シャドウマスクって何ですか?
どうやって作るんですか?
電気屋さんで「シャドウマスクが...」って説明があったのですが何のことだかわからなくて...
シャドウマスクって「プラズマ(液晶?)テレビ」にも関係あるんですかね?
今度、大画面テレビを買おうと思ってるのですが価格が高いのでいろいろ気になてしまってます.
詳しい方、よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして!


先に書かれた回答を読むと回答を書いているこっちも勉強になってしまう……
さておき、シャドウマスク方式と、アパチャーグリル方式。

雑学ですが、古いのは、シャドウマスク方式(今のものと違うかもしれませんが。そのときは、0.26ミリの穴で、この穴が、いーっぱい、規則正しく並んでいたそうです)。アパチャーグリルのほうは、シャドウマスク製造が技術的に難しく、簡単にするために考えられたものです(だいたい初代カラーテレビの頃です)。
当時は、シャドーマスクよりも、アパチャーグリルのほうが性能がよかったようです。しかし、現在はシャドーマスク方式の方が、きれいだという事です。(値段がすこし高いですが……)。
目によいというなら、液晶方式か、プラズマ方式ではないでしょうか?
最近「カーボンナノチューブ」なるものが発見されて、プラズマディスプレーの放電に応用されれば……安くなるのか?多分5年以内には実用化されないと思いますが…(あくまでもたぶん)
ただ「大きい画面のテレビがほしい!」というなら、画質は少し負けるけど「リアプロジェクションテレビ」というのはどうでしょうか……50インチのもので、たしか40万円ぐらいです。大きいけれど(奥行きは50センチぐらい)見かけによらず軽いです。
    • good
    • 0

先の方の答えでほぼ完璧なのですが、ブラウン管の一種ではなくて、シャドウマスク方式のブラウン管の構成部品の名前です。



プラズマディスプレーには、シャドウマスクもアパーチャーグリルもありません。プラズマディスプレーでは画素を構成する電極間に発光体となるガスを充填し、そこに高電圧を掛けて放電させることで、発光させていますので発光原理自体が異なり、シャドウマスクのような物は必要ありません。

液晶ディスプレーも原理の上からシャドウマスクのような構造を必要としません。液晶とは電流を流すことによって光の透過率を変化させることの出来るシャッターのようなもので、それ自体は光を出しません。このシャッターを画素の数(カラーの場合はその3倍でそれぞれの色のフィルターがついています)用意し、必要な部分に通電します。画面の光自体は液晶の後方に備えたバックライトの光です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ...ということはディスプレイの方式には
・ブラウン管(シャドウマスク式とそうじゃないもの)
・プラズマディスプレイ
・液晶
の3つがあるってことですね.
今度買うテレビはやっぱり5年以上は使いたいので
1.今買い時なもの
2.大画面ならばこそ高画質
3.耐久性
4.目に優しい(笑)
というポイントを押さえたいと思っています.
う~ん...どの方式がいいのでしょうねぇ.それにしてもプラズマディスプレイってなんであんなに高いのでしょうね?
ありがとうございました.

お礼日時:2001/08/24 08:11

ブラウン管の方式の一つです。


ブラウン管は、電子銃から発射された電子が蛍光面にぶつかって発色するわけですが、そのとき、となりのビームの洩れを拾ってしまわないように工夫がこらされています。
シャドウマスクは、蛍光面の手前に、小さな孔が無数にあいた鉄板をおいて、孔以外のところにやってくる電子をはね返してしまうという方式。
これに対しアパーチャグリルは、細い針金を何本も張りわたし、その間を通り抜けた電子だけを発光させるもの。
シャドウマスクはアパーチャグリルにくらべ、重い鉄板を使うのでどうしても構造が重くなってしまう欠点があります。
また、鉄板が熱で膨張し、跡が残ってしまう焼き付きが起きやすいのも短所です。
しかしその一方で、アパーチャグリル特有のダンパー線(針金がからまないようにする横線)がないことと、丈夫で壊れにくいという長所もあります。

プラズマディスプレイの細かい原理はよく知らないですが、やっぱりマスクやグリルが画面の手前にあるんですかね?
ガス発光を使ってるからCRTとは原理が違うと思うんですけど…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど.基本的な構造と原理が理解できました!今の主流はシャドウマスク式ですよね?プラズマディスプレイは店頭でも飛びぬけて高いですし...でも本体の薄さからプラズマディスプレイも捨てがたいですね.う~ん、今買うならどっちなんでしょうねぇ...買ったあとにプラズマディスプレイの値段がド~ンと下落するのも悔しいですしね.
ありがとうございました.

お礼日時:2001/08/24 07:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液晶テレビ及びプラズマテレビの液晶テレビ及びプラズマテレビの寿命は??

地デジTVをそろその購入しようかと考えているのですが
寿命はどのくらいでしょうか?壊れやすい物でしょうか、壊れやすい様であれば、5年保証に入ろうとも思うのですが。

パソコンは購入1年で修理に出し2万円かかり2年後また故障。5年保証に入ってなかったものですから高くつきました、で懲りていますから。

Aベストアンサー

こればかりは、一般的な寿命を聞いてもしょうがないと思いますけどね。
ただ、昔のブラウン管よりは確実に寿命は短いんじゃないですかね。

ただ、工業製品ですので、壊れる人は壊れます。
ご質問にも書いてらっしゃいますけどね。運です。
まだまだ商品自体、けっこう高額ですから、
ご心配でしたら入っておかれた方がいいと思います。

ただ「5年保証」といっても店によってその内容は様々です。
保証は1回限りだったり、金額に上限があったり。
その辺の約款みたいなものはきちんと把握された上で
保証に入る(店を選ぶ)ことをおすすめします。

Qプラズマテレビと液晶テレビ

こんばんは。

プラズマテレビか液晶テレビのどちらかを購入予定です。
プラズマならビエラ、液晶ならレグザ。
どちらがよいか、情報提供してくださる方、
是非、書き込みをお願いします。

Aベストアンサー

皆さん、素晴らしいところはご存知だと思いますので、あまり一般的ではない、現時点で解決できていない問題点をお知らせします。

液晶ディスプレイの欠点
*「黒が締まらない」真っ黒がグレーになってしまう。
例えば、パソコンの液晶画面をペイントソフトか何かで真っ黒に塗りつぶします。
真っ黒の部屋で、その画面を見ます。
すると、バックライトが画素と画素の間から漏れてダークグレーに見えます。
これは液晶パネルの根本的な欠点で、この現象はテレビ用液晶ディスプレイでも同様です。。
->どんな問題があるのか?
例えば、全体暗いイメージの映像で、役者さんの髪の毛のグラデーションが潰れてベチャとした不自然な感じに見えます。

液晶の画素は、ひとつひとつが長方形をしています。
長方形がビッシリ並んでいるわけです。
人間の目は、「とがった物」や「角」に対して敏感(感度が高い)です。
人間の目には、液晶の一つ一つの画素は見えなくても、画素の角にはシッカリ反応しています。
液晶テレビのほうが同じ画素のプラズマテレビよりもクッキリハッキリ感じるのはバックライトの明るさ以外にこの性質があるためです。
プラズマテレビはブラウン管テレビと同じように一つ一つの画素がボヤッとした点で発光するため、何となく落ち着いた感じの絵が作られます。
->どんな問題があるのか?
パッと目はきれいに見える液晶テレビですが、目が疲れているときに液晶テレビをすぐそばで見ていると、目がチカチカしたり、疲れを感じる事があります。

プラズマテレビの欠点
*パネルの寿命が短い。
近年、かなり改善されて来ているが、プラズマパネルは小さなネオン管(蛍光灯の仲間)をビッシリ並べた構造をしてます。
このネオン管には当然寿命があります。
寿命を延ばすには、可能な限り暗くして使用しなければならない。
プラズマテレビの多くに、外の明るさを感知するセンサーを搭載してるのもパネル寿命延命のためです。

液晶パネルは60000万時間もの長寿命を達成しているが、プラズマパネルは70%の明るさで、その半分程度の寿命です。
プラズマテレビは、もしも、明るさ最大で使用すると、7000時間程度で寿命を迎えることになる。(つまり、1日10時間で2年の寿命です。)
また、同じ画像を表示し続けるとプラズマテレビは焼き付きを起こします。

最後に
液晶テレビとプラズマテレビをお店で見比べるのでしたら、自宅でテレビを置く場所と同じくらいの明るさで見比べるのが一番良いと思います。
その明るさで、暗めの映画のDVDなどを持参して、肌色の明るいところから首筋の暗いところまでのグラデーションや、髪の毛の艶々した明るい黒から真っ黒な影までを見せてもらうのが一番いいのだけど、難しいでしょうね。
以前、よく言われた「液晶テレビは表示速度が遅い」という問題点は、近年、ほぼ解決済みです。

結論として
・窓の外から光が一杯入る明るい部屋へ設置するのならば液晶テレビ。
・落ち着いた雰囲気の部屋へ設置するのならばプラズマテレビ。

少しでも、参考なれば良いのですが。

皆さん、素晴らしいところはご存知だと思いますので、あまり一般的ではない、現時点で解決できていない問題点をお知らせします。

液晶ディスプレイの欠点
*「黒が締まらない」真っ黒がグレーになってしまう。
例えば、パソコンの液晶画面をペイントソフトか何かで真っ黒に塗りつぶします。
真っ黒の部屋で、その画面を見ます。
すると、バックライトが画素と画素の間から漏れてダークグレーに見えます。
これは液晶パネルの根本的な欠点で、この現象はテレビ用液晶ディスプレイでも同様です。。
->ど...続きを読む

Q液晶テレビとプラズマテレビの違いについて

この二つの差はなんでしょうか?
くわしく教えていただけたらと思っています。
あと友人から液晶テレビの26インチを5万円で譲ってくれると
いわれています。これは安いですよね?!

Aベストアンサー

類似の質問がいくつもあります。参照ください。
http://internet.okwave.jp/qa2171038.html
http://internet.okwave.jp/qa908580.html
http://internet.okwave.jp/qa3029623.html
26インチの液晶テレビは地上デジタル放送に対応しているでしょうか?対応していないと、4年後のアナログ放送終了までに地上・BS/CS110°対応のデジタルチューナーを買う必要が生じます。その分出費が増えますので、よく確認してください。

Q液晶テレビとプラズマテレビ

液晶は動画に弱く消費電力が低く長持ち、光の反射も少ないが高額・
プラズマは37ch以上で消費電力が高く光の反射もあるが映画やスポーツ番組に強い。でもプラズマは液晶よりはるかに劣る気がするのですが… プラズマを選んだ方もしいらっしゃったら購入した決め手を教えてください。あとハイビジョンとフルハイビジョンの違いももよろしければ教えてください

Aベストアンサー

プラズマTVを古くから見ていますが、昨今の出来には感服です。  それにも増すのが、液晶TVです。  以前の液晶は高価であり、視野角も極端に狭く、全くと言ってイイほど使い物にはなりませんでした。 唯一のメリットは「薄い」と言う事だけでした。

私の場合、シアタールーム用にはPDP(プラズマディスプレイ)です。  壁掛けをしていますので、AVセンター部がセパレートである事が必須だったのですが、映像の切れの良さは魅力大です。 設置場所によっては、「映り込み」が気になる所ですが、設置高さに気を使えば問題ありません。  

液晶TVに関しては、現在のSONYやSHARP・TOSHIBA製は良く出来ていると思います。 動きの反応に対しても改善が進み、視野角も広がり、決して「甘めな絵」でもなくなってきています。 

フルハイビジョン化は、今後スタンダードになって行くでしょう。 放送(地デジ・BS)やソフト(BD・HD-DVD)の環境が整いつつありますので、数年以内には「当たり前」になることでしょう。  現状では確かに混在していますので、難しいところなのですが、TV放送をメインでご覧になるのであれば、ハイビジョン対応で充分でしょう。 「差」はありますが、比べてみないと解らないレベルですし、価格差がシッカリありますので、DVDレコーダーなど買われた方が、楽しめると思いますよ。 

「テカッ!」 「カチッ!」 って感じが好きな方はプラズマTVを。 (映画モードにすると、シットリした感じが、また良いのですが・・) ソフトな感じが好きな方には、液晶TVでしょうか。

プラズマTVを古くから見ていますが、昨今の出来には感服です。  それにも増すのが、液晶TVです。  以前の液晶は高価であり、視野角も極端に狭く、全くと言ってイイほど使い物にはなりませんでした。 唯一のメリットは「薄い」と言う事だけでした。

私の場合、シアタールーム用にはPDP(プラズマディスプレイ)です。  壁掛けをしていますので、AVセンター部がセパレートである事が必須だったのですが、映像の切れの良さは魅力大です。 設置場所によっては、「映り込み」が気になる所ですが、...続きを読む

Q今のプラズマテレビや液晶テレビの寿命

8年前にプラズマテレビを買うときに、プラズマTV6年、液晶TV25年と寿命を宣伝して、当時価格差のあった液晶TVをPRしていました。とてもその価格差が吸収できないと思い、当時パイオニアのプラズマTVを買いました。たしか70万円くらいと85万円くらいの差だったと記憶しています。

本当にパイオニアのプラズマテレビは今年寿命を迎えました。ただプラズマディスプレイの寿命というより、プラズマを発光させるための電源回路が調子悪くなったようで、数時間使用すると画面の上の方に緑色の部分が出てくるようになりました。後ろに扇風機で冷却してやると、その緑色の部分が減ります。

つまりTVの寿命となると、ディスプレイ単体の寿命より、そういう電気回路の寿命の方が大きいのかなと思いました。

液晶テレビの場合、蛍光灯式は減りLEDになったので、本当に25年くらい持つような気がします。

そこでお聞きしたいのは、今のテレビの寿命というのは本当は何に依存して実際、何年程度なのかということです。私見や経験談でも良いので、お教えください。

簡単に書くと、46インチTVでプラズマを買うか液晶を買うか悩んでいて、機能はあまり変わらないので、価格差は、寿命の安心代と思って買おうかなと思っています。

8年前にプラズマテレビを買うときに、プラズマTV6年、液晶TV25年と寿命を宣伝して、当時価格差のあった液晶TVをPRしていました。とてもその価格差が吸収できないと思い、当時パイオニアのプラズマTVを買いました。たしか70万円くらいと85万円くらいの差だったと記憶しています。

本当にパイオニアのプラズマテレビは今年寿命を迎えました。ただプラズマディスプレイの寿命というより、プラズマを発光させるための電源回路が調子悪くなったようで、数時間使用すると画面の上の方に緑色の部分が出てくるよ...続きを読む

Aベストアンサー

液晶テレビの寿命は、バックライトの寿命が輝度の半減でだいたい5年ほど(5万時間~8万時間ほど)です。これは、CCLF(冷陰極管)であってもLED(発光ダイオード)であっても大差はそれほどありません。ただし、CCLFは輝度が低くとも、寿命はほとんど大差ありませんがLEDの場合は輝度を抑え温度が低く抑えられると、半導体と同じ設計手法を採っているため、発熱が減少し、寿命は場合によっては倍以上に延びるケースもあります。即ち、ピクチャーとブライトネスを暗めにすれば、輝度寿命が若干なり延びる可能性があります。

ただし、パネル以外の画像処理エンジンの寿命は、プラズマと大差はありません。

どちらかが良いかというと、後は画質で選ぶか、電気代や大きさなどの部分で選ぶかでしょう。
一般に、高画質を選ぶなら、プラズマには一日の長があります。これは、明るさこそ液晶に劣りますが、自発光のドットであることで、フリッカーが少なく、よりコントラストの高い色再現性を実現できるためです。ただし、消費電力は液晶よりは大きくなりますし、同じ画を表示すると焼付きにも気をつけねばなりません。


それに対して、液晶は単価が安く、電気代もお得なのが特徴です。最上位であれば、画質面でもローカルディミング(エリア駆動)によって、比較的高いダイナミックコントラスト(一般的なコントラスではありません)が得られます。家でも液晶が主力ですが、パネルの寿命はだいたい7年から10年ぐらいです。CCFLで長時間使用しているパネルなら半減寿命はもっと短い可能性もあるでしょう。

はっきり言いますとメンテナンスフリーで25年は、常識的な数値ではありません。LEDバックライトでも、輝度を落として10年持てば良いでしょう。後は、パネルというより、半導体パーツや、冷却ファンの寿命、そして半導体基板がどれほど持つかの問題です。
今の液晶にしても、プラズマにしてもロジックとして登載されている、職人芸が光るメカニカルな部分はほぼありません。そのため、基本はパソコンと同じ技術が使われています。

結果的に価格が安く、高画質で、高性能なグラフィカルメニューや、高度なイコライザサウンド、画質調整などが登載されます。しかし、それは逆に言えば壊れる原因は、コンデンサや半導体パーツに依存する可能性が高いことを意味します。
熱(消費電力)の問題とサイズの問題をクリアさえすれば、プラズマと液晶なら、プラズマの方が現実には軍配が上がるはずぐらいの代物なのです。

そういうことを考えると、液晶だjから長持ちとは限りません。ただ、輝度面での寿命と焼付きでは液晶がコスト面でリードします。後は、現行のバックライト液晶の次であるEL素材がどれだけ進化するかに委ねられるでしょう。

液晶テレビの寿命は、バックライトの寿命が輝度の半減でだいたい5年ほど(5万時間~8万時間ほど)です。これは、CCLF(冷陰極管)であってもLED(発光ダイオード)であっても大差はそれほどありません。ただし、CCLFは輝度が低くとも、寿命はほとんど大差ありませんがLEDの場合は輝度を抑え温度が低く抑えられると、半導体と同じ設計手法を採っているため、発熱が減少し、寿命は場合によっては倍以上に延びるケースもあります。即ち、ピクチャーとブライトネスを暗めにすれば、輝度寿命が若干なり延びる可能性があ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報