日本の伝統文化として、日本でイルカ追い込み漁によりイルカが殺され、食用にされたり、研究にまわされたり、水族館に売り飛ばされているということを知りました。大変衝撃的な出来事で、イルカはサメに襲われそうになってる人を助けたり、溺れている人を助けたりと、なんの見返りもなく人間や仲間を助ける優しい生き物です。いろんな意見があるでしょうけど、僕はいくらイルカを食べることが食文化だといっても、18世紀まではイルカは魚だと考えられており、それ以降にやっと哺乳類であるとわかって、哺乳類だから食べてはいけない、牛や豚はどうなんだと言われると正直自分でもどう整理したら分かりませんけど、たいしてイルカはうまくないと聞いています。それを伝統文化だから行事を行う感覚でイルカ追込み漁を行ってもよいのでしょうか?また水族館にイルカをうるために捕獲するという理由で。イルカを殺すことには僕は反対です。みなさんはどう思いますか?またイルカ追い込み漁について詳しく知っているわけではないので詳しく知っている方、無知な僕に教えてください。今後イルカやイルカセラピー、野生イルカ保護についてのホームページを作っていこうと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。

感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた生物を減らし自然のバランスを保つことなのです。人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。つまり、このイルカ追い込み漁を考える場合、イルカの種を無差別に搾取する乱獲に近い漁法なら非難するべきです。しかし、もしそれが増えすぎたイルカだけを取っているのであれば、それは逆に絶滅に瀕している他のイルカ種を救うことになりえるのです。イルカの生態は似てますからね、増えすぎたイルカ種が絶滅に瀕しているイルカ種を圧迫している可能性が高いですから。
水族館に売るという面でもそうです。イルカの研究はたいてい捕獲されたイルカを購入することでなりたってます。そのおかげでイルカの生態が解明され、保全に役に立っている面もあるのです。
最後にもう一度言わせてください。保全を本当に考えるなら人の感情で保全を考えないでください。あくまで自然の観点から保全を考え、ときには必要悪になることも保全には大切なことなのです。このことを踏まえてよいホームページを作ってください。楽しみにしております。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

>人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。
たしかに言われる通りだと思います。人間の感情ではなく、自然から見る視点で考えなくてはいけないことはよく分かりました。専門家を前にえらそうなこといいますが、食物連鎖の頂点に立つ人間の指名として、今までたくさんの生物を乱獲したり、自然破壊で生きる場所を奪い絶滅させたり絶滅の危機に生物を追いやった人間の責任として、自然のバランスが保たれるよう、みんなで考え努力していかなくてはいけないと考えています。追い込み漁で、捕獲枠が1993年以降1度も見直されてない点、スジイルカがほとんど捕獲できなくなっている事実は自然から見ても問題あるのではないかと思います。1つわからないことがありお聞きしたいのですが、追い込み猟は群れ全体を壊滅させる猟法で、イルカ個体群を絶滅させる恐れがあり問題点とされているという記述をよく目にしますが、よく理解できません。個体群とは、例えば同じバンドウイルカでも個体群によってまったく別の種類と考えられているということなのでしょうか?教えていただけたら助かります。ご意見参考によく考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 22:52

よく人間は食物連鎖のトップに立ち、自然をコントロールする義務があるなんて言い方をする方がいますがそんなことできませんよ。

人間にできるのは人間活動の正しい評価と節制による自然の自己回復能力の後押しだけです。つまり、そういう意味では人間は自然に対して無力といえるでしょう。しかし、人間は人間に対してだけもっとも有力になれるということも覚えて置いてください。人間に求められていることはやっぱり人間が実行するしかないのですからね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事遅くなりすみません。自然をコントロールというか、人間が爆発的に増えてしまったことで、人間が好き勝手やってたら当然のごとく生態系はくるってしまうんじゃないかと思い、人間には知恵がありますから、そうならないよう自然界のことを考えて、様々なことを抑制してかないといけないのかなと思いました。ありがとうございました。これからもっと勉強していきます。本当にためになるご意見たくさんkagfishさんから頂けたと思っています。

お礼日時:2005/03/19 02:33

たしかに海獣類の漁具被害はひどいものがありますね。

特に定置網ですが定置網は一定期間海の中に設置しておくのですが、そこのトドやイルカなどが定置網を壊し、中の魚を根こそぎ食べてしまいます。こうなると漁師さんは一定期間の収入がすべてなくなり、さらには定置網の修理代という借金ができます。網を破るぐらいなら修理はまだましなのですが、なにぶん力が強いですからね支柱からなにからすべて完膚なきまでに破壊されてしまいます。定置網は一千万単位のものもざらですからね。被害額はすさまじいものになります。しかも、海獣類は条約で保護されているものが多いですから駆除もできませんし、漁師さんははらわた煮えくり返っているでしょうね。
実際、漁具の分野ではこの対策が一大問題となっており、最新の研究では海獣類の嫌がる音を研究し近づくのを防ごうという研究もあります。イルカの声を研究しているのをよく見かけますね、ほほえましいようですが本音はこの研究の一端だったりします。
本当に人間活動と自然の調和は難しい。ある植物学会で環境のシンポジウムが開かれたときにこの話題で議論されましたけど、世界中の学者が集まっても人間がいなくならないと無理っていう結論でまとめあがるくらいですからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事遅くなりました。申し訳ないです。
いろいろ考えましたけど、僕も行き着くところは、人間が急激に増えすぎたっていうところにいってしまう気がします。
専門家の意見もそうなんですね。このような問題を考えると、人間って無力なんでしょうか。

お礼日時:2005/03/02 21:46

イルカは漁師にとっては、どうしようもない害獣です。

定置網をやぶるわ、養殖いかだを破壊するわと人間様の生活を脅かしています。海水浴客はイルカに助けられるので守るなら、漁師はイルカを殺してもいいのではありませんか?あなたの論ならば、そのように考えられるのではありませんか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返事遅くなり申し訳ありません。たしかに漁師にとっては害獣でしょう。しかしイルカにとっても漁師の網は命を奪うやっかいなものであって、難しいですね。「人間様の生活を脅かす」人間様ってなんですか?そんなに人間って特別なのかなー?地球から見れば人間ってどうしようもない害獣ですよね。人間は特別って考え方じゃなくて、人間も動物たちと同じ地球にすまさせてもらってる動物なんじゃないですか。

お礼日時:2005/03/02 21:31

学会で出会った教授がいわれた言葉で非常に感銘を受けた言葉があるのでのせておきます。


昔、差別をする人間は動物に優劣をつけ、劣ったとみなした動物を虐殺し、ゴリラなどの動物を絶滅にまで追い込んだ。
現在、差別をする人間は動物に優劣をつけ、優とみなした動物のみを保護した、その裏で劣ったとみなされた動物がどうなっているかも知らずに
いま、保全を考えている人々は文化に優劣をつけ、妥協点も見出さずにそれを非難しようとしている。これは今までの2者の行動と何が違うのだろうか?
真の生物保全学者は、保全だけを尊重するなかれ、文化だけを尊重するなかれ。両方をじかに触れ合った人間でない限りそれはただの差別に身を落とすのだ。
つまり、私が言いたいのは正しい保全の知識をつけることと同様に文化に対しても間接的ではなく直接肌で感じた人間(現地の人としゃべったりその地域を旅行したり)でないとかたる権利はなく、そういう人間でないと双方の妥協点は見つけれないということです。
実際、捕鯨をやっている人は諸外国から非難を浴びてますけど、口だけでかたっている人間よりはよっぽど鯨を大事にしてますよ。供養塔があったり、鯨を供養するお祭りがあったりね。
最後に私の意見ですがこの漁法は妥協点が見つかりますね。専業的・商業的にやっているわけではないので儀式を形式的にすることも可能ですし、頭数制限も可能ですしね。実際、この漁法に触れ合っていない私には口を出す権利はないですがね。
    • good
    • 10

no5です。

地域個体群についてですが、あまり難しいことを書き綴っても複雑になるだけですので簡単に説明します。地域個体群は同じ種内で遺伝的に差のある集団間を言います。つまり、人でたとえると人種のようなものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。納得です。

お礼日時:2005/02/16 00:57

#2です



>他の捕獲方法も合わせて日本で1万頭ではきかない数のイルカが殺されています。こんな残酷な伝統行事を守っていく必要性があるとは僕には思えません。

日本で殺されているイルカは年間1から3万頭程度だと思います。しかしイルカの追い込み漁で殺されているのは年間多くても数百頭(1000はいかない)程度ではないでしょう?水族館に売られるための捕獲も多くて十数頭程度だと思います。

ホームページを作ってこのような伝統行事の廃止を訴えるのもいいと思います(私は行事の続行に賛成側ですが)。しかし頭から残酷や必要ないと決め付けて話をすすめると偏屈なものになってしまうと思います。少し距離を置いて客観的にデータやなぜそのような漁が行われるようになったのか、縄文時代からのイルカと人の関係やイルカの種類、牛や鶏・魚などほかの動物性食品の調達方法やと殺方法などを交えて考えるといいと思います。そうすれば「牛や豚はどうなんだと言われると正直自分でもどう整理したら分かりません」というのにも自分なりの考えがまとまり、説得性も増すと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

僕が読んだ本では3000頭弱のイルカが追い込み漁により殺されていると書いてありましたが、資料が古いため、たしかに現在は数百頭程度なのかもしれませんね。水族館に売られていくイルカは数10頭かもしれませんが、その数10頭のイルカたちの自由と命(水族館での寿命が平均1~3年と聞いています)を尊重したいと思います。nitscapeさんなどのご意見をよく考えもっと幅広く勉強し、整理したいとおもいます。nitscapeさんやほかの人のご意見にまだ自分には認めたくはないけど、そうなのかなと思うこともありこれからよく考えます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 22:06

イルカ追い込み漁は、近年では動物保護団体の圧力によって、徐々に現象の傾向があるようです。


難しい問題ですが、個人的には他人の食生活というか食文化を理由ともならない理由で非難するのはどうかな~と思ってます。

私も初めてイルカ漁の映像を見たときは、海を染めるイルカの血液にショックを受けましたが、一般に牛や豚の解体現場を見せることはタブーとしているのに、イルカ漁の映像だけ見せつけ保護を訴えるのはアンフェアではないかと感じるようになりました。

ちなみに、シャチはイルカの仲間ですが、野生のシャチは獰猛ですよね。であれば殺してもいいのでしょうか?

先入観にとらわれることなく、いろんな情報を得て、総合的に判断していただけると幸いです。

http://www.bluevoice.org/dolphin/save_jp.htm
http://www.izuzuki.com/Omoukoto/irukaryou.html
http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/sizuoka/0501 …
http://enjoy.pial.jp/~animals/elsa/petition_watc …
http://hotwired.goo.ne.jp/nextcitizen/komazawa/9 …
http://www.tanteifile.com/diary/2005/01/29_01/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなサイトとご意見ありがとうございます。とても難しい問題でいろんな意見を聞けてよかったと思っています。シャチはアザラシなどを狩りをして生活していて、サーファーなどがボードの上で足や手をバタバタさせているのがアザラシに似ていてアザラシと間違え人間を襲ったという話しはきいたことがありますが、好んで人間を襲う獰猛な生き物ではないと、僕の浅はかな知識であるかもしれませんがそう思っています。もう1度よく整理し考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 21:48

>それを伝統文化だから行事を行う感覚でイルカ追込み漁を行ってもよいのでしょうか?


伝統行事を守るという理由があればいいのではないでしょうか?この伝統行事によって毎年何万頭も捕獲され殺されているというわけではないのでしょうし。

>イルカを殺すことには僕は反対です。
確かに反対です。単に殺すだけなのでしたら。しかし実際には食や研究など理由があって捕まえたり殺されたりしています。ですから単に"殺している"ということだけにとらわれるのは間違えていると思います。またイルカの肉は「鯨肉」としても出回っていますし、味覚はそれぞれですが美味しい肉です(臭いがきつく嫌われたりすることもありますが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕が知ってる限りでは、他の捕獲方法も合わせて日本で1万頭ではきかない数のイルカが殺されています。こんな残酷な伝統行事を守っていく必要性があるとは僕には思えません。獲得枠の見直しが1度もされておらず、乱獲により、数が減り絶滅の危機にある種もあります。人間の都合で仲間や家族を目の前で殺され、捕獲され水族館に売り飛ばされ、狭い水槽でピエロのように見せ物にされていくイルカがかわいそうです。食べるということに関しては、確かにいろいろ考えるところがあります。HPに写真を載せたいと思ったのは、イルカ追い込み漁という現実を多くの人に知ってもらいたいという思い、今後なくしてほしいという思い、言葉では伝えられない状況を知ってほしいと思いから写真があれば載せたいと思いました。写真を載せる載せないは別として、野生イルカの保護、イルカ追い込み漁を今後なくせたらというのが趣旨の1つです。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 02:00

日本ではありませんが、アジアの島々では、イルカを食べて生活している人が沢山います。

その人達にイルカを食べるなといえますか。大型の動物なので、それで生活の全てを補っている人たちもいるんですよ。
イルカではありませんが、日本は鯨の漁について、世界から非難されていますが、ただ可哀想だけでは道理がないような気がします。鯨の場合も、"人間に近い脳を持っていて"云々という人はいますけど、イルカで生活している人はどうなるのでしょうか。
牛も可哀想だし、秋刀魚も可哀想だし、アサリもかわいそうです。キリがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにイルカを食べることで生活している国の人もいるでしょうけど、今の日本では食べる必要性がなのではないかと思います。かわいそうと言い出したらキリがありませんけど、イルカを助けてあげたいです。貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/15 01:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靭帯損傷って、どのぐらいで完治しますか?

ぐねって足首の靭帯を損傷しました。

外科に行くとX線撮影の後、
とりあえず2週間とだけ言われて足を固定され、松葉杖が貸し出されました。

1週間後、再び行くと4日後(つまり11日目)に足の装具を作れる人が来るので作った方が良いと言われました。

で、言われるまま昨日、足の装具の型取りをしたのですが、
2週間目に足の装具が出来る段取りだと2週間で治る事はありえないという事になります。

・いつぐらいに完治する見込みか?
・松葉杖を片方返せるのはいつぐらいか?
・松葉杖を両方返せるのはいつぐらいか?
・4万数千円(保険適用前)もする装具は本当に必要なのか?
・装具を利用する期間はどのぐらいなのか?
・完治の前にリハビリなどは必要になってくるのか?

これらを質問してみましたが、今はハッキリ分からないの一点張りで何も説明してくれなかったのですが、そんなものなのでしょうか?
返答できないような医者は変えた方が良いのでしょうか?
足首の靭帯損傷って、どのぐらいで完治するのでしょうか?

Aベストアンサー

20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。
近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。

そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。
松葉杖は、ギプスを外すまで借りていて、装具になってからは返したような気がします。
靭帯が切れてしまった方が、手術ですぐ治るのにと言われましたが、ちょっとだけでもついているので、温存療法で行くと言われました。
患部の安静は長期間必要ですが、ずっとギプスを当てている訳にはいかないので、装具は必要だと思います。ただ、4万数千円する装具がどの程度のものなのかはわかりませんが、私のものは足首を覆う柔らかい素材の上に足の形に合わせたプラスチック板をかぶせて、マジックテープでとめるものでした。
それでも、装具になると仕事にも出られるようになりましたので、助かりました。
完治の前にリハビリなどは、当時はしませんでした。ただ、何ヶ月も足首を装具で固めていたので、自分の足だけで立つのがとても怖く、自宅で徐々に外している時間を長くしてそっと歩くなどして、外す日には備えました。

以上、かなり以前のことなので今の治療とは違う部分もあるかと思いますが、経験談として参考にしていただければと思います。

20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。
近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。

そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。
松...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qイルカ漁、なぜあのようなやり方なんですか?

海外在住です。
今日のニュースで日本のイルカ漁のやり方を残酷だとみました。

いるかはすぐに死なず、20分から30分かけてすべての血を失って死んでいくそうです。
確かに映像からはイルカが苦しんでいる様子がうかがえました。

別のトピでイルカ漁の可否については少しレスで読みました。

牛も、豚も生き物で、でも殺す場合は規定があります。
日本ではないのでしょうか?
残酷だとだれも思わないのでしょうか?
もし仮に、あのやり方が昔ながらのものだとしても、
この時代にあのような残酷なやり方で生き物を殺すことに、だれも異議を唱えないことに疑問を感じます。

Aベストアンサー

こんにちは。

大型の動物を絶命させるのは、実際は困難な作業ですよ。
食用として捉えるのならなおさらです。
薬物は使用できませんので。

また、クジラ漁のように大型船で行う形式ではありませんので、
水中で人間の行える手段にも制約があります。

編みで引き上げて、船の上でとどめを刺せればよいのでしょうけれども、
大金を得られる職業でもありませんし、
設備を整えることもできないでしょう。

私は、個人的にはイルカもクジラも殺してほしくありません。
私が子供の頃は、給食に鯨のベーコンのスープが出たりしましたが、
生臭くて嫌いでしたし……。
調査捕鯨という嘘っぱちな表現も大嫌いです。

イルカ漁も、もう時代に沿わなくなったのだと思います。
そういう物事に固執して生きる人々は、放っておいても淘汰されていくでしょう。

伝統とは、時代に合わせて変化していくものです。
歌舞伎も、相撲も、みなそうですよね。

昔通りにすることが大切なら、今でも獄門刑や火炙りなど、
様々な残虐行為が残っているはずですので、
イルカ漁を続けている方々の「言い訳」は、見苦しいばかりです。

ではでは。

こんにちは。

大型の動物を絶命させるのは、実際は困難な作業ですよ。
食用として捉えるのならなおさらです。
薬物は使用できませんので。

また、クジラ漁のように大型船で行う形式ではありませんので、
水中で人間の行える手段にも制約があります。

編みで引き上げて、船の上でとどめを刺せればよいのでしょうけれども、
大金を得られる職業でもありませんし、
設備を整えることもできないでしょう。

私は、個人的にはイルカもクジラも殺してほしくありません。
私が子供の頃は、給食に鯨のベーコンのスープ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報