こんにちは。私は今高校生でこの間センスオブワンダー(レイチェル・カーソン)を読んですごく感動したのですが、今度沈黙の春を読んでみようかと思っているんです。それでYahoo shoppingで探してみたら何か内容が難しそうでした。読んだことのある方、どうでしたか?
それと、センス・オブ・ワンダーみたいなノンフィクションで地球環境の生態系などについて書かれている本を探しています。自分で少し探してみたのですが、専門的な説明文みたいな本しかありませんでした。あっこれはつけたしの要望なんですがあまりページ数が多い本はちょっと・・・です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

特に難解だと言うことはないと思いますが、ひとつだけ気を付けることは、そこで述べられている考え方が絶対のものではなく、あくまで、考え方のひとつ、ものの見方のひとつだと言うことを念頭に置いてください。


そのあたりのことがよくわかるのは、雑誌の文芸春秋の6月号、295ページから300ページを読んでみて下さい。(図書館へ行く価値はあります。)290ページから294ページもわかりやすいと思います。
前者のNさんのHPは、漢字でフルネームで検索をかければ簡単に出てきます。そこから後者のYさんのHPへも行けます。もっとも、Yさんは文章の末尾に記載しておられました。
NさんのHPの中で、過去にこの方が、可塑剤工業会で講演されたときの要旨が掲載されていますが、これがわかりやすいと思います。
いろいろな考え方を読んだり聞いたりして、その上で自分なりの考え方、ものの見方を構築していってください。
306ページもついでに読んでみたらと思います。
ひとつだけ、ひとりだけ、ひとつの集団だけの考え方を読んだり聞いたりして、それが世界なんだと考えるのはある意味で狭い人間になってしまいそうな気がします。
つまらないことを書きましたが、参考にしていただければ幸いです。がんばってください。
そうそう、「複合汚染」が出版された直後に、「複合汚染への反証」と言うのも出て、まあまあ売れていました。
    • good
    • 0

沈黙の春は古典的名著です。

DDTが全盛の頃にあのような出版物を出した勇気や先見性に大いに学ぶ必要があります。我が国でも1970年にDDTやBHCの使用禁止になるきっかけとなったものです。こういう意味でも読む価値は大いにあります。レイチェルカーソンの科学者としての生き方なども考えさせられます。御用学者の書いた本を読む暇があったら、他の本を読むべきです。時間の無駄です。
化学化合物は今、環境ホルモンとして再び地球環境を襲おうとしています。
環境ホルモン関係では「奪われし未来」が有名です。
中学・高校生にとって、ノンフェクションで読みやすいものではブルーバックスがよいと思います。
水と生命の生態学 水に生きる生物たちの多様な姿を追う
(ブルーバックス B-1308)
著者: 日高 敏隆編
出版:講談社
サイズ:新書 / 268p
ISBN:4-06-257308-3

検証・ヒトが招いた地球の危機 データが示す人類環境の現状
(ブルーバックス B-1101)
著者: 山形大学地球環境研究会編
出版:講談社
サイズ:新書 / 267,3p
ISBN:4-06-257101-3

他にもいろいろありますので、講談社のホームページを検索してみてください。
    • good
    • 0

スティーブン・J・グールドなんかどうですか?


地質学出身という珍しい経歴の進化学者さんで、とても面白いエッセイを書きつづけてらっしゃいます。
「ダーウィン以来」「パンダの親指」「フラミンゴの微笑」「がんばれぼくらのカミナリ竜」などなど。
もちろん地球環境とか生態系のお話も含んでます。どれから読んでもお薦め。

どれか一冊ということでしたら、「ワンダフルライフ」がお薦めです。
環境問題のお話ではないですが、科学ノンフィクションの傑作です。
たしかNHKの「進化」という番組の元ネタに使われていました。
    • good
    • 0

>ノンフィクションで地球環境の生態系などについて書かれている本を探しています。



有吉佐和子の「複合汚染」
立花隆「エコロジー的思考のすすめ」他

・・・などは、古典的(?)な良書ではないでしょうか。
    • good
    • 0

私が高校2年のときですが、化学の夏休みの課題として沈黙の春を読んでの読後レポートを提出せよというのがありました。

内容はそれほど難解ではありません。
ちなみに、単なる読後感想文を提出した人間は0点。身近な薬品(洗剤とか殺虫剤とか)の成分を調査してレポートにしたものは、どんなに内容が悪くても100点くれました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『沈黙の春』で読書感想文

中学2年です。
『沈黙の春』で読書感想文を書こうと思っているんですが、「中学生には難しい」と言われました。
本当に難しいのでしょうか?
また、『沈黙の春』の読書感想文を書く上でのアドバイスなども教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ

レイチェル・カーソンの『沈黙の春』は、今読んでも、また感想文の題材としても申し分ない本ですよ。

アドバイスをして、あなたの読み取った感性が滞ってしまうのが心配ですので、少しだけ・・・。

(1)『沈黙の春』においてカーソンは化学物質による汚染への警報を鳴らしました。彼女が提示したDDTの危険を正確に伝える為に、製薬会社からの訴訟などがあっても問題がないように、綿密に取材してこの本は書かれています。(科学的根拠によって書かれているという事です。)
ちなみに、DDTを発明した科学者はこれによりノーベル賞を受賞しており、誰も異をとなえる人などいませんでした。

(2)同時に、一般の人が読んでも理解できるような表現で、しかも美しい文章で書かれています。(日本語訳でも十分伝わってきますよ。)

(3)((1)・(2))は、カーソンがかつて作家を目指し文学部に進みながら、生物の魅力にとりつかれて専攻を生物に変えた経験が生かされています。
当時の女性が科学者として生きる事は大変な事だったのに、作家の夢もかなえてしまったのです。

★http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31013181
大人になっても興味があれば、上記の本を読んでみて下さい。
カーソンが海を愛した海洋学者だったこと。
美しい文章のベストセラーを何冊も書いていたこと。
カーソンは人生の最後に必要を感じてこの本をしたためた事などわかると思います。


★★感想文は、kawasemiさんが感じたことを自信をもって書いていけば良いと思いますよ♪

こんにちわ

レイチェル・カーソンの『沈黙の春』は、今読んでも、また感想文の題材としても申し分ない本ですよ。

アドバイスをして、あなたの読み取った感性が滞ってしまうのが心配ですので、少しだけ・・・。

(1)『沈黙の春』においてカーソンは化学物質による汚染への警報を鳴らしました。彼女が提示したDDTの危険を正確に伝える為に、製薬会社からの訴訟などがあっても問題がないように、綿密に取材してこの本は書かれています。(科学的根拠によって書かれているという事です。)
ちなみに、DD...続きを読む

Q本のタイトルが思い出せません。人の後をつけるノンフィクションモノ。

10年くらい前に友達が「おもしろいよ」と貸してくれた本です。
当時新刊だったのかはわかりません。

内容は作者が街で見かけた気になる人の後をつけてその人物が
どこに住んでいてとか、どんな人物かとか、事実と共に色々思いをめぐらせる。
みたいな内容でした。
例えば渋谷の浮浪者とか・・・電車の中の酔っぱらいとか・・・

確かタイトルは「一度でいいから人の後をつけてみたかった」
とか言う感じでもっとテンポがいい語呂だったと思います。

また読んでみたいんだけど誰が書いたのか、タイトル・・・全く思い出せません。
お願いします。

Aベストアンサー

『一度尾行をしてみたかった』桝田武宗

じゃないですか?

Q『沈黙の春』を読みました

『沈黙の春』を読みました。
環境の問題にはとても興味がありますが、
しかし、ちょっと難しかったです。
みなさんは、この本を読んで、どのような感想をもたれましたか??この本が、詳しく説明してあるサイトとかも教えて下さい。

Aベストアンサー

農薬が大量に使われ、農薬のお陰で生産性が上がったと人々が無邪気に喜んでいた時代に育ったものとして大いに関心があります。今から思うとあの時代の農薬は植物に対する麻薬だったような気がします。一時的には精神を高揚させ日ごろ発揮できない力をつける麻薬、やがて常用によって体も精神もぼろぼろになる。農薬をあのまま使い続けていたら地球環境はきっとぼろぼろになっていたでしょう。

我々は縄文人や弥生人が持っていたであろう自然を観察し小さな変化も見逃さない感覚を取り戻し、力まず自然体で
環境変化に敏感になる必要があると思います。田舎の60才以上の人々は自然を守る術を知っています。環境保全論を海外に求める前に、縄文時代から伝えられてきた日本人の知恵を現代人に知ってもらうための活動があってもいいと思います。しかし、マスコミは膝元を忘れ自然に生きる人々を南米やアフリカで探して一時の話題にすることで自己満足をし、若者はそのような知恵が我が国に残されていることに気がつかずにいます。

沈黙の春、忘れられた春は人類永遠の課題でしょう。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~hi2h-ikd/biology/silent.htm

農薬が大量に使われ、農薬のお陰で生産性が上がったと人々が無邪気に喜んでいた時代に育ったものとして大いに関心があります。今から思うとあの時代の農薬は植物に対する麻薬だったような気がします。一時的には精神を高揚させ日ごろ発揮できない力をつける麻薬、やがて常用によって体も精神もぼろぼろになる。農薬をあのまま使い続けていたら地球環境はきっとぼろぼろになっていたでしょう。

我々は縄文人や弥生人が持っていたであろう自然を観察し小さな変化も見逃さない感覚を取り戻し、力まず自然体で
環...続きを読む

Q学生時代に読んだ本、読んでおきたい本

ただいま大学1年なのですが、どんな本を読んでおいた方がいいですか?おすすめできる本がありましたら、教えてください。
ちなみに、この3ヵ月で読んだのは「国家の品格」「博士の愛した数式」「風の男 白洲次郎」で、あまり長い本は苦手で、読むスピードは遅い方だと思います。

Aベストアンサー

「大国の興亡」ポール・ケネデイ
「文明の衝突」サミュエル・ハンチトン
「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイヤモンド
どれも、分厚い本です。
私は、これらの本をおすすめしますが?
要らんお節介かも知れませんし、他の人はどんな本が良いか尋ねてみたいと質問されたこととは思いますが、大学生になれば自分で読みたい本を探すべきです。
新聞の本の広告とか、新聞の書評とかをみる。本屋に行って何か面白そうな本はないか探してみるべきだと思いますよ。

Q「沈黙の春」も知らない高校の生物の教師

実は私の妻なんですが、「沈黙の春」なんて知らないし、多分、同僚も知らないだろうとのこと。有吉佐和子さんの「複合汚染」も当然知らないそうです。

大学受験には出ないからいらないという理屈も成立しますが、生物の教師たるものハリー=ポッター読んだり、映画を見に行く暇と金があったら、教養を磨けよと言いたいのですが、時代が違うんでしょうね。

小中高の教師の方はどう思われますか? なんでもいいですから意見をお願いします。

Aベストアンサー

「沈黙の春」「奪われし未来」「複合汚染」等々、様々な「名著」と呼ばれる本ってありますよね。やっぱり一応世間で評判になっているわけですから、その中身に共感するかどうかはともかく、一通り内容くらいは知っていた方がいいのではないかなぁ…とは思います。が、現実にはなかなか大変ですよね。生物学の世界ですと「沈黙の春」よりもっと著名な、例えばフックの「ミクログラフィア」やダーウィンの「種の起源」等々、生徒には「覚えなさい!」なんて言いながら実際には読んだことのない先生だってたくさんいるはずです(当方は読んでありますが…)。しかし読んでないからといって授業で困ることは何もなく、しっかり授業ができちゃうわけです。でも、それでいいんじゃないかなぁ…とも思ったりします。要は、古典の原典(日本語訳でも)を読んでいなくても、それぞれの事柄・事象に対してしっかりとした科学的知識や考察・認識があれば、それでいいと思うのです。そのための努力、例えば専門知識を深めたり授業改善の努力などは絶対必要ですよね。当方も自然科学の末端に携わる者として、また、子どもをもつ親として学校の先生にはそうあってほしいと思っています。
でも…「沈黙の春」くらいは読んだことはなくともどんな内容の本かは知っていた方がいいでしょうねぇ(笑)。
ところで、「ハリー・ポッターを観る」というのも高校の先生だったら大切かもしれませんよ?おそらく多くの生徒さんは観ているのでしょうから、話しを合わすという点で(笑)。教科の専門性ばかりではなく、青少年の文化(?)に触れて共感・理解するというのも(迎合する必要はありませんが)大切な先生の仕事だと思いますし…(笑)。
まとまらない話で失礼しました。

「沈黙の春」「奪われし未来」「複合汚染」等々、様々な「名著」と呼ばれる本ってありますよね。やっぱり一応世間で評判になっているわけですから、その中身に共感するかどうかはともかく、一通り内容くらいは知っていた方がいいのではないかなぁ…とは思います。が、現実にはなかなか大変ですよね。生物学の世界ですと「沈黙の春」よりもっと著名な、例えばフックの「ミクログラフィア」やダーウィンの「種の起源」等々、生徒には「覚えなさい!」なんて言いながら実際には読んだことのない先生だってたくさんいる...続きを読む

Q最近読んだ本 2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

最近読んだ本

2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

Aベストアンサー

『君の膵臓をたべたい』 住野よる
『朝が来る』 辻村深月
「羊と鋼の森」宮下奈都

Q沈黙の春って高校生には難しいですか?

こんにちは。私は今高校生でこの間センスオブワンダー(レイチェル・カーソン)を読んですごく感動したのですが、今度沈黙の春を読んでみようかと思っているんです。それでYahoo shoppingで探してみたら何か内容が難しそうでした。読んだことのある方、どうでしたか?
それと、センス・オブ・ワンダーみたいなノンフィクションで地球環境の生態系などについて書かれている本を探しています。自分で少し探してみたのですが、専門的な説明文みたいな本しかありませんでした。あっこれはつけたしの要望なんですがあまりページ数が多い本はちょっと・・・です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特に難解だと言うことはないと思いますが、ひとつだけ気を付けることは、そこで述べられている考え方が絶対のものではなく、あくまで、考え方のひとつ、ものの見方のひとつだと言うことを念頭に置いてください。
そのあたりのことがよくわかるのは、雑誌の文芸春秋の6月号、295ページから300ページを読んでみて下さい。(図書館へ行く価値はあります。)290ページから294ページもわかりやすいと思います。
前者のNさんのHPは、漢字でフルネームで検索をかければ簡単に出てきます。そこから後者のYさんのHPへも行けます。もっとも、Yさんは文章の末尾に記載しておられました。
NさんのHPの中で、過去にこの方が、可塑剤工業会で講演されたときの要旨が掲載されていますが、これがわかりやすいと思います。
いろいろな考え方を読んだり聞いたりして、その上で自分なりの考え方、ものの見方を構築していってください。
306ページもついでに読んでみたらと思います。
ひとつだけ、ひとりだけ、ひとつの集団だけの考え方を読んだり聞いたりして、それが世界なんだと考えるのはある意味で狭い人間になってしまいそうな気がします。
つまらないことを書きましたが、参考にしていただければ幸いです。がんばってください。
そうそう、「複合汚染」が出版された直後に、「複合汚染への反証」と言うのも出て、まあまあ売れていました。

特に難解だと言うことはないと思いますが、ひとつだけ気を付けることは、そこで述べられている考え方が絶対のものではなく、あくまで、考え方のひとつ、ものの見方のひとつだと言うことを念頭に置いてください。
そのあたりのことがよくわかるのは、雑誌の文芸春秋の6月号、295ページから300ページを読んでみて下さい。(図書館へ行く価値はあります。)290ページから294ページもわかりやすいと思います。
前者のNさんのHPは、漢字でフルネームで検索をかければ簡単に出てきます。そこから後者...続きを読む

Q改めてその本を読んでみて

こんにちは!僕は22歳男です。
ついさっきへルマン・ヘッセの「車輪の下」で、
主人公の人生に共感し、自分の今・将来について考えるなど、
著書を面白く読むことができました。

実は高校のはじめごろ、この本にチャレンジしたのですが、
まったく面白く感じず途中で挫折しました。

最近、昔読んだ本を改めて本を読む時、
昔よりおもしろいと感じることがよくあります。
これは僕が多少なりともいろんな経験をし、
共感したり考えたりすることができるだけの力?をつけたからだと思います。

そこで質問なのですが、改めてその本を読むと昔に比べ面白く感じた・別の所に着眼点が移った、なんてことはありませんか?
あったら、何の本でそうなったのか教えて欲しいです。
もしお時間ありましたら、どんな経験によってかも。
お願いします!!

Aベストアンサー

ありますね~
中学や高校の時は読書感想文などの課題があったりで、本を読まされている印象が強くてどうしても読書を自発的にしていく機会は少なかったのですが、高校時代に買っていた村上春樹さんの本をその後成人した後にちょっとした機会に読み直してみたら目からうろこのように嵌ってしまって未だに愛読している作家になりましたし。
その時の本は「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」でした。
自分が自発的になったときって凄く色々な部分でメッセージが届くんでしょうね☆

Q沈黙の春を呼んだ感想文を…

提出日まで間に合わないんでっ!呼んだ事のある方、文章表現の好きな方、どうか助けてください!

Aベストアンサー

素直に読んだところまででよいのでは無いでしょうか?
あなたの感想なのですから。
先の展開を予想してみるのも手かもしれませんね。

Q本を速く読み・速く理解するコツ

読書家のかたに質問です。
私は、半年くらい前から読書にはまり、今さまざまな本を読み、色んなことを本から学び自分の人生に生かしたいと思っています
しかし、私は元々の頭が悪く、本を読むのが遅いため1つの本をある程度理解するために最低5・6回以上読み、2ヶ月近くかかってしまいます。
正直、色んな本からたくさん学びたいので速く読み・速く理解するコツが知りたいです。

Aベストアンサー

逆に言えば、いままではあまり読書はされなかった、ということでしょうか。

読書量が増えれば、次第に読むのも早くなったり、理解力もついたりすると思います。

読んでおられる本は、文面から察するに、実用書でしょうか。
少し慣れてくると、自分に向いていそうなスタイルの本と、
そうでもない本の見分けがついてくると思います。

(著者の言葉の使い方や、色づかい、レイアウト、一ページあたりの文字量、図、写真など・・)

同じようなことを書いていても、自分に合ったスタイルの本からチョイスすることで、入りやすいです。
その後取っ付きにくかった本を読むときの下地にもなります。

同じ本を何度も繰り返し読むことは、良いことだと思います。
本当に実になります。
しっかり理解したと思った後でも、何か月か後に読むと、また新しい発見があったりします。
たくさんの本を読むうちに、「自分のバイブル」とも言える本を見つけて、その本を何度も何度も、大事な箇所を覚えるくらいまで読むことが、結果的に一番実になる、と私は思ってます。


たいていの実用書は、私は一回目はそのまま読み、二回目からは鉛筆か黄色などの目立たないペンで、重要なところに線を引きます。
(その段落の言いたいことを、まとめて書いてあるような部分)
すると、3回目からは、その線を引いてあるところだけを読んでも、短時間で復習できます。
3回目以降も、もっとも重要と思えた部分には、その上に赤や青の目立つ色で線を引きます。

逆に言えば、いままではあまり読書はされなかった、ということでしょうか。

読書量が増えれば、次第に読むのも早くなったり、理解力もついたりすると思います。

読んでおられる本は、文面から察するに、実用書でしょうか。
少し慣れてくると、自分に向いていそうなスタイルの本と、
そうでもない本の見分けがついてくると思います。

(著者の言葉の使い方や、色づかい、レイアウト、一ページあたりの文字量、図、写真など・・)

同じようなことを書いていても、自分に合ったスタイルの本からチョイ...続きを読む


人気Q&Aランキング