ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

印刷会社に入社した新人です。

校了紙つくりについて疑問があります。
校了と責了の違いについてです。

今日、校了した品目があるのですが、校了紙が正しかったのか心配になってきてしましました。先輩にもなかなか聞きづらいので、ご存知のかた教えてください。

経緯を説明しますと、まず色校を出して得意先に持っていきました。色は大丈夫でしたが、その後、文字について修正が入ってしまいました。

今日、デザイナーに文字等を修正してもらい、最新データの入ったMOとそれを出力した出力見本(カンプ)をもらってきました。また色校等を出している時間がなかったため、カンプで校了紙作りをしました。そのとき、「事実関係校了」、「色味は印刷時、色調見本参照」とカンプに書いて、前回の色校は色調見本として添付しました。そして最新データと製版フィルム出力依頼シートをつけて校了しました。このような場合、今回のような指示方法でいいのでしょうか?それとも、これは「責了」となるのですか?
「責了」は校了時に赤字が入っており、それを印刷会社の責任で直すことと聞いています。今回は、校了時には赤字が入ってないので(データは修正が必要ない、完全カタチになっているので)、責了ではないと思うのですが、この考え方は正しいのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

印刷の営業をしているものです。


結論から言ってそれは「責了」でななく「校了」だと思います。「校了」は校正が完了しクライアントが印刷のゴーサインを出すことで、「責了」はおっしゃる通りまだ赤が入っているが時間的等の問題で印刷会社側の責任において修正することです。
質問の場合は色については了承を得てその後に文字の了承を得てますので、最終の校正紙が色校正を含んだものでなくても校了と呼べると思います。
    • good
    • 1

私も印刷のことは知りませんがここに載っていますので、調べてください。


http://www.if-j.co.jp/web/products.html

参考URL:http://www.if-j.co.jp/web/products.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q責了や校了の連絡について

年に数回しかないのですが、当方がクライアントで商品のパッケージデザインを作成しています。
デザインの校正が進み、このデザインで印刷にかかろうというとき、昔は直接そのデザインを目の前にして商談し、責了や校了をお互いに口頭で確認し、ハンコを押したりしていましたが、今はたいていがメールです。

気になってしかたがないのが責了や校了の意思表示をメール上の文章でどう記述するかということです。
「校了です」と書くだけではなにか偉そうな感じがしてなりません。
かといって、「校了とさせていただきます」とか「本デザインで校了にしましょう」と記述するのが正しいのかわかりません。

ビジネス上失礼がない表現のしかたはどう記述すべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

シンプルに「校了です」もしくは「校了でございます」で
良いんじゃないですかねぇ。

「~させていただく」はくどいし、「校了にしましょう」は
どっちがクライアントか分からない感じの表現だし。

そもそも膝を突き合わせての商談をやめて、
メールでのやり取りに進化(時短)させていったんですから、
メールの文章なんて簡素で良いと思いますよ。

Q校正刷りと念校の違いって何でしょうか?責了と校了の違いは?

校正刷りと念校の違いって何でしょうか?責了と校了の違いは?
JMPAとは?校正について分からない用語だらけで…。
ネットを見ても似た表現でいまいち分からず頭が
ごっちゃになります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

順序として覚えると分かりやすいかもしれません。

1、校正・・・原稿どおりに作業が上がっているか?あるいは希望どおりの色になっているか?などの確認の手続き。

その「校正」に対して以下のような種類の返答(指示)が返ってきます。

2、再校・・・訂正や変更などが多数ありますから再度校正を出してください。
3、校了・・・訂正等はいっさいありませんから、このままで現場に廻してください。
4、責了・・・いくつかの訂正や変更がありますが、責任を持って作業をしてもらえるなら再校正の必要はありません。

この「責了」に対して作業者側が自主的に再校正を出すのが「念校」です。
発注者側が念校の提出を求めるのなら、それは「再校」です。
することに違いはありませんが、費用負担などが変わってきます。

中にはあきらかに再校正の必要があるような校正戻しにもかかわらず「責了」として戻して
「念校」を期待している(つまり、再校正費用を出さずに済む)ずるい発注者もいます(笑)。

「責了」については、訂正の多少による場合もありますが、それ以外にも
納期などの関係で再校正をしている時間が取れない場合にもこうします。
そうした場合に、現場の判断で済まされない校正指示があった場合などに
納期に影響を出さない範囲で「念校」を出すこともあります。

順序として覚えると分かりやすいかもしれません。

1、校正・・・原稿どおりに作業が上がっているか?あるいは希望どおりの色になっているか?などの確認の手続き。

その「校正」に対して以下のような種類の返答(指示)が返ってきます。

2、再校・・・訂正や変更などが多数ありますから再度校正を出してください。
3、校了・・・訂正等はいっさいありませんから、このままで現場に廻してください。
4、責了・・・いくつかの訂正や変更がありますが、責任を持って作業をしてもらえるなら再校正の必要はあり...続きを読む

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q入校と入稿どっち?

突然ではありますが、皆様。
入稿と入校を使い分けていますか?
印刷物のデータ等を印刷所に入れる際、、
果たしてどちらが正しい日本語なのでしょうか?
それともどっちもあり?

皆様のお知恵を拝借したく思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 入稿と入校、ずいぶん盛り上がっているようですが、「入稿」は業界用語として存在しますが、「入校」は業界用語としては存在しません。したがって「入校」とは、校正だの校了だのと言っているうちに稿と校を混同してしまった誤用そのものだと思います。

 にもかかわらず、一部には「入稿」と「入校」を使い分けているとのことですが、それはそちらのご都合、べつに何も言いません。ただ、ずいぶん紛らわしい表現ですから、手配の間違いなどが生じなければいいがとつい考えてしまいます。

 まして「入校」が「校正を出すために製版会社あるいは印刷会社へ入れる」という表現ともなるとますます不安にもなります。
 「製版会社あるいは印刷会社へ入れる」という以上、「校正を出すために」とは「校正が終わった原稿を出すために」という意味なんでしょうが、それなら「校了原稿を製版会社あるいは印刷会社へ入れる」と同じことで、結局これがまさに「入稿」だろうと思うのですが。

 それよりもむしろ、どうしても「入校」という言葉を使いたいなら、他の業界用語と同列に考えて、「入校」とは「校正に回す」方に使うべきではないでしょうか。つまり、「入校」とは「製版会社あるいは印刷会社へ入れる」のではなくて、むしろ「これから(執筆者などに差し戻して)校正にかける」という意味の方が正しくはありませんか。

 といったことで、定義も曖昧なまま、本来はなかった「入校」という文字を一人歩きさせるのはどうかと思いますね。文字をメシのタネにしている我々なんですから、文字や熟語はもっと的確に、そしてシンプルに使いませんか。

 

 入稿と入校、ずいぶん盛り上がっているようですが、「入稿」は業界用語として存在しますが、「入校」は業界用語としては存在しません。したがって「入校」とは、校正だの校了だのと言っているうちに稿と校を混同してしまった誤用そのものだと思います。

 にもかかわらず、一部には「入稿」と「入校」を使い分けているとのことですが、それはそちらのご都合、べつに何も言いません。ただ、ずいぶん紛らわしい表現ですから、手配の間違いなどが生じなければいいがとつい考えてしまいます。

 まして「入校...続きを読む

Q矢印キーのロック解除方法

矢印キーがロックされてしまい、エクセルで矢印キーでのセルの移動ができません。解除方法を教えてください。

Aベストアンサー

キーボードのスクロールロックキーを押してください。
ノートPCだとFnキーを押しながらNumLkキーを押すなどなっている場合があります。

Q印刷前に校了した後の修正

印刷の事でご質問します。
当方(A)がクライアント側で、印刷会社に対し校了でお願いしたにもかかわらず
勝手にレイアウトを修正されて印刷をかけられました。
理由は「校了の前にAがこっちのレイアウトの方が良いのにと言っていたから」と言われました。
また「校了でお願いします」と依頼した後、「では内校して印刷します」と言ったのが気になったのですが「内校」は校了の前に、しかもクライアントが行うものではないのでしょうか?

校了した後修正するのは頻繁にありえることなのか、質問致します。

Aベストアンサー

出版社勤務を経て現在は編集プロダクションを起ち上げている者です。
結論から言えばクライアン側(発注者)が校了したものを印刷会社が勝手に変更することなど有り得ません。
制作段階でレイアウト候補が複数あるのは普通のことで、貴方が最初はA案が良かったと思っていても最終的にB案で決定し、B案で校了したならば当然、印刷会社はB案を印刷します。
おそらく、その印刷会社にデザインを含めて発注されており、印刷会社は気を利かせたつもりなのかもしれませんが、私なら刷り直しと顛末所の提出は当然、今後の付き合いをどうするか、といったところです。
内校は使う人によって意味合いが曖昧だと思います。しかしながら、レイアウトを“勝手に”修正することを内校とは言いません。せいぜい、貴方が校了時に入れた赤字が印刷時にきちんと反映されているかを確認するぐらいの意味だと思います。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「急かしてすまない」を敬語にすると?

タイトルの通りなのですが、
「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
=(常体)「用事を言い付けてすまない」

「お呼び立てして申し訳ありません」
=(常体)「呼びつけてすまない」

4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。

従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。

5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
...続きを読む

Q1ピクセルって何ミリですか?

1ピクセルって何ミリなのでしょう?
至急、お答えお待ちしております。
かなり急いでます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1ピクセルが何ミリかという質問の答えになるかどうか分かりませんが、
WEB制作上に限って言えば、横100ピクセルの画像を作りたい場合、
Photoshop等では単位をピクセルで作れますが、Illustrator等の場合は、
100pointで作ります。
1pointは、0.35277ミリです。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)


人気Q&Aランキング