人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

初めて依頼原稿を執筆しました。

感動するほど、鉛筆で沢山の記入がされているゲラが返ってきました。
どのように返答すれば良いのか教えてください。

訂正箇所に同意する場合は、「OK」などと一つ一つ書いていけばよいのでしょうか。
また、こちらの意図と違う場合は、その内容を同じく記入すれば良いのでしょうか。
修正には赤ボールペンを使用すれば宜しいのでしょうか。

自力でネット検索などをしましたが、具体的な方法がなかったため、
ご経験のある方やご存知の方がおられましたら、ご指導ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あくまで私の場合ですが。


原稿はほとんどMS-Wordで作成しますので、訂正箇所を修正して最終原稿の形にして再提出します。
訂正内容に同意できないところは原稿の修正はせず、理由等を別紙に記載します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事が遅くなり、申し訳ございませんでした。
わかりやすい回答ありがとうございます。
回答者様の方法で正解でした。

「ベストアンサー」なのですが、こちらの手違いで締切を先にしてしまいました。お詫び申し上げます。
ありがとうございました!

お礼日時:2013/10/18 13:13

「依頼原稿」というのがどのような経緯なのかよく分かりません。


例えば広告原稿で、依頼者が広告主なのか、
あるいは広告目的ではないエッセイなどの依頼なのか、
そのあたりがはっきりしないと回答のしようがありません。

これが「クリエイティブ」カテゴリーということから広告原稿だと仮定すれば
訂正箇所をすべて呑み込んだ新規原稿を作ればいいのではないでしょうか。
商業原稿なら作者の意図よりもクライアントの希望のほうが優先されます。
先方が「黒」と言えば白いものでも黒く思わせる文章を作らなければいけません。
ライターは「クライアントの意向」を文章にするだけのワープロマシンですから。

どのみち、多くの校正(修正ですか)がされた文章は
そこだけを書き換えてもまともな文章にはなりません。
要素を全て入れて書き直したほうがいいと思います。

---

あるいは、純粋な依頼原稿だとすれば、それに誤字脱字以外の校正が入るのはおかしいです。
作者の意図に反した修正であれば「受け入れられない」と返答したほうがいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
内容が伝わりにくかったようで申し訳ございません。
初めてこちらのOKWaveを利用するので、良くわかっておらず、
カテゴリーも適切でなかったのでしたら申し訳ございません。

専門書の特集号にのせる記事を依頼されました。
10人ほどのスペシャリストが自分の研究内容についてを論じる記事のことでした。

お聞きしたかったのは、返答内容というより返答方法?
校正の書き込みに対して赤ペン添削のように返答を書き込んでよいのか?という部分だったのですが、編集部にも確認を入れてみようと思います。

お礼日時:2013/09/20 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「校正」の意味が良くわかりません

皆様こんにちは

校正の意味というか、この言葉の使い方がわかりません。
校正を辞書でひくと「誤りや不備を調べ正すこと。」とありますが、実際広告などの現場での使い方です。

1、校正原稿ってどんな原稿ですか?
2、えらい人が製作物をチェックする事が校正ですか?それとも製作者がそれに伴う修正をする事が校正ですか?
3、「よーし今から校正しちゃうぞー」って使い方するのでしょうか?

ワケわかりません・・・どなたか教えてください。

Aベストアンサー

校正原稿は、校正をして、「赤入れ」をした、当該原稿のことをさします。普通は、一旦試し刷りをした印刷物に誤りや変更したい部分があったら赤ペンで「赤入れ」をしますね。その赤入れ済みの原稿をさします。

校正は、「えらい人」がするものとは限りません。広告などの現場だったら、社内で、原稿作成者とは別の人が校正することがあります。作成者とは別の人が確認することで、正確を期するわけです。
また、顧客にこれで良いか確認する必要があるので、一旦顧客に刷り上ったものを校正してもらって、正式な原稿とすることがあります。

3番目は、…どういう状況かわかりませんが、「校正する」という言葉がある以上、「今から校正しちゃうぞ~♪」 という言い方もあるのではないでしょうか(笑)。

なお最近は、PDFなどを利用した電子校正というのがあります。

1)電子メールなどでデジタルデータの原稿を校正者に送る。
2)パソコン上で校正者は、直した部分がわかるようにデータを変更する。
3)これを返信する。

という手順で行います。特に地理的に離れている場合、紙の原稿をやりとりすると時間も費用もかかりますが、これなら早くて便利ですね。

校正原稿は、校正をして、「赤入れ」をした、当該原稿のことをさします。普通は、一旦試し刷りをした印刷物に誤りや変更したい部分があったら赤ペンで「赤入れ」をしますね。その赤入れ済みの原稿をさします。

