HDLCとPPPの関係がよくわからなくて困ってます。
HDLCが上位層のプロトコルを識別できないので識別できる
PPP等でカプセル化をすると解釈しているのですが
「じゃあHDLCって何のためにあるんだろ?
PPPだけじゃだめなのかな」という疑問がわきました。

どなたか分かる方いらっしゃいましたら分かりやすく説明
していただけたらと思います。
質問の内容の中で間違っているところがあったらすみませんが
指摘してください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは伊与と申します。


結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現できません。
HDLCは効率のよいデータ伝送を目指し開発されました。全二重通信、コードインディペンティブ、フレーム連続転送、高度な誤り制御等の特徴を持つので、様々なプロトコルがHDLCをベースとしています。TCPなどもHDLCをベースとした手順と言えます。
その他よく見かけるものは
LLC:イーサネットの論理リンク制御用手順
LAPB:X.25パケット交換網の平衡型伝送制御手順
LAPD:前出のISDNのDチャンネルの呼制御情報転送用手順
LAPM:モデム用転送制御手順
LAPF:フレームリレー網用の伝送制御手順

HDLCとPPPの関係はHDLCは伝送手順としての1つであり、PPPもまたシリアル回線を利用したときの伝送手順の1つです。
HDLCとよぶとき1つの手順としてではなくて、HDLCをベースにしている伝送手順全てが目指す機能を示していると認識したほうが理解しやすいと思います(全二重やコードインディペンティブ、フレーム連続転送)。HDLCは不完全なものなので、HDLCベースの様々なプロトコルが生まれています。

最後にHDLCとPPPが使われる身近なケースを見てみましょう。

インターネット接続におけるISDN回線ダイアルアップ接続のばあい。
各家庭に引き込まれる加入者回線から交換局間(ISDN網内)の通信制御にLAPDが採用されています。
Dチャンネル上でQ.931フレーム(転送モードや伝送能力など細かい呼制御データを設定する)を格納するLAPDフレームのやり取りで、ISDN回線網における接続、呼設定、データ転送、呼解放、回線の切断の動作を制御します。
LAPD設定ではISDN回線網上における回線の確保と相手との呼設定(データリンク)までしか関知しません。

ISDN回線上で接続されたネットワークのゲートウエイへ、ユーザのデータを転送するためPPPを用いることになります。

PPPはHDLCのUIフレームと同じ構造をもっています。PPPはIPを使いデータを転送します。
ISDN回線データリンク上で、PPPは確立されたデータリンク(Bチャンネル)でIPフレームを転送します。
ゲートウエイとの認証をはじめとしたデータ転送におけるネゴシエートをおこないネットワークとのリンク確立します。

閉じたLANのようなネットワークにはPPPは必要ありません。このような場合には、全二重通信、連続フレーム転送、誤り訂正などの伝送の効率化を主目的として、HDLCベースのプロトコルを用いることになります。

見当外れだったら失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい詳しく教えていただいてありがとうございます。

>閉じたLANのようなネットワークにはPPPは必要ありません。このような場合には、全二重通信、連続フレーム転送、誤り訂正などの伝送の効率化を主目的として、HDLCベースのプロトコルを用いることになります。

なんかHDLCの一部がみえてきました!
確かにこの場合PPP必要ないですよね。
あっさっきからHDCLってかいてました(笑)みなさんすみません。

でもやっぱりなんか漠然としてます。
フレームフォーマットの中身がよくわからないせいかもしれません。
でもみなさんに相談してよかったです。
前よりだいぶイメージが湧いてきました。

お礼日時:2001/07/11 00:29

ITU-Tによって規格化されたレイヤー2のプロトコルです。


通常はX.25のレイヤー2としてホスト-端末環境で使用
されますが、Ciscoルータでは専用線接続の際にデフォルト
で設定されるようです(私はこれが気持ち悪いので、PPPを
使いますが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シスコルータ同士ではHDCLで違うベンダーとではPPPって
かいてありましたけど実際どうなんでしょうね。
HDCLだけじゃ認証使えませんし。
シスコルータ同士でHDCLを使う利点はPartさんのおかげで
分かりましたが、その中身は僕自身まだ分かってないようです。
うーん。勉強するための方法をみつけないと。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 00:07

データリンク層であるPPPは認証機能や圧縮機能があり上位層のTCP/IPなどとリンク・併用が可能。

新プロトコルが出れば追加対応が可能なのも特徴の一つです。Point to Point Protocolの略で、ダイヤルアッププロトコルとしてよく用いられる。

じゃあHDLCは・・・・というと。同じデータリンク層にあり、エラー訂正、データ制御が最も強力と言われるプロトコル。データ転送効率に優れており、高い信頼性があるのが特徴です。High-level Data Link Control procedure(高レベルデータリンクコントロール手順)の略。
(今気づいたけど最初のe-word使って答えている人とほぼ同じですね)

HDCLはとくに信頼度を高めた通信手段で、簡単に言えばPPPより安全に効率よく通信するために用います。

PPPは対応力?が高いので上位層との関係維持などの面での活躍が強く、他のプロトコルとの連携、処理の併用などで威力が発揮されます。

目指している物が違うということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>HDCLはとくに信頼度を高めた通信手段で、簡単に言えばPPPより安全に効率よく通信するために用います。

そうなんですか!てっきりPPPと同じかと思ってました。
HDCLの利点が分からなかったんで助かりました。
なんか胸のつかえがとれたようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 23:54

> 「じゃあHDLCって何のためにあるんだろ? PPPだけじゃだめなのかな」



PPP を HDLC でするときに限っては、そういう疑問があっても不思議じゃありません。

例えば、門番が立っているゲートを通るときを想像してください。

「ここを通してください。私の身分は、かくかくしかじかですから OK ですよね」
って話しているのが PPP です。

でも、その門番が日本語を話せるとは限りません。場所によっては英語やスペイン語
だったりするんですね。これが HDLC の居るレベルです。

英語は、門番に通してくださいな、って言う以外にも使い道はいっぱいあります。
というよりは、そういう使い方もある、ってだけですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく分かりやすそうな説明していただいてありがとうございました。
・・・でも僕にはチンプンカンプンで。・・・すみません。
でもなんとなく物理層とHDLCの関係と
PPPの認証のことを言ってくださっているのが分かりました。
専門書とかもa-kumaさんのような説明の仕方だったらきっとわかりやすい
でしょうね(笑)またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/07/10 23:49

うーん上手く説明できないんですがRFCのなかに良い物がありましたので参考にしてみて下さい。



参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~hig/ppp/ppp_HDLC.htm …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本語のもあったんですね。
助かります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 23:41

HDLCの用語解説はこちらです。



参考URL:http://www.e-words.ne.jp/view.asp?ID=432
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この用語辞典ははじめて知りました。
今度使いたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 23:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDLCってなんでしょうか?

HDLCとPPPの関係がよくわからなくて困ってます。
HDLCが上位層のプロトコルを識別できないので識別できる
PPP等でカプセル化をすると解釈しているのですが
「じゃあHDLCって何のためにあるんだろ?
PPPだけじゃだめなのかな」という疑問がわきました。

どなたか分かる方いらっしゃいましたら分かりやすく説明
していただけたらと思います。
質問の内容の中で間違っているところがあったらすみませんが
指摘してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは伊与と申します。
結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現できません。
HDLCは効率のよいデータ伝送を目指し開発されました。全二重通信、コードインディペンティブ、フレーム連続転送、高度な誤り制御等の特徴を持つので、様々なプロトコルがHDLCをベースとしています。TCPなどもHDLCをベースとした手順と言えます。
その他よく見かけるものは
LLC:イーサネットの論理リンク制御用手順
LAPB:X.25パケット交換網の平衡型伝送制御手順
LAPD:前出のISDNのDチャンネルの呼制御情報転送用手順
LAPM:モデム用転送制御手順
LAPF:フレームリレー網用の伝送制御手順

