今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

 私は成人ですが、「読書感想文は読書ぎらい・本ぎらいを増やすだけ」だと思ってます。私のまわりでも、「読書感想文(を書くこと/書かされること)は大きらいだった」という人ばかりです。
 そんな中で注目すべき意見がありました。
「本や著者をけなしてもいいのなら、少しは書く気になるんだがな」
 それで気がついたのですが、読書感想文で、本の内容・表現を批評してもいいのでしょうか。著者を批判してもいいのでしょうか。もしそういう読書感想文が児童・生徒から出てきたら、教師はどう対応するでしょうか。そもそも、読書感想文は、書評と何が同じで何が異なるのでしょうか。国語の教育現場ではどうなっているのでしょうか。
 質問の1つにでも2つにでも、ご意見おきかせいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

読書感想文は、その言葉とうらはらに、読書の感想を書く文ではないようです。


読書をきっかけにして、自分の生活に関する作文を書くことを目的にしています。
(http://www4.0038.net/~kanso-bun/kansobun-1.htm)

ですので、作品の解説ではない、とか、著者と自分の対話である、とか、そういう話をくっつけたがります。

コンクールの際に、本に批判的なものが入らないのには別の理由があります。
入賞作品は他の人の目に触れるものなので、差別的な内容とか、悪口を避けて欲しいのです。
(http://www.commakagi.ne.jp/tosyokan/kensyu-/1608 …)

ここではすぐに見つかったページを貼り付けましたが、
読書感想文 指導 とか、読書感想文 書き方 とかで検索すると
どちらの話にせよそういう話が山のようにひっかかります。

どれもこれも、読書の感想に、読書の感想以外の目的をくっつけたことから来るゆがみですね。
斎藤美奈子の「文章読本賛江」という本に、この辺のいきさつは詳しく書かれています。

蛇足ですが、お気に入りのページとして、
「読書感想文は1行読めば書ける!」というページ(参考URL)を紹介しておきます。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/ymgs/hon/index03_kansou.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 ご紹介のURL、1つめと2つめ見ました。
 なるほど、「読書感想文」という名前が実態を表していない──それが諸悪の根源ですかね。

お礼日時:2005/01/26 10:42

 ANo.#8です。

再びお邪魔します。
 suzupさんの「指導できる先生が1%とのことですが、ちゃんとした読書感想文を書ける児童生徒は何%ぐらいいるのでしょうか」とおっしゃってるのを読んで、少し補足させて頂きたいと思い、再びお伺いしました。
 私は、国語を教えるのには、他の教科にはない難しさがあると思います。それは、生徒が、教師に教えられる以前に、日本語を読み書き、聞き話す言語能力を十分に備えていることです。言語能力は、家庭や社会のあらゆる局面で長い時間をかけて養われ、身につく能力ですが、その中で国語教師が担う時間はほんのわずかな時間です。それに日本語を操る力は、国語教師だけに出来て、生徒には出来ないということではありません。感想文も同様で、確かにある生徒達は見事なものを書きますが、それは教師が「教えたから」ではなく、教える以前から出来たのです。
 時々、国語教師のやってることは、魚に泳ぎを教えたり、鳥に飛ぶ事を教えたりするのに似ているなあと思うことがあります。教えなくてもできる生徒にはできてしまうことがたくさんある反面、教えてできるようになることは、とても少ないのです。国語授業が「知識」を教えるほうに傾きがちなのは、そちらの方が教えやすいからですが、知識だけでは生きた言語能力とはいえません。それだけに、教えることで生徒の感性と言語能力を引き上げていく先生を見ると、心からの尊敬を覚えないではいられません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 たびたびのご回答ありがとうございます。
 なんだか、話が(いい意味で)大きく広がってきましたね。
「教えてできるようになることは、とても少ない」のは理解できます。下のお礼で「読書感想文は読解力と文章(表現)力が必要」と書きましたが、そのいずれも、「教えてできる」ということではないように思います。
 それとは別に、算数・数学で文章題を解くのも読解力の勉強だし、証明を記述するのは文章力ですね。
 まとまらなくてすみません。雑感でした。

お礼日時:2005/01/27 10:18

こんにちは、疑問はつきませんね。



さてご質問の件ですが、すでに沢山の有識者の方からお答えがついていますね。高校1年まで1行も作文の書けなかった私からも一言。

私自身読書は好きで、小さい頃から沢山本は読んできました。しかし作文とか感想文とかというと、作文の時間は1行書いて後はじっと黙っているだけ、読書感想文と言えば、ひたすらあらすじを書き・・「おもしろかったです」だけ、でした。しかし、高校生になり何となく作文らしいものが書けるようになってきました。遅い自我の発達があったのでしょうね?この本はこんなところがおもしろかったけど、ここはつまらなかったなどと自分の意見が言えるようになってきました。

読書感想文はその本を貶そうがほめようが、どちらでもかまわないことだと思います。それを読んだ本人が受け止めたかだと思います。「ここはおもしろかった「ここはつまらなかった」そしてできることならば「私だったらこう思う」「私だったらこうしたい」となってくれればなお良いのですが。ただ、その本全体をきちんと理解することは非常に難しいことです。一部だけを切り取ってきて「こういうことはおかしい」「こういうことは間違っている」と言うことは、論を待たないところだとは思いますが。


現代の小学校や中学校では生徒に批評することを要求していないのではなくて、批評する力をつけさせることを教員に要求していないのだと思います。確かに、文章をきちんと理解することは非常に難しいことです。大人の世界であっても一つの文章が幾通りにも理解されてしまうのですから(日本国憲法9条の解釈など)ですから、子どもにはまず正確な読解力をつけさせることを教員に要求することは至って当たり前のことだとは思いますが。そこから、批評する力を引き延ばすのも大切かな~ぁと思ったりもしますが。(入試の問題が挙がっていますが、あれは出題者がその文章をどの様に読んだかという問題であって、ちょっと今回の質問の内容とは違うような気がしましたが)

実は正確な理解など無いというのが・・最近の文芸評論の傾向だったかな?(どんなに正確に読んだつもりであっても、結局その読者の人生を通してしか理解できない?)・・ごめんなさい ここいらへん勉強不足です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 結局のところ、「読書感想文は読解力と文章(表現)力がともに必要とされる」のがむずかしいようですね。教育現場が読解力優先になるのは、やむをえないとも思いますが……
 正確な理解などない、というのはある意味で同意しますが、それをいうと、読解力教育が無意味になってしまう!?

お礼日時:2005/01/27 10:10

国語教育に少し関係している人間です。


 私の実感から申し上げて、感想文を生徒にちゃんと書かせる指導というのはものすごく難しいです。そういう指導ができる先生というのは、私など本気で憧れてしまうような存在で、たいへん少数(経験的にはたぶん1パーセント以下)です。
 「読書感想文」はもちろん主観的なものですから、思ったとおり書けばいいのですが、それで本当に読み手に訴える文章を書くためには、マニュアルやテクニックの指導では不可能だと思います。そこでは「書き方」(これが大事なのはもちろん否定しませんが)以前に、「思ったこと」自体、つまり知識量の他に思考力や反省力、批判力等の力(つまり「読解力」)だと思います。
 ちなみに中学高校の国語教育では、教材本文を批判することは原則的に要求されません。大学入試でも、本文を「正しく」読み取ることは要求されても、論理の誤りを指摘したり、認識の浅さを批判したりすることは要求されませんし、それはむしろタブーです。つまり学校現場では、「たとえ問題文の内容がおかしいと思っても、そこ(問題文)に書いてあることを踏まえて、それに従って答を書きなさい」と指導するわけです。事実、そういうふうに答案を書かなければ誤答になります。こういう指導を中学高校でずっとやっていて、しかも感想文では「思ったとおり書きなさい」(批判するのも可!!)というのは、教育現場においては自己矛盾であり、自己撞着、自縄自縛に陥ることを意味します。先に書いた「生徒にちゃんと感想文書かせる指導が出来る教員」というのは、そのような中でなお自己撞着に陥らない方ということなのですが、やはりポイントは日常的にどんな指導をしているかという点にあるのじゃないでしょうか。思い切って正直に申せば、そういう方々こそ「先生」の名に恥じない人々だというのが、私がかねがね(密かに)抱いている思いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 教育関係者のかたからのコメント、現場のたいへんさが伝わってきます。

>本文を「正しく」読み取ることは要求されても、論理の誤りを指摘したり、
>認識の浅さを批判したりすることは要求されませんし、それはむしろタブーです。

 だれもがうすうす感じてはいても、はっきり言われると、ある意味ショックですね。いずれにせよそういうタブーがあるのなら、読書感想文のときだけ「批判もあり」は無理でしょうね。
 指導できる先生が1%とのことですが、ちゃんとした読書感想文を書ける児童生徒は何%ぐらいいるのでしょうか。

お礼日時:2005/01/26 16:09

初めまして。


御質問を拝見して漫画家 大島弓子さんの『夏の夜の獏』という作品を思い出しました。

読書感想文を書かせるのは多分その作品内容を、どこまで理解できているかということを教師側が判断の目安にするためという目的もあるのでしょうね。また単に「オモシロかった」というだけで済ませてしまっては読解力や洞察力、論理力を伸ばせないからという理由もあると思われます。

もちろん「感想」文ですから「オモシロかった。以上」で何が悪い、てなもんですが、それでは教育的意味を成さないのでしょうね。やはり「オモシロかった」どこが、どんなふうに、どうして・・・と発展していくのでなければ。

さて「本や著書をけなす」これは評論家と称される人種を始めとして一般のオトナたちが、よくやっていることですね。そして「評論家」といった看板を掲げる職業に就いている人なら「オモシロかった。以上」或いは「ツマンなかった。以上」では済まされないわけです。

そこで「児童・生徒」の場合です。この年齢は小学生から中学生に相当しますね。彼らの年齢で「けなす」という行為をする場合、往々にして感情レベルでの批判に留まってしまう。いいオトナでも、そうなる恐れはあり得ますから。その原因として知識レベル、人生経験等が挙げられますがオトナでも、これらが不足していると「児童・生徒」並みの批評レベルで終わってしまいます。ですから「児童・生徒」のなかから教師を唸らせるほどの批評が出てきたとしたら、それは、その著作者を凌ぐほどの知性と知識或いは人生経験等がなければならず、まず現実的な話ではないですね。天才が、そこらへんにゴロゴロしてるわけでもないでしょうから。従って批判するよりは評価する位置に立って述べるほうが彼らの年齢からして無難でもあり至って自然なことでもあると思われます。但し「オモシロかった」のは、どこが、どんなふうに、どうして・・・を問われることに違いはないわけです。

という訳で冒頭に挙げました大島弓子さんの『夏の夜の獏』に出てくるワンシーンのような事態も考えられるわけですね。

まあ早い話「本や著作者をけなそう」と思ったら、それ以上のものを自分が持っていなければならないわけです。知性、知識、人生経験或いは才能の、せめてどれか一つだけでも。その自信があったればこそ批評家商売も許されるわけでしょう。

つまり読書感想文というのは書評を書くための初歩的訓練であり、そこまで行かずとも感情レベルで終わらせないための訓練ではないでしょうか。

要するに書評を書くに値するものを持ち合わせていない者が書くものは「読書感想文」だという言い方もできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
『夏の夜の獏』未読ですが、みつけたら読んでみます。

 たしかに、自分が著者になったとして、その作品を小学生に批評されたら、複雑な気持ちがありそうです。はっきりいえば「ガキが何をえらそうに」という感情です。
 その一方、「非難」でなくきちんとした「批判」「批評」なら、相手の年齢等にかかわらず受け止めるつもりもあります。
 うーん、矛盾してるかも……

お礼日時:2005/01/26 11:08

すみません、書き直しです。



私はどちらかと言うと読書好きですが、その本がつまらないなと思えば最初の数ページでやめてしまうし、面白ければむさぼるように読み耽ります。
ですから、好きな本については語り明かしたいぐらいですが、嫌いな本を語る資格はありません。
だから書評というのは、おそらく自分の趣味に関係なく隅々まで読みこなせて、その内容を客観的に解説できるだけの見識や能力の持ち主だけがすることだと思います。
一方、そうでない人の批判は、私にはたいてい単なる悪口にしか聞こえません。本当はきちっと読んでないないだろうと言いたいところです。
もちろん、つまらないものをつまらないと言うのは言論の自由ですが、批判やけなすだけの感想は、おおよそ人前に出すような文章ではないと思います。
ここはつまらなかったから、こうした方がいい。こういう点がいたらなくて残念だった。
書評だってきっとそうなっていると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 私が質問文で「けなす」という表現を使ったのは、まさに「ここはつまらなかったから、こうした方がいい。こういう点がいたらなくて残念だった」を意図していました。「けなすだけ」という意図ではなかったです。
 書き方が悪くて申し訳ありません。

 面白ければむさぼるように読み、語り明かしたいぐらい──というのは私も同感ですが、その場合逆に「あばたもえくぼ」状態になるかもしれませんね。

お礼日時:2005/01/26 11:00

私はどちらかと言うと読書好きですが、その本がつまらないなと思えば最初の数ページでやめてしまうし、面白ければむさぼるように読み耽ります。


だから書評というのは、おそらく自分の趣味に関係なく隅々まで読みこなせて、その内容を客観的に解説できるだけの見識や能力の持ち主だけがすることだと思います。
一方、そうでない人の批判は、私にはたいてい単なる悪口にしか聞こえません。本当はきちっと読んでないないだろうと言いたいところです。
もちろん、つまらないものをつまらないと言うのは言論の自由ですが、批判やけなすだけの感想は、おおよそ人前に出すような文章ではないと思います。
ここはつまらなかったから、こうした方がいい。こういう点がいたらなくて残念だった。
書評だってきっとそうなっていると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 No.6でお礼します。

お礼日時:2005/01/26 10:52

へそ曲がりな性格です。


わざと、散々けなせる本を選んで書いたことがあります。
半ば、ディベート形式で書きました。評価は良かったですよ。

ただ、コンクールとか、他人が目を通すようなもので批判的なのは入賞できないでしょうね。
一応検閲って意味での。

私が思うに・・・
色々な子供の価値観があると思うのです。
それを頭から押さえつけるのも良くないです。
つまらない本はつまらないですし、読んでいて腹が立つ本は腹が立ちます。
それを、脈略無く否定した感想文は如何かと思うけど、筋さえ通っていればいいのではないでしょうか?
なんで、コンクールに出せないの?って聞かれたら、そんだけの文章を書ける子であれば、理解してくれるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 私もへそ曲がりです。
 そうか、ディベート形式という手もあるんですね。

 いずれにせよ本が選べる場合はまだマシだと思います。課題図書が決まっていて、興味がない本でも読まなきゃならず、読書感想文をかかなければならない、ほめなきゃ!?ならない──私には苦痛です。 
 

お礼日時:2005/01/26 10:50

小学校の時の体験からすると、うまい(先生に受けのいい)読書感想文は「落として、上げる」というものだったように思います。

出だしで「ここがちょっとと思いました」のような部分を入れて、「でも…」と展開する手法です。
こんな計算をして感想文を書いて国語の成績を上げていた私ははっきり言ってかわいげのない小学生です。
姫野カオルコの実体験(エッセイ)だったか小説だったか忘れましたが、「面白くなかった」というような批判的な感想文を正直に書いたら先生に生意気だと怒られた、小学生がこんなことを自分で考えるはずはないから親に書いてもらったのだろうと言われた、という話があったような。現代でも有り得る話かもしれませんね。
「ここが面白かったです」で済めば書いてもいいんですけどね、枚数が決まっていて、なんとしてもそれだけの文字数を埋めるために思ってもいない事をひねり出さなければならないのがホントに苦痛でした。読書感想文はなんか、別な目的(作文と同様起承転結のある文を書くとか)があるのではないかと思っています。
正直に「何を言いたいのかさっぱりわからなかった。自分はこうはしないと思うし。つまらなかった」と書いてはいけない、人が面白いと思うものはお前も面白いと思えっていうんなら思想統制じゃないの?なーんて(^_^)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 思想統制!
 うーん……いわれてみればその通りですね。

お礼日時:2005/01/26 10:45

私の意見ですが、小学生が本の内容を(けなすことも含めて)批評するのであれば、それはそれである意味「おもしろかったです」と単に書く感想文よりよほどすばらしいことだと思います。


また、読書嫌いを増やすだけとの意見ですが、私は「本が好きな子は感想文の宿題が出ても出なくても本が好きだと思うし、また感想文の宿題がでなければ本など読まないでジャンプしか読まない子に本を読む機会を与えるもの」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 前半について……
 私も同感ですが、読書感想文コンクールなどで上位入選し公表された中には、けなしているのを見た記憶がありません。たいていの場合、課題図書が指定されているので(課題図書は良書だというたてまえがあるので)、それをけなすのはタブーになっているのかもしれません。

お礼日時:2005/01/26 02:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q読書感想文・・・・・

読書感想文ってどんなこと書けばいいんですか?
まず、読書感想文の定義って何なんですか??
この前も書かされて、先生にこれは読書感想文じゃ無いといわれてしまいました・・・・・
何が読書感想文で何が読書感想文じゃ無いのでしょうか?

Aベストアンサー

「自分が感じたことを書く」ことだと思います。
 例えば、どの場面が感動したとか、登場人物の誰が好きかとか、気に入ったセリフとかいろいろ書けると思います。たぶんそれだけでは少し物足りないかもしれないので、なぜそう思ったのか付け加えるともっといいと思います。例えば、「この話に出てくるAさんが好きです」と書くより、「この話に出てくるAさんが好きです。少し自分と似ているような気がするからです。」とか、すこし理由を付け加えると、感想文らしくなると思います。
 読書感想文に決まりきった型はないと思いますが、ただあらすじを書くだけでは感想文ではないと思います。それではただの本の縮小版みたいになるからです。自分の考えたこととか感じたことをたくさん含めるといいと思います。

Q読書感想文を夏休みの宿題にするようになった経緯と理由を教えてください

このところ読書感想文に拘る質問を度々見かけますが……なぜ、読書感想文を書かせるのでしょう。亡くなられた大村はまさんが、どこかに「読書感想文を書かせてはいけない」という主旨のことを書いておられた記憶があるのですが……いつ頃から、なぜ、読書感想文を夏休みの宿題にするようになったのか、その歴史的な経緯を含めた理由を教えてください。
なお、出版社、あるいは出版業界の陰謀であれば、当時の、その政商的な首謀者を教えてください。

※読書感想文を夏休みの宿題にしていない学校もあるでしょう。当然、そうした事例は除きます。

Aベストアンサー

学校で宿題にしているところ全てがそうではないと思いますが、
リンク先のコンクールに応募することが多いかと思います。
そういった学校は、こちらの趣旨に賛同しているということではないかと思います。
今年で52回目ですから、もう52年はやっているということなのでしょう。
主催者の団体については、以下のULRで、見てください。
http://www.j-sla.or.jp/

なぜ夏休みなのかというのは、
単純に時間がとれるからと言うことでしょう。
感想文だけではなく、感想画もあるみたいですよ。

参考URL:http://www.dokusyokansoubun.jp/index2006.html

Q読書感想文の書き方

高校生らしい読書感想文の書き方教えて下さい!

構成や書き始めなど…。

Aベストアンサー

こんばんは。

感想文…課題ですか?

「同じ本を読んでも、同じ感想文はありません。」

その理由は「皆それぞれ“感性が違う”から」です。

学歴、偏差値社会、ですから、“それなりのモノ”を
作りたいお気持ちは理解できます。

しかし、「感想」は『評価も批評もされるべき物ではない』と思います。

ただ、「原稿用紙?枚」とか、「?文字以上、?文字以下」と言う
「制限」だけは守らなければいけません。
それが「高校生らしさ」ではないでしょうか?

その制限内に「自分の感性で感じたものを適切に文章化する」だけです。

したがって、「構成、書き始め」など気にする必要はありません。

感想文なのですから、「高校生に与えられた制限を守り」、
後は思いのままに綴っていけば、
それが「質問者様らしい感想文」になるだけです。

強いてアドヴァイスをあげれば、
「いきなり原稿用紙」にてをつけるのではなく、
一度「走り書きのメモ」を書いてから、
提出用のものを書き、書き終えたら誤字脱字が無いか、
読み返して校正すれば良いだけです。

がんばってくださいね^^。

それでは。

こんばんは。

感想文…課題ですか?

「同じ本を読んでも、同じ感想文はありません。」

その理由は「皆それぞれ“感性が違う”から」です。

学歴、偏差値社会、ですから、“それなりのモノ”を
作りたいお気持ちは理解できます。

しかし、「感想」は『評価も批評もされるべき物ではない』と思います。

ただ、「原稿用紙?枚」とか、「?文字以上、?文字以下」と言う
「制限」だけは守らなければいけません。
それが「高校生らしさ」ではないでしょうか?

その制限内に「自分の感性で感じたものを適切に文章化す...続きを読む

Q美容院で嫌がらせを受けました

少し前ですが美容院でひどい扱いを受けて、思い出す悔しさとと悲しさで苦しくなるので相談させてください。

ある安さが売りの大手の美容院なのですが、矯正パーマとカットをお願いしました。

私はメンタルな事情で美容院が非常に苦手で、緊張します。
いつもできるだけ話しかけられないように雑誌を見たりしていますが、終わると疲労困憊します。
その店には半年くらい前にもパーマで行ったのですが
その時も私なりに気を使って話が結構はずんだと思ったのですが、流れの中で私がどう動いたらいいのかわからず固まってしまったことがあり、気まずい場面がありました。

その後に行った時のことなのですが、洗ってくれる店員さんが不自然にぶっきらぼうだなと思いました。
次に担当した人は、パーマのかかり具合をチェックする時1本だけ強くつれるように(?)
不自然に痛くひっぱりました。偶然かと思い気にしなかったですが、3回も同じことをしたので不振に思って鏡をみると、こちらをみてニヤニヤしたようでした。
それから、髪型の注文をすると上から目線で「そんなことはできない」とか「はあ?」とかいったり、
ケープの首元はゆるめにセットして、カットした後切った髪を背中に向けてドライヤーで中に入れたり、カットもお願いしたのと全く違うようにされました。
そのころになってやっと、自分がされていることが分かりました。
他の店員も沈黙した感じで私にだけ「ありがとうございます」などいわないようでした。

出た後、どうしてそこまでされないといけないのか、悔しくて泣けてきました。
おそらく私が緊張しすぎなのと、外からは分かりにくい軽い脳障害のある私の行動が不自然だったのだと思います(メンタルクリニックに通院して投薬を受けています)。
でもそんなことを説明することもできないし、嫌われたなら他をあたるしかないと思いました。
なのですがそれ以降美容院に行くのが恐くなってしまいました。

短時間で最小のやりとりで済む1000円カットが一番マシなのですが、どの美容院にいっても意地悪されているような気がします。(全然やる気なさそうにカットされたり、髪型をやたら否定されたりします)

美容師さんの間でそういう情報がやりとりされていてマークされているのでは、などと思うと苦しくなります。今書いていても悔しくて腹が立って、でも自分も悪いのではないかという思いと葛藤になります。

質問の意図が分かりにくい文章になってしまったかもしれませんが、何かアドバイスをいただけたらと思います。

少し前ですが美容院でひどい扱いを受けて、思い出す悔しさとと悲しさで苦しくなるので相談させてください。

ある安さが売りの大手の美容院なのですが、矯正パーマとカットをお願いしました。

私はメンタルな事情で美容院が非常に苦手で、緊張します。
いつもできるだけ話しかけられないように雑誌を見たりしていますが、終わると疲労困憊します。
その店には半年くらい前にもパーマで行ったのですが
その時も私なりに気を使って話が結構はずんだと思ったのですが、流れの中で私がどう動いたらいいのかわからず固...続きを読む

Aベストアンサー

40代女性です。
私も美容室ってちょっと緊張するし、苦手です。会話が。

それにしても、ひどい目に会いましたね。

私はよく引っ越しをするので、新しい町で、新しい美容室を探すとき、ネットで口コミがあれば読むのですが、本当に評判の悪いお店ってあるようですね。口コミを鵜呑みにするのはいけないかもしれませんが、一応参考にします。

値段で調べて安いお店の口コミを探すと、「えー。そんなに対応が悪いの???」というの、あるので、そこには行きません!
客商売なのに、ね。

1000円カットはビジネスライクで会話もあまりしないですむので、こちらに要望があまりなければ、楽ですよね。
カットだけなら、それもありだと思います。

ただ、色々要望があるときは、前の方も仰るように、教育をちゃんとされたお店に行く方が良いのかな、と。

例えば、知人が行っているお店を教えてもらって、お店に行ったときに「友人の紹介でこちらに来たんです。よろしくお願いします」と言えば、まずは相手(スタッフさん)も嫌な気はしないでしょうし、むしろ頑張ろうと思ってきちんとやってくれると思います。

私は、もう後はひたすら雑誌読み、ですね。
読んでいる最中に雑談を振られても、「…はあ」とか、相づちだけにして、会話をつなげないで、真剣に読んでいるようにします。

>美容師さんの間でそういう情報がやりとりされていてマークされているのでは

これは、ないと思いますよ!

あと、美容室行くときのコツ、というのを昔読んだのですが、きちんとメイクして、まずまずオシャレをしていく方がよいとのこと。
気の抜けた格好で行くと、気を入れてやってもらえないかも、という理由でした。
以来私はオシャレして、行っています。

頑張ってください!

40代女性です。
私も美容室ってちょっと緊張するし、苦手です。会話が。

それにしても、ひどい目に会いましたね。

私はよく引っ越しをするので、新しい町で、新しい美容室を探すとき、ネットで口コミがあれば読むのですが、本当に評判の悪いお店ってあるようですね。口コミを鵜呑みにするのはいけないかもしれませんが、一応参考にします。

値段で調べて安いお店の口コミを探すと、「えー。そんなに対応が悪いの???」というの、あるので、そこには行きません!
客商売なのに、ね。

1000円カットはビジネス...続きを読む

Q読書感想文の書き方を教えてください。

読書感想文の書き方を教えてください。

大学生です。レポートではなくて、小説系の読書感想文です。

お願いします。

Aベストアンサー

難しい事は何もありません。読書「感想」文ですから、その本を読んで、純粋に自分で感じた事を書けば良いんです。小説の概要をごくごく「まとめた文」から書き始め、全体を通しての感想でも良し、特に感銘を受けた箇所に関する感想でも良し、とにかく「自分が読み感じた事、思った事」を書かないと読書感想文にはなりません。小説の著者、著者の略歴、時代背景等を書き連ねるのがレポートです。

Q「税についての作文」の書き方を教えてください!!

夏休みの宿題で、税の作文が出ました。

さっさと早く宿題を終わらせたいのですが、
何を書いていいのやらさっぱりよく分かりません((泣

私は文法力もないし、税について調べてみても、ちんぷんかんぷんで
全く進みません。。。

なのでよければ、
作文の書き方のコツや、税について(分かりやすく、まとまったこと)を教えてください!!

ちなみに中学生です。

Aベストアンサー

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。

また、郵便貯金をされていませんか。毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。通帳で確認されます。

このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。

そして、その使い道を考えてください。


質問者様の学校は、公立の学校でしょうか?
授業料は無償ですね。
学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。

私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。

また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。
(小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。「この教科書、机、○○は、だれがお金を出してくれているのか? 戦争で勉強したくても学校にも行けなかった人たちも、給料や年金の中から税金として負担してくれているのだ。しっかり勉強しろ。」)

ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。


税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。

そうすると文章が書けると思います。


また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。
これは、だれが返済するのでしょうか。
今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。
返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。
そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。

このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。

夏休みも、あと2週間!
がんばってください。

税についての詳しい知識は不要です。

身近にある税を考えてください。
スーパーやコンビニのレシートを見てください。
うち消費税○○とあるはずです。
これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。
スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。

また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。
会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい...続きを読む

Qお彼岸で供えるお花は何でもいいの?

お彼岸ですので亡くなられた方にお花をお供えしようと思います。何のお花でも失礼ではないのでしょうか。例えば、菊とか種類は決まっているのでしょうか。そして、菊であれば色は何色が良いのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

特に決まりは無いと思いますが、とげのあるバラは避けたほうがいいと思います。
私の家では、お墓にお供えする花束を自分で組んでお供えしているのですが、お姑さんからそう聞きました。菊は白・黄色を良く使います。
 後は鉄砲ゆり(カサブランカは匂いがきついのし大きいので、お仏壇に供えるときにも使用しません)
 アイリス
 スターチス
 カーネーション
 菜の花(今の時期なら)
 スイトピー
 ガーベラ
なんかを良く使います。
花束として持っていくのであれば、花屋さんにその旨を伝えると予算に合わせて作ってくれますよ。その時お祝い事ではないので色は白・青系が多いと思います。
 

Q言われたことがうまく理解できない障害?

上司から指示を受けて、やったことが指示と違うということが多くて悩んでいます。

メモしても、そのメモ事態がポイントがずれているから始末に置けません。

指示したことと違うと言われて、再度説明を受け、実施したことがまた違うということも良くあります。
お互い嫌ですよね・・・・

どなたか、このようなタイプの私にコツのようなものをアドバイスいただけないでしょうか?

実は、これは自分は一種の障害なのかな?とも思っています。

というのも、メールを見ても話し言葉でないと理解できないことがあるのです。話し言葉でないと文章が理解できないのはなんとか(名前はわかりませんが)症というそうです。

簡単なことじゃないかといわれるたびに、気持ちがブルーになります。

Aベストアンサー

病気ではないです。
一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。もっと自分で考えてみてください。考えることによって改善されるはずです。

といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。上司には毎日怒られっぱなしです。
私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。
ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。私自身の感じていることを下記に書きますね。


【主な原因】
相手の言行っていることを自分の中の知識の中で考え理解しようとして、結果的に自分の中で新しいことを作ってしまい、相手の指示内容と異なってしまう。
(これって自分では気がつかないんですよね。これが正しい、あの人はこう言っているって思い込んじゃっているから・・・・・)

【私生活において】
私はそうなのですが、私生活において、結構流されてすごしていませんか?つまり、なぜ?なんで、って考えて自分で納得し、理解してから行動する。とりあえず、よくわからないけどやってみますか??
ではないですか?
「お前の行動は私生活にもにじみ出ているんだよ」って私は言われました・・・


【対策】
自分自身の主観的な思い込みはやめる。
相手が何をしてほしいのかを整理して考える。
 何をしてほしいのか
 何でそれをしてほしいのか?
 どういうOutPutを望んでいるのか?

私自身も半分くらいしか理解できていないので正確にかけなくてごめんなさい。
もし、相手の指示が悪ければ、相手に対して指示を明確にさせてあげるくらいのレベルになりたいですよ。

【読むべき本】
これは、考えることができない自分。物事を順序だてて整理できない自分にいつも怒っている上司がアドバイスしてくれた本です。

1.考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ・ミント (著)

2.ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
エリヤフ ゴールドラット (著)

この2冊はかなり有名のようです。
私が今読み終わった本は、
考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法
 船川 淳志 (著)

です。この本を読んで、心が痛かったです。
なかなかお勧めですね。
ザゴール2は読み物(物語)みたいなので読みやすいそうです。ただ、何も考えずに読んだら何にもならないぞ。と言われました。。。。

masadayoさんと私を一緒にしては大変失礼かもしれませんが、私も相手の言っていることを正確に理解し、相手が望む以上のパフォーマンスを出したいと努力しております。これは病気ではなく、今まで訓練していなかっただけですので、どんどん訓練してこんな状況から早く抜け出たいですね。
お互いがんばりましょう。

病気ではないです。
一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。もっと自分で考えてみてください。考えることによって改善されるはずです。

といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。上司には毎日怒られっぱなしです。
私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。
ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。私自身の感じていることを下記に書きますね。


【主な原因】
相手の言行っていることを自分の...続きを読む


人気Q&Aランキング