色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

位置付けが似ているものを比較したら、こうなるでしょうか。

東京都 ≒ グレーターロンドン(Greater London)

東京都区部 ≒ インナーロンドン(Inner London)

東京都市部 ≒ アウターロンドン(Outer London)

gooドクター

A 回答 (2件)

はい、その定義でいいと思います。



元々グレーターロンドンは、ロンドンの周辺地域で、ロンドン市の行政区域ではなかったところを「ロンドンを構成するカウンティ」としてロンドン市行政と一括で管理するようにしたもので、カウンティは通常「郡」と訳されますが、行政区域としては都道府県と役割が良く似ています。

したがって、カウンティとしてのグレーターロンドンは東京都、その中の「歴史的に元々のロンドン市を構成していた地域」がインナーロンドンで23区と言っていいでしょう。
都市部がアウターロンドンなのですが、日本の都道府県制は古来の令制国の概念と、江戸時代の幕藩領地の概念を包括して分割しているため、ロンドンのようなきれいな円周にはなっていません。

ですからグレーターロンドンに相当するグレーター・トウキョウは「多極分散型国土形成促進法」における東京圏(概ね都心から70kmぐらいまでの距離)のほうがより近い、という考え方もあります。
    • good
    • 0

むしろ



グレーターロンドン(Greater London):東京23区
インナーロンドン(Inner London):山手線の内側
アウターロンドン(Outer London):東京23区のうちの山手線の外側

という感じではないかな。「山手線の内側」は行政区画ではないけど。

「都市」としてのイメージからは、東京都市部といっても青梅市やあきる野市、八王子市などは「グレーターロンドン(Greater London)」には相当しないと思う。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング