親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

1対1で、ややインフォーマルな雰囲気で技術的な会話をしているとき、
相手の言ってくれている説明に納得して、
『ああ、なるほどね』、『ああ、そういうことね』、『なるほど、よくわかったよ』
などと応じたいとき、
『I understand what you are saying 』とか『I understand what you mean』
では、やや大げさと感じ、次の3つを適当に使い分けています。
 (1)I see
 (2)I got it
 (3)I got you

これは、やや、目上の人以外でのくだけた場で使う表現としては、同じような意味だと思っています。

ただ、状況や相手に受け取られる感じなど意識して、あえて違いを強調した場合、
上記の3つは、どういう差があるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 (1)I see


なるほど、そうですね。そういう考え方もありますね。ふむ。というあいづち程度。BUTで始まる文がその後から続いても普通です。I seeは同意しているとは限らないです。

 (2)I got it
「分かりました」「よく理解しました」です。
質問者さまの『ああ、なるほどね』、『ああ、そういうことね』、『なるほど、よくわかったよ』に一番近い表現だと思います。上司と部下の間でも使います。
野球の外野が、「オーラーイ、オレが取るから」っていう時もI got it です。
I got it、I got it
と2回続けて言って、「もう分かったから勘弁してくれ」(=I give up的なニュアンス)That's enough という意味合いでも使います。

 (3)I got you
これは友人や恋人、同僚など、親しいノリの間で使うのがメインです。
「バッチリよ」「あたぼーよ」「まかせとき」なんて時に私は使います。
ちなみにアイガットユーとは言いません。
ガッチュー、ガッチャなどIを取りますね。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございました。ニュアンスがよくわかり、これで自信を持って使い分けができるようになりました。

お礼日時:2009/06/01 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「I`ve got it.」と 「I got it.」について

とても初歩的な質問なのですが、「I`ve got it.」と[I got it.]の使い道の違いがよくわからないのですが、教えていただけないでしょうか。「わかった!」とか「ひらめいた!」といった意味で、英語の文章などを読んでいると頻々と出てくると思うのですが、どうしてこれは現在完了で、前に見たのは過去形だったのだろう、といつも解らなくなってしまいます。全く的外れな質問でしたらすみません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

現在完了形には「動作や出来事の完了・結果」を表す意味があります。
例えば、I've just finished my homework. 「今宿題が終わった」を考えれば、それまで宿題に取り組んでいた結果、それが finish したということを表しています。

同様に、I've got it. というのは、それまで考えていたか、わからないでいたことの継続の結果として「わかった」という結論に達したので現在完了形になっているのです。それが単にその時に「わかった」という場合でも慣用的に完了形の形で使われているわけです。

それに対して、I've got to go. の場合は、I have to go. 「行かなければならない」の米語での慣用表現が I have got to go. だったために完了形の意味として使われているのではなく、あくまでも have to の意味で使われています。
例えば、You've got to see him. 「是非彼に会いなさいよ」という使い方をします。

米語の口語の特徴として、get という動詞をいろいろな場面で多く使う傾向があるようです。

I've got to go. が I got to go. になったのは、No.4さんの回答の最後にも書いておられますが、've の部分にはアクセントがなく、実際にはほとんど聞こえないほどかすかな音で、've を発音しなくても同じ意味で通じてしまうので、話し言葉として使っているうちに自然と取れてしまったものと思われます。

こんにちは。

現在完了形には「動作や出来事の完了・結果」を表す意味があります。
例えば、I've just finished my homework. 「今宿題が終わった」を考えれば、それまで宿題に取り組んでいた結果、それが finish したということを表しています。

同様に、I've got it. というのは、それまで考えていたか、わからないでいたことの継続の結果として「わかった」という結論に達したので現在完了形になっているのです。それが単にその時に「わかった」という場合でも慣用的に完了形の形で使われているわけです...続きを読む

QI got it. You got it.日常会話堪能な方にお聞きします

「任せといて」にもいろいろと言い方があるとは思いますが
タイトルのものだけに関してお聞きしたいです。

"You got it."と言われたら、頼んだこと(もの)が得られるんですよね。
"I got it."と返されることはありますか?
分かった!みたいな感じはあると思うのですが、
任せておいての意味はありますでしょうか。

Aベストアンサー

私はアメリカに住んでいますが、"I got it." が「任せといて」というニュアンスになるのは、自発的に何かをする事を誰かに知らせる時です。

良くあるのは、電話が鳴った時、家族の誰かが「俺が取るよー」と皆に知らせる時に "I got it." と言う様な場合です。また、職場で「この書類30枚プリントしてプレゼンテーションに入れないといけないんだけど」等と上司が複数の部下に言ったとして、誰かが "I got it." と言えば「それなら私がやりましょう」という感じですね。

野球で内野フライが上がった時に、内野手が "I got it." というのも同じで「俺が取る」と言う意味です。

誰かが言う事に "I got it." と返したら「分かった」「理解した」という意味の場合が殆どです。何かを依頼されて "I got it." と返事する事はあまりないと思います。ややこしい事を頼まれて "Is that clear?" "Am I making sense?" 等と訊かれたのなら "Yes, it is. I got it." "Yeah, I got it. No problem." とは言えますが。

明確に何かを依頼され、それを承諾する場合に "You got it." という事は良くあります。ニュアンスをきっちり日本語にするのは難しいですが。

私はアメリカに住んでいますが、"I got it." が「任せといて」というニュアンスになるのは、自発的に何かをする事を誰かに知らせる時です。

良くあるのは、電話が鳴った時、家族の誰かが「俺が取るよー」と皆に知らせる時に "I got it." と言う様な場合です。また、職場で「この書類30枚プリントしてプレゼンテーションに入れないといけないんだけど」等と上司が複数の部下に言ったとして、誰かが "I got it." と言えば「それなら私がやりましょう」という感じですね。

野球で内野フライが上がった時に、...続きを読む

Qgot me. とbe yours.

親しいアメリカ人の彼の言葉について、お尋ねします。
仲良くなってからは、I do like you. や you mean to me a lot.
thinking about you. や miss you. とよく言ってくれます。
ある時のメールに you got me. I can be yours if you ever want that.
とありました。
質問はこのメールの文章の意味です。
私は「ボーイフレンドになってくれたのかな。」と嬉しく感じたのですが・・・。
私の解釈であっているのでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目の終わりに近づきました。 このカテで書き始めて8年目に入りました。 私なりに書いてみますね。

you got meと言う表現にはいろいろな意味として使われます。 

なぜいろいろな意味として使われるかと言うと「暗黙の了解の下で省略されていると考えて良いフィーリングが無言で含まれている」からなのです。

つまり、このgotは文法学者さんたちが好んで使う使役動詞として使われ、文法学者もどきが使役動詞の事はよく知っているけど使われているのにその知識を応用できないので実際に使われている時にそれに気がつかない、表現なのですね。

you got me feel~なのですね。

ある質問に答えるだけの十分な知識がない時に素直に、You got me.と言えばYou got me feel I can't answer to that.と言う感じで「参ったな、俺には答えられそうもないや」と言うフィーリングを出した表現で、使役動詞と言うような用語を使わなくても「捕まえられた」「身動きできない状態にされた」と言う風に理解しても良いわけです。 「あなたは私を何も出来ない状態にした」ので「自分はその状態にされた」と言っているわけです。 この場合は、その質問であなたは私を答えられない状態にした、つまり、答えられない、と言うことになるわけです。

よって、降参するよ、負けを認めるよ、と言う風にも使うことがあるわけです。 将棋やチェス・碁で、もう何も出来ない状態に追い込まれた時、「参りました」と言うときに使う表現がこれなのですね。

営業マンにいろいろと説得されて拒絶してきたけど最後の一言で「あんたには負けたよ」「あんたの勝ちさ」と言って買う事にした時なんかも、You got me.となるわけです。 You got me put(受身の過去分詞) in the situation/position I can't not refuse.なんていう感じですね。 me以下の部分は言わなくても判る、と言う状況がそこにあるわけです。  日本語の状況で、営業マンに「負けたよ」と言っても、誰も別に勝負していたわけではないですね。 

