マンガでよめる痔のこと・薬のこと

差別による男性崇拝はまっぴら御免です。

A 回答 (6件)

女性差別ですが、それが憲法14条に


違反するかは別で、違反しないと
されています。

そもそも天皇制の存在そのものが平等原則
違反なんですから。

憲法解釈としては14条の例外とするか、
14条の外にあるか、争いがありますが
どのみち、14条違反とはなりません。
    • good
    • 0

女性差別と言えば、そうかもしれませんが、男性皇族の方がもっと差別されています。

 女性皇族は結婚して皇籍離脱をすれば、元皇族と言う権威を傷付けない範囲なら好きな職業にも就けますが、男性皇族には職業選択の自由もありません。 また男性皇族は女性皇族のように自由に恋愛もできません。
    • good
    • 0

明治時代の、まだ男尊女卑的な思想も色濃い中で行われた「区別」が、現在まで踏襲されているだけです。


従い、「その区別は、現代では差別的」と言う論調であれば、傾聴に値します。

しかし、「差別だから皇室典範を変えろ!」と言うのは、極左的かつ短絡的な思想,論法であり、全く議論に値しません。
あるいは、そんな単純な理由で「皇室制度を変えろ」と言う意見は、皇室軽視論でもあって、皇位継承に言及すべきでもないでしょう。

まあ、言論の自由ですから、好きに言えば良いのだけど・・。
少なくとも、公式の場で議論されるレベルではないので、「言うだけ無駄」とは思います。
    • good
    • 0

皇室典範(昭和22年1月16日法律)の第1章 皇位継承


「第1条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」
と定められているから。
初代の神武天皇から第126代今上天皇に至るまで、皇位継承は全て男系(父系)で継承されており、歴代天皇は(8人10代の女性天皇も含めて)全て男系天皇(父系天皇)である。

皇室典範を改正すれば、愛子内親王が天皇になれるが、父親が今上天皇であるため「男系(父系)の女性天皇」であって、「女系天皇(母系天皇)」ではない。
    • good
    • 1

それ同感です。

歴史を大切にしてするのか現代の流れに合わせるのかをしっかり示した方がいいでしょうね。歴史の観点のみで言うなら筋はあれど批判も伴うでしょうし、そもそも皇族を時代の流れで云々していいのかってなるでしょうね。何を重視するかによって考え方や見方も変わるんでしょうね。
    • good
    • 0

それはあんただけ。


どちらでも構わない
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報