グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

"変更となりました"
“変更になりました”
はどちらが正しいですか?

「AからBに変更になりました。」
とビジネスメールに記載したい場合、
「に」と「と」はどちらが正しいのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「変更となりました」「変更になりました」



「と」と「に」は違いが微妙な例がいくつかあります。
ご質問の件は〈結果などを表わす「と」と「に」の使い分け〉ですね。
どちらを使っても構いません。
ただし、「と」を使うほうが「少し堅苦しいニュアンス」があります。それは「格調高い」とも言えます。そのため、新聞などは「と」を使うことが多いようです。個人的には「に」を使います。
詳しくは下記をご参照ください。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-305.h …
以下は一部の抜粋(重言)。

3)結果などを表わす「と」と「に」の使い分け
これは前に別のトピで書いた。
(略)
================================
>0
>「参考に」と「参考と」のニュアンスの違いはなんなんでしょうか。
諸説あるようですが、個人的には意味はほとんど同じと考えています。
「と」のほうが少し堅苦しいニュアンスがあると感じるので、自分では極力「に」を使うことにしています。ただし、「一丸となる」の場合などは、「と」のほうが自然でしょう。
この話もキチンと書こうとするとかなり長くなるので省略します。
================================

こういう用法(『大辞泉』の「と」の項の「4」とほぼ同じ)だと、基本的には「と」でも「に」でも大きな違いはない。「と」には意志が感じられると書いてある本があったけど、ちゃんとした根拠があるとは思えない。当方は原則「に」を使うけど、「と」が好きな人は「と」を使えばいい。「と」のほうが「少し堅苦しいニュアンスがある」ってことは、「少しだけ格調が高く感じられる」と言いかえることもできる。
ただし、どちらでもいい場合は好きなほうを使えばいいということで、なんでもかんでもどちらかに統一、なんてムチャなことは言えない。

関係しそうな話。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1317. …
================引用開始
P.155~156〈「~に行く」と「~へ行く」の違いを知る〉。
表題の「~に」と「~へ」の違いはよく見る。正直なところ、どう違うのかよく判らない。「~に」と「~へ」の違いに続いて「と」と「に」の違いについての解説がある。
【引用部】
(1)「大学生となる」
(2)「大学生になる」
日没の光が失せ、夜になった、とは言うが、夜となった、とはめったに言わない。「~になった」は、自然にそのような状態に達した時に使う。よって、(2)は、たいして考えもせず、または苦労せずに、昼が夜になるように大学生になったというニュアンスである。それに対し、「~となる」は、能動的な意志を表すので、(1)からは、意思や苦労が伝わってくる。

こんなことが言えるのだろうか。たとえば将来の夢を訊かれた小学生が「〇〇になる」と答える。これは受動的?
================引用終了

たしかに「朝( )なった」だと「に」のほうが自然な感じがある。しかし、「と」が間違いとは言えない。当方は「に」を使うが、「と」と書く人は書くだろう。
たとえば、「彼は強い意思を持ち苦労を重ねて弁護士( )なった」ならどちらだろう。↑の説明なら「と」でないとおかしいはず。当方なら、こういう場合も「に」を使う。それを原則にしているから。「意思」も「努力」も関係ない。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/12 22:24

どちらも不自然。

というか堅苦しい感じ。
「変更されました(致しました)」の方がスッキリしている。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/12 22:24

 


「変更になりました」これが日本語

「変更となりました」コンビニ敬語、社会人としては恥ずかしい言い回しです。


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/12 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご変更される」は敬語としておかしい?

現在、ある商品の案内文書の改訂作業を行っております。

その文書の中に、違和感を感じる敬語表現があるのですが、
このままで正しいのか、それともおかしいのか、おかしいならば
どう修正すべきなのかが分からず、苦慮しております。

例えば
1「ご変更される」
2「ご利用いただいていた○○をそのまま利用することができます」
3「お申し込みをしてください」
4「ご利用できなくなります」
5「ご選択いただけます」

数年にわたって使用され、
何段階ものチェックを経てきた印刷物であるだけに、
自分の感覚の方がおかしいのかと悩んでしまいます。

ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>1「ご変更される」

「変更」という語に「ご、御」がなじむかどうかが問題だ。
たとえば、「ご運転になる」「ご運転される」はあまり聞かない。
「運転される」は問題がない。
「ご卒業された」はいいが、「ご退学された」ではイヤミだ。
僕なら「変更される」を用いる。「ご変更される」でもかまわないと思う。

>2「ご利用いただいていた○○をそのまま利用することができます」

前後の文脈にもよるが、前半の「ご利用いただいていた」は不要だと思う。
もし付けるとすれば「今までお使いの」はどうだろう?

