島尾敏雄の小説のタイトルに「死の棘」っていうのがありますが、これって何か昔からそういう慣用的な表現があったのでしょうか?それとも島尾さんのオリジナルなのですか? 

ふと、その言葉が気になって調べたんですけど、辞書にもないし、検索しても島尾さんばっかりで…。おまけに、その小説も読んだことがないので余計に分かりません。

もし何かに由来してるのでしたら、原典と意味を教えていただきたいのです。
本当にふとした疑問ですみません。

A 回答 (1件)

新約聖書からの1節からきています。


「『死よ、なんぢの勝(かち)は何処にかある。死よ、なんぢの刺(はり)は何処にかある』死の刺は罪なり、罪の力は律法(おきて)なり。されど感謝すべきかな、神は我らの主イエス・キリストによりて勝を与へたまふ。然(さ)れば我が愛する兄弟よ、確(かた)くして搖(うご)くことなく、常に励みて主の事(わさ)を務めよ、汝等その労の、主にありて空しからぬを知ればなり」(コリント前書-第15章55-58)
訳によって「死の刺」「死の針」とあるそうです。読み応えのある内容でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 新約聖書の言葉だったのですかー。

「死が針で我々を狙っていて、その針というのは「罪」のことであって、罪の力が律法で、だけど我々はイエス・キリストのおかげで死に勝つことができて……」、みたいな感じでしょうか。意味はよく分かりませんけど。

 この島尾敏雄の小説でいう死の棘すなわち罪っていうのが、例の不倫ってことなんですよね?
 
 由来が分かってすっきりしました。ありがとうございます。読み応えありとのこと、挑戦してみます。

お礼日時:2001/07/22 14:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「死の棘」という言葉はどこから?

島尾敏雄の小説のタイトルに「死の棘」っていうのがありますが、これって何か昔からそういう慣用的な表現があったのでしょうか?それとも島尾さんのオリジナルなのですか? 

ふと、その言葉が気になって調べたんですけど、辞書にもないし、検索しても島尾さんばっかりで…。おまけに、その小説も読んだことがないので余計に分かりません。

もし何かに由来してるのでしたら、原典と意味を教えていただきたいのです。
本当にふとした疑問ですみません。

Aベストアンサー

新約聖書からの1節からきています。
「『死よ、なんぢの勝(かち)は何処にかある。死よ、なんぢの刺(はり)は何処にかある』死の刺は罪なり、罪の力は律法(おきて)なり。されど感謝すべきかな、神は我らの主イエス・キリストによりて勝を与へたまふ。然(さ)れば我が愛する兄弟よ、確(かた)くして搖(うご)くことなく、常に励みて主の事(わさ)を務めよ、汝等その労の、主にありて空しからぬを知ればなり」(コリント前書-第15章55-58)
訳によって「死の刺」「死の針」とあるそうです。読み応えのある内容でした。

Q「古希」の原典は?

広辞苑によると[杜甫、曲江詩「人生七十古来稀」]
七十歳のこと…とあります。詩の全体を、無理ならその前後を知りたいのです「新唐詩選」「中国名詩選」「唐詩選」「杜甫詩選」などを見てみましたが、出てきません。

Aベストアンサー

補足です。

 人様のホームページばかりで申し訳ありませんが、下記にいかれると訳も掲載されています。
 

参考URL:http://www.geocities.jp/sybrma/14toho.shi.koki.htm

Qあらすじって誰が書いてるんでしょうか?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体...続きを読む

Aベストアンサー

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!
結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;

Q英語の原典について

英文学の授業でよく先生が、原典を読め、と勧めるのですが、英語の人称は
基本IとかYouとかしかなくて、女言葉、幼児言葉等の使い分けもはっきりしません。
本も安っぽいザラ紙に雑な装丁で、買って眺める楽しみもないです。
はなはだ味気ないとおもうのですが、原典で読む魅力を教えてください。
また、紙や装丁にこだわるのは日本人だけなんでしょうか。
読んでいるとどっちが男でどっちが女かわからなくなるのが困ります。

Aベストアンサー

そのような言葉の使い方の違いは、文化の違いから来ています。何でこうなのかな?から始まって、日本は何でこうなんだろう、につながっていくものです。英語圏の文化を知ること、日本の価値を見直すことになるのだと思います。それが学問でしょう。

主語で追うのではなく、文脈で追う習慣が必要です。

英語圏は本は高価なものです。高価な上製本と安価なペーパーバックの両極端。ペーパーバックは読み捨て的なものですから体裁や保存に価値は置かれません。必要なページだけ破りとって持ち歩いて読む人もいるのだそうです。そんなだから電子書籍の普及が速かったようです。日本は文庫本などもある程度はコレクションとして保管できるものになっていますし、ここにも文化の違い、考え方の違い、歴史の違いが存在しますよね。

知ろうとすれば面白いことはたくさん出てきますよ。

Qジャンプあらすじ

ジャンプあらすじ


週刊少年ジャンプを次の木曜日から買おうとおもうのですが
漫画のあらすじがぜんぜんわかりません
各まんがの簡単なあらすじをおしえていただけませんか
おねがいします

Aベストアンサー

http://www.shonenjump.com/j/rensai/index.html

Q人を勇気付ける慣用表現

今度、手紙にアメリカに留学しようとしている友達へ手紙を書きたいのですが、何か一言英語で慣用表現で人を勇気付けられる言葉を書きたいです。例えば「信じる心と勇気を持っていれば夢は叶う!」の様なのを英訳してみるとか。とにかく、何か教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

Go forward! 前に向かって進め!

 ラグビーで使われる言葉です。ラグビーはボールを持って敵陣に突っ込みタックルをかわしてゴールを目指す競技です。いかなる困難があろうとも、万難排して目標に向かって突き進め、というイメージの言葉です。単純なだけ、心に残る言葉だと思います。

Q【リア王のあらすじの書き方】

文庫本?のリア王という本のあらすじを書くという課題が出たのですが
ほとんど読書をしない私は、あらすじの書き方がわかりません。
しかも今本を読み始めたのですが、殆ど台詞ばかりで困っています。
それぞれ第○幕という区切りがあるのですが、その区切りごとにあらすじを書くのです。

どなたか、あらすじを書くときのポイントや書き方など
分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正しいあらすじの書き方というのは知りませんので、私の場合ということでお返事します。

1.
あらすじの肝心なポイントは「結末部(結論部)」をうまく紹介することにあると考えます。
物語にはクライマックスという山場があります。この山場がいかに面白いかを浮き彫りにするのがあらすじ書きの醍醐味と考えています。(但し、まだ作品を読んでいない人に紹介する場合はこのクライマックスの内容を書いてはいけない)

1'.
又、あらすじにはあまり書かないものですが「結」も大事な部分です。
物語をどう収束させ、読後感を直接左右する部分でもあります。この部分は客観的に紹介するよりも、自分がどう感じたかを主観的に書いた方が活き活きとしたあらすじになると思います。

2.
文字数などに余裕があれば、物語の導入部にもスポットを当てます。
導入部は
- 「物語の背景」(時代、舞台=場所、登場人物など)を明確にします。
- 物語がそもそもどうやって始ったのか(発端です)が書いてある。
- クライマックスに結びついて行く主題がかいてあることがある。
などの特徴が手がかりとなります。

3.
更に余裕があれば、物語の展開部にもスポットを当てます。
展開部は
- 物語の発端がどうやってクライマックスに向かって行ったのか
- 物語(多くの場合は主人公)の方向を決定付けるどんな事件が起きたのか
を手がかりに、主に物語の推移にスポットを当てます。
スポットが少なければ少ないほど物語が整理されて見えますが、少なすぎると物語の流れが判らなくなります。
主な登場人物と、それぞれが物語に果たす役割にスポットを当てると書きやすいと思います。

●「リア王」の場合
「リア王」の場合は結末部に当たる「転」部と「結」部の落差の激しさが読者の心を揺さぶるポイントだと思います。しかし、その落差はそこに至る展開のすばらしさによって引き起こされるものです。あらすじとしてどちらもおろそかにできません。

●脚本のあらすじ
「台詞ばかり」で困っていらっしゃるとの事でしたが、シェイクスピアの作品は舞台用に書かれた脚本ですから、脚本に書かれていない登場人物の挙動などは想像するしかありません。泣き顔、笑顔、怒った顔など、想像力をフルに使って登場人物を描いてみてください。
ある程度キャラクターを掴んだら、頭の中に好きな役者を登場させて演じさせてみるのも面白いかもしれません。

●幕ごとにあらすじを書く
「リア王」は5幕のようですが、それぞれの幕が「導入-展開-結末」のどれに当たるかを考えて、導入部のあらすじには物語の背景を、結末部にはある程度自分の主観や感想を盛り込むと良いでしょう。
幕ごとにどう始まってどう終わるかということがあるので、その幕の話の流れを説明し、なぜそういう展開になったのかに触れるとまとめやすいと思います。

参考にしていただいて、ご自分なりのあらすじの書き方を模索してみてください。

正しいあらすじの書き方というのは知りませんので、私の場合ということでお返事します。

1.
あらすじの肝心なポイントは「結末部(結論部)」をうまく紹介することにあると考えます。
物語にはクライマックスという山場があります。この山場がいかに面白いかを浮き彫りにするのがあらすじ書きの醍醐味と考えています。(但し、まだ作品を読んでいない人に紹介する場合はこのクライマックスの内容を書いてはいけない)

1'.
又、あらすじにはあまり書かないものですが「結」も大事な部分です。
物語をどう...続きを読む

Q慣用表現とイメージについて

 先日、ジャンル「言語」で「猫撫で声」についての質問(249499)をしたのですが、そのときの回答を読んでいろいろ考えさせられたことがあるので、また別な形で質問をしてみることにしました。よろしくお願いします。
 要点は「慣用表現とイメージの関係」ということになるかと思います。どういうことかというと、わたしなどは「猫撫で声」という表現に対すると、そのイメージ(五感すべてを含む)が自然とそのたびに浮かぶことが多いのですが、どうも一般的には猫の影もちらつかないようです。当初のイメージが擦り切れてしまった後に、はじめて、その表現は常套句と呼ばれるに値するものになるのでしょうが、表現とイメージとの関係についてはどうやら個人差が大きいように思えます。
 たとえば「燈台下暗し」という慣用表現がありますが、あるときまでわたしはこの表現を耳にしたり、眼にしたりするたび、港の灯台を思い浮かべていたのでした。そして、ここでいわれている燈台が港の灯台ではないと知った現在でもなお、この表現に対すると、まず夜の静まりかえった港の灯台をイメージし、そのあとで、おもむろに、ああそうではなかったと自嘲気味にそのイメージを再変換しているような感じなのです。あるいはサルスベリをみるときまって間抜けな日本猿が頭を過ぎったりもするのです(あ、これは慣用表現ではありませんね)。
 そこで質問なのですが、みなさんにはそのような経験はないですか。たとえば「走馬灯のように思い出が駆け巡った」という文章で、走馬灯がいちいち脳裏にちらつくこと、あるいは「蛇足ですが」という言葉にあの爬虫類をイメージして鳥肌がたつこと(この鳥肌という単語にあの鶏の肌を思い浮かべてさらに鳥肌がたったりして……)、そんなことはありませんか。慣用表現とイメージとの関係で、個人的な興味深いエピソードがあれば教えてください。お願いします。

 先日、ジャンル「言語」で「猫撫で声」についての質問(249499)をしたのですが、そのときの回答を読んでいろいろ考えさせられたことがあるので、また別な形で質問をしてみることにしました。よろしくお願いします。
 要点は「慣用表現とイメージの関係」ということになるかと思います。どういうことかというと、わたしなどは「猫撫で声」という表現に対すると、そのイメージ(五感すべてを含む)が自然とそのたびに浮かぶことが多いのですが、どうも一般的には猫の影もちらつかないようです。当初のイメージ...続きを読む

Aベストアンサー

前回もコメントさせていただいたmartinbuhoです。
慣用表現を使うに際し、その言葉に込められた本来のイメージに悩まされた経験はほとんどありません。私の場合、大部分の慣用表現は先ず耳からはいり、数多く聞いているうちに意味がなんとなく分かり、後に正確を期すため辞書で調べるものが多かったせいだと思います。『それは間髪をいれずやることが大事だ』というとき、毎回どの程度の隙間だろうかなどと考えたりしません。間髪即ち即座にと覚えているからです。

このような表現は中国古典から取り入れられ、それが徐々に民間(庶民)にまで広がったものが多いので、どの段階(分野)で使用されるかによって意味が微妙に変化することもあります。(猫なで声の娘が先か、やくざが先かの例)。ある言葉はAからB、BからC、CからDというように時代(時間)とともに使用される分野が広がり、原典から離れて特殊な意味でのみ使われることも起こってくると思います。中には理解できない言葉と化してしまうものもあります。Cの段階で使い始めた人と
Dの段階で使う人では理解に差が生じる事もありえます。

「蛍雪」「行灯」「灯火」「灯台」「走馬灯」などの古い言葉や外来語(中国からの)を使用した慣用表現、ことわざなどは元のイメージは湧かず、辞書で意味を覚えるのが精一杯ではないでしょうか。

人それぞれですから断定は出来ませんが、あるとき「蛇足」という言葉の存在に気がつき、その意味を調べて使い始める人よりも、このような場合には大人は(或いは知識人は)蛇足という表現をつかうのだ・・と耳から覚えた言葉を自分も使い始め、その語源にまで興味をもつこともあるでしょうが、全ての言葉の語源をひとつひとつ調べる人は少ないような気がします。従って音だけで理解し、あるときとんでもない誤解に気がつくこともあるわけです。言葉の意味から入らず漢字から入った人には漢字が気になって仕方がない人もいると思います。

前回もコメントさせていただいたmartinbuhoです。
慣用表現を使うに際し、その言葉に込められた本来のイメージに悩まされた経験はほとんどありません。私の場合、大部分の慣用表現は先ず耳からはいり、数多く聞いているうちに意味がなんとなく分かり、後に正確を期すため辞書で調べるものが多かったせいだと思います。『それは間髪をいれずやることが大事だ』というとき、毎回どの程度の隙間だろうかなどと考えたりしません。間髪即ち即座にと覚えているからです。

このような表現は中国古典から取り入れられ...続きを読む

Qパイレーツオブカリビアン4のあらすじ・・・

パイレーツオブカリビアン4のあらすじ・・・
4あらすじ教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.cinematoday.jp/page/N0019682?g_ref=twitter

これぐらいのあらすじしか、まだ無いよ

Q美しき春の山、桜花・・・この原典は?

「瀬々走る ヤマメ ウグヒ の魚群(うろくず)に
 美しき春の山 桜花」

 この原典をご存知のかた、ご教示くださいませんか。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

若山牧水の「夕日と食欲」ですね

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/meisaku/bokusui/html/bokusui048.html


人気Q&Aランキング