システムメンテナンスのお知らせ

交換用携帯電話機お届けサービスと預かり修理の違いについてです。

私は現在のスマホを4年使用しており、故障紛失サポートに加入をしています。

最近、スマホが充電できないトラブルに見舞われるので解決をしたいのですが、サービス内容に上記の2つがあるものですから、どう違うのか、そしてどちらが良いのか教えてください。

gooドクター

A 回答 (2件)

交換用携帯電話機お届けサービス


故障・紛失などの場合に、リフレッシュ品に、有償で交換する保険サービス。
新品に交換ではありません。修理整備されて、外装交換なりされたリフレッシュ品
基本的に同一機種・同一カラーが基本となるが、在庫がなければ、違うカラーなり機種が案内されることがある。

預かり修理
機種を預かり修理を行う。だから、今の携帯電話を修理することになる
    • good
    • 0

国内メーカーがほとんど撤退してしまい(ソニー、シャープ、京セラくらいしかない)、スマホのOSがiOSとAndroidしかなくなってしまったので、auとしては店頭での預かり修理をやめたいのです。


スマホ内部は完全にユニット化しているので、預かりをしても検査して修理なんてしておらず、中身をまるごと交換しているだけだから。

だったら、何週間も預かって、代替機種にコピーして貸し出して、メーカーに郵送して、修理して、返送してもらって、お客様に取りに来てもらうなんて手間を掛けず、
お客様の家に同じスマホを送りつけて、データのコピーしてもらえば新品同様に復活して、送り返してもらった壊れた端末から必要なパーツを回収しても同じ事だし、住んでる場所によっては最短当日中に家に届きます。

ようはスマホの修理って誰がやっても同じなのです。
だったら修理より安くするから自分でやって。というのがお届けサービス。

どちらがおすすめかというと、交換用携帯電話機お届けサービスです。新品への交換だから。
預かり修理は4年間へたったトラブルを抱えたまま旧機種を使い続けることになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

このカテゴリの人気Q&Aランキング