仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

原則として差し支えないというのは、問題ないという意味ですか?

A 回答 (6件)

>原則として差し支えないというのは、問題ないという意味ですか?


そういう意味ではないと思います。
許認可の部類に関わるものは、問題があるないのではなく、権限は移譲しないという意味だと思います。

具体的には、そちらで好きにやって構わないけれども、状況によってこちらがだめと言ったら、理由あるなしに関わらず、手を引いてくれ、ということだと思います。
    • good
    • 0

「原則」


多くの場合に共通に適用される基本的なきまり・法則。(大辞泉)

「原則として差し支えない」
多くの場合、問題ない。
という意味。
当然ですが、一部問題ある場合もある、という意味も併存している。
    • good
    • 0

問題ない、ではなく問題が発生するとは想像しにくい、という意味です。


若干の支障?、はあり得るかもしれないが、そのまま問題になることはないだろう。
例として言えば、それにより余裕の距離が50cmが30cmになるが、即支障はない。
が、50cmの余裕を何のためにとっているのか?、その余裕が必要な場合もあるからです。
    • good
    • 0

「100%問題ない」ではなく「ほぼ問題ない」くらいの意味です。


「原則」の対義語は「例外」ですから、言い換えると「例外として差し支えることもある」
となります。
    • good
    • 0

差し支える事例が考えられるので、その点、注意が必要ということです。

    • good
    • 0

字義からはそのように取れるが、具体的には問題が多いので支障があるという意味に使われることが多い。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報