AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

年に数回しかないのですが、当方がクライアントで商品のパッケージデザインを作成しています。
デザインの校正が進み、このデザインで印刷にかかろうというとき、昔は直接そのデザインを目の前にして商談し、責了や校了をお互いに口頭で確認し、ハンコを押したりしていましたが、今はたいていがメールです。

気になってしかたがないのが責了や校了の意思表示をメール上の文章でどう記述するかということです。
「校了です」と書くだけではなにか偉そうな感じがしてなりません。
かといって、「校了とさせていただきます」とか「本デザインで校了にしましょう」と記述するのが正しいのかわかりません。

ビジネス上失礼がない表現のしかたはどう記述すべきなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

シンプルに「校了です」もしくは「校了でございます」で


良いんじゃないですかねぇ。

「~させていただく」はくどいし、「校了にしましょう」は
どっちがクライアントか分からない感じの表現だし。

そもそも膝を突き合わせての商談をやめて、
メールでのやり取りに進化(時短)させていったんですから、
メールの文章なんて簡素で良いと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうでしたか。少し考えすぎていたのかも知れませんね。

お礼日時:2013/08/21 22:24

>デザインの校正が進み、このデザインで印刷にかかろうというとき、昔は直接そのデザインを目の前にして商談し、責了や校了をお互いに口頭で確認し、ハンコを押したりしていましたが、



年にそう何度もない話なら、上記のほうがいいのではないでしょうか。
重要な物件なら、校正の確認も印刷屋立ち会いのもとで行ったほうがいいですし。

私の場合は毎日が校了日のため、いちいち印刷屋を呼ぶことはできません。
従い、連絡は全てメールですが、本来であれば印刷屋が足しげく得意先に通うのがベストではあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>年にそう何度もない話なら、上記のほうがいいのではないでしょうか。
そうしたいのは山々なのですが、残念ながらコンビニエンスストアのプライベートブランドのお仕事で、包材業者さんは私の会社から遠く離れた指定業者となる上、直接業者さんと連絡を取ることも禁じられてしまっているのです。

お礼日時:2013/08/21 22:23

気になるなら。



                     校正確認書        2013年○月○日

相手方の氏名

下記の通り校正いたしましたので、ご確認をお願いいたします。


デザイン色・ロゴを明記して。


上記の要領で印刷いたしますので確認サインお願いいたします、あわせて返信もお願いいたします。


私の場合はこの様にして、受注と発注をメールで行っております。

◎特注製品の場合によく使用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私どもはクライアントの方です。すみません。

お礼日時:2013/08/21 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「校正」の意味が良くわかりません

皆様こんにちは

校正の意味というか、この言葉の使い方がわかりません。
校正を辞書でひくと「誤りや不備を調べ正すこと。」とありますが、実際広告などの現場での使い方です。

1、校正原稿ってどんな原稿ですか?
2、えらい人が製作物をチェックする事が校正ですか?それとも製作者がそれに伴う修正をする事が校正ですか?
3、「よーし今から校正しちゃうぞー」って使い方するのでしょうか?

ワケわかりません・・・どなたか教えてください。

Aベストアンサー

校正原稿は、校正をして、「赤入れ」をした、当該原稿のことをさします。普通は、一旦試し刷りをした印刷物に誤りや変更したい部分があったら赤ペンで「赤入れ」をしますね。その赤入れ済みの原稿をさします。

校正は、「えらい人」がするものとは限りません。広告などの現場だったら、社内で、原稿作成者とは別の人が校正することがあります。作成者とは別の人が確認することで、正確を期するわけです。
また、顧客にこれで良いか確認する必要があるので、一旦顧客に刷り上ったものを校正してもらって、正式な原稿とすることがあります。

3番目は、…どういう状況かわかりませんが、「校正する」という言葉がある以上、「今から校正しちゃうぞ~♪」 という言い方もあるのではないでしょうか(笑)。

なお最近は、PDFなどを利用した電子校正というのがあります。

1)電子メールなどでデジタルデータの原稿を校正者に送る。
2)パソコン上で校正者は、直した部分がわかるようにデータを変更する。
3)これを返信する。

という手順で行います。特に地理的に離れている場合、紙の原稿をやりとりすると時間も費用もかかりますが、これなら早くて便利ですね。

校正原稿は、校正をして、「赤入れ」をした、当該原稿のことをさします。普通は、一旦試し刷りをした印刷物に誤りや変更したい部分があったら赤ペンで「赤入れ」をしますね。その赤入れ済みの原稿をさします。

校正は、「えらい人」がするものとは限りません。広告などの現場だったら、社内で、原稿作成者とは別の人が校正することがあります。作成者とは別の人が確認することで、正確を期するわけです。
また、顧客にこれで良いか確認する必要があるので、一旦顧客に刷り上ったものを校正してもらって、正式...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q「急かしてすまない」を敬語にすると?

タイトルの通りなのですが、
「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
=(常体)「用事を言い付けてすまない」

「お呼び立てして申し訳ありません」
=(常体)「呼びつけてすまない」

4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。

従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。

5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング