか実際の部屋の面積で申告するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

実際の面積です。
登記の面積は実際に増築しても登記していないとそのままになっていたり
します。
ガレージが別にある場合には、建物の面積で加入してそれに門、塀、車庫、
物置を含むとして契約されますが、建物の一部としての車庫なら当然それも
含めた実際の面積で契約します。

なお、登記上の面積は1戸建の建物の場合には壁真基準で測量し、登記しますが、実際に火災で全焼したりすると、外壁基準で保険会社は実測し直し
ますので、実際の登記面積より大きくなります。

Q離れと母屋の隣接部のの火災保険適用範囲について

母屋と離れとで別々に火災保険に加入しています。

母屋と離れとは廊下でつながっているのですが、この部分について
万が一の時、どちらの適用を受ければいいのか?が不明です。

保険証書には、建物の面積とか構造は書いてますが、廊下についてまで
詳細に書いてあるわけではないようです。

何卒、ご回答いただけますようお願い致します。

ちなみに母屋を新築した時に、昔からあった離れの壁を破って
廊下をつなげた経緯はあります。

Aベストアンサー

火災保険では「一つの建物」という重要な規定があります。

これは火災保険を付ける時の基本的な単位の問題です。
A棟、B棟が別々であれば、保険の単位もA,Bそれぞれ
別々に構造級別、料率、保険金額を決めて加入する事になります。

本題の場合には例外的な規定があり、以下の方法があります。

(1)母屋、廊下、離れ 全体を連続した「一つの建物」と見なし
 全体の面積を表示して、保険金額も一本化する。

(2)廊下を母屋または離れのどちらかの一部と見なして別々に付保。
 例えば「母屋+廊下」と「離れ」に分けて面積、保険金額を
 決める(反対に「離れ+廊下」も可)

(3)母屋、離れ、廊下 それぞれを別建物として、それぞれの
保険金額で付保

ただし、母屋、廊下、離れが同一人の所有の場合の規定ですので
登記上の所有が別なら、各所有者単位で付保します。

もし同じ所有なら(1)にして廊下も含めた面積で付保すれば
良いでしょう。


人気Q&Aランキング