数の集合は、自然数、整数、有理数、実数というように拡大していく。
「自然数から整数、整数から有理数への拡大」と、「有理数から実数への拡大」
には本質的に異なる点がある。それは何か、ということを教えてください!
お願いします!!

A 回答 (8件)

ご参考まで↓下記URL。



http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=31937 (実数・有理数の個数の話),
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=32339 (切断の話),
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=18806 (ペアノ曲線の話)

なお「切断」は、「極限」の概念を表立って含んでいない事が値打ちのように思われます。
    • good
    • 0

<oodaikoさんへ



「虚数」と勘違いしてました。おっしゃる通り「無理数は幾何学的に理解不能」
というのは明らかに間違いです。 
    • good
    • 0

集合の大きさが異ると言うことではないでしょうか。


自然数から整数への1対1の写像は存在する。
整数から有理数への1対1の写像も存在する。
しかし有理数から実数への1対1の写像は存在しない。

たしか自然数、整数、有理数は可算集合とかいう名前が付いていて
有理数は可算集合ではないとかなんとか。

うろおぼえですいません。
    • good
    • 0

そうですね。



基本列による実数の定義にしても、切断法による実数の
定義にしても、極限の概念は外せないと思います。

一言でいえば、やはり「極限の概念を使うかどうか?」
・・じゃないかなぁ。
    • good
    • 0

「極限」の概念を使わないといけない、って


ことじゃないですかね。

有理数までは #1 の回答のように2つを組み合わせ
れば済みますが、「有理数から実数へ」は極限の考
え方無しでは拡張のしようがない。

一般的なカントールの方法では、収束する有理数列
の極限の集合を「実数」としてたと思います。
    • good
    • 0

端的にいえば自然数から有理数までの拡大は四則計算を満たすようにするための拡大であるのに対し、


有理数から実数への拡大は「完備化」によるものです。といってももちろんこんな言葉だけではわけが
わからないと思いますので以下に解説します。

まず自然数の中では「足し算」と「かけ算」が出来ますね。つまり自然数同士を有限回足したり
かけたりしても自然数になります。しかし自然数の範囲内では「引き算」は出来ません。そこで
まずマイナスの数を導入して「引き算」が出来るように数の体系を拡大します。これが整数です。
さらに「割算」も出来るようにするためには分数を導入する必要があります。分数を導入して整数を
拡大し、(0で割ることを除く)「割算」が出来るようにした体系が有理数です。
自然数から有理数まではこのように演算をその中で出来るようにするための拡大でした。
しかしこのような拡大方法では有理数より大きい体系は作れません。なぜなら有理数だけでも
(0で割ることを除いて)四則演算が自由にできるからです。すなわち有理数同士に有限回の四則演算
を施しても結果は有理数になります。

従って有理数より大きな数の体系を考えるには別の拡大方法が必要になります。そもそも有理数で
ないような数があるのかどうかがまず問題になりますが、これは高校数学で学ぶように√2が有理数
でないことがわかれば十分でしょう。また円周率πや自然対数の底eも有理数ではありません。
そこでこのような数も含むように数の体系をさらに拡大する必要があります。しかし四則演算だけ
ではもう拡大できません。

そこで無理数(有理数でない数)を「近似」によって表現することを考えます。例えばπなら
a_1 = 3
a_2 = 3.14
a_3 = 3.14259
a_4 = 3.14159265
a_5 = 3.14159265358979



という有理数からなる数列を考えると、この数列はπに限りなく近付きます。
もちろんπに近付く有理数の数列は一通りとは限りません。例えば
b_1 = 3.1
b_2 = 3.1415
b_3 = 3.142592
b_4 = 3.1415926535
b_5 = 3.141592653589



という数列もπに限りなく近付きます。

さてここでπに近付く有理数の数列は全部一つの同じモノ(数列)とみなしてしまいます。さらに
そのようなπに近付く数列自体を一つの「数」とみなしてしまい、その「数」をπとします。
同じようにしてどんな無理数(有理数でない数)rに対しても、その無理数を近似するような有理数
の列{r_n}を考え、列{r_n}自体をrとみなします。
有理数qに対してはすべてのnに対して同じ値qをとるような数列{q_n}(q_n = q)を考えて{q_n}をq
とみなします。
こうするとすべての有理数と無理数はそれらに近付くような数列で表されることになります。

さらに数列{a_n}で表される「数」をa,数列{b_n}で表される「数」をb ,とし、これらの「数」に
対する四則演算を
a±b={a_n ± b_n}
a×b={a_n×b_n}
a/b={a_n/b_n} (ただしb≠0とし、またすべてのnに対しb_n≠0となるような{b_n}を選ぶ)
のように定義します。(つまり右辺で定義される数列を左辺の「数」とみなします)
するとこのように定義した「数」は有理数を真部分集合として含む(すなわち有理数より真に大きい)
体系となり、なおかつ四則計算を矛盾なく満たしています。こうして作られた数の体系が実数です。

数列によって数の体系を拡大するこの操作のことを「完備化」と呼びます。
hirokimatsuuraさんは高校生でしょうか?
上に書いたようなことを数学的にきっちりした形で表現することは理工系の大学へ行けば一年次の
「解析概論」などで学ぶと思います。

<pei-peiさん
>無理数は幾何学的に理解不能 ということでしょうか?
そんなことはありませんヨ。そもそも数直線というのは実数のモデルの一つだし、
例えば√2は無理数ですがコンパスと定規を使って数直線上に√2の長さをとることも出来ます。
    • good
    • 0

無理数は幾何学的に理解不能 ということでしょうか?

    • good
    • 0

どんな整数も二つの自然数の差として表現できる。


どんな有理数も二つの整数の分数として表現できる。
実数のうち無理数はいくつ有理数を持ってきても表現できない。

ってことかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複素数の質問です。 Z1=1+ルート3i Z2=ルート3+i この場合 Z1+Z2はどうなりますか?

複素数の質問です。
Z1=1+ルート3i
Z2=ルート3+i
この場合
Z1+Z2はどうなりますか?
Z1-Z2はどうなりますか?

テキストに、複素数の積と商のやり方は載っていたのですが、和と差のやり方がありませんでした。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

実数部どうし、虚数部どうしを足し算、引き算すればよいだけです。

>和と差のやり方がありませんでした。

よく探してください。一番最初に書いてあるでしょう?

Q実数全体の集合,超実数全体の集合,複素数全体の集合の包含関係は?

超実数なるものを知りました。

「公理:Rは完備順序体である
公理:R*はRの真拡大順序体である
Rを実数体,R*を超実数体と言い、それぞれの元を実数,超実数と言う」

といったものですが
実数全体の集合,超実数全体の集合,複素数全体の集合の包含関係はどうなっているのでしょうか?

また、実数は直線,複素数は縦軸を書き足して平面として表す事が出来ますよね。超実数はこれらに何を書き足して表されるのでしょうか?

Aベストアンサー

#2,#4です。

(#5さんへ)

>> いいえ、lim Δx=0(Δx→0)です。

門外漢ながら、
http://www.shinko-keirin.co.jp/kosu/mathematics/jissen/jissen18.html
に lim[Δx→+0]Δx = dx という記述があったので#4のような回答をしました。
しかし、これには私も疑問を感じます。
恐らく、下記の説明のほうがいいのではないかと思います。

正の無限小超実数を1つ選び、dx とおく。
すると、lim[x→+0] f(x) の極限値が存在するならば、
lim[x→+0] f(x) = st(f(dx)) が成り立つ。
(ここで、st(f(dx)) は 超実数 f(dx) の標準部分を表す)

>> 集合の濃度と直感との間には隔たりがありますが、
>> (実数と1:1の)直線の濃度は超実数体の濃度には足りず、
>> 実数直線に何かを足しても直感は満足できないような気がします。

これについては、#3さんと同意見です。
もし直線が実数と1:1なら、#5さんの言うとおりだと思いますが、
直線を超実数と関連付けるような定義があっても不思議ではないと思います。

(質問者さんへ)

>> 単集合A:={L∈R*;0<∀r∈R,0<∃s∈R such that 0<Δx-0<s⇒|L-Δx|<r}≠φの時,Aのたった一つの元を

{}の中の詳細は議論しないことにしますが、
たった一つの元、ということではなさそうです。
上記(#5さんへ)で書いたように、
正の無限小超実数を1つ選び、dx とおくことになると思います。
正の無限小超実数はたくさんありますが、
そのうちのどれを選んでも議論が成り立つと思います。

>> 「あらゆる正の実数 r に対して,|ε| < r が成り立つとき,εを無限小超実数と呼ぶ.
>> 注)ある実数 r に対して |ε| < r が成り立つとき,εを有限超実数と呼ぶ.」
>> は無限小超実数ならば有限超実数と解釈できるのですが私の解釈で間違いないでしょうか?

間違いないです。無限小超実数は0に無限に近い超実数のことですし、
有限超実数は有限の実数に無限に近い超実数になりますから、
無限小超実数の集合⊂有限超実数の集合 になります。

#2,#4です。

(#5さんへ)

>> いいえ、lim Δx=0(Δx→0)です。

門外漢ながら、
http://www.shinko-keirin.co.jp/kosu/mathematics/jissen/jissen18.html
に lim[Δx→+0]Δx = dx という記述があったので#4のような回答をしました。
しかし、これには私も疑問を感じます。
恐らく、下記の説明のほうがいいのではないかと思います。

正の無限小超実数を1つ選び、dx とおく。
すると、lim[x→+0] f(x) の極限値が存在するならば、
lim[x→+0] f(x) = st(f(dx)) が成り立つ。
(ここで、s...続きを読む

Q2ルート3の二乗っていくらですか?

2ルート3の二乗っていくらですか?

Aベストアンサー

2√(3^2)
=2×3
=6

Q新しい実数の構成:自然数→正の実数→実数

次のような実数の構成はあるのでしょうか?

まず、10進法の表記により自然数を構成します。
0を含めます。

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,
11、12、・・・

といった数を考えます。
ケタ数は有限です。
順序関係は、まず、ケタの大小を比べ、ケタが同じであれば、最大ケタの数字を比べます。
0~9までの加法と乗法を九九として決め、一般の自然数の加法と乗法は筆算により定めます。

つぎに、小数点以下を考えます。
まず、小数点以下のケタ数が有限なる数を考えても、順序関係と加法・乗法はいままでと同様です。

そして、小数点以下のケタ数が無限なる数を考えます。
順序関係はいままでに追加して、
1=1.000・・・=0.999・・・
といったことなどを考えます。
加法と乗法の筆算も、「左から計算」していけばいいと思います。
このとき、新しく除法も考えられます。

これで、正の実数が構成できたと思いますが、
最後に、小数点以上のケタ数が無限なる数を考えます。
たとえば、
・・・1212.12 
とか
・・・333.333・・・

順序関係はうまくいきませんが、
・・・999+1=・・・000=0
と考えると、
・・・999=-1
といった意味になり、
3をかけることで、
・・・997=-3
といった意味になったり、
3でわることで、
・・・333=-1/3
といった意味になったりします。
また、加法と乗法の筆算は、「小数点を中心に左右へ計算」していけば整合性が得られると思われます。
そして、減法・除法も考えられると思います。
つまり、負の実数が構成されたと思います。

結局、左右に無限に続く10進法表記で、実数とその加減乗除が構成されたと思います。

このような、実数の構成はあるのでしょうか?
また、不備がありましたら指摘ください。

次のような実数の構成はあるのでしょうか?

まず、10進法の表記により自然数を構成します。
0を含めます。

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,
11、12、・・・

といった数を考えます。
ケタ数は有限です。
順序関係は、まず、ケタの大小を比べ、ケタが同じであれば、最大ケタの数字を比べます。
0~9までの加法と乗法を九九として決め、一般の自然数の加法と乗法は筆算により定めます。

つぎに、小数点以下を考えます。
まず、小数点以下のケタ数が有限なる数を考えても...続きを読む

Aベストアンサー

アイデアは買うが、それでは無理。要するに有理数体の完備拡大体を考えたいわけだが、それには通常のユークリッドメトリックによる完備化(実数体R)と、素数pに対するp進メトリックによるp進完備化(p進体Q_p)というのがあって、それ以外はないことになってます。

10は残念ながら素数じゃないので、そのような方法ではうまく体が構成できない。たとえば、
(・・・・・・59918212890625)^2=・・・・・59918212890625
(・・・・・・40081787109376)^2=・・・・・40081787109376
となって、x^2=xの解が、x=・・・・・・0000、x=・・・・・・0001以外にもx=・・・・・59918212890625、x=・・・・・40081787109376というものが存在することになる。ここであげた・・・・・59918212890625と・・・・・40081787109376という組み合わせはなかなか面白くて、足して1、かけて0になる(左に無限に続く)2数となっている。要するに有理数の10進完備化は体にはなっていないのです(体ならば特に整域であって、因数分解は一意的でなくてはならない。したがって2次方程式に解が3個以上存在していはいけない。)

以下、おまけ。・・・・・59918212890625をどうやって求めるか。ようするにx^2=xとなるxを見つけたい。
0~9の中で2乗しても1の位が変わらないものは、0,1のほかに5と6がある。そこでまず5に注目する。5を2乗すると25になる。したがって25を2乗したものは下二桁が必ず25と変わらない。そこで25を2乗する。すると625になる。よって625を2乗したものは下三桁が必ず625となって変わらない(ただの中学数学で簡単に証明できる)。625の2乗は390625だから、この下四桁0625はやはり2乗して同じ下四桁を持つ。そこで0625を2乗して390625だから、下五桁90625は2乗して同じ下五桁を持つ。あとはこれを延々と繰り替えすことができるから、無限に左に続く、べき等元が得られる。通常の実数なら、0と1以外にそんな数はないが、左に無限に続いてもよい(これは要するに左に行けば行くほどその数がある値に収束するという意味であって、普通のユークリッドの距離とは異なる距離概念)から可能になってしまう。

このアイデア自体はちゃんと数学になっていて、Z/10Z、Z/10^2Z、…の逆極限という環として10進整数と呼ばれる、左に無限に続く数が定義可能。だけど素数じゃないとうまく整域にならないのです。したがってうまく商体を考えられない。整域だったら、p進整数から、p進体が出来ます。興味があれば、p進体などを勉強されてみるとよいと思います。参考URLの『p-進数の世界(pdf)』が秀逸な記事だと思います。

参考URL:http://www.math.kyoto-u.ac.jp/~kato/

アイデアは買うが、それでは無理。要するに有理数体の完備拡大体を考えたいわけだが、それには通常のユークリッドメトリックによる完備化(実数体R)と、素数pに対するp進メトリックによるp進完備化(p進体Q_p)というのがあって、それ以外はないことになってます。

10は残念ながら素数じゃないので、そのような方法ではうまく体が構成できない。たとえば、
(・・・・・・59918212890625)^2=・・・・・59918212890625
(・・・・・・40081787109376)^2=・・・・・40081787109376
となって、x^2=xの解が、x=・...続きを読む

Qどうしてx=4/ルート3になるのですか

どうしてx=4/ルート3になるのですか

Aベストアンサー

円を3つ組み合わせて、3つの直線で接するように囲んで作った三角形は一つの角が60°の正三角形。
BC=8cmであることから、円の半径xを求めるのだと思います。
三角形OBDは三角形ABCが正三角形であることから、∠OBD=30°、∠BOD=60°、∠ODB=90°
OD=xとした場合、三平方の定理より、OB=2x、BD=(√3/2)x
BD+DE+EC=√3x+2x+√3x=8 ← これからxを求めます。
√3x+2x+√3x=8
(2√3+2)x=8
(√3+1)x=4 ← 両辺が2倍数なので簡単にしました。
x=4/(√3+1) ← x=の形に直します。
x=4(√3-1)/(3-1) ← 分母を有理化
x=2(√3-1)

Q整数、有理数、実数について

A0={p∈R:p<√2}Rは実数
A1={p∈Q:p<√2}Qは有理数
A2={p∈Z:p<√2}Zは整数
このときA0⊃A1⊃A2を示せ。という問題なのですが、明らかに自明なので一体どうやったら証明できるのかで悩んでいます。皆さんならどのように証明されますか?背理法が有効なのでしょうか?

Aベストアンサー

部分集合であることは明らかですが,「真」部分集合であることは「ほぼ」明らか程度でしょう。
A0(A1)に入ってA1(A2)に入らない数を例示すればいいと思います。

Qルート3エックス+エックス=4

ルート3エックス+エックス=4
のエックスの値の求め方を教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

√(3x) + x = 4
でいいですか?

そうでしたら
√(3x) + x = 4
→√(3x) = 4 - x
で両辺を自乗すると二次方程式が出てくるので、後はxの条件とかを考えれば解けるでしょう

Qx^n-1とx^n+1の因数分解(複素数係数、実数係数、有理数係数、整数係数)

x^n-1とx^n+1の因数分解(複素数係数、実数係数、有理数係数、整数係数)
において、その方法や結果や性質が載っているサイトがあれば教えていただけないでしょうか?

初歩的なことは知っています。

Aベストアンサー

とことん因数分解すれば結局、

x^n - 1 = Π[k=0,n-1]{x-cos(2kπ/n)-i*sin(2kπ/n)}
x^n + 1 = Π[k=0,n-1]{x-cos((2k+1)π/n)-i*sin((2k+1)π/n)}

となりますよね。これが整数か、有理数か、無理数かは三角関数の
性質を調べたほうがいいのでは?

Qルート3に収束することの証明

数列anが、a1=2,an+1=(an+3/an)/2であるとき、n→∞にすると、anは√3に収束することを証明せよ。

この問題が分からないくて困っています。
相加相乗平均でan≧√3はすぐに出てくるのですが、これ以降どのように挟み撃ちにもって行けばいいのか分かりません。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ねてしまったかな。

一応書いておくと、
an+1 - an = (an + 3/an)/2 - an
= (-an + 3/an)/2
= (3 - an^2)/2an
であり、an≧√3 から、an+1 - an≦0 を得ます。

分数式を評価するときは、通分しましょう。

Q生活の中で表している例(自然数、整数、有利数、実数、複素数)

質問:生活の中で表している例を教えてくださーい。
自然数、整数、有利数、実数、複素数についてそれぞれ。
多分、自然数、整数の場合は、デジタルな家電品なんかのようです?
有理数?
実数?
複素数?
ヒントは、経済モデル底打ち(下限)とか、シンデレラの話など
と聞きましたが、ピーンときません。
誰か、ヒントでもおしえてーーー・

Aベストアンサー

先頭から順番に

リンゴの数
預金額(負債はマイナスで記載されます)
ものさしの目盛り
登記簿(123分の1なんて.ちけんがマンション等では登記されます)
複素数は.交流理論ですね。

経済モデル等でも力学とほぼ同じ微分方程式が使われます。今の経済はわかりませんので.この程度の知識しかありません。


人気Q&Aランキング