私は森博嗣氏の「すべてがFになる」で真賀田四季のファンになった人間です。
そこで四季シリーズを読みたいと思っているのですが、以前ネット上で四季を読むなら、その前の森博嗣作品全てを見ておけ、という風の書込みを見たことがあったのでまだ我慢しています。

そこで森博嗣作品を読破してらっしゃる方に質問なのですが、四季を読む前に読んでおいたほうがいい森博嗣作品は何ですか?
ネタバレは無しで、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

読み方 m s2」に関するQ&A: m/s、m/s^2の読み方

A 回答 (3件)

こんにちは。



「すべてがFになる」から、
萌絵&創平シリーズと紅子さんシリーズを発刊順にお読みになるのが良いでしょう。

そして「四季」まで読まれたらまた「すべてがFになる」から再読したくなりますのでご購入されることをお勧めいたします。

真賀田四季博士シリーズ(本当はS&Mシリーズ)は、エレガントです♪

「・・・百年・・・」の2冊も美しい作品です。
    • good
    • 0

読んだほうがいいのは 前述の方が書いてらっしゃいます。

 「φが壊れたね」は、登場人物としてはS&Mシリーズの後続にあたってます。 こちらも面白かったですよ~
でも 私もやっぱり「F」が一番です♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさま、回答ありがとうございました。
とりあえずはS&MシリーズとVシリーズは全部読んどいたほうがいいみたいんですね。
うわぁ、まだまだ先が長そうだ・・・

お礼日時:2005/02/22 09:40

そうですね。


S&Mの10作品は是非読んでください。
そのあと、紅子さんの出てくるVシリーズも。
あと、「女王の百年密室」「迷宮百年の睡魔」も読んでおくと面白さが増すかも。

各シリーズの内訳は、森博嗣氏のサイトで確かめることが出来ます。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/myst/myst_in …

新シリーズの「Φは壊れたね」も登場人物に絡みがあるそうです。私が読んだのは、とりあえずまだ四季までですが、楽しみにしています。
でも個人的にはやっぱり「F」が一番だったなぁ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q森博嗣作品

森博嗣さんの作品を読みたいと思うのですが、シリーズものが多いみたいで、どの作品から手をつけたらいいのかと書店で途方に暮れてしまった大学生女子です。
一番最初に読むのにおすすめな作品を教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

やはり「すべてがFになる」かな、と思います。

http://www.namamono.com/
友人のサイトですが、森さんとも親交があり、様々な作家さんの書評を載せています。(書評が仕事でもあります)
こちらのサイトで書評を読んでみてから決めても良いかなと思いますが、シリーズものは前作のロジックが判った方が面白いですし、シリーズ間の登場人物が微妙に交錯していますので、出版順に読むのが一番楽しいと思います。

森さんのサイトはこちらです。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/

参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/

Q森博嗣の作品について

こんばんは。

タイトル通りなのですが、今、森博嗣の作品を読んでいこうと思っています。本屋さんで見ても作者の著作が結構多く並んでいてどれから読んだらいいのか分かりません。
それと小説の裏の紹介文やキャッチコピーを読んでる限りでは思い違いかもしれませんが、作者の作品が続き物になっているような感じがしました。そこで質問です。

1.作者の作品はストーリーが繋がっているのでしょうか。
2.繋がっているのならばその作品を教えて下さい。
3.そしてストーリーを理解する上で最も適した順番を教えて頂きたいです。

実はいきなり「四季―春」というのを読んでみたのですがあまり理解できなかったのです…。私の能力不足でしょうか…。

2と3は同時にお答えいただいて結構です。
ではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

森氏の作品は全体的に通じるものが幾つかあります。中には単独で読み切れるものもありますが、一番オーソドックスな森作品はやはり続いていますね。
大まかに挙げていきますと……

1.S&Mシリーズ・Vシリーズ・四季シリーズは繋がったストーリーがあるので、通して読んでいくことをお勧めします。

2.講談社から刊行されている短編集の中にはS&MシリーズやVシリーズのキャラクターが登場している話も挿入されています。

上記二つに関しては、刊行順に読むのが一番分かり易く、楽しめると思われます。


また、講談社以外から出版された著作には、別の森氏の魅力があると思われます。単独では「奥様はネットワーカ」「堕ちていく僕たち」「ZOKU」「そして二人だけになった」等がありますし、他社のシリーズ(冊数は講談社でのシリーズより少ないです)には「女王の百年密室」や「スカイ・クロラ」等があります。


スタンダードな森博嗣ワールドを楽しみたいのならば「すべてがFになる」から、多少ファンタジックな要素があっても良いから、取っつきやすく楽しみたいのなら単独作品を読んでみては如何でしょうか?

森氏の作品は全体的に通じるものが幾つかあります。中には単独で読み切れるものもありますが、一番オーソドックスな森作品はやはり続いていますね。
大まかに挙げていきますと……

1.S&Mシリーズ・Vシリーズ・四季シリーズは繋がったストーリーがあるので、通して読んでいくことをお勧めします。

2.講談社から刊行されている短編集の中にはS&MシリーズやVシリーズのキャラクターが登場している話も挿入されています。

上記二つに関しては、刊行順に読むのが一番分かり易く、楽しめると思われ...続きを読む

Q森博嗣さんの作品でお勧めは?

知人に森博嗣さんの作品を勧められました
お勧めは?

また何から読み出したらいいですか?

Aベストアンサー

まずは「すべてがFになる」から読んで欲しいです。
森先生の処女作です。
ただ、森先生は某国立大の理系学科の先生なので
ものすごく理系用語が多いです(^^;)
なぜ「F」なのかは、多少理系の知識が必要かもしれません。
基本的に出版された順に読むのをお勧めします。
結構過去の作品の内容について触れるシーンもあったりするので
飛び飛びで読んでいたら、たまにワケがわからなくなるかも(^^;)
主要作品にはS&MシリーズとVシリーズがあります。
先にS&Mシリーズを読んでいたので(「すべてがFになる」はS&Mシリーズです)
Vシリーズの雰囲気に最初はなれませんでしたが
読んでいくうちにどちらも好きになりました。

これ以上言うとネタばれになりそうなのでやめときます(^^;)

ちなみにS&MシリーズやVシリーズ以外の作品もありますよ。
たとえばスカイ・クロラという作品は、ミステリではなく
詩のような雰囲気です。

Q直木賞作品の読破について

直木賞作品を新しい順から読んでいるものです。

文庫化されたものより読んでいるのですが、

1994年くらいの作品から、絶版になっていたり、普通の本屋(紀伊国屋・丸善・ジュンク堂)

で手に入り難くなっています。

その年の大衆文学の代表である直木賞作品でも、【新品】での入手は困難なのでしょうか?

それとも、時間がたてば出版社が順々に再版してくれるものなのでしょうか?

アマゾンなどで中古品でないと購入は難しいのでしょうか?

この辺りの事情に詳しい方、教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

直木賞受賞作品でも、よっぽどの作品でないと「品切れ重版未定」の状態(ほぼ絶版状態)になってしまうと思います。

直木賞受賞作を、1994年あたりから過去にさかのぼってWikipediaで見る限り、「あ、これは重版がかからないだろうな」と思える作家さんがちらほら見受けられます。

どんどん新しい作家さんが増えていき、直木賞作家も毎年増え続けています。
書店では置くスペースが無くなるので、いかに直木賞作品といえども、そのすべてを在庫として持っておくわけにはいきません。
ですから、古くなればなるほど、書店店頭にないものが増えてきます。

それでも1994年以前の受賞作を検索してみたら、新刊書店で入手不可のものもありますが、思ったほど「品切れ重版未定」になっているものは少ないように思います。

店頭にないだけで取り寄せは可能だと思いますから、下記のサイトなどで取り寄せ不可の状態になっていないことを確認して、書店で注文すれば取り寄せられると思います。

http://www.honya-town.co.jp/hst/HT/index.html
http://www.e-hon.ne.jp/bec/BK/Top

直木賞受賞作品でも、よっぽどの作品でないと「品切れ重版未定」の状態(ほぼ絶版状態)になってしまうと思います。

直木賞受賞作を、1994年あたりから過去にさかのぼってWikipediaで見る限り、「あ、これは重版がかからないだろうな」と思える作家さんがちらほら見受けられます。

どんどん新しい作家さんが増えていき、直木賞作家も毎年増え続けています。
書店では置くスペースが無くなるので、いかに直木賞作品といえども、そのすべてを在庫として持っておくわけにはいきません。
ですから、古くなればなるほ...続きを読む

Q森博嗣の作品のように非常に論理的に正確にトリックが描かれていて、物理哲学についても描かれているような

森博嗣の作品のように非常に論理的に正確にトリックが描かれていて、物理哲学についても描かれているようなミステリ小説・探偵小説を紹介してください。

できれば主人公やほかの登場人物の年齢が若い小説でお願いします

Aベストアンサー

森博嗣はそもそもが学者ですからねぇ……。あれほどのミステリを書ける人はなかなかいないでしょう。
私が知る限りでは、東野圭吾の「ガリレオ」シリーズくらいです。まあ、これも科学的トリックばかりではないんですが。

Q東野圭吾作品の読む順番について教えてください

加賀恭一郎シリーズを読むとしたら、いきなり麒麟の翼から読み始めてもいいでしょうか。
それとも、シリーズの第一作から読み始めたほうがいいでしょうか。
同じく、ガリレオシリーズでも、いきなり最新作から読み始めて、その後に古い作品を読むというのは、読み方としては、あまりよくないでしょうか。

東野圭吾ファンの方のアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

加賀シリーズは何作目から読み始めても問題ないかと思いますよ。

もちろん麒麟の翼から読み始めても前々OKかと。

シリーズものでよくある一作目を読んでおかないと置いてきぼりをくらうというのは東野作品ではあまりないかと。

でも個人的にはシリーズものは一作目から読んだ方が気持ちがいいというのはあります(笑)

Q森博嗣さんの作品で犀川さんは(ネタバレかも?)

こんにちわ。
森博嗣さんの作品に登場する犀川さんは瀬在丸さんと林さんの息子なのに何故に名字は犀川なのでしょう?

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

ミステリファンとして、この質問はどうかなと思います。
「ネタバレかも?」じゃなくて完全なネタバレです。
しかも、シリーズ全体に仕掛けられた重要なネタに関して。

こういうところでネタバレかも?とかいって聞く前に
グーグルで「作品名 ネタバレ」で検索してみる事をおススメします。
実際「赤緑黒白 ネタバレ」で検索したら、この質問の答えが簡単に見つかりました。
そちらでご確認するってのはいかがです?

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Q森博嗣作品で好きなものを教えてください。

森博嗣作品で好きなものを教えてください。

私はS&Mシリーズがやっぱり好きで、中でも『笑わない数学者』と『封印再度』が好きです。なんとなくですが^^

S&M、V、四季、Gシリーズまで読破したのですが、他にオススメがあれば教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

って、講談社ノベルスはほとんど読破されているので、これ以上何をおすすめするのって感じですが、私は、水柿君シリーズが好きですね。でも、今まで一番楽しめたのはVシリーズです。
あと、小説以外のものも楽しく読んでます。「モリログ」とか「臨機応答・変問自在」とか。「アンチハウス」とかもかなり面白く読みました。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報