こんにちは。

私は、映画を日本語吹替えで楽しむのが大好きです。
しかし、最近の映画は話題作りというか、何と言うか…日本語吹替えに俳優を使うことが増えましたよね。
プロの声優ではなく。

「シュレック」とか「80デイズ」「Mr.インクレディブル」とかそうでしたよね?「スカイキャプテン」もだったか…?

プロである声優が当てているので、楽しめるのであって、「俳優の○○さんがチャレンジ!」みたいに大した技術もないのに当てられると、不快です。
(まあ、時々キャスティングミスでプロが当てているけど「この人の声はあんたじゃないでしょ~」って時も有りますが…)
いつもDVDを購入して楽しんでいますが、劇場ではこの人たちだけどDVDになってもそのままの俳優で売られるのでしょうか?
聞きたくもないので購入できずにいます。
初めて昨年放送した「シュレック」をテレビで観ましたが、矢張り耐えられませんでした。

映画を観たいけど(吹替えで)、声優が当てていないのなら購入を躊躇います。
実際、DVDをお買いになった方、吹替えはプロでしたか?

追加の疑問ですが、「ダイ・ハード」などは、テレビとDVDで声が違いますよね(声優はプロですが)。
なんで、変わっちゃうのでしょう?私としては、DVDの声の方がはまっていて好きなので、満足ですが、テレビで観ると違和感がありました。

ご存知の方、教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般的には劇場公開版がDVDに収録されることが多いようです。


しかし「ターミネーター3」ではニック・スタールが劇場公開版のISSAからDVD版では石母田史朗へとタレント部分だけが差し替えられていますので、ケース・バイ・ケースということでしょう。
個々のDVDについて言うと
「シュレック」は劇場公開版を使用しています。
「80デイズ」は未発売ですが発売予定は決まっていて劇場公開版使用です。
「Mr.インクレディブル」と「スカイキャプテン」は発売予定も決まっていないので正確にはわかりません(おそらく劇場公開版だとは思いますが)。
それから「テレビとDVDでの声の違い」についてですが、いまでこそビデオ(DVDを含む以下同じで、ビデオと略す)版がテレビで放映されたりテレビ版がDVDに収録されたりして両方の交流は激しいですが、これはほんの最近5,6年のことでそれ以前はテレビとビデオは交流がなく完全に独自の道を歩んでいました。
ですから「ダイ・ハード」のようにその時代の作品は
どうしてもビデオ版とテレビ版が存在するようになります。
ただ最近は「ジュラシック・パーク」や「ディープ・インパクト」のようにビデオ&DVD&テレビがすべて同じで吹き替え自体が1バージョンしかないというのも増えてきているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

質問を立ち上げましたが、昨日たまたま友人宅へ行った際「日経エンターテイメント(だったような)」にテレビとDVDでの声優の違いの理由が書いてありました。
あっさり答えがわかっちゃいました。

「80デイズ」は、来月に確か発売ですね。
キャスティングが同じ雑誌に掲載されていましたが、原田泰造がでるようですので、DVDは買わないことにしました。
へたくそな吹替えを聞かされる側に立って、吹替えして欲しいものです。

友人も「シュレック…関西弁って(苦笑」って言っていました。
今後こう言うケースが増えそうです。映画もゆっくり楽しめなくなってきそうで、恐いです。

お礼日時:2005/03/03 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q映画バトルシップの吹替え声優陣について

土屋アンナしか知りません。他、知ってる方いましたら教えてください。

関係ないですが、吹替えは声優というより俳優が多いんですけど何故ですか。
声優の方がうまくて、感情移入しやすいのですが…
センターオブジアースとか、気になって映画に集中できませんでした。
でも2見に行くけど(笑

Aベストアンサー

主人公アレックス役は置鮎龍太郎さんです。
この方はベテランの声優です。

>吹替えは声優というより俳優が多いんですけど何故ですか

宣伝効果を狙っているのだと思います。
TVの芸能ニュースなどで取り上げられれば
それだけで数百万の宣伝費が浮きますから。

>センターオブジアースとか、気になって映画に集中できませんでした

私も全く同感です。
プロの声優以外を起用するなとはいわないけど、
せめてまともに演技できる人を選んでほしい。

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q古い映画のDVD: 吹替えなしが多い理由

 タイトルの通りです.

 古い映画のDVDをレンタルなどすると,日本語吹替えのないものが多々あります.

 何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

DVDに吹き替えを収録する場合まず音源をどこから調達するかが問題になります。
まず第一にカットのないビデオ音源です。
しかし今でこそビデオ化されるとき、字幕版とともに吹き替え版が作られるのが当たり前のようになっていますが、少し前までは主要作品のみで、もっと前はそもそもビデオといえば字幕版のみでの吹き替え版は本当にごく一部であり、逆にテレビでは吹き替えが圧倒的で(深夜枠でさえも)字幕での放送などかぞえるほどしかなかったのです。
つまりビデオ音源はカットがなく理想的なのですが古い作品にはそもそも存在しない場合がほとんどなのです。
次に最近多いテレビ音源の利用です。
テレビ音源は二次使用料さえ払えば比較的安価で楽に手に入るようです。
ただ問題は音源の管理が杜撰で、過去に放送されたことは確認できても現在は音源が行方不明とか喪失などということが多々あるようです。
また仮に音源が存在しても音質が劣化していて使用不可能と言う場合もあるようです、ただ最近の技術に進歩は目覚しくこれらを修復して(劣化の度合いにもよりますが)使用することが可能になり、以前はあきらめていた音源も使える場合があるようです。
テレビ音源のもうひとつの問題はカットです。
その対応策として
1.カット部分を追加新録する(この場合なるべくオリジナルと同じ声優さんにたのむのですが、なにせ古い作品だと故人の場合も多く別の人がやるとそこだけ声が違うという事になる)
2.カット部分を字幕で処理
3.字幕の本編とは別にカットされた吹き替え版を併せて収録する
など各メーカーそれぞれ独自の方法でやっているようです。
また一部のメーカーではカットのあるテレビ音源は不完全なものとして使用しないという方針をとって、完全新録の吹き替えを収録していますが、オールドファンにとっては昔の定番の声優の吹き替えが耳に馴染んでいて、いまどきの声優を使った新録は評判が悪いようです。
例えば「ダーティハリー」シリーズ(1~5まで)などは吹き替え収録の要望が高いのですが、テレビ音源はすべてそろっていて使用可能ですが、ビデオ音源はありません。
いっぽうメーカーはテレビ音源不使用という方針です、では新録といってもイーストウッドの定番の山田康雄はすでに故人なのでそれは無理、さりとて別の人にやらせれば恐らく大ブーイングの嵐になるでしょうから、一番無難なところで吹き替えはなし。
なんてことで吹き替えが入らないという事もあるようです。

DVDに吹き替えを収録する場合まず音源をどこから調達するかが問題になります。
まず第一にカットのないビデオ音源です。
しかし今でこそビデオ化されるとき、字幕版とともに吹き替え版が作られるのが当たり前のようになっていますが、少し前までは主要作品のみで、もっと前はそもそもビデオといえば字幕版のみでの吹き替え版は本当にごく一部であり、逆にテレビでは吹き替えが圧倒的で(深夜枠でさえも)字幕での放送などかぞえるほどしかなかったのです。
つまりビデオ音源はカットがなく理想的なのですが...続きを読む

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Q洋画吹替え TVとDVD版で声優が変わるのはなぜ?

洋画の吹替えの声優さんは同じ作品でもTV版とDVD版で変わっていることが多いですよね。
TV版でも、放送局が変われば声優さんも変わることがありますよね。

最近「氷の微笑」をウィキペディアで調べたのですが、日本語版が4パターンも存在することを知りました。(作品自体は有料放送で字幕視聴しました)

テレビやDVDなど媒体をまたいで同じ声優さんでやるのは問題があるのでしょうか?

(予断ですが、私は英語のリスニングも兼ねて、できるかぎり字幕派なのですが、吹替えでTV録画したダークナイト(バッドマン)は、バッドマンもジョーカーも声優さんが役にぴったりで、後日視聴したオリジナルよりいいかも!!と思ってしまいました。)

Aベストアンサー

テレビで洋画を放送する場合、放映権を買って放映しますが、この中に日本語の吹き替え音声は含まれていないのです。そのために映画館で上映された日本語吹き替え音声を買うか、放送局で作るかになります。
放送局で作るとなると、その放送局が独自に声優を集めて作ることになります。その完成した日本語吹き替えは、作った放送局が著作権を持つことになりますので、今度違う放送局で放送する場合は、その日本語吹き替えを買うのは抵抗があるでしょうから、また放送局が独自に作ることになるのです。
そのためにいくつもパターンが出来てしまったのです。放送局が違っても同じ声優さんを使って吹き替えるのは構いませんが、やはり放送局の個性を出したいのか、人気のタレントを使ったり、スギちゃんのようなブームの芸人を使ったりしますね。

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Qアメリカ映画の俳優のセリフは、ひそひそ声

TBSドラマ「白夜行」で、主演の山田孝之くんのセリフの声が、もごもごしていて聴き取りにくいんですが・・・


・・・・・・それで、ふと思い出したのですが、

アメリカ映画って、俳優の声が、内緒話みたいに、ひそひそ声になってることが多いですよね?


首を左右に小刻みに振りながら、

「ひそひそひそ・・・」。



セリフの頭は、有声音で始まっても、音楽で言う「デクレッシェンド」みたいに、段々小声になって、

「だばだばだばだばだばタパタパタパタひそひそひそひそ・・・・・・」


邦画では、そういうの、あんまり見たことないので、
アメリカ特有の習慣とか文化とかがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

日本語が第一母国語、アメリカ英語が第二母国語の者ですが、とりたてて一般人にそうした傾向があるとは思えません。むしろ、アメリカ人は体格のせいか声が響くし、日本の電車内でうるさいのはアメリカ人だけだ、なんて冗談交じりに当人たちが言うほどです。

ただ、日本の映画や文学のほうが「わかりやすさ」を重んじる傾向はある一方で、アメリカの、少なくとも映画は、雰囲気を優先する傾向があるんじゃないかと常々思ってきました。

あとは、音声の録音方法の習慣もあるのかもしれませんね。例えば、私から見ると、イタリア映画は、声が妙に前面に出ている感じがするのですが、アメリカ映画は、極力、現実世界の音声に近づけようとしているような気がします。

ただ、申しましたように、実際に、人々が映画のように話しているかというと、そうとは限らず、かの伝説的ジャズ・トランペッターのマイルス・デイヴィスが、かつてテレビのインタビューで「アメリカの白人女性は映画のようにしゃべる。映画を真似しているようだ」みたいなことを言ってました。そういうあんたのしゃべり方は、映画でもお目にかかれないくらいに個性的よ、って思いましたけど(笑)。

日本語が第一母国語、アメリカ英語が第二母国語の者ですが、とりたてて一般人にそうした傾向があるとは思えません。むしろ、アメリカ人は体格のせいか声が響くし、日本の電車内でうるさいのはアメリカ人だけだ、なんて冗談交じりに当人たちが言うほどです。

ただ、日本の映画や文学のほうが「わかりやすさ」を重んじる傾向はある一方で、アメリカの、少なくとも映画は、雰囲気を優先する傾向があるんじゃないかと常々思ってきました。

あとは、音声の録音方法の習慣もあるのかもしれませんね。例えば、私か...続きを読む

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

QMrインクレディブル

昨日、『Mrインクレディブル』を見に行きました。
すごくおもしろかったです(^o^)

ピクサーさんが作成している映画は他にどんなのがありますか??
その一覧が載ってるようなサイトがあったら教えてください。
『Mrインクレディブル』関連サイトも教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
僕も「Mrインクレディブル」を見ましたが
かなり楽しめました。


ピクサーのホームページは御覧になりましたか?
ここの「長編映画」「短編映画」に
ピクサー作品が関して説明があります。

すでに知っていたらすいません。

参考URL:http://www.pixar.com/jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報