日本の伝統文化として、日本でイルカ追い込み漁によりイルカが殺され、食用にされたり、研究にまわされたり、水族館に売り飛ばされているということを知りました。大変衝撃的な出来事で、イルカはサメに襲われそうになってる人を助けたり、溺れている人を助けたりと、なんの見返りもなく人間や仲間を助ける優しい生き物です。いろんな意見があるでしょうけど、僕はいくらイルカを食べることが食文化だといっても、18世紀まではイルカは魚だと考えられており、それ以降にやっと哺乳類であるとわかって、哺乳類だから食べてはいけない、牛や豚はどうなんだと言われると正直自分でもどう整理したら分かりませんけど、たいしてイルカはうまくないと聞いています。それを伝統文化だから行事を行う感覚でイルカ追込み漁を行ってもよいのでしょうか?また水族館にイルカをうるために捕獲するという理由で。イルカを殺すことには僕は反対です。みなさんはどう思いますか?またイルカ追い込み漁について詳しく知っているわけではないので詳しく知っている方、無知な僕に教えてください。今後イルカやイルカセラピー、野生イルカ保護についてのホームページを作っていこうと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。

感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた生物を減らし自然のバランスを保つことなのです。人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。つまり、このイルカ追い込み漁を考える場合、イルカの種を無差別に搾取する乱獲に近い漁法なら非難するべきです。しかし、もしそれが増えすぎたイルカだけを取っているのであれば、それは逆に絶滅に瀕している他のイルカ種を救うことになりえるのです。イルカの生態は似てますからね、増えすぎたイルカ種が絶滅に瀕しているイルカ種を圧迫している可能性が高いですから。
水族館に売るという面でもそうです。イルカの研究はたいてい捕獲されたイルカを購入することでなりたってます。そのおかげでイルカの生態が解明され、保全に役に立っている面もあるのです。
最後にもう一度言わせてください。保全を本当に考えるなら人の感情で保全を考えないでください。あくまで自然の観点から保全を考え、ときには必要悪になることも保全には大切なことなのです。このことを踏まえてよいホームページを作ってください。楽しみにしております。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

>人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。
たしかに言われる通りだと思います。人間の感情ではなく、自然から見る視点で考えなくてはいけないことはよく分かりました。専門家を前にえらそうなこといいますが、食物連鎖の頂点に立つ人間の指名として、今までたくさんの生物を乱獲したり、自然破壊で生きる場所を奪い絶滅させたり絶滅の危機に生物を追いやった人間の責任として、自然のバランスが保たれるよう、みんなで考え努力していかなくてはいけないと考えています。追い込み漁で、捕獲枠が1993年以降1度も見直されてない点、スジイルカがほとんど捕獲できなくなっている事実は自然から見ても問題あるのではないかと思います。1つわからないことがありお聞きしたいのですが、追い込み猟は群れ全体を壊滅させる猟法で、イルカ個体群を絶滅させる恐れがあり問題点とされているという記述をよく目にしますが、よく理解できません。個体群とは、例えば同じバンドウイルカでも個体群によってまったく別の種類と考えられているということなのでしょうか?教えていただけたら助かります。ご意見参考によく考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 22:52

よく人間は食物連鎖のトップに立ち、自然をコントロールする義務があるなんて言い方をする方がいますがそんなことできませんよ。

人間にできるのは人間活動の正しい評価と節制による自然の自己回復能力の後押しだけです。つまり、そういう意味では人間は自然に対して無力といえるでしょう。しかし、人間は人間に対してだけもっとも有力になれるということも覚えて置いてください。人間に求められていることはやっぱり人間が実行するしかないのですからね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事遅くなりすみません。自然をコントロールというか、人間が爆発的に増えてしまったことで、人間が好き勝手やってたら当然のごとく生態系はくるってしまうんじゃないかと思い、人間には知恵がありますから、そうならないよう自然界のことを考えて、様々なことを抑制してかないといけないのかなと思いました。ありがとうございました。これからもっと勉強していきます。本当にためになるご意見たくさんkagfishさんから頂けたと思っています。

お礼日時:2005/03/19 02:33

たしかに海獣類の漁具被害はひどいものがありますね。

特に定置網ですが定置網は一定期間海の中に設置しておくのですが、そこのトドやイルカなどが定置網を壊し、中の魚を根こそぎ食べてしまいます。こうなると漁師さんは一定期間の収入がすべてなくなり、さらには定置網の修理代という借金ができます。網を破るぐらいなら修理はまだましなのですが、なにぶん力が強いですからね支柱からなにからすべて完膚なきまでに破壊されてしまいます。定置網は一千万単位のものもざらですからね。被害額はすさまじいものになります。しかも、海獣類は条約で保護されているものが多いですから駆除もできませんし、漁師さんははらわた煮えくり返っているでしょうね。
実際、漁具の分野ではこの対策が一大問題となっており、最新の研究では海獣類の嫌がる音を研究し近づくのを防ごうという研究もあります。イルカの声を研究しているのをよく見かけますね、ほほえましいようですが本音はこの研究の一端だったりします。
本当に人間活動と自然の調和は難しい。ある植物学会で環境のシンポジウムが開かれたときにこの話題で議論されましたけど、世界中の学者が集まっても人間がいなくならないと無理っていう結論でまとめあがるくらいですからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事遅くなりました。申し訳ないです。
いろいろ考えましたけど、僕も行き着くところは、人間が急激に増えすぎたっていうところにいってしまう気がします。
専門家の意見もそうなんですね。このような問題を考えると、人間って無力なんでしょうか。

お礼日時:2005/03/02 21:46

イルカは漁師にとっては、どうしようもない害獣です。

定置網をやぶるわ、養殖いかだを破壊するわと人間様の生活を脅かしています。海水浴客はイルカに助けられるので守るなら、漁師はイルカを殺してもいいのではありませんか?あなたの論ならば、そのように考えられるのではありませんか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返事遅くなり申し訳ありません。たしかに漁師にとっては害獣でしょう。しかしイルカにとっても漁師の網は命を奪うやっかいなものであって、難しいですね。「人間様の生活を脅かす」人間様ってなんですか?そんなに人間って特別なのかなー?地球から見れば人間ってどうしようもない害獣ですよね。人間は特別って考え方じゃなくて、人間も動物たちと同じ地球にすまさせてもらってる動物なんじゃないですか。

お礼日時:2005/03/02 21:31

学会で出会った教授がいわれた言葉で非常に感銘を受けた言葉があるのでのせておきます。


昔、差別をする人間は動物に優劣をつけ、劣ったとみなした動物を虐殺し、ゴリラなどの動物を絶滅にまで追い込んだ。
現在、差別をする人間は動物に優劣をつけ、優とみなした動物のみを保護した、その裏で劣ったとみなされた動物がどうなっているかも知らずに
いま、保全を考えている人々は文化に優劣をつけ、妥協点も見出さずにそれを非難しようとしている。これは今までの2者の行動と何が違うのだろうか?
真の生物保全学者は、保全だけを尊重するなかれ、文化だけを尊重するなかれ。両方をじかに触れ合った人間でない限りそれはただの差別に身を落とすのだ。
つまり、私が言いたいのは正しい保全の知識をつけることと同様に文化に対しても間接的ではなく直接肌で感じた人間(現地の人としゃべったりその地域を旅行したり)でないとかたる権利はなく、そういう人間でないと双方の妥協点は見つけれないということです。
実際、捕鯨をやっている人は諸外国から非難を浴びてますけど、口だけでかたっている人間よりはよっぽど鯨を大事にしてますよ。供養塔があったり、鯨を供養するお祭りがあったりね。
最後に私の意見ですがこの漁法は妥協点が見つかりますね。専業的・商業的にやっているわけではないので儀式を形式的にすることも可能ですし、頭数制限も可能ですしね。実際、この漁法に触れ合っていない私には口を出す権利はないですがね。
    • good
    • 9

no5です。

地域個体群についてですが、あまり難しいことを書き綴っても複雑になるだけですので簡単に説明します。地域個体群は同じ種内で遺伝的に差のある集団間を言います。つまり、人でたとえると人種のようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。納得です。

お礼日時:2005/02/16 00:57

#2です



>他の捕獲方法も合わせて日本で1万頭ではきかない数のイルカが殺されています。こんな残酷な伝統行事を守っていく必要性があるとは僕には思えません。

日本で殺されているイルカは年間1から3万頭程度だと思います。しかしイルカの追い込み漁で殺されているのは年間多くても数百頭(1000はいかない)程度ではないでしょう?水族館に売られるための捕獲も多くて十数頭程度だと思います。

ホームページを作ってこのような伝統行事の廃止を訴えるのもいいと思います(私は行事の続行に賛成側ですが)。しかし頭から残酷や必要ないと決め付けて話をすすめると偏屈なものになってしまうと思います。少し距離を置いて客観的にデータやなぜそのような漁が行われるようになったのか、縄文時代からのイルカと人の関係やイルカの種類、牛や鶏・魚などほかの動物性食品の調達方法やと殺方法などを交えて考えるといいと思います。そうすれば「牛や豚はどうなんだと言われると正直自分でもどう整理したら分かりません」というのにも自分なりの考えがまとまり、説得性も増すと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

僕が読んだ本では3000頭弱のイルカが追い込み漁により殺されていると書いてありましたが、資料が古いため、たしかに現在は数百頭程度なのかもしれませんね。水族館に売られていくイルカは数10頭かもしれませんが、その数10頭のイルカたちの自由と命(水族館での寿命が平均1~3年と聞いています)を尊重したいと思います。nitscapeさんなどのご意見をよく考えもっと幅広く勉強し、整理したいとおもいます。nitscapeさんやほかの人のご意見にまだ自分には認めたくはないけど、そうなのかなと思うこともありこれからよく考えます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 22:06

イルカ追い込み漁は、近年では動物保護団体の圧力によって、徐々に現象の傾向があるようです。


難しい問題ですが、個人的には他人の食生活というか食文化を理由ともならない理由で非難するのはどうかな~と思ってます。

私も初めてイルカ漁の映像を見たときは、海を染めるイルカの血液にショックを受けましたが、一般に牛や豚の解体現場を見せることはタブーとしているのに、イルカ漁の映像だけ見せつけ保護を訴えるのはアンフェアではないかと感じるようになりました。

ちなみに、シャチはイルカの仲間ですが、野生のシャチは獰猛ですよね。であれば殺してもいいのでしょうか?

先入観にとらわれることなく、いろんな情報を得て、総合的に判断していただけると幸いです。

http://www.bluevoice.org/dolphin/save_jp.htm
http://www.izuzuki.com/Omoukoto/irukaryou.html
http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/sizuoka/0501 …
http://enjoy.pial.jp/~animals/elsa/petition_watc …
http://hotwired.goo.ne.jp/nextcitizen/komazawa/9 …
http://www.tanteifile.com/diary/2005/01/29_01/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなサイトとご意見ありがとうございます。とても難しい問題でいろんな意見を聞けてよかったと思っています。シャチはアザラシなどを狩りをして生活していて、サーファーなどがボードの上で足や手をバタバタさせているのがアザラシに似ていてアザラシと間違え人間を襲ったという話しはきいたことがありますが、好んで人間を襲う獰猛な生き物ではないと、僕の浅はかな知識であるかもしれませんがそう思っています。もう1度よく整理し考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 21:48

>それを伝統文化だから行事を行う感覚でイルカ追込み漁を行ってもよいのでしょうか?


伝統行事を守るという理由があればいいのではないでしょうか?この伝統行事によって毎年何万頭も捕獲され殺されているというわけではないのでしょうし。

>イルカを殺すことには僕は反対です。
確かに反対です。単に殺すだけなのでしたら。しかし実際には食や研究など理由があって捕まえたり殺されたりしています。ですから単に"殺している"ということだけにとらわれるのは間違えていると思います。またイルカの肉は「鯨肉」としても出回っていますし、味覚はそれぞれですが美味しい肉です(臭いがきつく嫌われたりすることもありますが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕が知ってる限りでは、他の捕獲方法も合わせて日本で1万頭ではきかない数のイルカが殺されています。こんな残酷な伝統行事を守っていく必要性があるとは僕には思えません。獲得枠の見直しが1度もされておらず、乱獲により、数が減り絶滅の危機にある種もあります。人間の都合で仲間や家族を目の前で殺され、捕獲され水族館に売り飛ばされ、狭い水槽でピエロのように見せ物にされていくイルカがかわいそうです。食べるということに関しては、確かにいろいろ考えるところがあります。HPに写真を載せたいと思ったのは、イルカ追い込み漁という現実を多くの人に知ってもらいたいという思い、今後なくしてほしいという思い、言葉では伝えられない状況を知ってほしいと思いから写真があれば載せたいと思いました。写真を載せる載せないは別として、野生イルカの保護、イルカ追い込み漁を今後なくせたらというのが趣旨の1つです。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 02:00

日本ではありませんが、アジアの島々では、イルカを食べて生活している人が沢山います。

その人達にイルカを食べるなといえますか。大型の動物なので、それで生活の全てを補っている人たちもいるんですよ。
イルカではありませんが、日本は鯨の漁について、世界から非難されていますが、ただ可哀想だけでは道理がないような気がします。鯨の場合も、"人間に近い脳を持っていて"云々という人はいますけど、イルカで生活している人はどうなるのでしょうか。
牛も可哀想だし、秋刀魚も可哀想だし、アサリもかわいそうです。キリがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにイルカを食べることで生活している国の人もいるでしょうけど、今の日本では食べる必要性がなのではないかと思います。かわいそうと言い出したらキリがありませんけど、イルカを助けてあげたいです。貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 01:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌手のイルカさんがライブで歌っていた歌です

『なごり雪』のイルカさんがライブで歌っていた曲ですが、歌詞の出だしが「雨にぬれても泣かないよ 君のことばより優しいから」という歌の曲名と、アルバムになっているならアルバム名を教えてください。そのほかに「僕は歩いてる無彩色の街を」「僕の破れたシャツはお日さまの匂いがいつもするよ」という歌詞の部分がありました。(歌詞から「いつか冷たい雨が」という歌かと思っていたのですが違いました。)力強い歌です。1980年頃に友人から借りたイルカさんのライブのテープに入っていました。そのライブがアルバムになっているのかどうかもわかりません。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

1975年のファーストアルバム「イルカの世界」の9曲目に収録されている「つめたい街」ですね。
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop/c/10/crcp118

歌詞は↓こちら
http://lyric.kget.jp/lyric/gv/kh/index.html?c=0&a=%83C%83%8B%83J&t=&b=&f=%89J%82%C9

ご参考まで

Qイルカの追い込み漁の非難について、他の漁法なら問題はない、のですか?

イルカの追い込み漁が非難されています、
これは、イルカの“追い込み“という漁法が非難されているのですか?すなわち、他の漁法なら問題はない、のですか?
あるいは、捕獲そのもが非難されているのですか?

Aベストアンサー

イルカの追い込み漁は、アウトドアーでやりますし血が広がるので取材がしやすいのです。
牛を殺したら血抜きをしないと臭いので血抜きをしますよね。あれと同じです。

牛やブタのホロコーストを作って肉を食らえ!という主張がされています。
一方で、野生のクジラやイルカが殺される確立は、家畜に比較して圧倒的に低くホロコーストとは言えません。

冷静に考えると、これは、”イルカやクジラを食うな!”という主張なのですが、一方で稚魚を放流して魚を食べる文化からすると害獣は困ります。

世の中にはいろんなデタラメな主張が多いわけです。

魚を釣ったら、臭い魚はすぐに血抜きをします。カツヲのケンケン漁は即血抜きをするから刺身が美味しいのです。

マグロのように船で一本釣りしたら取材できないとおもいますが単価が安いので無理かと。太地の追い込み漁はクジラ向けの伝統漁法で昔はやってたらしいです。イルカやめるなら代替の産業として近くの大島にある近代マグロの養殖などをやるのがいいとおもいますが、何分イルカ漁は組合員の権利なので外部から無理にやめさせることなんて土台無理な発想。われわれ日本は自由主義国でありイルカ漁をやめろなんでそれこそファシズムなのですから。

イルカの追い込み漁は、アウトドアーでやりますし血が広がるので取材がしやすいのです。
牛を殺したら血抜きをしないと臭いので血抜きをしますよね。あれと同じです。

牛やブタのホロコーストを作って肉を食らえ!という主張がされています。
一方で、野生のクジラやイルカが殺される確立は、家畜に比較して圧倒的に低くホロコーストとは言えません。

冷静に考えると、これは、”イルカやクジラを食うな!”という主張なのですが、一方で稚魚を放流して魚を食べる文化からすると害獣は困ります。

世の中...続きを読む

Qフォークソングのタイトルか歌手名を教えて下さい。

女性が歌っているフォークソングなのですが、歌手もタイトルもわかりません。
テレビで学生紛争など当時の世相の映像が流れた際によくBGMで流れていました。
うろ覚えながら以下情報です。
・女性のシンガーである。
・暗い曲調
・おそらく有名なのはこの一曲だけ
・若くして無くなった?
よろしくお願い致します。ちなみにイルカや森山良子ではありませんでした。

Aベストアンサー

森田童子では?

Qイルカ漁や捕鯨は必要なのでしょうか?

イルカ漁や捕鯨は必要なのでしょうか?

先日の映画公開から、気になっているのですが、外国では先住民などを除き鯨は食べないし、イルカも食べません。

知り合いの外国人の方に聞かれて思ったのですが、「なんで日本人は、捨てるほど食べ物があるのに鯨やイルカを食べるのか? 他に食べ物がないなら、生きるために仕方がないけど、わざわざ採るほどのものなのか?」

よく指摘されている知能があるとかない(牛や豚、鶏も殺される時はわかっているのか嫌がるので知能がないわけではないと思います。)とかを抜きにして考えたら、的を射る指摘だと思います。

一度、交流の中で捕鯨やイルカ漁に関して、反対を表明されている方とも雑談する機会があって、「仔牛(ヴィール)料理は、子どもの牛を食べているのに、なぜ批判しないの?」と投げかけたことがあるのですが、返答に窮していました。

同じ命であってもどうしてここまで違うのでしょうか。

文化は、尊重されるべきものであり、干渉するものではないと私は思っています。

鯨の刺身やお肉は、おいしいですし、このイルカ漁や捕鯨問題に対しては、日本は昔からの文化として存在してきたものなので他国が敏感になりすぎているのではないかと思います。

食べ慣れているから、鶏や牛豚は良くて、自分たちが食べないからそれは悪だという理論しか見えないように思えるのです。

また、映画自体もそこに住む人たちの実態を無視して、残虐な方法ばかりをクローズアップしていると思います。

鶏だって、絞めるときは棒で叩いて気絶させてから首を折ります(たまに息を吹き返して首が半分折れたまま歩いているのを小さいときに見ました。)し、牛だって器具で気絶後は首を切って出血死させます。

もちろん血抜きをしないと肉としては食べられませんから、やり方は、どれも残虐です。


これらの、問題は一体どこにあるのでしょうか。

残虐な方法が問題ならば、気絶させてから屠殺すればいいのでしょうか。

他に溢れるばかりに食べ物があるのに、それ自体を食べることが問題なんでしょうか。
(仔牛料理などは、問題ではないのか。)


解決法としては、日本人はイルカを食べない、買わないという形で、獲る意味自体を無くしてしまう以外に解決策は見えないように思います。

自分で考えていて、よくわからないので質問しました。

感情論で、かわいそうだからという理由だけでのご回答は、ご遠慮願います。

よろしくお願いします。

イルカ漁や捕鯨は必要なのでしょうか?

先日の映画公開から、気になっているのですが、外国では先住民などを除き鯨は食べないし、イルカも食べません。

知り合いの外国人の方に聞かれて思ったのですが、「なんで日本人は、捨てるほど食べ物があるのに鯨やイルカを食べるのか? 他に食べ物がないなら、生きるために仕方がないけど、わざわざ採るほどのものなのか?」

よく指摘されている知能があるとかない(牛や豚、鶏も殺される時はわかっているのか嫌がるので知能がないわけではないと思います。)とかを抜...続きを読む

Aベストアンサー

確かに今は牛・豚・鶏など、他に栄養が取れる食品はたくさんあり、鯨を食べる機会も滅多にないし、べつに無くなっても・・・という意見はあるでしょうね。

ですが、、今この飽食の時代、「この食材は不可欠」というものなど無いですよね。牛も豚も鶏も魚も、ベジタリアンが存在する以上、無くても生きて行けると分かってるわけです。でも多くの人は食べます。栄養もあるけれどそれよりも「美味しい」からです。先進国ならヴィーガンなどの厳しい制限を課している人意外は皆、「おいしいから」「食べたいから」と感情論で食べているわけすよね。
フランス料理のフォアグラなど、飼育方法からしてすごいですし。
ですので、別に鯨だけを取り上げて解決する必要は無いと思います。

鯨云々を言う人は、ほぼシーシェパードなどの、偏った同情を煽る映像に影響されているのでしょう。その中で今「鯨だけ」やめることは、「暴力を仕掛けてくるテロリストに屈服した」ことにしかなりません。
もしそうなれば、シーシェパードは大喜びで手をたたいて喜ぶでしょうが、同時に収入源が無くなり絶望します。そして次の標的を探すでしょう。でも日本みたいにヤワな反撃しかしない国はそうそう無いですから、まぁ黒マグロとかまた日本を標的にして「資金集め」という名の「金儲け」を続けるのでしょう。そういう人たちの広告に便乗し、自分も動物を食べるのに捕鯨を非難する人は、私なら「とさつ場の見学でもしてきたら?」と言って放っておきます。

あ、あと、日本人が皆鯨やイルカを嬉々として食べてるみたいに思う人多いですよね。韓国の犬と一緒で、食べない人の方が多いよとは教えてあげますね。

確かに今は牛・豚・鶏など、他に栄養が取れる食品はたくさんあり、鯨を食べる機会も滅多にないし、べつに無くなっても・・・という意見はあるでしょうね。

ですが、、今この飽食の時代、「この食材は不可欠」というものなど無いですよね。牛も豚も鶏も魚も、ベジタリアンが存在する以上、無くても生きて行けると分かってるわけです。でも多くの人は食べます。栄養もあるけれどそれよりも「美味しい」からです。先進国ならヴィーガンなどの厳しい制限を課している人意外は皆、「おいしいから」「食べたいから」と...続きを読む

Qイルカの引っ越しとその影響

イルカと食文化について質問です。
引っ越しをしたイルカは人間に食べられているんでしょうか?
伊豆七島のいくつかには野生のイルカが生息しています。
そのなかで、成長したオスのイルカというのは更なる棲息地をひろげるために引っ越しをすることが知られています。御蔵島などはイルカの保護と研究を目的として各イルカを固体識別して名前を付け、毎年見守りながら研究しています。現に御蔵島のイルカが千葉沖でやはり千葉のイルカ・クジラ保護団体によって発見されている例等を聞いています。
しかし、これらの引っ越し先がイルカを食べる習慣のある伊豆地方などの場合は、やはり捕獲され食肉として市場に流れたりしてしまうのが現実なのでしょうか?
漁師の方がイルカを固体識別して名前を知っているとも思えないので・・・
認めたくない現実なのですが、先日伊豆に行ってきたところ、今でも伊豆では普通にイルカを食べているようです。
どなたかその辺の実状をご存じの方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

 申し訳ありませんでした。

> 認めたくない現実なのですが、先日伊豆に行ってきたところ、今でも伊豆では普
> 通にイルカを食べているようです。

 と書かれると否定的に言われているとしか取れなかったもので…。

 それと、本題のほうについて知っている内容を補足させていただきます。

> 調査対象のイルカの行方について、どこかで捕獲され食用肉になりました。とい
> う報告が返って来るのかどうかです。

 ということですが、可能性としてはありえると思います。が、食肉用のイルカは市場に出回る前に解体されますので、あくまでそれはその際に解体される前に保護団体の方が運良く確認出来た場合に限ると思います。それにしたって、少なくとも一度の漁で数十頭、場合によっては千数百等のイルカを数日かけて追い込むことになりますので、一頭一頭を識別を識別するのはおそらく難しいのではないかと思います。ですから、イルカ漁で水揚げされた場合にはたいていの場合「行方不明」になってしまうのではないでしょうか。

 それと、イルカ漁にかかったからといって必ずしも殺されてしまうというわけでもないので、極僅かの生き残り組みに紛れ込んだ場合(もっともかなり運が良くなければそちらに紛れ込む事もないのが現実ですが)、「どこそこの水族館で泳いでいました」なんて事になる可能性もあります。

 以上、専門家ではないのでわずかばかりの知識からの推測に過ぎないのですが、なにかの参考になりましたら幸いです。

 申し訳ありませんでした。

> 認めたくない現実なのですが、先日伊豆に行ってきたところ、今でも伊豆では普
> 通にイルカを食べているようです。

 と書かれると否定的に言われているとしか取れなかったもので…。

 それと、本題のほうについて知っている内容を補足させていただきます。

> 調査対象のイルカの行方について、どこかで捕獲され食用肉になりました。とい
> う報告が返って来るのかどうかです。

 ということですが、可能性としてはありえると思います。が、食肉用のイルカは市場...続きを読む

Q和歌山の太地町の鯨漁について、イルカって…?

和歌山の太地町の鯨漁について教えてください。

太地町は鯨漁、と今の今まで解していました。
シーシェパードの理不尽な行動に対して、何じゃコイツらと、腹わた煮えくり状態でしたが、イルカも対象として漁していた!コレって本当ですか?

「イルカを漁するなんて、かわいそう」との報道に接して、情けないかな初めて認識しました、鯨だけでなくて、イルカも穫っていたなんて…。

和歌山の太地町といえば、伝統的な鯨漁と思っていました、がしかし、イルカも追い込んで漁してたって、コレ本当にそうなんですか?

そして、もし本当なら、イルカの肉を食料として供しているって、ウーンこれ本当ですか?

鯨料理は昔からあって、食べていましたけど、イルカ料理なんて聞いたことも、まして食したこともありません。

もし本当に、和歌山太地町で鯨の他にイルカも漁獲して、その肉を食しているというならば、それはチョッとアカンやろ、鯨だけにしときなさいや、イルカはヤメとき、と率直な感想なんですが、実態というか事実は、どうなっているんですか?

教えてください。

Aベストアンサー

ご理解いただけたようなので安心しました。

海水浴場にサメが現れれば、普通に駆除しますよね?
カツオ漁やマグロ漁でもサメが襲ってきます。
※カツオやマグロ食いに。
ですので、普通に銛で突いて殺します。
海外ではそのまま遺棄しますが、日本人は蒲鉾などに加工します。
※サメも資源のうちですから。
はんぺんはサメの肉で作るのが一番おいしいんですよ。

和歌山のイルカ量も、湾内の漁業資源確保のためにやっています。
いわば、農地の鹿駆除と変りません。
日本人は鹿も熊も猪も食います。
なんでイルカは食っちゃ駄目なんですか?

イルカはクジラ類なので、肉は鯨肉です。

捕る以上は利用するのが日本人です。

海外の人にしてみれば、海草(ワカメ;コンブ・ノリ)食べるのもイルカ食べるのも一緒で、気持ち悪い行為です。
外人は食べませんから。
そう、別に海草食べなくても、他にいくらでも食い物はあります。
でも、日本人ならワカメもコンブもノリも食べますよね?
誰も疑問にすら思いません。
でも、何度も言いますが、外人は”気持ち悪がって”食べないんです。
こっちの方が不思議になりませんか?
世界で海があるのは日本だけじゃないのに。
でも、世界中で海草食うのは日本人だけなんです。

ちなみに、鯨は日本人だけではなく、ノルウェーやフィンランドでも食べます。
白人の多くは、こちらには見向きもしません。
イルカの追い込み寮も400年前から普通に行われています。
でもシーシェパードは、そちらには行きません。
あっちを叩いても寄付金が集まらないからです。
彼等は、寄付金のために、日本まで来て抗議するんです。
ああすることで、カンパがあつまるからです。
これが抗議の実態です。

だから、日本人なら、もっと鯨を食いましょう。

ご理解いただけたようなので安心しました。

海水浴場にサメが現れれば、普通に駆除しますよね?
カツオ漁やマグロ漁でもサメが襲ってきます。
※カツオやマグロ食いに。
ですので、普通に銛で突いて殺します。
海外ではそのまま遺棄しますが、日本人は蒲鉾などに加工します。
※サメも資源のうちですから。
はんぺんはサメの肉で作るのが一番おいしいんですよ。

和歌山のイルカ量も、湾内の漁業資源確保のためにやっています。
いわば、農地の鹿駆除と変りません。
日本人は鹿も熊も猪も食います。
なんでイルカは...続きを読む

Qイルカの水銀って危なくないですか

イルカの水銀って危なくないですか

このサイトで、イルカが水銀汚染でイルカが死亡するケースが多いと報じています(英文です;)
http://www.theage.com.au/national/mercury-poisoning-linked-to-dolphin-deaths-20080605-2mbw.html

イルカ肉にイルカも死んじゃうほどの水銀が含まれているのだからイルカ漁を禁止するのは当たり前なんじゃないですか?

Aベストアンサー

>イルカ肉にイルカも死んじゃうほどの水銀が含まれているのだから
 ご存知の通り世界中の海にイルカは生息しています。全てのイルカがとか、全ての海域で、という話ではないですね。ちなみに少なくともイルカ食が原因で水銀中毒を起こした日本人の記録はありません。

>人に影響がないって証拠はあるんですか?
 ないって証拠はありません。ただし、ここまでだったら影響はない、って科学的に確認された基準はいくつもあります。最大無作用量とか、一日摂取許容量とか。

 なお、「ないって証拠を出せ」という表現はおやめになられたほうが。ご存知の通りこれは悪魔の証明であって、神様以外に不可能なことです。論理性を疑われますよ。

Q伝統と新文化の争い

降伏国日本では伝統が当初破壊されようとしていたらしいという情報を見ました。
伝統文化を守る動きと、壊そうとする動き。過去にどんなのがあったか知りたいです。
自国のことでなくてもいいのですが。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

敗戦国の日本が、再度武装をしないようにするために軍が解体されたのは有名ですが、
それに関連して武道教育も禁止になり動きがありました。
これに対して日本の剣道が
「日本の武道の真髄を見せる」ということで、米軍の銃剣術の教官と試合をすることになりました。
このとき、米軍側は本身で、日本側は竹刀で、という非常に不利な条件でしたし、
アメリカ側の機嫌を損ねるなような勝ち方をしてもいけません。
このような非常に難しい試合に名乗りを上げたが国井善弥でした。

試合の結果から言うと、国井は米軍側の教官の首元を竹刀で押さえつけ身動きをとれなくするという
圧倒的な力量の違いを見せつけて勝ちました。
これがきっかけとなって、武道教育が解禁されたと言われています。

Qイルカ追い込み漁について詳しく知りたいと思います。

日本の伝統文化として、日本でイルカ追い込み漁によりイルカが殺され、食用にされたり、研究にまわされたり、水族館に売り飛ばされているということを知りました。大変衝撃的な出来事で、イルカはサメに襲われそうになってる人を助けたり、溺れている人を助けたりと、なんの見返りもなく人間や仲間を助ける優しい生き物です。いろんな意見があるでしょうけど、僕はいくらイルカを食べることが食文化だといっても、18世紀まではイルカは魚だと考えられており、それ以降にやっと哺乳類であるとわかって、哺乳類だから食べてはいけない、牛や豚はどうなんだと言われると正直自分でもどう整理したら分かりませんけど、たいしてイルカはうまくないと聞いています。それを伝統文化だから行事を行う感覚でイルカ追込み漁を行ってもよいのでしょうか?また水族館にイルカをうるために捕獲するという理由で。イルカを殺すことには僕は反対です。みなさんはどう思いますか?またイルカ追い込み漁について詳しく知っているわけではないので詳しく知っている方、無知な僕に教えてください。今後イルカやイルカセラピー、野生イルカ保護についてのホームページを作っていこうと思っています。

日本の伝統文化として、日本でイルカ追い込み漁によりイルカが殺され、食用にされたり、研究にまわされたり、水族館に売り飛ばされているということを知りました。大変衝撃的な出来事で、イルカはサメに襲われそうになってる人を助けたり、溺れている人を助けたりと、なんの見返りもなく人間や仲間を助ける優しい生き物です。いろんな意見があるでしょうけど、僕はいくらイルカを食べることが食文化だといっても、18世紀まではイルカは魚だと考えられており、それ以降にやっと哺乳類であるとわかって、哺乳類だ...続きを読む

Aベストアンサー

水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた生物を減らし自然のバランスを保つことなのです。人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。つまり、このイルカ追い込み漁を考える場合、イルカの種を無差別に搾取する乱獲に近い漁法なら非難するべきです。しかし、もしそれが増えすぎたイルカだけを取っているのであれば、それは逆に絶滅に瀕している他のイルカ種を救うことになりえるのです。イルカの生態は似てますからね、増えすぎたイルカ種が絶滅に瀕しているイルカ種を圧迫している可能性が高いですから。
水族館に売るという面でもそうです。イルカの研究はたいてい捕獲されたイルカを購入することでなりたってます。そのおかげでイルカの生態が解明され、保全に役に立っている面もあるのです。
最後にもう一度言わせてください。保全を本当に考えるなら人の感情で保全を考えないでください。あくまで自然の観点から保全を考え、ときには必要悪になることも保全には大切なことなのです。このことを踏まえてよいホームページを作ってください。楽しみにしております。

水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた...続きを読む

Qインドのデリーで、面白い見学や体験できる場所はありますか? 教育、環境、伝統文化、企業、貧困に興味が

インドのデリーで、面白い見学や体験できる場所はありますか?
教育、環境、伝統文化、企業、貧困に興味があります。また日本人のいるところなどあれば教えていただけませんか?

Aベストアンサー

インドに行った事は有りませんが、日本とは価値観が違います。例えばカースト制が今でも厳然とあり、身分が違うと結婚もお付き合いも出来ません。名誉殺人(身分違いの恋をした姉や妹を親族が殺す)が未だ地方では認められて居ます。ガンジス川は聖なる川とされ、死人をそのまま流したり川辺で死人を焼いてその骨を流したりも、します。貧富の差も激しくあり、前述のカーストも不可触賎民(アンタッチャブル)から潘王の様な貴族階級迄、様々な階級が存在する不可解な国でもあります。また、IT技術の造詣が深く、アメリカのシリコンバレーに多くの人材を送り込んでいます。IT技術にを習得するのに人種差別は無いのでそちらの方からカーストの壁は崩れつつ有るともニュースは、伝えています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報