プロが教えるわが家の防犯対策術!

ミクロ経済

ACとMCの違いは、ACには固定費用も可変費用も入っていて、MCには一定である固定費用は入っていないということですか?

また、完全競争社会においては、MRは価格の分だけ増えるからMR=Pと習ったのですが、利潤最大化のためにP=MCとなるように生産量を求めたとき、MR=MCとも言えると思うのですが、そうなのですか?

ミクロ勉強し始めたばかりで、どなたか教えてください!

A 回答 (2件)

まだ疑問あるなら、追加質問してください。


>ACとMCの違いは、ACには固定費用も可変費用も入っていて、MCには一定である固定費用は入っていないということですか?

ACとMCでは概念がちがいます。No1の記号を使うなら、
AC=C/q
MC=dC/dq

であるから、固定費用がなくても、特殊な場合以外にはACとMCは等しくならない。たとえば、No1で用いた例でいうと、固定費用がなく(FC=0)、Cが
C=aq^2
としてみよう。このとき
AC=aq^2/q=aq
MC= 2aq
と、異なる。幾何学的にはC曲線を、Cを縦軸に、qを横軸にとって描き、ACとMCがどうなるかを考えてみればよい。C曲線上の任意の点(q,C)=(q,aq^2)をとり、ACとMCがその点でどうあらわせるかを調べてごらん。ACは原点とその点でつくられる直角3角形の角度をΘとすると
AC=tanΘであり、MCはその点におけるC曲線の傾きだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらく回答がなかったので諦めていました^_^;

とっても詳しく書いてくださってありがとうございます!なるほど、固定費用がなくても、ACとMCは等しくならないんですね。ACはTC÷qで、MCは追加的1単位だから、微分して求めるということなんですね。

とてもわかりやすかったです!ありがとうございました!!

お礼日時:2018/12/23 16:54

C=総費用、VC=可変費用、FC=固定費用、AC=平均(総)費用、AVC=平均可変費用、AFC=平均固定費用、MC=限界費用、MVC=限界可変費用、MFC=限界固定費用としましょう。

生産量をqであらわそう。すると、

C=VC + FC
AC=C/q = (VC+FC)/q = VC/q + FC/q = AVC + AFC
MC = dC/dq = dVC/dq + dFC/dq = MVC + MFC = MVC
となる。つまり、
平均費用MCとは生産1単位に平均的にかかる費用のこと、平均可変費用も平均固定費用も同様。
これに対し限界費用とは生産をもう1単位増やすためにかかる追加的費用のこと、限界固定費用はゼロだから(なぜ?)、結局、限界費用は限界可変費用に等しい。可変費用とは生産量とともに変動する費用のことであり、固定費用とは生産量が増えても減ってもかかる固定した費用のこと。たとえば、VC=aq^2であらわせるなら、C=VC + FC =aq^2 + FCだから、
MC = dC/dq = dVC/dq = 2aq
となる。
完全競争市場では、各企業は市場価格を所与として行動する市場のこと、よって各企業は自分の生産を増やしても減らしても市場価格には影響を与えない、つまりpは一定と考えて行動するので、各企業の収入(売上金額)R
R=pq
よって限界収入MR
MR=dR/dq=p
と、価格に等しい。完全競争市場での、各企業は価格を所与として利潤Πを最大化するので
Π=R - C =pq - C
は限界利潤dΠ/dq=0のとき最大となるので
0 = dΠ/dq = dR/dq - dC/dq = p - MC
つまり、p=MCとなるように、生産量qを選ぶとき利潤Πは最大化される。よって、利潤最大化条件は
MR=MC
と書いてもよいが、完全競争のもとではMR=pとなることを忘れずに!

限界費用とは生産を1単位
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受験用数学だけが数学ではないよね

いい加減ウンザリしています。
何がウンザリかって。
受験用数学。
この数学カテは受験用数学専門カテなのかい?
だってよー、受験用数学だけが数学なのかい。
そんなことねーだろって。

Aベストアンサー

二度目で失礼します。

あなたがウンザリする理由がわかりません。
数学カテゴリーの過去の質問を見ても、数学は数学ですよね?
確かに受験勉強で困ってる人は居ますし、自分で考えないですぐ質問される方もいますが、数学の求め方を訊くのは正しいこの質問サイトとカテゴリーで正当なことではないのでしょうか?
それでなければ、どういう質問を望んでいらっしゃるのでしょう。

Qこの問題おしえてくれるかた、1問だけでもいいのでおしえてください!よろしくお願いします!

この問題おしえてくれるかた、1問だけでもいいのでおしえてください!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

整数n(n≧0)に対して、αn=(1+i)ⁿとおく。また、n≧1に対して、βn=αn-αn-1
とおく。
(1)βnの絶対値|βn |を求めよ。
(2)βnの偏角argβn を求めよ。
(3) |β1|+|β2|+・・・+|βn|>1000となる最小のnを求めよ。

はじめにα=α1=1+iとおくと、αの絶対値と偏角は、
|α|=√2__①、argα=π/4__②である。 (argα=π/4は度で表せば45°)
(1) βn=αn-αn-1= (1+i)ⁿ-(1+i)ⁿ⁻¹=αⁿ-αⁿ⁻¹=αⁿ⁻¹(α-1)
=αⁿ⁻¹ ((1+i)-1) =iαⁿ⁻¹__③
③から|βn |=|iαⁿ⁻¹ |=|i|・|αⁿ⁻¹ |=1・√2ⁿ⁻¹=√2ⁿ⁻¹ __④  ①を使った。
(2) ③から
argβn= arg(iαⁿ⁻¹)= arg(i)+ arg(αⁿ⁻¹)= arg(i)+ (n-1)arg(α)
=π/2+ (n-1)π/4__⑤ (度で表せば90(1+(n-1)/2) °)
 arg(i)=π/2 (90°)と②を使った。
(3) ④から
|β1|+|β2|+・・・+|βn|は初項a=1、公比r=√2の等比級数であるから、
その和Sは、公式S=a(rⁿ-1)/(r-1)により
S=|β1|+|β2|+・・・+|βn|=(√2ⁿ-1)/(√2-1)__⑥となる。
S= (√2ⁿ-1)/(√2-1)>1000の条件は
S≒√2ⁿ/(√2-1)≒1000 と近似して
logS=log(√2ⁿ/(√2-1))=(n/2)log2-log(√2-1)=log1000 
n=2(log1000+ log(√2-1))/log2=2log(414.21)/0.3010=17.388__⑦
n=17のとき√2ⁿ=256√2となり、⑥はS=(√2ⁿ-1)/(√2-1)=871.6<1000
n=18のとき√2ⁿ=512となり、⑥はS=(√2ⁿ-1)/(√2-1)=511/0.4142
=1233.7>1000
答え18
高校では偏角はラジアンを使う。度は使わない。

整数n(n≧0)に対して、αn=(1+i)ⁿとおく。また、n≧1に対して、βn=αn-αn-1
とおく。
(1)βnの絶対値|βn |を求めよ。
(2)βnの偏角argβn を求めよ。
(3) |β1|+|β2|+・・・+|βn|>1000となる最小のnを求めよ。

はじめにα=α1=1+iとおくと、αの絶対値と偏角は、
|α|=√2__①、argα=π/4__②である。 (argα=π/4は度で表せば45°)
(1) βn=αn-αn-1= (1+i)ⁿ-(1+i)ⁿ⁻¹=αⁿ-αⁿ⁻¹=αⁿ⁻¹(α-1)
=αⁿ⁻¹ ((1+i)-1) =iαⁿ⁻¹__③
③から|βn |=|iαⁿ⁻¹ |=|i|・|αⁿ⁻¹ |=1・√2ⁿ⁻¹=√2ⁿ⁻¹ __④  ①を使った。
(2) ③から
argβn= ar...続きを読む

Q100!を素因数分解すると2^a、3^b、5^c、7^16、11^9、13^7…となる。a,b,cの

100!を素因数分解すると2^a、3^b、5^c、7^16、11^9、13^7…となる。a,b,cの値を求めよ。

という数A 整数の問題です。
画像は解答なのですが、何をしているのかわかりません。なぜ素因数の数?を調べるのですか?重複しないのですか?

Aベストアンサー

#3をもう少し簡単に・・・
2を因数に含むものは
2=2x1
4=2x2
6=2x3
8=2x2x2
10=2x5
12=2x2x3
14=2x7
16=2x2x2x2



100=2x2x5x5
これらの積の2の数をすべて数えたものがaですよね
という事で、数えます。
①それぞれの積の左端にある2の数は、2の倍数の個数と同じで50こ
②左から2番目に、因数2を持つ積は(2の倍数ではなく)4の倍数だから、
それぞれの積の左から2番目にある因数2の数は、4の倍数の個数と同じで25こ
③左から3番目に、因数2を持つ積は(2や4の倍数ではなく)8の倍数だから、
それぞれの積の左から3番目にある因数2の数は、8の倍数の個数と同じで12こ
以下同様に、積の左から4,5,6番目にある因数2の数も数えることが出来て
これらを足し合わせると
50+25+12+6+3+1という式になります。
3などの個数についても同様に考えられます

Q複素関数に関する問題です。 解いてみたところこのような感じになったのですが、合っていますでしょうか?

複素関数に関する問題です。
解いてみたところこのような感じになったのですが、合っていますでしょうか?
私の考え方だと、|z|=1のときにv^2の分母が0になってしまったので、1<rとして考えた結果こうなりました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うん、あってるねぇ、完璧(^^)
|z|=1のときは 軌跡は実軸上の線分、-2≦u≦2 になる。
それはz=cosθ+isinθ と極座標表示を使えば簡単にわかる。

Q大学の解析の問題です! f(x)=√(1-x^2)が[-1,1]で一様連続であることをε-δ論法で示

大学の解析の問題です!

f(x)=√(1-x^2)が[-1,1]で一様連続であることをε-δ論法で示せ。

わかる方教えてください!

Aベストアンサー

「fは一様連続より任意のε>0に対し」、「gは一様連続よりε>0に対し」で同じεという文字は使わない方が良いかもしれません。

また、「よって|(h•g)(s)-(h•g)(t)|=|h(g(s))-h(g(t))|<ε」の関数hはどこから現れたか不明です。

証明を見つけたので、URLを載せます。

・合成関数の一様連続性の証明
http://mathematics-pdf.com/exercises/q201109091600.html

私の書いた命題と少し違う点もありますが、証明はほぼ同じです。

※ブラウザによっては数式が正しく表示されないことがありますので、もし正しく表示されなかったら別のブラウザでお試しください。

Q平方数の和

平方数の和を勉強していたのですが、以下の様な原理で証明出来ることはわかったのですが、大学で出された問題の証明の仕方は、ちょっと違っていて、三角の真ん中の値を3つ足すと、2n+1になるという証明でした。
横をt、縦をsの範囲として考えるらしいのですが、考えてもわかりません。_| ̄|○
tだけや、sだけで考えてもダメでした。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

それぞれの三角形において、座標(s,t)の値がどうなっているのかを書き出してください
例えば回転前の三角形だと、s という値のはずです…i

②の三角形だと
n- t +1…ii
でしょうか

③の三角形だと
(n+1-s) +(t-1)…iii
となります

i,ii,iiiから任意の点を足し合わせると
s+n- t +1+(n+1-s) +(t-1)
=2n +1
つまり、場所s,tによらずすべての点で2n+1となることがわかります

元の数字ピラミッドを回転させてもそこに書かれた数字の和は変化しないです
よって、三枚重ねたあとの数字の和は、元のピラミッドの和の3倍のはずです

元のピラミッドの和: Σk^2

ピラミッドの値の個数
1+2+3+…+n=n(n+1)/2

各ポジションでの和は2n+1なので、三枚のピラミッドに書かれた数字の合計は
(2n+1) n(n+1)/2

これは元のピラミッド三枚分なので全体を3で割ってやれば
Σk^2=1/6 n (n+1)(2n+1)
というよく知った式が導かれます

Q9x=4y を整数kを用いてxとyを求める場合

解答では9と4の公約数が1しかないのでxは4の倍数、yは9の倍数とありましたが、
公約数が1しかないこととxとyの倍数が決定するロジックがわかりません

Aベストアンサー

9x=4y を整数kを用いてxとyを求める場合
解答では9と4の公約数が1しかないのでxは4の倍数、yは9の倍数とありましたが、
公約数が1しかないこととxとyの倍数が決定するロジックがわかりません
>9x=4y≠0とすると、両辺9yで割って
x÷y=4÷9
⇔x:y=4:9
ですからx,yが整数なら
(x,y)=(4,9)or(8,18),or(12,27)・・・
よって、模範解答に書いてあることおり、4,9は互いに素(最大公約数が1)ならxは4の倍数、yは9の倍数という事ができます。
(当然ですが、xとyの最大公約数が1になるとは限りません・・・x、yの数値の組み合わせにより異なります)

Q以前に回答して頂いた方が画像を見てくださればわかると思うのですが、以前にした質問をなぜか閲覧できず、

以前に回答して頂いた方が画像を見てくださればわかると思うのですが、以前にした質問をなぜか閲覧できず、改めて質問したいと思います。画像の回答を下さった方に質問なのですが、どのように考えて画像のような解決法を導いたのか大変興味があります。
どうか教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

ざんねんなことに
1+tan^2=1/ cos^2θという式
はどうやっても作れないけど
1+tan^2 θ =1/ cos^2θという式
なら作れる.

Q高校の数2です。 解き方を教えてください。

高校の数2です。
解き方を教えてください。

Aベストアンサー

関数 f(x)=x^3+ax^2+bx+10 が x=1 で極大値を取り、x=3 で極小値を取るように定数 a、b を定め、その時の極大値と極小値を求めよ。

f(x)がx=1で極大値、x=3で極小値を取るのだから、f(x)をxで微分したf'(x)については、f'(1)=0、かつf'(3)=0 となる。
f'(x)=3x^2+2ax+b なので、f'(1)=3+2a+b=0、f'(3)=27+6a+b=0
この式を解いて、a=-6、b=9
故に、f(x)=x^3-6x^2+9x+10
f(1)=1-6+9+10=14
f(3)=27-54+27+10=10

-----------------

参考までに、添付グラフを。
赤い実線が求めた f(x)=x^3-6x^2+9x+10 で、黒い実線がf'(x)=3x^2-12x+9=3(x-1)(x-3)
x=1,3 の2カ所で f'(x)=0 となっており、そこで f(x) が極大値、極小値を取っていることがわかっていただけると思う。

QRTKGPSについてです。

私は今、学校の卒業研究でRTKGPSで誤差1㎝での計測ができるのかという研究をしています。
使用してる機材とソフトは、基準局用(TGRTK-A)と移動局用(TGRTK-B)とRTKNAVIを使ってます。
基準局はブログとかを見ながら設定しましたが何故かうまく繋がらず、移動局はトランジスタ技術(トラギ)を見ながら設定して計測をしましたが衛星からの受信が出来ませんでした。
どなたか詳しい人教えてください

Aベストアンサー

こんにちは。GPSで計測したことがあります。
文面からでは、何処まで接続がうまくいって、何処に問題があるのかが分からないので、何処に問題があるのかを切り分けする必要がありますね。
基地局側なのか、移動局側なのかも。ある程度、切り分けが出来ているのであれば、研究室の修士、博士課程の先輩、あるいは指導教官の先生に相談する方が話は早いと思います。
COMポートは合っているか、とりあえず、GPSからの信号は拾っているけど、電波が弱いだけなのか、見通しの良い所(建物の影響によっても届き方は変わってきます)等、順番に切り分けていくのが良いと思います。

【引用】 オープンソース準天頂衛星(QZSS)受信機(https://blog.goo.ne.jp/osqzss/e/ba97c0c61b242700ef5bd0c776d30524)


人気Q&Aランキング