校正は、「えらい人」がするものとは限りません。広告などの現場だったら、社内で、原稿作成者とは別の人が校正することがあります。作成者とは別の人が確認することで、正確を期するわけです。
また、顧客にこれで良いか確認する必要があるので、一旦顧客に刷り上ったものを校正してもらって、正式...続きを読む

Q責了や校了の連絡について

年に数回しかないのですが、当方がクライアントで商品のパッケージデザインを作成しています。
デザインの校正が進み、このデザインで印刷にかかろうというとき、昔は直接そのデザインを目の前にして商談し、責了や校了をお互いに口頭で確認し、ハンコを押したりしていましたが、今はたいていがメールです。

気になってしかたがないのが責了や校了の意思表示をメール上の文章でどう記述するかということです。
「校了です」と書くだけではなにか偉そうな感じがしてなりません。
かといって、「校了とさせていただきます」とか「本デザインで校了にしましょう」と記述するのが正しいのかわかりません。

ビジネス上失礼がない表現のしかたはどう記述すべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

シンプルに「校了です」もしくは「校了でございます」で
良いんじゃないですかねぇ。

「~させていただく」はくどいし、「校了にしましょう」は
どっちがクライアントか分からない感じの表現だし。

そもそも膝を突き合わせての商談をやめて、
メールでのやり取りに進化(時短)させていったんですから、
メールの文章なんて簡素で良いと思いますよ。

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?

Qビジネスメールでの御礼の書き方

相手先へお願いしていた書類を
受け取ったのですが、
受け取った事(御礼)とこれからもお願いしますという
感じのメールを書こうと思うのですが、
少々分からない事があるので、教えてください。

・受け取りましたという報告の文章
 「受け取りましたありがとうございます。」で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

#1の追加です。

失礼しました、手紙ではなくメールでしたね。

こんな感じでしょうか。


いつもお世話様です。
先日依頼いたしました***の書類は、本日確かに受領いたしました。
早速に配慮いただきまして、誠にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q制作に協力いただいた方に完成物を送るときの送付状の文面

送付状の文面で悩んでいます。

会社である冊子を作ったのですが、制作にあたり顧客に協力(記事掲載)を頂きました。
その冊子が完成したので、顧客に完成品を送付するためにつける送付状です。

↓こんな感じで考えているのですが、***のところがうまくまとまとまらず、困っています。
いっそ構成をごっそり変えてしまえば・・・とも思いますが、やはりまとめられずにいます。助言をお願いします。
また、言い回しや言葉遣いでおかしいところがあれば、そちらも
ご指摘願います。

----------------------------
拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てをいただき、厚くお礼申し上げます。

***「冊子名」がこの度、ようやく完成し無事発行にいたりました。
制作にあたり、多大なるご協力を賜り誠にありがとうございます。
深く御礼申し上げます。

***早速送付申し上げますので、なにとぞご高覧賜りますよう
お願い申し上げます。

敬具
----------------------------

よろしくお願いします。

送付状の文面で悩んでいます。

会社である冊子を作ったのですが、制作にあたり顧客に協力(記事掲載)を頂きました。
その冊子が完成したので、顧客に完成品を送付するためにつける送付状です。

↓こんな感じで考えているのですが、***のところがうまくまとまとまらず、困っています。
いっそ構成をごっそり変えてしまえば・・・とも思いますが、やはりまとめられずにいます。助言をお願いします。
また、言い回しや言葉遣いでおかしいところがあれば、そちらも
ご指摘願います。

--------------------...続きを読む

Aベストアンサー

謹啓  貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社小冊子「***」が無事完成致致しましたので、送付させていただきます。
制作にあたり、皆様より多大なるご協力をいただきましたことを改めて感謝申し上げます。
何卒、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。
今後とも、お引き立てを賜りますよう重ねてお願い申し上げます。                         敬具

Q「~していただきまして、ありがとうございました」

日頃お礼状などを書く際に「~して頂きまして、ありがとうございました」と書いていたのですが、
正しい日本語でしょうか?「~して頂き、ありがとうございました」の方が適切でしょうか?
またその際、「いただき」「頂き」と、ひらがな漢字のどちらにするかいつも悩みます。


少し気になったので教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
================引用開始
・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
・・・ていく(負担が増えていく。)
・・・ていただく(報告していただく。)
・・・ておく(通知しておく。)
・・・てください(問題点を話してください。)
・・・てくる(寒くなってくる。)
・・・てしまう(書いてしまう。)
・・・てみる(見てみる。)
・・・てよい(連絡してよい。)
・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
・・・について(これについて考慮する。)
================引用終了

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング