「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。




「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。
    • good
    • 52
この回答へのお礼

やはり「完全に」という意味ととらえれば、これらの用法は正しいということなのですね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/02/11 14:42

あくまでも頑張る→飽くまでも(飽きるの変形)頑張る→最後まで頑張る


あくまでも私の意見ですが→全く私の意見として聞いてほしいのですが→他にも違う考えや意見はあるのが前提です。
こんな感じでしょうか。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

なるほど。「これは全くひとつの事(物)であって、他にもあるけど」という意味の「全く」であると考えればいいのですね。ということは「徹底的に」という意味をもつ「飽くまで」とは別の意味をもつ単語なのでしょうか。

お礼日時:2005/02/08 20:30

「あくまで」には『どこまでも』という意味も持ちます。


「どこまでも個人的な考えですが…」は、個人的な考えの範疇を出ませんが、の意味で使うのでよいのでは。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%A2%A4%A …
    • good
    • 8
この回答へのお礼

「どこまでも」という意味もあるのですね。その意味で考えれば意味が通るような気もしますね。

お礼日時:2005/02/08 20:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q「毒も食らわば皿まで」の「皿まで」の解釈ですが、「皿の上のもの全て」なのか「皿も」食べる?

こんにちは、お世話になります。

ことわざの「毒も食らわば皿まで」の意味は知っているのですが、直接的な文章の意味として、「皿まで」は、

・皿まで食べる→「毒を食ってどうせ死ぬんだから、食べ物じゃない皿も食べちゃう。」

かと思っていたんですが、何気なく国語辞典を引いたら、

-----------------------------------------------
2 供応の膳(ぜん)などで、1に盛って出す料理。
----------------------------------------------ー
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%9A%BF&stype=1&dtype=0

とあり、


・皿の上に出された料理を最後まで食べる→「どうせ毒を食べちゃったなら、途中で止める事無く最後まで料理を食べよう」

の意味になるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

皿まで食べるわけないでしょ。
皿まで(ねぶれ)です。皿までなめろということです。

Q「あくまで」「あくまでも」の由来?

「あくまでも○○である」とか「あくまで○○だ」等に
使われる「あく」とは漢字で書くとどのような字になるのですか?
また、語源と言いますか由来も教えていただきたいです。

Aベストアンサー

飽くまで(副詞)= 飽く(古語動詞)+ まで(助詞)
「飽く」は古語で、(1)じゅうぶん満足する (2)いやになる、という意味を持っています。

由来は、単純に古語の意味どおりです。(1)の意味からも、現代口語の「どこまで」「徹底的に」「とことんまで」「(やり始めたことは)最後まで」と使い方は結びつきやすいと思います。

Q「とおり」か「どおり」の使い方

 「常用漢字表」(平成 22 年内閣告示第 2 号)を確認してもよくわかりませんので教えてください。

 例えば、「○○○設備を基準どおり設置する」と「○○○設備を基準とおり設置する」この「とおり」にするのか「どおり」にするのかどちらが正しいのでしょうか?  

 又、漢字で「○○設備を基準通り設置する」と書いても良いのでしょうか?

「基準のとおり」のように「の」を使えば間違いないと思いますが「の」を使わない場合の表現方法を教えていただけないでしょか?        宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

連濁には
1.修飾複合語は濁り、並列複合語は濁らない
2.名詞の複合語は濁り、動詞の複合語は濁らない
3.頻繁に使用され、一語意識が強い複合語は濁る
の一般規則がありますが、例外もあり必ずしも絶対的規則ではないようです。

「基準どおり」は1、2、3の3つとも満たす典型的な連濁の例です。
「通り」と表記しても間違いではありませんが、街を意味する「通り」と混同を避けるために「どおり」とするのが慣用的な用法のようです。

Q「手伝う」とは、あくまで「補助」なのか、それとも「指揮命令系統下に入る」ことなのか?

質問概要
”手伝い”という語は、飽く迄、1「補助として力を貸す」という意味なのでしょうか?
それとも2「指揮命令系統下に就く(就け)」という意味もふくまれるのでしょうか?

ちなみに国語辞典をいくつか検索してみましたが、2をも含む結果は見受けられませんでした。


詳細
お世話になります。
フリーター、だか、ニートだかしりませんが、知り合いに定職に就かずにぶらぶらしている人がいます。
その人があるとき私に愚痴りました。聞くと以下のようなことでした。
----------
親戚で自営業のおじさんいて、そのおじさんがあるときやってきて
”●●ちゃん(←本人の事)、時間あるかなあ、おじさん、ちょっと仕事が忙しくなったんで、ちょっと手伝ってくれないかなあ、助けてほしいんだよ”
というので、暇つぶしに遊びに行くつもりでおじさんの店に行ったところ、
他のアルバイト社員と一緒になって朝から晩まで働かされた。
一応、日払いで給料は払ってくれたが、こんな状態が1,2週間続いたので、
「おじさん、あたしも別の事で忙しいから、もうお手伝いできないよ」
といってそれ以降はおじさんのところに行くのを辞めた
----------
という事でした。
その子曰く、
「仕事が忙しいから手伝え、っていうから、あくまで”手伝い”のつもりで、行ってあげたのに、めちゃくちゃこき使われた。私はおじさんとは親戚なのに、他のアルバイト社員となんら変わりのないこき使い方だった、こんなの酷い!」
と言うのです。
私が、「じゃあ、君が思う、”手伝い”ってどんなことなの?」
と聞いたら
「よくあるじゃん、大会社の社長令嬢で、名目上は秘書課とか総務課に籍を置いているけど、実質的には仕事なんか何もやってなくて、気が向いたときに会社にやってきて、お茶飲んだり、おしゃべりしたりするだけで他の社員よりも多く給料をもらう娘。あんなのが”手伝い”であって、今回のおじさんの行為は、単なる社員、奴隷に過ぎないよ」
との回答でした。

私が
「君がニートで何にもしていないから、君のおじさんが君を案じて、社員として雇ってくれたんじゃないの? ただ、それをあまりにもストレートに言って
”無職だから仕事をくれてやる”
と言ったら、君のプライドを傷つけるから、やんわりと
”おじさんの仕事を手伝ってくれないか?”
という言い回しを使ったのであって、君の親とおじさんの間では君を雇用・就職させる事で同意が取れていたんじゃないかな?」
と問うと、
「でも、もうあたしは手伝いはしないよ、手伝う、というのは飽く迄、補助、非メインであって、こき使われることは”手伝い”、とはいわないから」
とのことでした。

----

再度 質問を確認します。
飽く迄、国語辞典的に考えた場合
”手伝い”という語は、飽く迄、
1「補助として力を貸す」という意味なのでしょうか?
それとも
2「指揮命令系統下に就く(就け)」という意味もふくまれるのでしょうか?

今回のように「仕事を手伝ってほしい」という文章に組み込まれた場合
これは「就職して社員として命令に従え」という意味でしょうか?
それともこの子がいうような働き方(あれを”働く”というかどうか疑問ですが)が「仕事を手伝う」でしょうか?
(まあ、その時その時の言い方や、言う側、言われた側の立場や状況にもよるとは思うので、いろんな事例を挙げてお答えください)

質問概要
”手伝い”という語は、飽く迄、1「補助として力を貸す」という意味なのでしょうか?
それとも2「指揮命令系統下に就く(就け)」という意味もふくまれるのでしょうか?

ちなみに国語辞典をいくつか検索してみましたが、2をも含む結果は見受けられませんでした。


詳細
お世話になります。
フリーター、だか、ニートだかしりませんが、知り合いに定職に就かずにぶらぶらしている人がいます。
その人があるとき私に愚痴りました。聞くと以下のようなことでした。
----------
親戚で自営業の...続きを読む

Aベストアンサー

国語辞典的にとらえれば「手伝い」は「人の仕事を助けること」です。
どちらかといえば1.「補助として力を貸す」というほうが近いです。ただし、助けるためには「指揮命令下に従ってもらわないと助けることにはならない」というような二義的な問題はいくらでもありうるでしょう
「その時の言い方や、言う側、言われた側の立場や状況にもよる」と、ご自分で書かれているのが答えだと思います。
 「キミ、うちの会社へ来て仕事を手伝いたまえ」と言われれば「指揮監督に従え」ととらえます。
「うちの会社へ来て仕事を手伝っていただけませんか」と言われれば「無理のない範囲である意味気楽に仕事をしてくれ」ということにもなります。

「課長補佐」という肩書や仕事があったとして、課長を手伝うのか 課長にコキ使われるかはわかりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報