最新閲覧日:

これから台風のシーズンになりますね。
そこで質問です。
一般にテントはペグを打ったり石を使ったりして強風が吹いても
耐えられるように設営しますが
どの程度耐えられるものでしょうか?
テントの種類やフライの種類、ゴアテントでフライ無しなど
いろいろな要素が関係しますね。
また、ペグの種類や張り方など教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは


テント場ですが、3千メートルの稜線を想定しています。
風速は10m~20m
テントの種類は山岳用
因みに私の持っているテントはアライのエアライズ(1人用)と
ゴアライズ(2人用)です。
と言うことですが私もゴアライズを使用していますが、具体的な情報は持ち合わせていませんが同じような条件での使用経験から話させていただきますと、本体下部に付いているペグを打てる所(ポールを止める穴の隣)の穴に直接ペグを入れようとするとペグの太さが決まってしまいますので穴の横にスノーピークで言いますとソリッドステークをを打ち込みフックの部分を本体の穴に入れて地面まで打ち込みます。もちろん本体のスリーブの横に付いてる飾りのような張り綱も頑丈なペグで止めます。後はどれだけテントの中に物が入っているかですね、、、横からの風でしたら上記の状態で私の時は問題はありませんでしたが、稜線ですと吹き上げてくるがあると思うのですがそれが問題ですね、、

この回答への補足

何センチのペグを使っています?

補足日時:2001/08/24 11:39
    • good
    • 0

こんにちは onakagooさん。


テントの設営場所、向き、ペグの種類と打ち込む場所などの要素も強度を決めると思います。
ですから、どの程度耐えられるとは一概には言えないと思います。
また、ペグの打ち込む深さも打ち込み角も重要です。深さは場所により違いますし・・
角度はロープに直角に打ち込む事が大切です。
寝かせすぎたり、地面に直角に打ち込むとすぐに抜けてしまいます。

場所によってペグを使い分けることが大切です。
参考URLにペグの比較を入れました。
http://www.outdoor-station.com/goods/stake.html
└→こちらもご覧下さい。
http://www.wnn.or.jp/wnn-o/yamakei/index.html
http://www.geocities.co.jp/Colosseum/3315/#id6
└→山関係のことが載っていたので・・

気をつけて行ってきてくださいね。そしてゴミは必ず持ち帰りましょう。

参考URL:http://www.snowpeak.co.jp/catalog/spo/html/tarp/ …

この回答への補足

50cmの長さのペグもあるのですね。
こんな重たいものを持って行くことがあるのですか?
通常日本のアルプスでスリーシーズンで使用するには
どの程度ペグがあれば大丈夫なのでしょう?

補足日時:2001/08/24 11:34
    • good
    • 0

こんにちは。

わたしの経験は、もうずいぶん昔の事なので参考にならないかもしれませんが・・・

キャンプの初日に台風に遭遇した事があります。

そのときのテントは4~5人用の家型テントでした。正式な名前はわかりませんが、4本の親ロープは普段よりしっかり張り、
側面のロープはゆるめにして風圧をモロに受けないよう対応をしました。

あとは、雨の対応も必要ですね。

くれぐれも流されるようなところでキャンプをしないように

専門家ではないのでうまく回答できませんでした。

この回答への補足

テント場ですが、3千メートルの稜線を想定しています。
風速は10m~20m
テントの種類は山岳用
因みに私の持っているテントはアライのエアライズ(1人用)と
ゴアライズ(2人用)です。

補足日時:2001/08/23 16:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