これまで芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞だと思っていましたが、「20ほど前から直木賞が上になっている」という意見もあります。
本当なのでしょうか?直木賞どまりである作家も最終的には芥川を狙っている(というよりか、それも欲しい)と思いますが…。
もし違っていたらご指摘ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞



 この認識がすでに間違っています。以下をごらんください。


 芥川賞および直木賞は、「文藝春秋」の創始者菊池寛が友人の芥川龍之介と直木三十五を記念して作った文学賞で対象は新人の小説作品です。当時(昭和初期)はひどい不況時代で新人作家はほとんど衣食の道がなく、また文壇に出てくるには同人誌に小説を発表してそれが批評家の目にとまるのを待つしかないというような時代でした(もっともこのころの同人誌というのは今よりかなり格の高いものもあって、なかば商業誌のように売れるものもありましたが)。アイデアマンだった菊池は、新人賞によって、(1)新しい才能を継続的・定期的に発掘する、(2)原稿料による収入を確保する(賞を受賞すると注文が増える)、(3)雑誌が売れないとされる二、八月に賞を出すことで売上げ増を目指す(芥川賞受賞作は「文春」に、直木賞は系列の「オール読物」に掲載される)、という一石三鳥の効果を狙ったと言われていますが、それはともかくとして、こういういきさつで作られた賞ですから、審査の対象がもともと新人の作品に限定されている。ですから村上春樹とか大江健三郎とかが今年どんなに優れた小説を書いても芥川賞はもらえないわけです。大家や中堅の作家の作品が審査の対象になることはありませんし(実際「○○さんはすでに中堅作家だから」という理由で落選したり、候補に入らなかった候補が何人かいます)、新人賞というのは基本的に新しい才能を見出すのが目的ですから一生に一度が基本です。イチローのように二度もらったりすることはありえない。
 ただし「完全な新人賞」、つまりこれまでまったく無名だった作家を一夜にしてシンデレラ・ガールにするという賞でもないんです。というのは芥川賞は(直木賞については後述)新人賞としてもっとも格の高いものという扱いですので、所謂文学誌に定期的に作品を出しているような作家、あるいは文学界新人賞や文藝新人賞のような新人賞をすでに受賞している作家、作品も対象になります。要するに新人としての総仕上げの賞というのが正確な把握なのではないでしょうか。これをさらに徹底しているのが直木賞の選考基準で、今では芥川賞と直木賞ならば直木賞のほうが受賞がむつかしいというのが現状です。直木賞はご存じのように大衆小説が対象ですから、選考委員にも受賞者にも「筆で喰っていく」という意識がつよいんですね。したがって「新人としての総仕上げ」というのも芥川賞よりややレベルが高く、原稿料と印税だけで食べてゆける(直木賞系統は芥川賞系統より原稿料がかなり安いので、定期的に大量の原稿を書いてゆかなければならない)だけの技術と実績、そして雑誌からの注文が保障されていることが必要になります。受賞者一覧をご覧になればわかるかと思いますが、芥川賞は「この人は今……」という人がけっこういるのですが、直木賞にはそれがほとんどありません。作品主体の選考ではなくて作家主体の選考が傾向としてつよいので所謂一発屋という人が出ないんです。その代り、一時期、芥川賞には「もう遅い」が連発され(目の利かない選考委員のときに新人だった作家が中堅になってしまっているので今さら芥川賞が出しにくい)、直木賞には「まだ早い」が決り文句になっていた時代がありますが、直木賞のどちらかといえば慎重主義的な態度はどうしても受賞者の年齢を押しあげます。今さらこの人? というような受賞者が最近連続しているのはこのためです(まあ、直木賞は探偵もの、時代小説、SF、現代もの、風俗小説、とジャンルが広くて候補者が多くなるせいもあるのでしょうが)。
 まあ、今のところの印象としては、芥川賞は「新人の総仕上げ」、直木賞は「中堅の入口」というのが正直なところでしょうかね。個人的には直木賞は人数を増やしてもいいからもう少し基準をゆるくしてもいいんじゃないかと思うなあ。
 ちなみに、どうして「日本でいちばんすごい文学賞」という誤解があるのか? これは簡単です。芥川賞と直木賞は「日本でいちばんメディアが注目している文学賞」だから。要するに今の社会はメディアがすべてなんですね。内容よりも視線が大事な時代。もともと文学関係者だけが注目していた地味な賞だったのが、いつからこれほどメディアの視線を集めるようになったのは石原慎太郎の『太陽の季節』による最年少受賞がきっかけなのですが……、まったくこの人、政治どころか文
    • good
    • 20
この回答へのお礼

とても詳しく書いていただいて、大変勉強になりました(ただ、改行をもう少し増やしていただければ助かりました(笑))。

>芥川賞は「この人は今……」という人がけっこういるのですが

ああ確かにいますね!キャンペーンに使われた後、自分の作品を映画化の際、一度自らが監督しただけでどこかに行ってしまった女流作家さんもいましたね。
芥川が純文学=権威ある、と勝手に思い込んでいたようです。その思い込みがあるから確かに今まで、なぜこんな権威ある人が芥川賞をとってないのだろう?と思いました。また直木賞も探偵小説家の作品がよく取っているのを聞くにおよんで、探偵小説という「大衆文学」も賞を取ることもあるのだという思い込み、それも純文学が賞に値する、という思い込みのせいでした。
つまり芥川賞は「才能への期待で賞」、直木賞は「職人芸で賞」という性格でしょうか。

また芥川賞と直木賞は、毎年新聞やテレビなどで報道されます。そのたびにずいぶん年齢層が下がっているなあと感じるのですが。また「海を感じるとき」という作品は卒論として提出したもので、結局群像新人賞を取ったようですね。
確かに太宰治賞や平林たい子賞など賞はたくさんあります。権威というとそのふたつ、と思い込むのはメディアの力のせいでもあるかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:46

>太宰がほしがった時代の「権威」は



 ちなみにいいますと、太宰が佐藤春夫に芥川賞を懇望した時期においては、芥川賞にはなんの権威もありません。太宰の『逆行』『道化の華』が候補になったのは第一回芥川賞。まだ賞自体が海のものとも山のものともつかない時期です。
 太宰が芥川賞にあそこまでこだわったのは、当時の彼が非常に貧乏で賞金がほしかったこと(一時的に原稿の以来が増えることも見越されるため)と、作品の質ではなく生活態度を理由としてほぼ当確と信じていた賞を逃してしまったことがその大きな理由です。
 どんなに権威のある賞でも、それは初回からそうであったわけではありません(ノーベル賞のように賞金が巨額である場合は別ですが)。伝統を重ね、いい作品を発掘してゆくことで、賞自体の権威が育てられるわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
なるほど、確かに賞というものは、積み重ねて権威ができるものですよね。最初はどのような事情で、○○賞ができたとしても、その質を決めるのは賞に選ばれし作品でしょう。でも最近の文学は、あくまでも私個人の感想ですが、あきらかに純文学と呼ばれるものはなく、行間の多い、テーマ性に欠けたものが簡単に賞をとれるような気がします。しかしそれを選考したのも過去の受賞者たち、なんですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:12

太宰がほしがった時代の「権威」は


今の両賞にはないですよ。

昔は、受賞作が、世相を変えるくらいの「権威」がありましたが、、、。

文春が本を売りたいがために選考している感じですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。

芥川や太宰、三島などの古き良き時代の日本文学を愛する者のひとりとして、最近の○○賞と旗を傍に立てて平積みされている小説に対する貢献はしておりません(笑)。行間の多い文学はまず読む気もしません。今の文学界は音楽界にも似ていると思います。つまり売れればよいという一点張りで、アイドルさえよい歌を提供されていた80年代や、そのまた昔のフォークやニューミュージックに見られたような良さがない。つまり使い捨てです。これはもう資源のムダでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:22

もともと文芸春秋社長の菊池寛が、友人の芥川龍之介と直木三十五を偲んで設立した賞なので、どちらが権威的に上ということはありません。


芥川が純文学、直木が歴史ものなど一般向けの作品で活躍したことが、それぞれの賞にも反映されています。
どちらかを受賞した場合、もう一つを受賞する事は出来ません。また規定に定められた一部の賞を受賞した作家も、作品が候補に挙がらなくなります。
ただしかつては北川荘平「水の壁」のように、一つの作品で同時に両賞の候補になった例もあります。(1958年、第33回下半期)したがって当時は両賞同時受賞の可能性もあったのかもしれません。もっともどちらかを受賞した時点で、もう一方は候補からはずされるルールだったかもしれませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。

どちらか一方を取れると他のものは取れないというのは、歌手の新人賞のようなものでしょうね。つまり一度きりのものでしょう。しかし純文学と大衆文学という違いがはっきりしているのですから、それもおかしいというか面白いというか…。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:18

芥川賞と直木賞を同じ土俵に乗せて比較するのが間違いです



それぞれのターゲットが違います
みかんの品評会にリンゴを出展するようなものです

違う物をどちらが上か下かを論じることすら無意味です

オリンピックのマラソン勝者と水泳勝者のどちらが上と言っているのと
同じです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
みかんとリンゴのたとえでイメージがつきました。
そうですね、私も相手も勘違いしていたようです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:16

ちなみに、芥川賞・直木賞両方の賞を受賞することはできません。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:15

純文学と大衆小説という違いのほか、芥川賞は新人作家の売り出し、直木賞はある程度の実績のある作家に与えると言う性格があるようです。


従って、直木賞を受けた人がその後芥川賞ということはまずないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
直木賞が受けた人がその後芥川賞もとれる可能性があるというのは誤解のようでしたね。
純文学と大衆小説という違いとともに、またそのような別の性格があったとはこれまた勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:14

そもそも賞の対象(純文学と大衆文学)が違うのでどっちが上とかないと思います。


それに「興行」としての話題作りの方向性が強いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
「興行」といえば、最近の文学は話題作りのために賞を与えすぎるような気がします。20年ほど前にもキャンペーンのために使われて撃沈した女流作家がいましたよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:08

芥川賞は「純文学」、直木賞は「大衆向け娯楽小説」と、選考基準が違うからどっちが上ということもないのでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
確かにそのような分け方があったことを思い出しました。ということは…私も同意見です。ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川賞と直木賞受賞作のおすすめ作品

 日本語を勉強中の中国人です。これまでの芥川賞と直木賞受賞作のなかでは、おすすめの作品を教えていただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

awayuki_cnさん、こんにちは。

芥川賞のベスト3を
『月山』(gassan) 森 敦
『飼育』  大江健三郎
『限りなく透明に近いブルー』 村上龍

他に
『蛍川』 宮本 輝
『壁』 安部公房
『鍋の中』 村田喜代子
『豚の報い』 又吉栄喜
『きれぎれ』 町田 康
『アカシヤの大連』 清岡卓行
『自動起床装置』 辺見庸
 などなど。

 一般的に受賞作品よりもその後の作品のほうに優れたものが多くあります。これは新人賞のようなものですから。また上記の作品のタイプはバラバラです。読むにはそれなりの覚悟が必要なものもあります。ご注意を。

直木賞
『マークスの山』 高村 薫
『花まんま』 朱川湊人
『容疑者Xの献身』 東野圭吾
『高安犬物語』 戸川幸夫
『プラナリア』 山本文緒
『青玉獅子香炉』 陳 舜臣

 直木賞はエンタテインメント作品に対する賞です。ですから、これは私の好み(笑) この賞の受賞者は、SFを除き、日本を代表する流行作家が網羅されていると言えます。ただし、村上春樹、吉本ばななは受賞していません。

 文芸に国境はありませんね。日本語の勉強頑張ってください。

追伸
>これまでの芥川賞と直木賞受賞作のなかでは
 は は不要です。

awayuki_cnさん、こんにちは。

芥川賞のベスト3を
『月山』(gassan) 森 敦
『飼育』  大江健三郎
『限りなく透明に近いブルー』 村上龍

他に
『蛍川』 宮本 輝
『壁』 安部公房
『鍋の中』 村田喜代子
『豚の報い』 又吉栄喜
『きれぎれ』 町田 康
『アカシヤの大連』 清岡卓行
『自動起床装置』 辺見庸
 などなど。

 一般的に受賞作品よりもその後の作品のほうに優れたものが多くあります。これは新人賞のようなものですから。また上記の作品のタイプはバラバラです。読むにはそれなりの覚悟...続きを読む

Q芥川賞、直木賞について 

一応日本では最も権威のある文学賞になっていますが、一部の作家は別として一発屋の作家(美人作家等)が多いと思います、単に出版会社の利益の賞なんでしょうか、また消えていった作家はその後どうしているんでしょうか(もっと長い目で見なければ行けないのでしょうか。)

Aベストアンサー

個人的な感想ですが。

直木賞に関しては、既にある程度の作品を発表し、それなりに売れている人が受賞しますので、“一発屋”であることは少ないと思います(それでも尻すぼみで消えていく人はいますが)。

対して芥川賞は、新人賞です。デビュー作か、2作目か3作目か、まださほど作品を発表していない人が受賞します。新人ですから、その後、伸びていくか潰れていくか、未知数な人に贈られる賞ですから、いなくなることも充分、あり得ることだと思います。
野球でもデビュー1年目に活躍したら新人賞がもらえますが、2年目、3年目も活躍するとは限りません。芥川賞作家も同じだと思います。

また、最近では境界線が曖昧になってきたと言われていますが、芥川賞は“純文学”作品が対象です。“純文学”は、“大衆文学”という分かりやすく読みやすく大衆受けする作品ではなく、分かりにくく読みにくく玄人受けする作品で、芸術性が高いといいますか、人間の内面を追究した作品といいますか、そういうものであることが多く、比較的売れない作品になりがちです。

つまり、芥川賞を受賞しても、その後の作品が、芥川賞を受賞した時のように話題になることはまずありません。
文芸誌や新聞広告(の細かいところ)などを見ていないと作品が発表されたかどうかが分からない場合が多いのではないかと思います。
大衆受けする作品ではなく芸術性を追求した作品であれば、作品を生み出すのも並大抵ではないでしょうから、自ずと作品の数は少なくなりますし、書けなくなってしまう方も多いのではないかと思います。

おっしゃっている“一発屋の作家(美人作家等)”というのが具体的にどなたのことか分かりませんが、まあ推測するにあの人たちだと思いますが、それなりに作品は発表していますよ。数は多くありませんが。

芥川賞を受賞するしないにかかわらず、純文学作家はアルバイトなどをしつつ書いている方が多いと思いますから、一発屋さんたちも、今もそうやって自身の納得のいく作品を書いているんじゃないかなあと思います。

ちなみに、小生の好きな芥川賞作家は、芥川賞を受賞した時に、「とりあえずこの先も書く場所が確保できた」と言って喜んでいました。芥川賞はそういう賞だと思います。
その作家は、今も書き続けていますが、新聞や雑誌でも取り上げられることはあってもごくごく地味ですから、興味のない人は見過ごしていると思います。

とはいえ、最近の受賞作を見ていると、出版社の話題作りにしか思えない雰囲気はありますね。

個人的な感想ですが。

直木賞に関しては、既にある程度の作品を発表し、それなりに売れている人が受賞しますので、“一発屋”であることは少ないと思います(それでも尻すぼみで消えていく人はいますが)。

対して芥川賞は、新人賞です。デビュー作か、2作目か3作目か、まださほど作品を発表していない人が受賞します。新人ですから、その後、伸びていくか潰れていくか、未知数な人に贈られる賞ですから、いなくなることも充分、あり得ることだと思います。
野球でもデビュー1年目に活躍したら新人賞がも...続きを読む

Q直木賞受賞作の一覧をエクセルに落とす方法について

趣味の一つとして、直木賞受賞作をひとつひとつ読了しています。

数十冊読み進めていくと、何を購入し、何を読み終えたか?
また、何を買い足さなければならないのか分からなくなってきました。

エクセルで手入力をやり始めたのですが、もしかすると、
一括で落とせる方法があるかもしれないと思いつきました。

もしご存知の方がいらしたらご教授願います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次のURLをクリックしますと、[直木賞受賞者一覧]が表示されます。
第一回から最新回の枠と、受賞年の一覧表があります。
受賞年の一覧表を表示させ[コピー]し、Excelに[貼り付け]ます。
この操作を順に繰り返しますと完成します。

[直木賞受賞者一覧/文藝春秋社]
http://www.bunshun.co.jp/award/naoki/list1.htm

Q直木賞受賞 「GO」のポスター

GOの窪塚がでている映画版のポスターをさがしているのですが、どこにも見つかりません。 誰かあるとこわかりませんかね?

Aベストアンサー

ヤフオクにありましたので報告します。
参考URLのところにあると思います。
なかった場合ヤフーのオークションの検索に”GO””窪塚”とキーワードに検索すればいろいろと出てきます。その中にポスターもあると思います(私が見たときはありました)

参考URL:http://search.auctions.yahoo.co.jp/search/auc?p=GO%A1%A1%B7%A6%C4%CD&alocale=0jp&acc=jp

Q芥川賞・直木賞について

現在、芥川賞・直木賞はともに文藝春秋社が主催していますよね。
文壇全体の行事なのに、どうして出版社一社だけが執り行っているのでしょうか。
賞を主催しているということは選考委員の謝礼、芥川賞・直木賞受賞者への賞金、受賞パーティーの開催費などを文藝春秋社がすべて持っているということですよね。対して、彼らの利益はというと選評、受賞作を「文藝春秋」「オール読物」の二誌に載せられるというだけ。他社の作品が受賞すれば、ライバル会社に利益を与えているだけのように感じるのですが。

Aベストアンサー

 芥川賞も直木賞も戦前からある賞です。その権威性については吉行淳之介がエッセイに書いていますが、業界の中のごく小さな賞だったようです。菊池寛が芥川龍之介と直木三十五の業績を顕彰する意味合いが濃かったのではないでしょうか。
 昭和三十年代に入り、現在の都知事の作品が受賞した前後からマスコミの脚光を浴び「社会現象」となり現在に至ります。
 受賞作は他の出版社からの出ていますが、全体としての印象は、『文學界』有利かな、というところです。(『オール讀物』については関心がないので知りません)
 受賞が「社会現象」として取り上げられることで、受賞作掲載の『文藝春秋』の増刷もある売れ行きで利益があり、他社作品も受賞させることで「公平性」を保ち賞への権威性が増す、という利益がちゃんとあるのです。
 昨今の受賞作は(直木賞は知らず)、30万部程度の売れ行きですから賞の権威を守るほうが結局利益があるのでしょうね。

 因みに、わたしは『文學界』『文藝』『すばる』『新潮』『群像』の読者で、芥川賞の候補作が新聞にはっぴょうされる前に自分の読後感だけで受賞者を予想していた時期がありましたが、さっぱり当たらないので今は馬鹿馬鹿しくなってやってません。(選考委員の眼力については、素晴らしい作品を書いている某作家が受賞していない事実から想像できます)

 芥川賞も直木賞も戦前からある賞です。その権威性については吉行淳之介がエッセイに書いていますが、業界の中のごく小さな賞だったようです。菊池寛が芥川龍之介と直木三十五の業績を顕彰する意味合いが濃かったのではないでしょうか。
 昭和三十年代に入り、現在の都知事の作品が受賞した前後からマスコミの脚光を浴び「社会現象」となり現在に至ります。
 受賞作は他の出版社からの出ていますが、全体としての印象は、『文學界』有利かな、というところです。(『オール讀物』については関心がないので知...続きを読む

Q芥川賞候補者について

私がとっているメールマガジンの書き出しにこうありました。
「第128回芥川賞、直木賞の候補者が発表されましたね。芥川賞には、19歳の 現役高校生が候補に挙げられていて、選考されれば史上最年少の受賞者!若い才能の活躍に期待ですね。」
検索してみたんだけど分からなくて…
これって誰ですか?
ご存じの方教えてください!

Aベストアンサー

こちらに載ってます。
近作がデビュー作というわけではなく、既に作品の方も結構発表されてるようですね・・・

参考URL:http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_01/g2003010905.html

Q芥川賞か直木賞のおすすめ作(ほかの文学賞でもよい)

 日本語を勉強中の中国人です。芥川賞か直木賞のおすすめの受賞作を教えていただけないでしょうか。読んでみたいと思います。この二つは一番有名なので、これだけ挙げさせていただきました。ほかの文学賞で優れると思われる作品でもかまいません。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その著わされた日本語は簡潔にして流れが分かり易く、しかも文法的な齟齬もない確かな文体を持つ人達を選びました。

芥川賞作家では丸山健二「夏の流れ」
http://blogs.yahoo.co.jp/bioclif/62076571.html

直木賞作家では白石一文「ほかならぬ人へ」
http://www.ichijyo-bookreview.com/2011/03/post-960.html

女流文学賞と講談社エッセイ賞W受賞の須賀敦子「ミラノ 霧の風景」
これはやや難しいので「遠い朝の本たち」から入ったら好いでしょう。
http://blog.livedoor.jp/maturika3691/archives/6775748.html

Q[SF小説]ヒューゴー賞とネビュラ賞の二冠

両方受賞した作品を教えてください。

Aベストアンサー

http://ensof.wiki2.jp/2010/01/02/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BC%E8%B3%9E%E3%81%A8%E3%83%8D%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%A9%E8%B3%9E/

Q受賞作と候補作

芥川賞と直木賞の受賞作・候補作のデータベースを見ていてちょっと気になりました。
数回連続候補になった作家が何人かいましたが、ああいう方たちはあきらかに賞をねらって書いているのでしょうか?それとも書くたびに候補になっているのでしょうか?
候補に名を連ねて受賞した方はいいですけど、あげくの果てに結局受賞できなかった方はなんか可哀想というかせつなくて・・・。
もちろん受賞イコール名作ではありませんが。
書く側、出版する側に詳しい方がおりましたら、裏話など教えてもらえるとうれしいです。

Aベストアンサー

あれって公募ではなくて、「各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する」となってますから、候補になって初めて、作家は自分の作品が候補になった事を知らされるんだと思います。
最終選考に残った作品の中から、選考委員が選びます。選ばれる作品は、明らかに選考委員の好みです。
数回候補になっても選ばれない人は、選考委員の好みじゃないんですね(^_^;)
数回候補になった後で受賞している人は、受賞前に作品がヒットして人気が出たにもかかわらず、「あの人が受賞できないのはおかしい」などの世論に押されて、あわてて賞をあげたのではないかと勘繰ってしまいます。
世間の評価の後手に回っているので、受賞作は、作者が油の乗っている時に書かれた「代表作」や「意欲作」ではなく、人気が出た後に書かれたいくつかの作品のうちの「最も最近出た作品」になってしまうため、受賞した作品を読んでも「?」となってしまうことがあります。
選考委員の作品評を読んでも、「?」です。
阿刀田高さんなんか、三浦しをんさんを男だと思ってたらしいですね。重鎮ばかり集めず、もっと「世間の実情を知っていて」「普段からたくさん読んでいる」人にやってもらいたい(^_^;)
伊坂幸太郎さんなんかは、いくらなんでも「死神の精度」の時には受賞するべきだったと思います。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/product/01465171/?partnerid=p-suzuki00308

あれって公募ではなくて、「各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する」となってますから、候補になって初めて、作家は自分の作品が候補になった事を知らされるんだと思います。
最終選考に残った作品の中から、選考委員が選びます。選ばれる作品は、明らかに選考委員の好みです。
数回候補になっても選ばれない人は、選考委員の好みじゃないんですね(^_^;)
数回候補になった後で受賞している人は、受賞前に作品がヒットして人気...続きを読む

Q感動をうけた作家は誰ですか?

ちなみに私は林真理子さんです。まんがありでおねがいします。

Aベストアンサー

★小山ゆう : おれは直角!(マンガ)
 最後のストリーは、涙なくして読めませんね。友情に涙しました。

★三好達治 : 乳母車(詩)
 せつない詩です。亡き母を想うと、泣けてきます。

★三島由紀夫 : 金閣寺(小説)
 その豊かな語彙に、日本語を超えた日本語に感動

★尾崎豊 : シェリー
 メロディーに刻まれた、その歌詞に感動

★朝比奈颯季 : 青空バスケット(小説)
 せつなく純心な恋心に、感動

★上野正彦 : 死体は語る(ノンフィクション)
 恐ろしくも美しい監察医の経験談


人気Q&Aランキング