dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

こんにちは。

現在、自社の行事で他社の方に応援(要は手伝いです)を依頼する文章を書いているのですが、その行事が実は今週末です。
当然「急で申し訳ない」という文章を付け加えないといけないと思っているのですが、その文章がうまく思いつきません・・・(>_<)

前任者の残している依頼文には文末に「ご多用中誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」とあるのですが、これとうまくつながるように「急で申し訳ない」という文意の文章をうまく付け加えるにはどう書いたらよいでしょうか?

教えてくださいm(__)m

A 回答 (3件)

・文中に入れる


「ご多用中(急な御願いで)誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」

・文の後
尚、ご連絡が遅くなって大変申し訳ございません。
    • good
    • 48
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。
大変助かりました。

急いで相手方に文章を送ろうと思いますm(__)m

お礼日時:2006/05/22 15:53

「お忙しいところを、急なお願いをいたしまして、誠に恐縮ではございますが、お力添えを賜りたく、何とぞ、よろしくお願い申し上げます」



上記でいかがでしょうか。

なお、前任者の「ご協力の方」という表現が不適切です。
・ 「ご協力」→「お力添え」 *「協力」は上から下に依頼するときに使います。
・ 「~の方」→ 不要

ビジネス表現、敬語表現、難しいですね。

応援申し上げます。
    • good
    • 16

事情を説明してあげると相手は納得できると思います。

「申し訳ない」自体が敬語になっていますから、「急な依頼で申し訳ありませんが、是非ご助力頂きたい」という謝罪に依頼を重ねる書き方もよいでしょう
    • good
    • 8

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A