武藤敬司の愛称「CROSS WIZARD:S」と「NBM」って有りますよね。これの具体的な意味を教えて下さい。m(_ _)m

それと、「ム-ンサルトプレス」と「ラウンディングボディ-プレス」の違いはなんですか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先に「NBM」の方からですが、これは正式には


「Natural Born Master」。
“生まれながらの天才”の意味です。

そして「Cross Wizard:s」の方は、「NBM」を踏まえての
“天才を超えた魔術師”という意味が込められたものです。

さて、技の違い。
当初は「ラリアット」と「ラリアート」程度の、実況者に
よる違いだったのですが、現在「ラウンディング~」の方
は「ム-ンサルト~」を含む回転式プレス技の総称として、
正式なネーミングのされていない技が使われた場合に便宜
上使用される場合が多いようです。
    • good
    • 0

下でcrimsonさんの書かれているとおり


 「Natural Born Master」=生まれながらの天才
 「Cross Wizards」=天才を超越した魔術師
ですね。

 で、ラウンディングボディープレスと、ムーンサルトプレスの違いは…
 かわされた時に着地できるか出来ないかの違いだそうです^^;

 本来は初代タイガーが使っていたきりもみ式のボディープレスだったそうなんですが、いつのまにかムーンサルトプレスの別称になってしまったようです
    • good
    • 0

「NBM」は「Natural Born Master」の略ですね。


意味は・・・・・NaturalBornで「生まれつきの」なので
「生まれついての熟練者」で「天才」って感じでしょうか?
「生まれついての支配者」って事で「ボスは俺で当然だ!」って事かもしれません。

Crossには「交錯する」という意味もあるので
「交錯する魔術師」でしょうか??意味が解りませんね。(^^ゞ
ちょっとひねると
Crossには「抹殺する」Wizardには「専門家」という意味もあるので
「抹殺の専門家」なのでしょうか?(物騒ですな)

ムーンサルトPは「胸で当たる」
ラウンディングBPは「膝を当てる」ってようにも見えますね。

初代タイガーマスクのラウンディングBPは身体をひねりながら後方に
回っていたような気がします。武藤選手のとは別物なのでしょうかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武藤敬司の入場曲

武藤敬司の入場曲で何が一番好きですか?
僕はスペースローンウルフ時代の曲やSYMBOLがすきです。

Aベストアンサー

NWO TRIUMPHですね♪

NWO時代ムタじゃなく武藤がヒールなんか出来るのかよ??
と疑問に思っていましたが、
見事なヒールになって、さすが武藤と言っていた頃が懐かしい・・・

Q武藤敬司のプロレスセンス

1あなたが多くのレスラーの中で一番に武藤敬司が好きな理由を聞かせてください  2武藤敬司の曲で一番好きな曲はなんですか?  3武藤敬司の戦いで最も印象に残っている戦いは誰戦ですか? 4武藤敬司の次に好きなレスラーは誰ですか? 5今どれ位武藤敬司が好きですか? それとも好きでしたか? 回答お願いします。

Aベストアンサー

まず、武藤が好きな理由はあの華麗な動き・戦いのセンス

やはりテーマは「ホールドアウト」

戦いはベストバウトにも選ばれた天龍戦

武藤はとても好きです

Q合気道の「表」「裏」とは?「一教」「二教」とは?

合気道超初心者です。
技の「表」と「裏」との違いは何でしょうか?
色々本を読んでいると同じ技で「表」「裏」とか出てくるのですが、何を基準にどう違うのか良くわかりません。
ご存知の方お願いいたします。
それから「一教」「二教」・・・とありますが、これはだんだん難しくなるという違いでしょうか?
こちらもお教え下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

もっともなご質問だと思います。ご指摘の通り「表」と「裏」には厳格な違いはありません。ただし技の分類上、一般の道場では相手の体勢が崩れて直線で技が進行できる状態を「表」、一方相手の体勢が崩れず、よって相手の勢いに乗じて背面に回りこむ状態を「裏」と言い習わしています。もともと見極めが難しいものをたった2種類にまとめるものですから、初心者が困惑するのも当然です。違和感があるでしょうが最初は見よう見まねで動きに慣れてください。さて、「一教、二教・・・」ですが、これは極く大雑把に申し上げると凶器を制する際のバリエーションでして、通常の稽古では関節技の一環として教えられると思います。ちなみにそれぞれの難易度には差があるわけではなく、その時の体勢と凶器(刃物)の刃筋の状態によって対処法が変わるのを幾種類かに分類しているわけです。

Q柔道・剣道で「四段」「七段」「九段」の読み方

近々、柔道関係の方々とお会いする機会があるのですが、
段位の読み方がわからなくて困っています。
「初段」、「二段」、「三段」、「五段」、「六段」、「八段」、「十段」の読み方は、
おそらく「しょだん」、「にだん」、「さんだん」、「ごだん」、「ろくだん」、「はちだん」、「じゅうだん」で多分合っていると思うのですが、
「四段」、「七段」、「九段」はどう読むのでしょうか。

囲碁や将棋ではなく、柔道や剣道の段位の読み方ということでお願い致します。

Aベストアンサー

よんだん
ななだん
(く、きゅうだん)注

根拠はそういう風に型の際に紹介するからです。

注:現在の剣道では九段はありません。
八段が最高です。
かつて九段はいましたが呼び方はたぶん「きゅうだん」です。
「きゅうだん」の呼び方に根拠はありません。

Q三沢と武藤 

三沢と武藤 

どちらが上ですか?

Aベストアンサー

お互い全盛期の設定で考えると三沢の方に分があると思います。 武藤は昔から天才肌のレスラーとして知られていますが、好不調の波が激しく、一時期大スランプに陥った事があります。(その時に髪を丸坊主にしました) 一方、三沢の方はスランプと言われるようなものもなく、常に安定した強さで第一線のトップとして闘ってきました。オリジナルの技で比較しても武藤に比べて三沢の方が断然多いですね。(武藤はクラシックな技を自分流にアレンジしたものが多いです) 個人的な結論ですが、短期決戦だと武藤。消耗戦だと三沢かなと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報