最新閲覧日:

幼い頃見ててトラウマになったアニメってありますか?自分はゲゲゲの鬼太郎のエンディングの歌の絵があまりの怖くて見れなかった記憶があります。もう一つは漫画なんですが何も知らずに兄の持っていた漫画版デビルマンを読んだときです。皆さんトラウマになるほど衝撃的だったアニメのシーンってありますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (75件中31~40件)

ドロロンえん魔くん


漫画版だったかもしれませんが、ろうそくの妖怪に取り憑かれた人間がどんどんと燃えて短く(!)なっていき、最後まで燃え尽きると死んでしまうという話に衝撃を受けました。顔が半分溶けていたり、下半身だけで歩いている人間とかの描写が、30年近く経っていると思われますが、今でも克明に思い出せます。

ゲゲゲの鬼太郎(第1期か第2期)
神様の呪いにあった人間の体の一部がどんどんと無くなっていき、最後は手で這って穴の中に消えていくというシーン。目とかが体中に吸い込まれて行く様子と、真っ赤な足形、手形が衝撃的でした。でも、怖い物見たさで再放送の度に見ていた気が・・・。

超人バロム1(特撮ですが)
怪人が水道水に毒を投げ込んだ為、それを飲んだ人々が石になってしまうという話。この後、数ヶ月間は水道水を飲めない子供でした。
    • good
    • 0

かの傑作、『AKIRA』です。



超能力者のお話だと聞いて、話題の作品だったし、TV初放送をワクワクしながら観ました。
しかし顔だけ年老いた気持ちの悪い子供達は出てくるし、超能力が暴走して部屋いっぱいに細胞が増殖していく…っぽい生々しい描写と音楽が今思い出してもガクガクブルブルするほどトラウマです。。。
当時流行っていた米米CLUBの『FUNK FUJIYAMA』の間奏(OH OH OH OH …と続くところ)が、AKIRAのあの細胞増殖場面を連鎖的に思い出させられて、街で流れているだけで吐き気を催すくらい苦しめられました。

大人になったのだから名作『AKIRA』を改めて観てみたいと思うのですが、『エスパー魔美』系超能力者に憧れていた当時の私の心をズッタズタにしたこの作品に、未だに身体が思い切り拒否反応を示して観る事ができません(涙)

漫画では私も『座敷女』。
怖すぎてタンスの引き出しの奥に隠して、でもその部分から邪悪な空気がどよ~んと感じられて、引き出しを再度開けることすら怖くて数日パニックしてました。
    • good
    • 0

なんといってもアニメの「妖怪人間ベム」でしょう!!


あれのオープニング曲に流れるアニメーションからして暗くて怖くて・・・・。でも見たいので友達と目を隠しながら覗き見していました。あんな怖いアニメ、子供向け?に作っていいのかって思います。
妖怪の「ギャー!」というか「キシャー!」みたいな叫び声も怖かった!
    • good
    • 0

マンガならあります。

美内すずえの「白い影法師」
学校の机の教科書とか入れるところから、霊が覗いてるのが怖くて怖くて。
しばらく学校の机の中見るのも物入れるのも怖くて、座るのも嫌でした。
今思い浮かべるだけでも怖い。というか、怖すぎて今でもあの絵を忘れられない自分が憎い・・・。何十年前のマンガだ。
今でもまだ読み返そうと思えない。
「黒百合の系図」も怖いけど、あれはトラウマになるほどではないからマシかな。地下鉄で踏み切り音聞くと、未だにドキッとするけど。

アニメはそれほどのものはないなあ。妖怪人間ベムのオープニングはちょっと怖かったけど。
    • good
    • 0

No.40さんのネオブラックゴーストは凄い話でしたね。



三つ子の悪の天才の話ですね。
ある時、三つ子にそっくりな聖人が現れて、その調査にサイボーグ軍団が出向くわけです。
しかも三つ子はその聖人を危険視していて、サイボーグ軍団は保護に乗り出す・・・。
そして物語が進むうち驚愕の事実が・・・!
そっくりなのはそのはず、その聖人はその三つ子がそれぞれにわずかに持つ、良心の部分を切り取り、一つにあわせた人間だったから・・・。
だから三つ子はその切り取った部分を機械で補っている。

最終的にその聖人は、悪から生まれたことを嘆き、自分が悪から生まれたものであるなら、悪を滅ぼすためにもろともに消え去る方法を選ぶと言うそれもまた強烈な最後で・・・。

今から考えればとんでもない話で、物理的・医学的にムリですが、奇抜なアイデアに満ちた作品でした。
    • good
    • 0

TVアニメの方のサイボーグ009、ネオブラックゴースト?の三つ子が強烈でした…。

実は四つ子だったっけ?(間違っていたら誰か教えてください)三つ子のBGMがパイプオルガンの曲だったと思うんですが、奴らを引き立てていて妙に怖かった…。ああ、キモチワルイ。
ブラックゴーストの脳みそだけも強烈だったんですが、脳みそだけだったからなのか、あまり覚えてません。

奴らを最初に目撃した時は怖くて怖くて。登場シーンでは毎回、早くコイツラの場面過ぎてくれ…と願いつつ、お腹を痛めてました。ジョーに初恋していた小学生だったので、必死に見てました。
    • good
    • 0

今は平気ですが、私も同じようにゲゲゲの鬼太郎が駄目でした。


特に、白黒時代の鬼太郎が小さい頃全然見ることができませんでした。
    • good
    • 0

アニメではないのですが。

。。。
「死霊のはらわた」という映画があり、
私が小学生のころ、通学路に
その映画のポスターが貼ってあったのですが、
なんか、指を目に差してレバーのようなものが
ドロンと出ている写真があった。

あれを見て数日は一人では寝られませんでした。
    • good
    • 0

アニメ:



『装甲騎兵ボトムズ』
最終回で主人公キリコ・キュービィが、アストラギウス銀河の全ての
戦争を支配する巨大なプログラム「ワイズマン」を滅ぼすシーンです。
だって、ロボット・アニメで「神殺し」をやるんですよ!

『鋼鉄ジーグ』『マジンガーZ』
とにかく苦戦ばっかりします。腕の一本や二本ざらに落ちます。
その陰惨なファイトは「主人公ロボットがこんなに弱くていいのか!」と
強烈な印象を残しました。

『超時空性器オーガズム』じゃなくて『超時空世紀オーガス』
第一話冒頭…主人公と恋人のベッド・シーンです。
日曜の真昼間にいきなりこんなもの見せられて
トラウマにならない方がどうかしてる。


マンガ:
『デビルマン』『真夜中の戦士』永井豪
ともに人間の醜さ・おぞましさをいやというほど見せ付ける作品です。
小学生が読むものじゃありません。

『凄ノ王』永井豪
物語の序盤で主人公の恋人・雪白小百合が不良グループに輪姦されます。
10歳でこれを読んだ結果「見知らぬ他人は皆敵だ」という人生観を
持つに至りました。


番外編:
ウルトラセブン「超平気R1号」
地球人の身勝手な兵器開発の為に故郷を滅ぼされた宇宙生物が
凶暴化して地球を襲います。
ウルトラ史上有数のトラウマ・エピソード。

ウルトラセブン「ひとりぼっちの地球人」
地球人が誰一人認めなかった発明を認めてくれた宇宙人科学者。
その真の目的は科学の発展ではなく、地球侵略だった。
信じていた宇宙人の裏切りを知った若き科学者の行動は…。
もの凄く切ないエピソードでした。

映画『鬼畜』
松本清張原作・緒形拳主演の映画です。
作中に描かれる児童虐待の凄まじさは大人でもトラウマもの。
    • good
    • 0

24時間テレビの枠で放送された「三つ目が通る」



女の人の顔のついた鳥とか、手首を切られた死体とか、それが眠っている墓地を指して「丘の向こうで誰かが手招きしている」とか言う台詞とか・・・。
そもそも、おどろおどろしい原作ではありますが、アニメになると、本当に怖かったです。

何よりも、目標達成を目の前にした敵役が失意のうちに死んでいく様が、怖かった・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