最近の映画(10年内)だと思うんですが、大人になってからのヘレン・ケラーの映画で、サリバン先生が、男性との恋とヘレンへの愛情に葛藤して、ヘレンをとり、男性が去るという話です。
たぶんヘレンが大学生で一軒家を借りたり、ピクニックに行ったり、普段の生活に重点がおかれていたような・・・。
サリバン先生の葛藤が見ていて切なかったです。

タイトルをご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

'98年に作られたTVムービーで、「奇跡の翌日/その後のヘレン・ケラーとアニー・サリバン」というタイトルで放送された作品があります。

日本では2000年1月にNHK教育TVで放送され、好評により7月に再放送されたそうです。原題「Monday After the Miracle」。多分これではないかと思うのですが。

監督:ダニエル・ぺトリ、主演:ローマ・ダウニー(アニー・サリヴァン役)、モイラ・ケリー(ヘレン役)、ビル・キャンベル他

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0170256
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

テレビで見たんですが、てっきり映画だと思ってました。
参考のHPも見てきました。
タイトルも役者さんも解って、胸の支えが取れました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリティ・ヘレンのテーマ曲は?

プリティ・ヘレンのテーマ曲は、誰の何という曲でしょうか?

予告編でも流れている、
~~~サイコーと聞こえる曲ですが。

Aベストアンサー

こんにちは
Liz Phairの「Extraordinary」ですね。
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1860919

Qピクニック・at・ハンギングロック

ピーター・ウェアー監督の「ピクニック・at・ハンギングロック」という映画についてなのですが・・・・・
1900年に、オーストラリアのメルボルン近郊で起きた少女失踪事件を元に製作された、ということになっています。
でも、これは実際にあった事件なのでしょうか。
いろいろ検索して調べてみましたが、今ひとつはっきりしません。
このことについて、掲載されているサイト、または書籍、雑誌などをご存知の方がいらしたら、教えて下さい。
海外のものでも構いません。(日本語でなくても構いません)
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

おもしろい話題なので、わたしもつい、いろいろ検索してしまいました。
おそらく、uminosokoさんもすでにごらんになってるサイトやもしれませんが、以下ヒットしました。

http://www.peterweircave.com/articles/articleg.html
http://www.ltokyo.com/yanasita/diary/98083.html

一番下のは、柳下毅一郎氏の日記で、ピーターウィアー監督がインタヴュー下時に「私も知らないが、たぶんフィクションだと思うね」と答えたと、軽く触れられてるのみですが。。。

Qオススメのティーン映画&お馬鹿映画&コメディ映画(ラブコメも好き)

こんばんは。年末休みは映画三昧で迎えようと思います。そこでオススメのティーン映画他などを教えて下さい。明るいH系なのも大好きです^^。自分が面白いと思ったのが、チアーズとかニューガイとかアメリカンパイシリーズです。こんな俺にオススメの映画はありますか?教えて下さい。お願いします

Aベストアンサー

「初体験リッチモンドハイ」
ショーン・ペンがとっても楽しいキャラのちょっとHな学園コメディ
比較的、どこでも見つかると思います。

「ガールズ・ネクスト・ドア」
これも、ちょっとHなラブコメですな。
隣の女の子は実はポルノ女優だったと言う話。
エリシャ・カスバートの元ポルノ女優役がハマリすぎ。

「プッシー・キャット」
ハンナ・バーベラのアニメ「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」の実写映画化です。
ガールバンドのコメディ映画です。

「踊るマハラジャ NYへ行く」
インド人元ダンサーがNYで、SEXの導師<グル>に間違えられると言うコメディ
ヘザー・グラハムのポルノ女優役が素晴らしいですハイ。

「バス男」
どちらかと言えば、ユルユル系のコメディ。
個人的にはかなりオススメ。

「クリスティーナの好きなコト」
これを彼女と見ると絶対に引きます。
キャメロン・ディアスが明らかにやりすぎの、エッチというより、
エロ話というべきコメディ

Q幻想名作『ピクニックatハンギングロック』

のDVDがリリースされていることを知り購入しようとしたのですが、デレクターズカット版と銘打ち時間が104分となっていました。しかし、公開当時の上映時間は116分だったはずです。
これってピーター・ウィアーがハサミを入れたバージョンってことなんでしょうか。それともアマゾンの間違いなんでしょうかね。よろしくお願いします。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006HJ0V2/qid=1131633236/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-4585407-0597062

Aベストアンサー

確かに おっしゃるとおり86年公開当時は116分で上映されていたようです。

ALL CINEMA ONLINEのデータによると「ディレクターズ・カット版」は107分+特典映像になっています。(大体 どの映画サイトを見ても107分+特典映像<予告編>となっているようです)
なので104分というのは AMAZON側の間違いかと思われます。

公開当時フィルムと今回DVDとの時間差は タイトル通りで捉えるならばピーター・ウィアーが再編集したもの、なんでしょうね。
私も この映画の何ともいえない不思議な美しさが忘れられません。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19023#OPSD-S291

Qピクニック・アット・ハンギングロックという映画について

ピクニック・アット・ハンギングロックという映画をご存知の方はいると思いますが、原作者について知っている方はいらっしゃいますか。
ジョーン・リンジーという方なのですが、この人が、この映画について書いた本(一般に向けて出版されたもの)はあるのでしょうか。日本語訳ではなく、洋書でも構いません。
また、この映画について書かれた書籍や雑誌などをご存知の方、教えてください。(これも洋書でも構いません)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者のyuko54さん、この場をお借りしましてpsssさんの質問にお答えさせていただくことをお許しください。

私が以前に聞いたことがあるのは、「原作(本)が出版される時に最終章が削除された。なぜならその最終章に『これはフィクションである』との謎解きがあり、それが全体の雰囲気を壊すからではないか」
というものでした。

で、NETで検索したところ、やはりあれはフィクションという記述を見つけました。

削除された最終章がタイトルを「The Secret Of Hanging Rock」として出版されたらしいのですが、こちらの内容については私が聞いたものとは違うような・・・。

欧米では当然「フィクション」にカテゴライズされているようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報