「利用できる」の尊敬表現は「ご利用になれる」だ。
「お~する、ご~する」は謙譲語だ。(お持ちします、ご案内します等)
つまり、「ご利用することができます」は尊敬語としては誤りだ。
(『敬語歳入門』(菊池康人、丸善ライブラリー)を参照した)

「今までお使いの○○をそのままご利用になれます」

>3「お申し込みをしてください」

やはり「お申し込みください」が妥当か?
前後の文があれば、もう少し別の表現も考えられれるかもしれない。

>4「ご利用できなくなります」

「ご利用になれません」か? やはり前後の文が欲しい。

>5「ご選択いただけます」

「いただく」の動作主体は誰なのだ? 
案内書の作成者か? 商品の開発者か?
客に向かって「選んでもらえる」と言うのは変だ。
「選ぶ」のは客だが、「選んでもらう」のは売るほうだ。

どこかの発泡酒のコマーシャルで
「お試しいただけましたか?」というのがあったが、これも変だ。
「試してもらえたか?」と客に呼びかけるのは変なのだ。
「試す」のは客だが、「試してもらう」のは酒の会社なのだ。
「試してくれたか?」≒「お試しくださいましたか?」が正しい。

「選択することができます」「選べます」を敬語であらわしたいなら、
「お選びください」「お選びになれます」などはどうだろう。
「ご自由にお選びください」というのもいいと思う。
「選択」に「ご、御」がなじむかどうかは、主観によるだろう。
僕は「ご選択」には違和感がある。

>1「ご変更される」

「変更」という語に「ご、御」がなじむかどうかが問題だ。
たとえば、「ご運転になる」「ご運転される」はあまり聞かない。
「運転される」は問題がない。
「ご卒業された」はいいが、「ご退学された」ではイヤミだ。
僕なら「変更される」を用いる。「ご変更される」でもかまわないと思う。

>2「ご利用いただいていた○○をそのまま利用することができます」

前後の文脈にもよるが、前半の「ご利用いただいていた」は不要だと思う。
もし付けるとすれば「今までお使いの」...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

こんにちは。

現在、自社の行事で他社の方に応援(要は手伝いです)を依頼する文章を書いているのですが、その行事が実は今週末です。
当然「急で申し訳ない」という文章を付け加えないといけないと思っているのですが、その文章がうまく思いつきません・・・(>_<)

前任者の残している依頼文には文末に「ご多用中誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」とあるのですが、これとうまくつながるように「急で申し訳ない」という文意の文章をうまく付け加えるにはどう書いたらよいでしょうか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

・文中に入れる
「ご多用中(急な御願いで)誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」

・文の後
尚、ご連絡が遅くなって大変申し訳ございません。

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q代理でメールを送信する場合

営業のアシスタント業務を行っています。
代理でメールを送信する場合について教えてください。
通常 代理でメールを送る際は、始めに「●●の代理で・・・」と記しているのですが、「担当営業が既に作成した文章」を代理で送信する場合はどうすれば良いのでしょうか?
担当営業からは「担当営業の名前」で始まっている文章を渡されています。
添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。
今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お世話になっております。
○○より以下のメールを送信するようにとのことですので
(指示がございましたので)、メール文をそのまま貼りつけて
送らせていただきます。
===========================
(何か線など引いて原文貼り付け)
 ・・・・・・
 ・・・・・・
===========================
以上、よろしくお願い致します。

自分の署名


とこんな感じですかね。

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html

Q「その後どうなりましたか?」の丁寧な言い方

企画などをクライアントに提案している場合、
なかなか結果がこないときに

「●●の件は、その後どうなりましたでしょうか?」


という内容を問い合わせたいのですが
その丁寧な言い方というのはありますか?
上記のようだと、
少しくだけているような気がいたします。
急かすのは失礼ですが、できるだけ早く結果がほしい、という状況です。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メールでしたら、

(あいさつ文)・・・
さて、早速でございますが、●●の件につきまして、
その後の経過などお教えいただければとご連絡申し上げる次第です。
つきましては、ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ頂きたいと存じます。(←とコミュニケーションを求める)
お忙しいところ誠に恐縮ですが、よろしくご回答のほどお願い申し上げます。

とかで
こちらの急ぐ気持ちを伝えられないでしょうか。

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング