香港に住んでいます。
マッサージしてくれる所や、スポーツクラブでサウナを利用することがあるのですが、サウナ室の中でおばちゃんとかがスッポンポンでベビーオイルを身体中に塗りたくっているのをよくみかけます。ベビーオイルにはどんな効果があるのですか?
また妊婦にサウナは良くないのはどうして?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サウナではありませんが普通のお風呂でも


上がり際に、ベビーオイルを塗って
そのままタオルで水滴を押さえると、
お肌がつるつるになるとテレビで言っていました。
    • good
    • 0

サウナでのベビーオイルは、肌を必要以上に乾燥させないためでは?


サウナって結構肌がヒリヒリしますし。。。
それにフランスの美容法では、半身浴などで湯船に長くつかるときは、その前に全身にオリーブオイルを塗って、必要以上に皮脂が取れないようにする…と聞いたことがあります。

それとも香港のはやりなのかしら???
ちなみに日本のサウナでは一時期、塩を身体に塗りゴミ袋(黒)を巻きつけるオバサマが大量発生してました。。。(一応痩身目的らしい)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサウナについて。サウナを極めたい。サウナの限界って

わたしはサウナが好きですが、一度はっきりさせいたいと思い、

ご相談させていただきました。



サウナの汗はどこまででるのでしょうか?

私は、一度行くと3時間半はいますがそのうち休憩しながら、2時間はサウナにはいっていうと思います。

汗を出し切ったというより、なんとなく飽きてきて終わりになります。


また最近サイトで発見したのですが、水風呂で体を冷やしすぎない事がポイントと聞き「なるほど!」

っとおもったものです。


何かより良くサウナを楽しめる方法はありますか?

Aベストアンサー

汗の限界はたぶん個人の水分量とかによると思いますが、ちょっと詳細は分かりません。

効果的に入る方法はこのへんが参考になりました

http://www.rehanet.co.jp/mailmag/backno/vol_65.html
http://www.yu-land.co.jp/s1-hassaku/s-1-1-4-2.html

・体の水気をとって入る
・15分以上入ると逆に疲労する
・「サウナと水風呂」を3回位繰返す
・サウナを出てから湯につかるのは、心臓に負担がかかるので避けた方が良い
・サウナ入浴中に飲んだ水は、胃腸で吸収されて、血液中に溶け込こんで汗となって出る為、腎臓等の内臓から老廃物が排出されなくなってしまう。水分補給はサウナを出てから

僕も意外と知らなかったです(笑)

Qアロマオイルマッサージってどういう店ですか

カテ違いでしたらすみません。

近所にアロマオイルマッサージの店が出来ました。
面白そうなので一度行ってみようかと思っています。ただ、雰囲気がそれっぽくて男性専用個室とか書いてあり、あやしげな店なのか心配です。駅で配っていたティッシュには「風俗店ではありません」とありますが、そのまま信じて良い物なのでしょうか?

ちなみに風俗嫌いということではなく、勤務先にあまりにも近いため、もしそうなら近所の人に見られたくないので行きたくないという意味です。

Aベストアンサー

国内のアロマ系の団体(の認定校)で勉強して、単なる民間資格ではありますが、アドバイザーやインストラクターの資格を持つ者です。

アロマテラピーをきちんと理解している人たちのサロンでしたら、アロマオイル「マッサージ」という看板は、通常は掲げません。
マッサージとは、国家資格を持った人だけが行える施術であり、無資格の人がマッサージを職業とするのは、違法だということまで知っているからです。そのため、アロマテラピーの世界では「トリートメント」という表現をしています。

実は、アロマテラピーの精油を希釈した物を、第三者の体に塗布すること……これが、体を撫でたり擦ったりちょっと押すような感じになり、マッサージに酷似した動作になるので、アロマのトリートメントも違法ではないか、と裁判になったこともあるようです。それ自体は「職業選択の自由」ということで、違法でないという結論になったようですが。

アロマテラピーのトリートメント自体は、衛生面でも気を使ってる(はず)だし、お客様の気分にあった精油を選んでくれるし、良い意味で気持ちの良いものです。
ただ、私個人としては、アロマ「マッサージ」という看板を出しているお店を利用することは、あまりお勧めしません。雰囲気がそれっぽくて、勤務先に近いのでしたら、そのお店は利用しない方がいいかなって気もします。
勤務先や近所の人に見られても構わないような、アロマトリートメントのお店は、探せば他にいくらでもありますから。

国内のアロマ系の団体(の認定校)で勉強して、単なる民間資格ではありますが、アドバイザーやインストラクターの資格を持つ者です。

アロマテラピーをきちんと理解している人たちのサロンでしたら、アロマオイル「マッサージ」という看板は、通常は掲げません。
マッサージとは、国家資格を持った人だけが行える施術であり、無資格の人がマッサージを職業とするのは、違法だということまで知っているからです。そのため、アロマテラピーの世界では「トリートメント」という表現をしています。

実は、アロ...続きを読む

Q自宅でオイルマッサージ・・・

自宅で大人のオイルマッサージする場合について
いくつか教えて下さい。

(1)下には何をひけばよいですか?
 バスタオルなどでよいのでしょうか。

(2)マッサージ後、
 体がオイルでベタベタになると思いますが、
 普通にシャワーすれば取れますか?
 タオルで拭き取るほうがよいですか?

(3)下に敷いたタオルなど、
  オイルのついたものは普通に洗濯して大丈夫ですか?
  他のものと分けて洗ったほうが良いのでしょうか。

(4)オイルはベビーオイルでもよいですか?
  ちなみにオイルを使う効果は何でしょうか?

以上、教えて下さい。

Aベストアンサー

 美容目的ですよね..

オイルを使う目的が曖昧で、
性質も知らずに仰るんだと
すれば、
「1度、お金を出して施術
 していただくと、全てが
 分かります」

 デコルデ・肩・背中上部のオイル・マッサージを受けた時、
「オイル(のエッセンシャル成分)が毛穴から入り、
全身を巡ります。このままでも大丈夫ですが、後から気になる様
でしたら、タオルで拭き取っていただくか、通常のシャワーで
取れます」と、言われましたよ。

 このエピソードから、オイルそのものの品質・役割などの
疑問を解消されてから、マッサージの段階のあれこれを
質問されてった方が良いと思うのです。。

Q足用と全身用オイルマッサージの違いについて

生活の木でFMのマッサージオイルを購入。
ボディ用の代謝を高めるマッサージオイルを購入したつもりが
足用代謝を高めるものを2本間違って購入しちゃいました。。。。

足用でも全身に使っても問題ないでしょうか?
また効果はどうでしょう?
ボディ用、足用とも、ジェニパー、グレープフルーツのオイルを使用していて、足用とボディ用の違いがわかりません。
配合量が違うのでしょうか?
足に効くのだったら、二の腕やヒップにもきくのでは?と思っています。

お店で聞くと、足専用なのでボディには効きません、
と新たに全身用を買わされそう。
FMマッサージオイルに詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

脚用とボディ用とはさほど配分としては差がないです。
精油の種類がジュニパーとグレープフルーツですネ!
この二種類は利尿作用や浄化作用、脂肪分解作用があるので
むくみ対策によく使用される精油です。
私もお客様のアロマトリートメントに使用しています。
もし気になるようでしたら、キャリアオイルなどに少し希釈(薄めて)
使用してみてはいかかですか?!

Qマッサージオイル

私は東北に住んでいて、最近足の冷えやむくみが気になっています。そこでマッサージをしようと思うのですが、アロマオイルやクリームを使うとさらに効果がでると聞いたことがあります。なにかいいボディオイルなどはないでしょうか。市販で売っていて、手ごろな値段で買えるようなものがあったらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

アロマセラピーでしたら以下のサイトが詳しいです。
http://www.ctk.ne.jp/~pure/aroma_top.html
精油ブランド一覧表をご覧下さい
http://www.nishiyama.org/aroma/

最近はネット通販でも手軽にかえます。
ただ上記のサイトを読んで頂ければ分かりますが、アロマオイル(精油)は品質に信頼のある商品をお使いください。
上記サイトの一部ですhttp://www.nishiyama.org/aroma/enjoy/01.html

他にも沢山ありますが信頼の置ける有名メーカーを少し載せておきます。
生活の木http://www.treeoflife.co.jp/
ニールズヤードhttp://www.nealsyard.co.jp/
GAIA http://www.gaia-np.com/
プリマライフやラ・フロリーのヴィーゼhttp://www.wiese.co.jp/
ファーム富田http://www.farm-tomita.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報