HDLCとPPPの関係はHDLCは伝送手順としての1つであり、PPPもまたシリアル回線を利用したときの伝送手順の1つです。
HDLCとよぶとき1つの手順としてではなくて、HDLCをベースにしている伝送手順全てが目指す機能を示していると認識したほうが理解しやすいと思います(全二重やコードインディペンティブ、フレーム連続転送)。HDLCは不完全なものなので、HDLCベースの様々なプロトコルが生まれています。

最後にHDLCとPPPが使われる身近なケースを見てみましょう。

インターネット接続におけるISDN回線ダイアルアップ接続のばあい。
各家庭に引き込まれる加入者回線から交換局間(ISDN網内)の通信制御にLAPDが採用されています。
Dチャンネル上でQ.931フレーム(転送モードや伝送能力など細かい呼制御データを設定する)を格納するLAPDフレームのやり取りで、ISDN回線網における接続、呼設定、データ転送、呼解放、回線の切断の動作を制御します。
LAPD設定ではISDN回線網上における回線の確保と相手との呼設定(データリンク)までしか関知しません。

ISDN回線上で接続されたネットワークのゲートウエイへ、ユーザのデータを転送するためPPPを用いることになります。

PPPはHDLCのUIフレームと同じ構造をもっています。PPPはIPを使いデータを転送します。
ISDN回線データリンク上で、PPPは確立されたデータリンク(Bチャンネル)でIPフレームを転送します。
ゲートウエイとの認証をはじめとしたデータ転送におけるネゴシエートをおこないネットワークとのリンク確立します。

閉じたLANのようなネットワークにはPPPは必要ありません。このような場合には、全二重通信、連続フレーム転送、誤り訂正などの伝送の効率化を主目的として、HDLCベースのプロトコルを用いることになります。

見当外れだったら失礼しました。

こんにちは伊与と申します。
結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現でき...続きを読む

QPPPプロトコルのことで

最近ネットワークについて学び始めた者です。PPPプロトコルについて疑問に思うことがあります。企業の本社と支店の各LAN(イーサネット)を専用線で結んでいるWANを想定するとします。本社のPCから送られたパケットが専用線を通過している時、PPPのフレーム上にはイーサネットヘッダも付加されているのでしょうか。付加されているとしたら、宛先MACアドレスはARPによって取得しているのでしょうか? また付加されていないとしたら、データを送りたい支店のPCのMACアドレスはどうやって識別するのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

---(WAN回線)---[ルータ]---(イーサネット)---[クライアントPC]
としましょう。

まずPCからでたフレームは、OSI参照モデルでういと、
第4層:TCP/UDP(上位プロトコルによる)
第5層:IP
第6層:Ethernet2(LANによってはIEEE802.3etc)
という順番でカプセル化されています。
上位のプロトコルのヘッダの外に、下位のヘッダが追加されていくと考えてください。
(実際には途中で分割されたりしますし、後ろに追加するトレーラがあったりもします。)

IPヘッダには最終的な宛先のIPアドレスが指定されています。
そして、Ethernet2のヘッダには、次の転送先であるルータのMACアドレスがつけられます。
これはARPによって取得されたものです。
(通常は毎回ARPではなく、キャッシュを参照するだけでしょうが)

次にルータに到着すると、Ethernet2のヘッダは削除されます。
ルータは第5層以下で働きますので、まず宛先のIPを見て、ルーティングテーブルから次の転送先を探します。
そして、IPヘッダのうち、TTLのみを修正してから、こんどはそのパケットをPPPでカプセル化します。
つまりEthernet2は残っていません。
ちなみに、PPPはポイントツーポイントなので、宛先をFFとするようです。(MACアドレスを使わない)

さらに、宛先側で再びイーサネットがあると、
そこでPPPが削除されて、Ethernet2のヘッダがつけられることになります。
第6層は、次のノードまでしか使われないと考えてください。

---(WAN回線)---[ルータ]---(イーサネット)---[クライアントPC]
としましょう。

まずPCからでたフレームは、OSI参照モデルでういと、
第4層:TCP/UDP(上位プロトコルによる)
第5層:IP
第6層:Ethernet2(LANによってはIEEE802.3etc)
という順番でカプセル化されています。
上位のプロトコルのヘッダの外に、下位のヘッダが追加されていくと考えてください。
(実際には途中で分割されたりしますし、後ろに追加するトレーラがあったりもします。)

IPヘッダには最終的な宛先のIPアドレスが指...続きを読む

Q伝送手順(ベーシック手順、HDLC手順)について

基本情報技術者の試験では伝送手順として、ベーシック手順やHDLC手順について勉強しますが、それが具体的にどんなところで使われているのかの説明が参考書などには書いてありません。

現在一般的なTCP/IPのネットワークにおいて、どんな風に活用されているのかを紹介した書籍やWebページを紹介いただけたらということですが…。

Aベストアンサー

TCP/IP ということで言えば、PPP のフレームは、HDLC のフレームで送信することが多いですね。

ただし、HDLC の Address フィールドは「0xFF (All Station Address)」、Control フィールドは「0x03 (Unnumbered Information)」の固定値になります。

Address フィールドが All Station になっているのは、もともと HDLC が主従のある半二重通信のプロトコルなのに対して、PPP は全二重通信のプロトコルであるため、All Station 以外の特定のアドレスを設定できないという背景があります。

また、Control フィールドが Unnumberd Information になっているのは、HDLC の余計な機能 (シーケンス番号や、モード等) を使用する必要がないためです。

詳細は RFC1662「PPP in HDLC-like Framing」(参考URL) をご参照ください。

# ちなみに、TCP/IP と言った場合、OSI でいうところのネットワーク層以上の
# ことだけではないですよね。
# IP の下位層 (データリンク層+物理層) である Ethernet や FDDI も
# 含めて「TCP/IP プロトコルスイート」と呼びますよね。
# そういう意味では、PPP も TCP/IP のプロトコルの一つです。

参考URL:http://rfc.net/rfc1662.html

TCP/IP ということで言えば、PPP のフレームは、HDLC のフレームで送信することが多いですね。

ただし、HDLC の Address フィールドは「0xFF (All Station Address)」、Control フィールドは「0x03 (Unnumbered Information)」の固定値になります。

Address フィールドが All Station になっているのは、もともと HDLC が主従のある半二重通信のプロトコルなのに対して、PPP は全二重通信のプロトコルであるため、All Station 以外の特定のアドレスを設定できないという背景があります。

また、Control ...続きを読む

Qpppアダプターとネットワークpciアダプター

変な出だしですみません。
ケーブルテレビのインターネットで、中古pcがネットに繋がらなく、困っています。
質問は、winipcfg を開いた時、PPPアダプターが開き、アダプタアドレスだけで、その他のIPアドレスやサブネットなどは、0000のままで、▼印でインストールされているネットワークカード のIntel・・・pciアダプターを選ぶと
すでに入力した固定アドレスが、表示されます。この設定を有効にするにはどう処理すれば良いでしょうか。
ネットに繋ごうとしても、ページが表示されません。の繰り返しです。どうか助けてください。
まだパソコンの知識不足か、質問も上手にできなくてごめんなさい。よろしくお願いします

Aベストアンサー

CATVのだいたいのところは参考URLにある設定方法で設定できると思うんですがそうやってみても同じなんでしょうか?

参考URL:http://www.ncn-catv.ne.jp/net/setup.htm

Qframe 表示

frame表示で、name定義で

name="frame2"で定義しておくと

リンク先がそのframeに表示されますが

例:左(frame1)右(frame2)

でframe1でtarget="frame2"でリンクですが

frame1,2とまたっがて表示はできますか?

全表示でなく3つframe以上で表示する場合は

ふたつのframeを使って(またっがて)表示する ということ はできますか?

Aベストアンサー

ん~~・・・・。フレームが3つあって、ある場合は3つ全て別々、ある時はそのうち2つを2段ぶち抜きで表示したいという事だろうか?

結構複雑になるが、フレーム分割を2段階に分けて行うしかないな。つまり、

mainframe.html(左右にframe1とframe2で分割、片方はsubframe.htmlを表示)
subframe.html(左右にframe21とframe22で分割)

として、ある時はframe1、frame21、frame22を使って三分割し、ある時はframe1とframe2で二分割するという手法になる。

ただ、こんな事をやったら客離れを起こさんかなぁ? 少なくとも私はこんなサイトには行きたくない。

ちなみに、横に分割した後で縦に分割して、以下のようなぶち抜きで表示する事は不可能だ。

■■ ■■■■■■
■■ ■■■■■■
■■ □□□□□□
■■ □□□□□□
■■ □□□□□□
■■ □□□□□□

QHDLCの誤り検出、再送処理

ネットワークの学習中に少し気になる点がありました。

HDLCは誤り検出、再送処理の機能を有しています。
そこで質問なのですが、なぜデータリンク層でそのような機能を有するのでしょうか。
誤り検出・再送処理は、一般にTCPなどのトランスポート層のプロトコルに依存するのではないのでしょうか。
トランスポート層は確かにエンドツーエンドの通信における保障ですが、各ポイントツーポイントで誤り、再送検出を行えばエンドツーエンドも可能かと思われますし、どちらか片方で良いような気がします。

分かりにくい質問かと思われますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者の表現で言えば
レイヤが上位になるほど、一回に処理されるデータ量が多くなるからです

下位レイヤーでエラー検出再送を行った方が再送データは少なくて済みます

最上位層で全部まとめてチェック と言う考え方もありますが 、オールオアナッシングになります
エラー発生の確率が非常に低い場合は、その方が効率的な場合もありますが、エラー発生確率がある値を超えると全データがエラーになってしまいます

データ伝送の基本的な考え方として、ある程度のエラー発生は許容せざるを得ないとしています

なお、通信プロトコルの9割以上はエラーへの対応と思っても見当違いではありません

データ伝送の歴史は、エラー対応の歴史でもあります

Qformatメソッドについて

こんばんは。皆様、今回も宜しくお願い致します<(_ _)>

例えば1という値を渡したら、「001」というように表示させてたくて、下記のようなソースを作成してみました。

import java.text.*;

class Main{
public static void main(String args[]){
DecimalFormat fmt = new DecimalFormt();
fmt.setMaximumIntegerDigits(3);
fmt.setMinimumIntegerDigits(3);
String str = fmt.format(1);
System.out.println(str);
}
}

これを実行すると「001」というように、私の希望通りに表示されます。
でも
String str = fmt.format(1);
の部分を
String str = fmt.format("1");
と変更すると下記のエラーが出力されます。
Exception in thread "main" java.lang.IllegalArgumentException: Cannot format giv
en Object as a Number
at java.text.NumberFormat.format(NumberFormat.java:219)
at java.text.Format.format(Format.java:133)
at Main.main(Main.java:8)

そこでJavaのリファレンスを見て、疑問を持ちました。
リファレンスにはFormatクラスのformatメソッドの引数はオブジェクトになってます。
ということはむしろエラーになったほうが正しくて(String=オブジェクトだから)、普通に実行できたほうがおかしいんじゃないか?(数値=基本型だから)と思ったのです。

どうしてエラーがでるのか、どうしてオブジェクトを渡していないのに普通に実行できるのか、わかる方がいらっしゃったら教えて下さい。
宜しくお願い致します<(_ _)>

こんばんは。皆様、今回も宜しくお願い致します<(_ _)>

例えば1という値を渡したら、「001」というように表示させてたくて、下記のようなソースを作成してみました。

import java.text.*;

class Main{
public static void main(String args[]){
DecimalFormat fmt = new DecimalFormt();
fmt.setMaximumIntegerDigits(3);
fmt.setMinimumIntegerDigits(3);
String str = fmt.format(1);
System.out.println(str);
}
}

これを実行すると「001」というように、私の希望通りに表示されま...続きを読む

Aベストアンサー

 引数がObject型だからといって、あらゆるクラスをフォーマットしなければならないという決まりはありません。したがって、Stringを受け取らなければならない、というわけでもありません。

 引数にどんなクラスを受け取れるのかは、Formatの実装クラスに任されています。実装クラスと書いたのは、Formatは抽象クラスだからです。

 ためしに「new Long(1)」を渡すとどうなるでしょうか。

 さて次に、format(1)のほうです。確かに、Formatクラスには基本型を受け取るformat()メソッドはありません。

 しかし、fmtはFormatではなくてDecimalFormatです。

 DecimalFormatはFormatの派生クラスであるNumberFormat型、さらにその派生クラスです。

 NumberFormat型では、format(long)が定義されています。DecimalFormat型では、これを引き継いでいます。

 したがって、format(1)と書くとformat(long)が適用されるのです。

 引数がObject型だからといって、あらゆるクラスをフォーマットしなければならないという決まりはありません。したがって、Stringを受け取らなければならない、というわけでもありません。

 引数にどんなクラスを受け取れるのかは、Formatの実装クラスに任されています。実装クラスと書いたのは、Formatは抽象クラスだからです。

 ためしに「new Long(1)」を渡すとどうなるでしょうか。

 さて次に、format(1)のほうです。確かに、Formatクラスには基本型を受け取るformat()メソッドはありません。

...続きを読む

QモデムとPPPとの関係は?

PPPのプロトコルは、デジタルからアナログへの変換の後に適用されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>>PPPのプロトコルは、デジタルからアナログへの変換の後に適用されるのでしょうか?

違います。そういう疑問を持つのは良いことですので、いろいろ勉強しましょう。

QMS-DOS Ver6.2で(DOS/V)のHDDのFORMATについて教えてください

1.44Mb MS-DOS Ver6.2でCドライブのHDDをFORMATしようと思います。(WINDOWSのFAT16のFORMATではありません)
所が手持ちのHDDは4GBと20GBしかありません。
でもMS-DOS FORMATは2.1GBまでしかFORMATできませんから、どうしたら良いか解りません。
どなた様かFORMATの仕方を御伝授ください。

Aベストアンサー

とりあえずfdiskでパーティションを作る。2GBを2つつくる
次にformat C:/H /Sでフォーマット

依然dosの周辺機器を使うのにwin95を入れる必要はわかりませんが。。。

QPPPとPPPoEの違いについて

ダイアルアップ接続の際はPPPプロトコルを使用し、ADSLやFTTHでの接続の際はPPPoEを使用することが多いです。

質問:
なぜイーサネット上では直接PPPプロトコルを使用できないのでしょうか?PPPとPPPoEのしくみの違いがいまいち理解できていないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネットワークにはOSI参照モデルと呼ばれるものがあり、通信を7層(レイヤー)に分けて考えます。

自分から相手にデータを送る場合は以下の順番でデータが処理されます。
【自分】レイヤー7,6,5・・・1→(相手へ)
【相手】レイヤー1,2,3・・・7→通信完了

ここでEthernetとPPPについてですが、実はどちらもレイヤー2の技術です。
通信は各レイヤーで1つの技術しか使えません。ですからEthernetとPPPは同時に使えないのです。

Ethernetは便利なのですが通信の際に認証ができません。そこで認証ができるPPPを使いたいところですが、前述したようにこの2つは同時に使えません。

そこでEthernet上で認証ができるようにする新しい技術を開発しました。
それがPPPoEです。

ではADSLやFTTHではなぜPPPではなくPPPoEを使うのかといえば、ADSLやFTTHはEthernetを使った回線だからです。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/07/5798907.html,http://shizuoka.cool.ne.jp/mots/notes/osi.html

ネットワークにはOSI参照モデルと呼ばれるものがあり、通信を7層(レイヤー)に分けて考えます。

自分から相手にデータを送る場合は以下の順番でデータが処理されます。
【自分】レイヤー7,6,5・・・1→(相手へ)
【相手】レイヤー1,2,3・・・7→通信完了

ここでEthernetとPPPについてですが、実はどちらもレイヤー2の技術です。
通信は各レイヤーで1つの技術しか使えません。ですからEthernetとPPPは同時に使えないのです。

Ethernetは便利なのです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報