では今回の場合はどうなのでしょうか。

あなたの言葉などでもう「嫌いだ・いやだと言えない状況に自分を追い込めた」とか「あなたの甘い言葉をもう拒絶できない」と言っているわけです。 そういう解釈をしてもいいし、あなたは私の心を捉えた、と言う心の部分を言わずして、「私は」捕らわれた、わけです。

you got me. I can be yours if you ever want that.と言う表現をして、もう自分にはあなたを拒絶する事は出来ない、もしあなたが欲すると言うことがあるとしたら(everは「もしも」を強調しているのですね)、いつでも私はあなたのものになっても良いです、と言っているわけです。 

つまり、あなたを受け入れた、と言うことになるわけです。 

ただ、「少なくとも」この表現はそう言っている、と言うことであり、それが真実であるのか、言葉だけのものなのか、それは私には判断できませんし、この文章の意味だけで心から「ボーイフレンドになってくれたのか」は判断したくない、と言わせてください。

とかく、相談者の聞きたい答えを書けば喜ぶと思っている人がいますが、英語を使うものとして、私は、Be my girlfriendとかWould you be my girlfriend?と言うような直接的な表現ではないわけですから、そう解釈するには普段の「行い」によって、あなたが決める事なんですよ、と「もしかしたら聞きたくない回答かも知れないけど教える必要がある、と感じています。 あなたを喜ばす事が私が書いている理由ではなく、英語と言う言葉としての使われている意味合いを書き、そして、それがプラスにもマイナスにも結果としてなる表現としても使われているのだと言う事を知ってもらいたいのですね。

詐欺師の言葉のどこに詐欺師ではないとはっきり言える表現がその詐欺師によって使われているでしょうか。 また、本当に愛している人のさりげない言葉で、池に泳いでいる親と数羽のアヒルの子を見て「俺たちああいう風になれた良いと思うよ」と言われるのとどっち本音でしょう。 難しいところですね。

と言うことで、この文章が何を言っているのか、これを訳すとどうなるか、と言う事と、その言葉をどう受け取るかは違えなくてはならないと言うことを知ってもらいたいのです。

この言葉を日本語で言われて、その言葉を「恋愛カテ」で相談したら、聞きたい事を言って喜ばしてくれる人もいるでしょうし、注意事項を含める人もいるでしょう。 私は後者になります。 あなたの幸せが一番大切だと感じるからだと言うことを知ってくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目の終わりに近づきました。 このカテで書き始めて8年目に入りました。 私なりに書いてみますね。

you got meと言う表現にはいろいろな意味として使われます。 

なぜいろいろな意味として使われるかと言うと「暗黙の了解の下で省略されていると考えて良いフィーリングが無言で含まれている」からなのです。

つまり、このgotは文法学者さんたちが好んで使う使役動詞として使われ、文法学者もどきが使役動詞の事はよく知っているけど使われているのにその知識を応用できないので...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q英米人って本当にI see. なんて言うの?

長いこと英語を勉強してきました。

洋画もよく見るし、海外ドキュメンタリー番組もよく見ます。

しかし! たったの一度も外人が I see. なんて言うのを
聞いたことがありません!!

この言葉は現在英語国で本当に使われているのでしょうか???
日本の中学の英語教科書には必ず載っていますが・・・。

英語国民の方、もしくは海外在住歴の長い方の
生のご意見をぜひ伺いたいです!

Aベストアンサー

    #5ぐらいです。補足です。

>>どちらの国にご在住だったのでしょうか?「あまりに頻度が高い」とは到底思えないのですが・・・。

   今はアメリカに住んでいます。
I see は
    「分かった」と大上段に振りかぶって言う時もあれば、息を吸い込むように静かに「フーム」「へー」「そうかい」「そんなものか」「なるほど」といろいろ解釈が可能です。

下記など2ページにわたって例文があります。
    http://eow.alc.co.jp/I+see./UTF-8/?pg=1

    

Qon ~ing in ~ing の違い。

on ~ing in ~ing の違いについてなのですが、
on ~ing は、「~するやいなや」で
in ~ing は、「~しているとき」

だったような気がしますが、正しいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんの記憶通りでいいと思います。

on -ing「~するやいなや」「~するとすぐに」「~と同時に」
in -ing「~しているとき」「~の動作をしている間に」

どちらも前置詞の意味を確認しておくとよいでしょう。

補足ですが、in -ingは、「~しているとき」の意味のほかに
He was right in thinking that ...「…と考えた点で彼は正しかった」
のようにも用いられます。

なお、本題からは外れますが、この-ingはどちらも動名詞です。
ただし、be interested in -ingの"in -ing"とは
区別しておいた方が整理しやすいかと思います。(←経験上。)

Q「You got it」と「I got it」 について

「了解しました」「任せて!」という意味合いで
「You got it」と「I got it」が使えると思うのですが、
どのような違いがあるのでしょうか?

友達同士の軽い会話の中で何かを頼まれた際に「了解!」という言い方はどちらがよいのでしょうか。

またこの言い方は会話の中でなく、手紙やメモ上に書いて使うことも問題ないですか?

Aベストアンサー

>「了解しました」「任せて!」という意味合いで
>「You got it」と「I got it」が使えると思うのですが、
>どのような違いがあるのでしょうか?

確かに、日本語では似たような意味ですが、英語での意味はかなり異なります。
You got it.は、「あなたは、それ(つまり、あなたが頼んだこと)を、完了した状態で獲得した」と言う意味です。つまり、「あなたの他の見事は済んだと思って良いほど、確実に私がやる」と言う意味です。なお、「あなたの言っていることが図星だ、そのとおりだ」の意味にもなります。

I got it.は、「私は、それ(あなたのたのみごと)を確かに自分のものにした」ということで、「あなたのいっていることを確かに私は理解しました」と言う意味です。また、「思いついた」の意味にもなります。

つまり、実現の保証があるなしの差があります。You got it.は、実現すると言う保証をつけた表現です。

また、主に会話での表現ですが、気楽な間柄なら、手紙でもメモでも使えます。

Q「わかった?」の意味で「Got it?」はOK?

「わかった?」の意味で「Got it?」はOK?

今週のNHK教育「リトル・チャロ2」でよく使える表現として
「Got it? (わかった?)」が紹介されていました(または「Get it?」)。

ちょっと思ったのは「(自分が)わかった」という意味で「I got it」というのはOKでしょうけど、
「わかった?」と尋ねるときに「Got it?」はちょっと威圧的じゃないかな?と。

こういうときは素直に「Do you understand?」、
あるいは自分の言った内容を主語にした「Make sense?」はよく使いますが、
ちょっと違和感がありました。

ニュアンスとしてどうなんでしょう?
とくに知りたいのは相手に対して「Got (Get) it?」と尋ねるのは上から目線ぽくないか、という点です。

Aベストアンサー

前にも説明したことがあるんですけど、英語にはformalな言い方とinformalな言い方があります。
formalというのは目上の人に向かって話すときとか、書き言葉で使うもので、informalは日常生活(カジュアルな)での会話で使うものです。
Got it?はinformalですね。informalですから目上の人には当然使えません。但し、上から目線で高圧的かといわれればちょっと違います。
あくまでも友人同士での会話の中で使われる場合が多いですから。
(友人同士あるいは恋人同士でもいいですが、ちょっと議論になって、I don't wanna talk about that anymore! Got it? 「もうその話はしたくないんだよ。いいね!」みたいに使われることはありますが)

高圧的なのは、実は、Do you understand?です。
これは(実話なんですが)、友だちが大学の寮(dormitory)に訪ねてきたんで、夜中まで音楽をかけて話しこんでたら、隣の部屋から
Don't make any noise! (Do you) understand? 「音を立てんな! わかったか!」と言われたことがあります。
とにかくこれは使わないで下さい。(海外旅行でフロントに確認するときなど、これ使っちゃダメですよ)

目上の人にはじゃあどう言えばいいのだという話になりますが、そもそも目上の人に自分の行ったことを「わかりますか?」と確認する事自体が失礼な事なので言い方を工夫する必要があります。

一つの工夫としては、なるべく主語で"you"という言葉を使わないで、代わりにIを持ってくることです。
つまり「あなたが私を理解してるか」と問うのではなく「私があなたを理解してるか」に視点を変えて言うやり方です。(そうすれば少しキツさが緩和されます)

Am I making sense what you said? 「私、あなたの言っていることを捉えておりますでしょうか?」(みたいな意味です。訳しにくいですが。)とか。あと、makeの代わりにfollowも使えます。

NHKのその番組も、どういうときにその表現を使うのが適切なのか、までちゃんと説明してあればいいのですが。

前にも説明したことがあるんですけど、英語にはformalな言い方とinformalな言い方があります。
formalというのは目上の人に向かって話すときとか、書き言葉で使うもので、informalは日常生活(カジュアルな)での会話で使うものです。
Got it?はinformalですね。informalですから目上の人には当然使えません。但し、上から目線で高圧的かといわれればちょっと違います。
あくまでも友人同士での会話の中で使われる場合が多いですから。
(友人同士あるいは恋人同士でもいいですが、ちょっと議論になって、I don't ...続きを読む

QI love you. と I care about you.の使い方

恋愛表現における「I love you.」と「I care about you.」の違いや使い方を教えて頂けませんか?

I care about you = I love you なんですよね?

I care about you.は、どういうニュアンスや間柄の時に使うのでしょうか?

例えば、

「the only person I've cared about so much.」

という文章を「心から愛した唯一人の人」、「本当に愛したたった一人の人」と、訳(意訳?)することはできますか?


I care about you=I love you <I am in love with you.

と理解して良いでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと込み入りますが我慢してください。

“love” と “care about” を単純に比較すると、意味に違いがありますが、これは後ろのほうで簡単に説明します。しかしながら “care very much about someone” の形をとれば、これはほとんど“love” と同義で使われます。したがって、あなたの訳例:「心から愛した唯一人の人」、「本当に愛したたった一人の人」は問題ありません。異性にも、家族にも、友人にも使える表現です。

また、"very much / so much” のつかない “care about someone” は、

「ある人に関心を寄せていて、『どうかこの人が幸せでいられますように』みたいな気持ちでいる場合」につかう表現です。これも性別・年齢に関係なく使うことができます。「ほれている」という感じは含まれません。

一方 “love someone” となると、もっと使える場面は限られてきますね。「異性にほれている」とか「性に関係なく、家族、友人などをこころから愛している場合」に使うことになります。

上で触れましたように、「ほれている」場合に care about を使うと「ほれてる気持ち」が伝わりません。ただ「気にかけてくれている」だけになります。一方、家族や友人に love の代わりに care about を使うのは問題ないでしょう。上に書きましたとおり、care very much about… の方がもちろん愛情の深さが出てきますが。

さらに、 I’m in love with you. は異性に対してしか使うことはできません。(同性愛者の場合はもちろん別ですけど…)

こんなところで疑問は解決しましたでしょうか。

なお No.2 さんはちょっと誤解なさっているようですが、英英辞典を調べてみれば、おそれくどの辞書にも care very much about someone が love someone の意味だと出ていますよ。

この二つの表現は、「一目ぼれ」だとか「付き合ったこともないけど、あの人大好き!」という場合には使えない表現であることはご存知ですよね?

ちょっと込み入りますが我慢してください。

“love” と “care about” を単純に比較すると、意味に違いがありますが、これは後ろのほうで簡単に説明します。しかしながら “care very much about someone” の形をとれば、これはほとんど“love” と同義で使われます。したがって、あなたの訳例:「心から愛した唯一人の人」、「本当に愛したたった一人の人」は問題ありません。異性にも、家族にも、友人にも使える表現です。

また、"very much / so much” のつかない “care about someone” は、

「ある人に関...続きを読む

Q[seem]と[seem like]の使い分け?

NHK英会話講座より
C:--------------
It seems so pointless. あまりに無意味よね。
-------------
And I started reading some books about caring for pets. It seems like a lot of work.
それでペットに関する本を何冊か読み始めたら。
すごく手間がかかるみたいで。

(質問)上記には[seem]と[seem like]が使い分けられています。[seem]も[like]も「~のような」の意味だと思いますが、重複しているのでは?
[look like],[sound like]なら理解できますが。私の考え違いと、使い方についてご指導をお願いいたします。参考例もよろしく。  以上

Aベストアンサー

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」という意味になります。そして,be の代わりに look, seem, sound を用いることもできます。like は前置詞と考えると後に名詞がきます。すなわち,a lot of work という名詞を seem の後に続けようと思うと,like が必要になってくるのです。
 like を形容詞と考えれば,seem like で seem +形容詞で統一することも可能です。
 ただし,特にイギリスでは,look, seem, sound の後に like なしで,名詞を置くことも多いようです。また,その際は,look to be 名詞,seem to be 名詞のように to be をはさむことも多いと思います。

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」とい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング